年収300万で家を買った吾輩が建売住宅購入で、妥協したこと・妥協しなかったこと。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

住宅購入は人生に一度だけ。だからこそ、妥協しないで100%満足できる家が欲しい!

だがしかし、100%希望を満たしてくれる物件には、なかなか出合えないものであります。

 

そこで重要になるのが、「何を妥協して、何を妥協しないのか」ということだ。

100%希望が叶う家との出会いを待っていたら、住宅購入がいつになるのか分かりませぬからね。

だからこそ、妥協すべきことは妥協して、ベストタイミングで家を買うことが重要なのだ。

 

そこで今回は吾輩が住宅購入で妥協したこと・しなかったことについて、成功・失敗などの体験を交えて書いていきましょうぞ!

スポンサーリンク

妥協したこと。

諦めのいい男、ザク男爵でございます。吾輩は簡単に理想を追うのを辞めて、現実路線をひた走るのであります。

そんな吾輩が住宅購入で妥協したことは、次の通りでありますよ!

 

家のオシャレなデザイン。

吾輩がまず妥協したのは、家のデザインだ。

家の外観はオシャレな飾りもないし、キレイに整備されたアプローチもございませぬ。

家の中だって、言ってしまえば殺風景のような空間だ。一面真っ白な壁紙でありますよ。

フローリングだって、何の材質なのか不明だし、窓だって最初からついていた普通のペアガラスでございますとも。オシャレな出窓なんてものは、一切ございませぬよ!

 

そんなデザインに妥協しまくりな住宅購入だったけど、振り返って思うのは、「デザインに妥協してよかった」ということだ。これは本当に強く思う。

なぜなら入居したときは、一面真っ白な壁紙で殺風景だったリビングも、今では長男と次男の作品で鮮やかに飾られているからだ。

つい先日までは、かわいいかわいい長男直筆のサンタさんが飾られていたよ!

長男
パパ、見て!パパ、見て!これ、僕書いたんだよ、サンタさんだよ!

小さい子供がいる家庭では、大人都合のデザインはない方がいいのかもしれませぬ。

 

【WEB内覧会】何もないシンプルすぎる建売住宅をWEB内覧会してみる!

2016.07.31

 

入居してからの快適なマイホームライフ。

そして吾輩は住宅購入で、入居してからの快適なマイホームライフを妥協しましたぞ。

入居してからの快適なマイホームライフを妥協することで、入居後は不便だったけど、その分予算を抑えることができたのだ。

 

具体的には、冬でも足元からじんわりと暖めてくれる、床暖房。

梅雨で洗濯物が乾かない季節でも洗濯物をバッチリ乾かしてくれる、浴室乾燥機。

電気代、ガス代を気にすることなく、お風呂のお湯をたっぷり使うことができる、エコキュート。

 

確かにそんな設備があったら、毎日快適でありますよ。吾輩だって、寒い冬の日にTシャツだけで床に寝そべって

ザク男爵
うわーー床暖房あったけーーー、ひゃっほーーーいっ!

ってやりたい。

でもそんな快適なマイホームライフを手に入れてしまうと、住宅の値段もどんどん上がっていってしまうもの。

だから吾輩は、入居後の快適なマイホームライフを妥協して、その分住宅の価格を抑えたのであるよ。

 

そして入居して3年。今でも新築のマイホームだけど、決して快適な生活とは言えませぬ。だけど今の生活に慣れましたね、完全に。

それどころか、住宅の価格を抑えてローン返済額を少なくできたおかげで、日々の暮らしはゆとりがございますぞ!

ザク男爵
床は冷たいけど、家計が暖かいから「よし」と致しましょう!
冷え症には辛いよう・・・

ごめんなさい。最終的には、たくさん稼いで豊かな暮らしを追い求めるしか方法はないようであります。

 

予算。実は多少オーバーしたよ。

そして最後に、吾輩が住宅購入で妥協したのは「予算」であります。

ええ、予算、ちょっとオーバーでございましたなあ。ははははーー・・・・(爆死)。

 

いや、そもそもね、最初の予算設定がおかしかった。いくら栃木の土地が安いからと言って、「土地・建物付き」で1,500万とか、無理でしょ。無理。

そんな金額で探してたら、そりゃ築20年、30年の僻地の物件しか出てこないですわ。

で、結局妻の希望の物件を予算500万ほどオーバーでの購入になったのであります。

 

うん、まあ、今も住宅ローン無事に返済できてるから、「よし」と致しましょう。そういうことにしておきましょう。

 

妥協しなかったこと。

簡単に妥協すると思いきや、吾輩、一度「こうだ!」と決めたら二度と曲げない頑固者であります。

そんな吾輩が住宅購入で絶対に妥協しなかったのは、次のことだ。

立地。便利な場所にある家は、「便利な家」。

吾輩、立地にはこだわりましたよ。いや、正確には妻がこだわりましたとも。

 

