年収の5倍までって本当?無理なく返済できる、住宅購入の予算の決め方4つのコツ。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

住宅購入の予算については、

・年収の5倍(6倍、7倍)まで

・返済比率は30%以下が目安

と言われています。

ですがあえて申し上げますが、この予算は参考になりません

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜならこれらは売る側の都合であって、買う側の都合ではないからです。

参考にならない予算を決めても意味はありませんし、後悔する住宅購入につながってしまいます。

 

住宅購入では、

・住宅購入は一生に一度の買い物である。

・欲しい家が目の前にあったら、我慢できない。

という感情が先行してしまいます。

ですので、住宅購入の予算を決めるときは、この感情を踏まえて、現実的に作る必要があります

 

そこでこの記事では、無理のない返済ができる、現実的な住宅購入の予算の作り方について、解説させて頂きます。

スポンサーリンク

住宅購入の予算を決めるときの問題点。

住宅購入の予算を決める前に、予算決めでありがちな問題を知らねばなりません。

・一生に一度の買い物。

・人生で一番高い買い物。

と言われる住宅購入では、次のような問題がありがちなのです。

 

欲しい家が目の前にあったら、予算オーバーでも買ってしまう。

家を買うときに多くの人が予算を決めます。

しかし予算を決めても多くの人が、予算オーバーして終わるのです。

 

・・・なぜか?

 

ザク男爵
イエス、マダム。

それは欲しい家が目の前にあったら、予算オーバーでも買いたくなってしまうからですよ。

つまりはそういうことなのです。

 

住宅購入は「一生に一度の買い物」と言われるように、多くの人は一生に一度しか家を買いません。ですので、

・後で後悔しないように、グレードのいいものを買っておきたい。

・後で後悔しないように、不足がないようにしたい。

・後で後悔しないように、ほかの人に買われる前に買いたい。

 

「買っておけばよかった・・・」と後悔するのを防ぐ心理が働きます。

そのため住宅購入の予算をオーバーしている家でも、欲しいと思ったら買ってしまうのですよね。

ザク男爵
ま、私も結局、予算は500万ほどオーバーしましたがね!ガッハッハ!

住宅購入の予算を決めても、それが机上の空論、絵に描いた餅となってしまうのです。

 

オプションで予算オーバー。でも「仕方ない」と買ってしまう。

最初は住宅購入の予算内に納めることができても、フタを開けてみたら予算オーバーというパターンもあります。

家本体は予算内でも、追加オプションを足していくと、

ザク男爵
なんと・・・予算をはるかに超えてますぞ・・・

しかしここまで乗り掛かった舟であります、えぇい、買ってしまえ!

そのままの勢いで、予算を無視して買ってしまうのです。

 

住宅購入には追加オプションのほかにも、

・事務手数料

・税金

・引っ越し代

・新しい家具、家電費用

など、広範囲にわたりお金がかかります。

はじめての住宅購入では、これらすべてを予測するのは難しく、予算を決めたところで結局は予算オーバーしてしまい、「予算ってなんだったんだろ・・・」とむなしい空気が流れて終わります。

 

予算オーバーだからと言って購入を見送ると、あとで一生後悔する。

しかしこの逆パターンもあります。

「絶対に予算内に納めるぞ!」と意気込んでいると、せっかくの希望の家が見つかっても「予算オーバーだからな・・・」と諦めてしまい、あとになって「買っておけばよかった」と後悔するのです。

家は買えたけど、やっぱりあのかわいいお家がよかったな・・・めそめそ・・・

住宅購入して何年すぎても、当時の後悔は消えず、むしろ募る一方です。

住宅購入の予算はクリアしているのに、幸せになれてない。

これでは何のための予算を決めたのか、分からないですよね。

 

無理なく返済できる、住宅購入の予算の決め方。

住宅購入では「予算を決めるのが大切」と言われておりますが、本当に役に立つ予算を決めるのは難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、次のステップで住宅購入の予算を決めることです。

段階を踏んで思考を整理することで、あなたにピッタリの予算が決められますよ。

 

一般論の「年収の5倍」、「返済比率30%」は、無視していい。

いきなり過激な言葉が飛び出てしまいましたが、一般論で言われている

・住宅ローンは年収の5倍(もしくは6倍、7倍)

・住宅ローンの返済比率は30%以内

という予算は、無視して頂いて構いません。

なぜならこれらの数値は、あくまでも「売る側にとっても上限」だからです。

つまり銀行から見て、「これ以上は貸せませんよ」という数字がこちらなのです。

ですので無理に「年収の5倍の家」を買わなくてもいいですし、背伸びをする必要もありません。

 

家の値段はピンキリでございます。安い家を探せばいくらでもでてきます。

安い家で満足できるならば、高い家を無理して買う必要はどこにもありません。

住宅ローンの適正な返済率は?返済比率15%以下で得られる3つの幸せ!

2018.01.27

 

「どうして家が欲しいのか?」、家を買う理由を考える。

住宅購入の予算を決める時、「どうして家が欲しいのか?」の理由を明確にすることが大切です。

なぜなら住宅購入の理由が、予算オーバーする局面のときに「後悔しない価値観」になるからです。

 

住宅購入の予算が簡単に破られてしまうのは、

 

「欲しい家が目の前にあったとき、我慢できずに買ってしまうから」

 

ですよね。

しかしこればっかりは、仕方ありません。

ですが問題なのは、「買う・買わない」の選んだ選択肢によって、のちのち後悔してしまうことです。

ザク男爵
高すぎる住宅ローンが辛いであります。

あのとき買わなければよかった・・・はらり・・・

やっぱりあのかわいい家が欲しかったな・・・めそめそ・・・

ですがこのとき自分の中に、「ぶれない価値観」があると、どの選択肢を選んでも後悔しません。

・無理してでも家が買いたいのか?

