注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

どうもこんにちは、年収300万円でマイホームを買った、ザク男爵でございます。

 

「注文住宅のカタログが欲しい。」

「けど住宅展示場に行ったら、やり手の営業マンに丸めこまれそうでイヤだ。」

 

と、悩んでいませんか?

「注文住宅のカタログが欲しい!」って思っても、なかなか手に入らないのですよね。

家作りで後悔しないためにも、色んなハウスメーカーのカタログを比較検討したいのに。

 

そこでこの記事では、「注文住宅のカタログだけを入手する方法」について解説させて頂きます。

・めんどうな個人情報を何度も入力したくない!

・ハウスメーカー1社1社、カタログを請求するのはめんどう・・・。

・営業マンに会って営業されたくない。カタログだけ欲しい!

という悩みを持つ方は、必見の内容です。

期間限定でもらえるプレゼントもあります。ぜひ最後まで読んで、失敗しない家作りをスタートさせましょう。

 

注文住宅<無料>カタログはこちら/HOME’S>>

 

注文住宅のカタログを入手する方法!

注文住宅のカタログをゲットする方法は、次の3つです。

1・住宅展示場に行き、ハウスメーカーのモデルハウスで直接もらう。

2・ハウスメーカーのHPから個人情報を入力してカタログ請求する。

3・カタログ一括請求サイトで、複数のハウスメーカーのカタログをすべて請求する。

このうちもっとも大変なのが、「1」のモデルハウスに行く方法です。

モデルハウスに行けばカタログをもらえるものの、営業マンにがっつり営業されて消耗します

 

もっとも簡単に請求できるのは、「3」のカタログ一括請求サイトを活用する方法です。

サイトから必要な情報を1回入力するだけで、複数のハウスメーカーのカタログを請求できます。

ザク男爵
しかも、営業マンに会うことがありません!!

「まずはカタログだけ請求して、家作りをじっくり検討したい!」という方は、カタログ一括請求がおすすめです。

 

注文住宅<無料>カタログはこちら/HOME’S>>

 

1・住宅展示場のモデルルームに乗り込む。

注文住宅のカタログを請求する方法は、住宅展示場のモデルルームに乗り込むことです。

住宅展示場のモデルルームに行き、

ザク男爵
か、か、カタログ下さい!!

営業マンに依頼すれば、どのハウスメーカーもカタログを頂くことは可能です。

住宅展示場には、十数社ほどハウスメーカーが参加しているので、30分もあれば欲しいカタログはあらかた集まることでしょう。(理論的には)

 

・・・が、しかし。

この方法は効率的に見えますが、実はとても大きなリスクを抱えています。

まず1つは、モデルルームに行くと、営業されてしまうことです。

「年収は?」

「ご予算は?」

「土地は?」

「購入時期は?」

と、質問攻めにされてターゲットに認定されてしまうと大変です。

ガッチリ営業されて、お家に帰れなくなってしまいます。

私もふらりと立ち寄ったモデルルームで、かれこれ2時間ほど捕まった経験がございます。

ザク男爵
ちょ、ちょっと立ち寄っただけなのに・・・早く帰りたい・・・

疲労具合もハンパないです。

 

もう1つのリスクは、「営業マンから相手にされない」ことです。

ハウスメーカーによっては、お客様の「経済力」を判断して、最初からお客さんとして扱わない場合があります。

ザク男爵
・・・か、カタログもくれないのですか!?

私の年収が低いばかりに、なんたる不覚!!

ハウスメーカーから相手にされなかったときの虚しさと言ったら、計りしれません。

といいますか、失礼すぎますよね。ですがそれでもカタログ、くれないのですよ。

私は営業マンから相手にされず、とても傷つきました。もうこんな経験、イヤであります。

 

▽カタログだけ請求し、じっくり家作りを検討したい方はこちら!

 

2・ハウスメーカーのHP(ホームページ)から資料請求をする。

ですが、ご安心くださいませ。

営業マンと顔合わせないで、カタログを請求する方法もございます。

それは、ハウスメーカーのHP(ホームページ)からカタログ資料請求をする方法です。

やり方はとても簡単。ハウスメーカーのHPの資料請求ページを開いて、必要事項を入力するだけです。

 

私も実際にやってみました。

ザク男爵
どれどれ・・・資料請求・・・ぽち・・・っと。

・・・ん?名前に住所、電話番号にアンケート、希望の間取りに土地の状況ですと・・・?

ああ、めんどくさい!これを何社もやるのですか!?

めんどくさいことが大嫌いな私は、途中で心が折れてしまいました。

うーん、これならトラウマのある営業マンの顔を見ないで、カタログだけ請求できると思ったのに・・・。

 

▽めんどうな入力を、たった1回の入力でカタログ請求する方法!

 

3・注文住宅の資料一括請求サイトを使う!

注文住宅のカタログだけ請求しよう!

イエス、まだこの方法がありました。

注文住宅にも、カタログ一括請求サイトがございます。

これを使えば、苦手な営業マンの顔を見ることもなく、何度も同じ質問に答えて資料請求を繰り返す必要もありません

 

・・・すばらしい。

 

カタログ一括請求サイトで、おすすめしたいのが、LIFULL HOME`S 注文住宅です。

▽本田翼を起用したLIFULL HOME’SのCM。ただただ眩しい・・・。

掲載物件数No.1でおなじみの「LIFULL HOME’S」の運営会社が運営していますので、信頼性抜群のサービスです。

ザク男爵
聞いたこともない会社のサービスとは、格が違うのです(キリッ)

また提携しているハウスメーカー数もトップクラスですので、たった1回の入力で欲しいカタログはすべて手に入ります。

 

価格帯・人気テーマ(平屋、高気密・高断熱、輸入住宅など)からハウスメーカーを絞り込み、気に入った注文住宅のカタログを選んで、一括請求することができます。

たった1回の入力で複数のハウスメーカー・工務店を選ぶことができるので、家作りの比較検討が簡単にできるのです。

 

カタログ請求は2分で完了!簡単操作でカタログを請求できる!

