注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

注文住宅のカタログが欲しい。

けど住宅展示場に行ったら、やり手の営業マンに丸めこまれそうで嫌だ。

 

そうなのであります。「注文住宅のカタログが欲しい!」って思っても、なかなか手に入らないのであるよね。

家作りで後悔しない為にも、色んなメーカー(買わないだろうメーカーのも)のカタログを比較検討したいのに。

そこで今回は、注文住宅のカタログを入手する方法についてまとめていきますぞ!

スポンサーリンク

注文住宅のカタログを入手する方法!

喉から手が出るほど欲しいのが注文住宅のカタログ。

ああ、どこか心の優しい方(営業マンではない)が、自宅まで持参してくれませんでしょうか?

そんな注文住宅のカタログを入手する方法は次の通りでありますぞ!

 

住宅展示場のモデルルームに乗り込む。

まず1つ目は、住宅展示場のモデルルームに乗り込むことでありますぞ。

モデルルームに行って、

ザク男爵
か、か、カタログ下さい!!

と、言えば、どのハウスメーカーだって、カタログぐらいはくれますとも。

住宅展示場には、十数社ほどハウスメーカーが参加しているから、30分もあれば欲しいカタログはあらかた集まることでしょう。

 

・・・が、しかし。

この方法は一見効率的に見えるけど、実はものすごいリスクがあるのだ。

まず1つは、モデルルームに行くと、営業されてしまうことだ。(当然だね)

年収は?ご予算は?土地は?購入時期は?と、質問攻めにされた挙句、めでたく「ターゲット」に認定されてしまうと、がっちり営業されてお家に帰れなくなってしまうのだ。

吾輩もふらりと立ち寄ったモデルルームで、かれこれ2時間ぐらい捕まった経験がございます。

ザク男爵
ちょ、ちょっと立ち寄っただけなのに・・・早く帰りたい・・・

疲労具合もハンパない。

 

そしてもう1つのリスク、それは「相手にされない」ことだ。

ハウスメーカーによっては、お客様の「懐具合」を判断して、最初から客として扱わない場合があるのだ。

ザク男爵
・・・か、カタログもくれないのでありますか!?

吾輩の年収が低いばっかりに、なんたる不覚!!

ハウスメーカーから相手にされなかったときの虚しさと言ったら、計りしれませぬ。

吾輩はとても傷つきました。もうこんな経験、嫌であります(涙)。

 

ハウスメーカーのHP(ホームページ)から資料請求をする。

でも大丈夫。あの営業マンと顔合わせずに資料を請求する方法だってありますぞ。

それは、ハウスメーカーのHP(ホームページ)からカタログ資料請求をする方法だ。

やり方はとっても簡単。ハウスメーカーのHPの資料請求ページを開いて、必要事項を入力するだけだ。

 

吾輩も実際にやってみましたぞ。

ザク男爵
どれどれ・・・資料請求・・・ぽち・・・っと。

・・・ん?名前に住所、電話番号にアンケート・・・。ああ、めんどくさいし!これを何社もやるのでありますか!?

めんどくさいことが大嫌いな吾輩は心が挫折してしまいましたぞ。

うーん、これなら吾輩の苦手な営業マンの顔を見ないでカタログだけ入手できると思ったのにな・・・。

 

資料一括請求サイトを使う!

そうであります、まだこの方法がありましたよ!

注文住宅にもカタログ資料一括請求サイトがあるのだ。これを使えば苦手な営業マンの顔を見ることもなく、何度も同じ質問に答えて各社資料請求を繰り返す必要もありませぬぞ。すばらしい。

そんな資料一括請求サイトで、ぜひおすすめしたいのが、持ち家計画資料一括請求プログラムだ。

なんと1000社ものハウスメーカーから気に入った注文住宅のカタログを選んで、一括請求することができるのだ。

たった1回の入力で複数のハウスメーカー・工務店を選ぶことができるので、家作りの比較検討が簡単にできて楽ちんなのであります。

 

しかも資料請求はとても簡単で、わずか「2分」で完了してしまうから驚きなのだ。

リンク先にある入力ページを見ると、

%e7%84%a1%e9%a1%8c入力項目は、名前、住所、連絡先。そして家を建てるエリア、ただそれだけである。

煩わしいハウスメーカーのアンケートに答える必要は一切ございませぬぞ。

 

しかもうれしいことに、持ち家計画資料一括請求プログラムは、完全無料ときた!

ハウスメーカー1社1社、質問を入力して1件1件請求するのか、それとも資料一括請求サイトで1回の入力で欲しいカタログ全てを手に入れるのか。

どちらが効率的なのか、考えるまでもありませぬ。

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_sそれでは、まとめよう!

注文住宅のカタログが欲しいとき、次の請求方法がありますぞ。

1・住宅展示場のモデルルームで営業マンから貰う。(営業されるけど)

2・ハウスメーカーのHPから資料請求する。(入力がめんどくさい。)

3・資料一括請求サイトを使う。(1回の入力で複数社のハウスメーカーの資料が請求できる。)

もちろん、吾輩は文句なしに資料一括サイトがおすすめでありますぞ。

だって、営業マンには極力会いたくないし、ハウスメーカーごとに資料請求するのもめんどうだからね。

資料一括サイトなら、たった1回の入力で欲しいカタログ全部貰えるからね。しかも完全無料

家作り、まずはカタログが欲しいなら、資料一括サイトでさくっと入力してカタログを入手致しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。