・小学校が近い。

・中学校も近い。

・幼稚園も割と近い。

・スーパーなど商業施設が近くにある。

・今住んでいるところ(賃貸アパート)の生活圏が同じ。

 

・・・は、ハードル高いでありますなあ・・・。

しかし幸運にも、そんな妻の希望を満たす物件があったのだ。しかもちょっと予算オーバーで買えるというね。

 

予算オーバーだったけど、希望の立地の家。そんな家を買って思うは、「妻の希望条件で買ってよかった」ということだ。

そもそも、吾輩、日中は仕事で家にいないから、正直、家がどこにあってもさほど関係がないという・・・ね。

立地については、家をメインで使う妻の意見を最優先にした方がよさそうでありますな。

夫なんて外で元気に働いていれば、特に問題なし!!さあ、明日も元気にお仕事に行きましょう!バイビー

 

購入時期。住宅購入のベストタイミングは絶対に逃さない。

そして吾輩は、住宅購入のタイミングは妥協しなかった。

吾輩が家を欲しいと思ったのは、子供をのびのびと育てたいと思ったからだ。

だから子供が小さいうちにこそ、家は買わないと意味がなかったのだ。

 

家を買うと決めてから購入まで、吾輩はなんと3ヶ月しかかかっていない。

しかも今の建売住宅に決めるまでに、内覧した物件数はたった2件。ええ、この物件に出会って2週間で即決致しましたぞ。

勢いだけと言われれば、「ごめんなさい」としか返す言葉がないのだけど、その分一軒家のマイホームで過ごせる子供たちとの時間を大幅に増やす事ができたのだ。

うん。まあ、リスキーだけど、住宅ローンもちゃんと払ってるし、結果オーライと思いたいところ。

2週間で契約したけど何か?建売住宅を即決しても失敗しない4つの購入基準。

2017.04.06

 

新築・築浅であること。

吾輩は古い物件でも、値段さえ安ければよかった。でも妻がボロボロの家は住みたくないと頑なに拒否。

妻の希望を飲む形で、今の新築建売住宅を買ったのだけど、今となっては、妻の希望通り、新築を買ってよかったとひしひしと感じておりますぞ。

その理由はメンテナンスだ。

入居して3年がすぎたけど、たった3年でもところどころに「ガタ」が見えてきたからね。

 

接着剤の粘着力が弱くなったとか、ネジがゆるくなったとか。

お風呂のコーキングが劣化し始めたとか、カビが生え始めたとか、排水溝が詰まるようになったとか。

 

家の劣化は、最初はきっとこんな小さい予兆から始まるんだろうね。

だから値段が安いからと言って、築年数の古い家を買っていたら、きっと今頃メンテナンス地獄に落ちていたはず!

・・・ね。新築でよかったでしょ?うふふふ・・・(意味深)

妻には頭が上がりませぬ。

 

つまり、住宅ローンが支払えてるうちは、後悔しない。

と、ここまで吾輩が住宅購入で「妥協したこと・しなかったこと」について書いてきました。

結論的には、吾輩は住宅購入で妥協したことも、しなかったことも、後悔しておりませぬ。

それはなぜか・・・?

その理由は、吾輩が今現在、住宅ローンを問題なく支払えているからだ。

住宅ローンの支払いに余裕があり、お金にもそこまで困っていない。だから住宅購入を後悔していないのだ。

つまり、どんな選択をしたとしても、住宅ローンがちゃんと支払えているうちは後悔しない。

だがしかし!逆に住宅ローン返済が苦しいと思った瞬間、きっと後悔致しますぞ。

ザク男爵
このオシャレなデザインにプラス100万払ったけど、その必要あったかなあ・・・ぶつぶつ・・・

お金がなくなったときに、初めてそれが無駄使いだったと気が付くものであります。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

吾輩が住宅購入で妥協した・しなかったのは、次の通りでありますぞ!

【妥協した】

1・家のオシャレなデザイン。

2・入居後の快適なマイホームライフ。

3・予算。実は予算オーバーだった。

【妥協しなかった】

1・立地。妻の希望条件で購入!

2・購入時期。

3・新築、築浅であること。

住宅購入で100%希望が叶う家はなかなかありませぬ。だから何を妥協しなくちゃいけない。

どれを妥協するか、それは人それぞれの価値観によって違うことでしょう。

しかしどれも共通するのは、「住宅ローン返済に苦しくなった時点で、後悔する」というものだ。

 

住宅ローン返済に苦しくなっても、そのこだわり、満足できますでしょうか?後悔、致しませぬか?

ちょっとでも不安があるならば、辞めておいた方が賢明かもしれませぬよ!

 

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。