LIFULL HOME’Sでのカタログ一括請求は、とても簡単です。

お手持ちのスマホからも、わずか2分でカタログ請求できますよ。

公式ページのリンクをクリックすると、ハウスメーカーを絞り込むページが表示されます。

カタログを絞り込むために、選べるカテゴリーは3つです。

1・予算からカタログを探す。

2・人気のテーマからカタログを探す。

3・希望エリアからメーカーを調べて問合せする。

今回私は、試しに「人気テーマからカタログを探す」で、ローコストハウスメーカーのカタログを検索してみました。

次は建築予定の都道府県・市町村を選びます。

このとき建築予定地がはっきり決まっていないようであれば、「もし○○に建てられたら~」とざっくりした条件でも構いません。

 

たった2つの項目を入力しただけで、ハウスメーカーの絞り込みは完了です。

ここまでの入力で、面倒な個人情報の入力は一切ありません。

「栃木県宇都宮市・ローコスト住宅」で注文住宅のカタログを絞り込んだところ、7件のハウスメーカーがヒットしました。

・全国展開している、大手ハウスメーカー。

・県内では有名な工務店。

・まだ知らなかったハウスメーカー。

絞り込み結果には、これらのハウスメーカーがすべて含まれていました。

大手ハウスメーカーはもちろん、まだ知らなかったハウスメーカーにも同時に資料請求できるので、ハウスメーカーの比較が簡単にできます

 

このとき、「一括請求(無料)」をクリックするだけで、選択したすべての注文住宅のカタログが請求できます。

最後にカタログの郵送先を入力すれば、カタログ請求完了でございます。

またこのとき、

ザク男爵
まだ家作りしようと思ったばかりで、まずはカタログだけ欲しいです!

という方は、お問合せ内容で「カタログ・資料を送ってほしい」を選択して下さい

カタログだけ欲しい場合、ダメ押しで問合せフォームに「電話、訪問での営業はご遠慮ください」と入力しておきましょう。

これで強引な営業をされることはありません

 

たったこれだけの作業で、あなたの欲しいハウスメーカーのカタログを一括請求できるのです。

入力した内容は、

・カタログの郵送先の住所、名前

・連絡先(メールアドレス、電話番号)

・建設予定時期(未定~3年で選択)

・土地の有無(有、なしを選択)

たったこれだけです。これなら2分でカタログ請求できるのも、納得ですよね。

ザク男爵
ハウスメーカーのアンケートに答える必要もなく、たった1回の入力で全てが完了できるとは・・・実に素晴らしい。

 

しかもうれしいことに、LIFULL HOME`S 注文住宅は、完全無料なのです。

ハウスメーカー1社1社、質問を入力して1件1件請求するのか、それとも資料一括請求サイトで1回の入力で欲しいカタログ全てを手に入れるのか。

どちらが効率的なのか、考えるまでもありません。

 

 

今なら「はじめての家作りノート」を無料プレゼント!

今ならLIFULL HOME’S から注文住宅のカタログ請求された方全員に、「はじめての家作りノート」を無料ダウンロードプレゼントしております。

「はじめての家作りノート」は、これから住宅を購入しようとするあなたを全力でサポートする1冊です。

全28ページもあり、かなりの大ボリュームな1冊です。

・家作りのスケジュール

・資金計画表

・モデルルームに行ったときのチェック表

・土地の選び方、チェック表

・知っておきたい家作りの知識(構造、基礎、工法、材質、断熱材など)

・住宅ローンの選び方

はっきり申し上げますが、「はじめての家作りノート」は有料級の情報です。

しかもノートとして書き込みながら使えるので、あなたの家作りの進捗にあわせて活用できます。

 

はじめての住宅購入では分からないことだらけで、何をしたらいいか分からないものです。

しかし「はじめての家作りノート」を活用することで、

・次に何をするべきか?

・どんなことを検討すればいいのか?

・どんなことに注意すればいいのか?

が、手に取るように分かります。もう家作りで迷い悩むことはありません。

「はじめての家作りノート」は、今なら特典としてLIFULL HOME’S から注文住宅のカタログ請求された方全員に、ダウンロードプレゼントしておりますよ。

 

 

注文住宅のカタログを一括請求して、家作りをはじめよう!

注文住宅のカタログを請求する方法は、次の3つです。

1・住宅展示場のモデルルームで営業マンから貰う。(営業される)

2・ハウスメーカーのHPから資料請求する。(入力が大変)

3・資料一括請求サイトを使う。(1回の入力で複数社のハウスメーカーのカタログが請求できる。)

もちろん、私は文句なしに資料一括サイトがおすすめです。

なぜなら営業マンには極力会いたくないですし、ハウスメーカーごとに資料請求するのも、めんどうですからね。

 

資料一括サイトなら、たった1回の入力で欲しいカタログ全部貰えますよ。しかも完全無料で

まずはカタログだけ請求して、じっくり家作りを検討したい方におすすめのサービスです。

ぜひ活用して、失敗しない家作りをスタートさせましょう!

 

✔営業マンに会うことなく、カタログだけゲットできる。

✔1回の入力で、気になるハウスメーカーのカタログが比較できる。

✔期間限定で「はじめての家作りノート」がもらえる!

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

不動産メディアで執筆してます。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。