・どれくらい無理してでも買いたいのか?

・どうして無理してでも家が欲しいのか?

家を買う理由をクリアにしておくと、どの選択肢を選んでも後悔しません。

 

住宅購入では、予算オーバーになる局面があります。

予算オーバーの家を買えば、その後の住宅ローン返済は大変になります。

しかし一方で、希望の家が購入できた満足感は高いです。

 

人が家を買う理由はさまざまです。

その理由(想い)によっては、予算オーバーしても後悔しませんし、逆に予算オーバーだから諦めてしまうと後悔してしまいます。

住宅購入の予算は、つまるところ「どうして家が欲しいのか?」につきます。

あなたはどうして家を買うのですか?

その理由によっては年収の7倍でも後悔しませんし、逆に返済比率が20%を切っていても後悔するかもしれません。

「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

2017.04.21

 

今の収入に「どれくらい余力があるか?」、考える。

住宅購入の予算を決めるとき、今の収入に「どれくらい余力があるか?」を考えておきましょう。

 

住宅ローンは長いお付き合いになるので、完済するまでには山あり谷あり、色々ございます。

無理のない住宅ローンだったかもしれませんが、予想外の出費や転職、失業の危機など、ときとして無理する局面はあります。

「ここぞ!」というときに役立つのが、収入の余力です。

あらかじめ収入の余力を計算しておくと、住宅購入の予算も決めやすくなります。

 

収入の余力を計算するときは、客観的なデータをもとに冷静に考えることがおすすめです。

・地域の平均収入。

・会社規模での平均収入。

・勤めている会社の平均収入。

・共働きか?将来共働きの可能性はあるか?

・副業をやる余裕はあるか?

家は今の収入で買いますが、住宅ローンは将来の収入で返済します。

将来の収入の余力を計算しておくと、「どのくらいの家が買えるのか?」、予算が決めやすくなります。

 

今の家賃を基準に考え、安い価格から検討していく。

住宅購入の予算を決めるとき、最初から「上限は○○円!」と決めるのはおすすめできません。

なぜなら上限いっぱいの高い家を見たら、それが欲しくなるからですよ。

ザク男爵
な、なんと素敵な家でしょうか・・・。

この家が予算ギリギリで買えるのですか?

・・・イエス、分かりました。この家を買いましょう。

一生に一度の買い物で、目の前にいい家があったらどうします?

しかも「財布のお金で買えますよ」と言われたら、我慢するのは無理じゃないですか?

それが問題なのですよ。

 

ですので、住宅購入の予算を決めるときは、あえて低価格帯の家から検討していきましょう

・「今の家賃よりも安い金額」で買える家。

・「今の家賃と同額」で買える家。

・「今の家賃+ボーナス返済」で買える家

・「今の家賃+ボーナス返済+収入の余力(共働きなど)」で、買える家。

高い家であるほど購入時の満足感は高くなりますが、住宅ローン返済は大変です。

安い家であれば満足感は低いですが、住宅ローン返済は楽ちんです。

 

それぞれの価格帯に応じて物件を探してみて、「それではどうしても満足できない!」と思うのならば、次の価格帯に進むことをおすすめします

最初から高価格帯を見てしまうと、低コスト住宅が選択肢から外れてしまい、無理な住宅ローンにつながってしまいますよ。

建売住宅に3年住んで分かった、建売住宅のメリット・デメリットを本音で語る!

2017.01.17

建売住宅(分譲住宅)も作っている大手ハウスメーカー8社|注文住宅の品質が安く買える!

2019.01.05

 

まとめ:現実的な予算を決めるのが、一番大切。

住宅購入の予算の重要性は、誰しも知っているところです。

しかし重要性を知りながらも、予算オーバーで後悔したり、逆に希望の家が買えずに後悔してしまうのです。

その原因は、現実的な予算が立てられていないことにあります。

現実的な予算を立てるには、

・一般論の「年収の5倍まで」「返済比率30%以下」は、無視していい。

・「どうして家が欲しいのか?」、理由を明確にする。

・今の収入に「どれくらい余力があるのか?」、客観的に計算する。

・今の家賃を基準に考え、安い価格帯から検討していく。

このステップを踏みながら、考えをまとめていくのが大切です。

一般的には「住宅購入の予算は、年収の5倍(6、7倍)まで!」と言われていますが、それは売る側の都合であって、買う側にとっては現実的ではありません。

買う側としては、

・一生に一度の買い物である。

・欲しい家が目の前にあったら、我慢できない。

という感情が先行することを踏まえつつ、現実に即して予算を考えておくことが大切です。

後悔のない素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

▽まだ検討していないハウスメーカーはありませんか?

1,000万円台で作れるローコストハウスメーカーは、一度は検討しておいて損はありません。

注文住宅カタログを一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽人気物件はネットに公開されません。人気物件を探すには、こちらの記事へ!

ネットで公開されない建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

100万円得する、建売住宅(分譲住宅)の資料請求の3つのコツを伝授する。

2019.01.04

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。