100万円得する、建売住宅(分譲住宅)の資料請求の3つのコツを伝授する。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

あなたは建売住宅(分譲住宅)をネットで探しているときに、稲妻に打たれたような運命の出会いをしたことはありませんか?

ザク男爵
こここ、これまさに!!

私が長年探し続けていた理想の建売住宅!!すぐさま資料請求だーーーっ!!

立地よし、デザインよし、間取りよし、価格よし。

すべての条件をクリアした運命の建売住宅に出会ったら、すぐに資料請求のボタンをクリックしたくなります。

 

ですが、ご注意くださいませ。

建売住宅は購入する方法が2つあり、どちらか選ぶだけで100万円も無駄なお金を払うことになってしまうのです。

ですので、建売住宅の資料請求は安易にしてはいけないのです。

 

そこでこの記事では、建売住宅の資料請求のコツについて解説させて頂きます。

いきおいだけで100万円損するのは、もったいなさすぎでございます。

スポンサーリンク

建売住宅を購入する2つの方法。

建売住宅を購入する方法は2つあります。

・不動産会社から購入する。(仲介手数料がかかる)

・ハウスメーカーから直接購入する。(仲介手数料がない)

ハウスメーカーから直接購入すると、仲介手数料がかからないので、100万円ほど(物件価格3,000万円の場合)お得になります。

また不動産会社でも、仲介手数料がかかる会社と、ゼロの会社があります。

 

建売住宅の資料請求する会社が「誰なのか?」によって、かかる諸経費(仲介手数料)が変わってくるのです。

では、それぞれの方法を具体的に見ていきましょう。

 

不動産会社から購入する。

建売住宅(分譲住宅)は、不動産会社で購入するイメージが強いですよね。

毎週末に届く不動産会社のチラシを見ると、「建売住宅=不動産会社で買うモノ」と連想してしまいます。

ですが不動産会社に資料請求をして、不動産会社から建売住宅を購入すると、仲介手数料がかかります。

建売住宅の仲介手数料の多くは、

 

「物件価格の3%+6万円+消費税」

 

となっております。

ですので3,000万円の建売住宅を購入する場合の仲介手数料は、103万6,800円となるのです。

ザク男爵
ひゃ、100万円の手数料とは・・・クソ高いのですが・・・

この広い世の中ですが、100万円の手数料を率先して払いたい人なぞおりません。

後悔する前に知るべき、不動産会社から新築一軒家・建売住宅を買うメリットとデメリット。

2018.12.29

 

ハウスメーカーから直接購入する。

しかし建売住宅(分譲住宅)は、不動産会社を通さなくても、ハウスメーカーからも直接買えます。

ハウスメーカーから直接買えば、不動産会社に払う仲介手数料がかかりません。イエス、つまりゼロ円でございます。

 

不動産会社の営業マンの話を聞くと、「建売住宅(分譲住宅)は不動産会社を通じて買うものだ」と、言わんばかりですが、そうではないのです。

ネットの情報もよくよく見れば、不動産会社なのか、ハウスメーカー直販なのか、見分けることができますよ。

不動産会社から切替えて思う、建売住宅を仲介なし・ハウスメーカー直で買うメリット・デメリット

2018.12.28

 

不動産会社の中には、仲介手数料がゼロの会社もある。

不動産会社を通して買うと、仲介手数料がかかるのが基本です。

しかし中には、仲介手数料のかからない不動産会社もございます

仲介手数料のかからない不動産会社を通して建売住宅を購入することで、

・特定のハウスメーカーにこだわらず、家探しができる。

・中立的な立場のアドバイスが聞ける。

・建売住宅にこだわらず、マンション、賃貸も探せる。

・取扱物件数が多いので、希望の物件が見つけやすい。

・業界歴の長いプロのおすすめ物件を教えてもらえる。

・ネットに公開されていない、人気の未公開物件を教えてくれる。

これだけ多くのメリットがあります。

不動産会社を通す唯一のデメリットが「仲介手数料がかかること」だったので、それがなくなると、メリットしかありません

後悔する前に知るべき、不動産会社から新築一軒家・建売住宅を買うメリットとデメリット。

2018.12.29

 

建売住宅(分譲住宅)の資料請求のコツ。

建売住宅の資料請求と言っても奥が深く、安易に手を出すのはおすすめできません。

ヘタに資料請求をした結果、払わずに済んだ仲介手数料(100万円)を払うハメになる可能性があるからです。

そこで建売住宅の資料請求をするときは、次のコツを押さえるようにしてください。

 

ハウスメーカー直売していないか、調べる。

「この物件、マジで気になるぅぅーーー!!!」

 

と思っても、すぐに資料請求のボタンをクリックしてはいけません。

なぜならその建売住宅は、もしかしたらハウスメーカーの直販があるかもしれないからです。

ハウスメーカーから購入すれば、クソ高い仲介手数料を1円も払う必要がありません

ザク男爵
は・・・ついうっかり資料請求をしてしまいましたが、これは仲介手数料のかかる不動産会社ではないですが・・・

と、取り消したい・・・

たったワンクリックで100万円、変わりますよ。建売住宅の資料請求は慎重にしましょう。

 

ハウスメーカーで直契約をしているか調べる方法は、

・ポータルサイト(SUUMOなど)の「情報元」、「取引形態」を確認する。

・「建築確認番号」で検索してみる。

・現地を確認してみる。

などでハウスメーカーが割り出せます。

ハウスメーカーが割り出せれば、直接そのサイトを見てみましょう。

サイトから申し込み・資料請求フォームがあれば、直で購入できる可能性ありです。

 

また注文住宅を作っているハウスメーカーは、建売住宅(分譲住宅)も作っております。

もし「どのハウスメーカーが建売住宅を作っているのか、分からない!」とお悩みでしたら、注文住宅のカタログ一括請求サイトが役に立ちます

注文住宅のカタログを一括請求することで、1回の入力でハウスメーカーの担当者とコンタクトが取れます。

あとは個別に打合せしながら、各ハウスメーカーで販売している建売住宅の内覧などすればいいのです。

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

無料で使える注文住宅のカタログ一括請求を比較!メリット・デメリット・おすすめは?

2018.10.31

 

欲しい物件が決まっているときは、不動産会社を通すメリットはほぼありません。

ハウスメーカーから直接購入し、仲介手数料をお得に節約しましょう。

 

資料請求する前に、不動産会社を選ぶ。

建売住宅を不動産会社を通して購入する場合、しっかりと不動産会社を選ばなくてはいけません

なぜなら前述のとおり、不動産会社の仲介手数料は、どこも同じではないからです。

会社によっては100万円近くかかりますが、一方ではゼロ円の会社もあります。

ザク男爵
差が大きすぎて何も言えませぬ・・・。

ですが家を探し始めて最初の頃って、どの不動産会社も同じと思ってしまい、安易に資料請求をしてしまうのですよ。

しかしこれが後悔のもとになってしまいます。

不動産会社はどれも同じではありません。

・仲介手数料はいくらか?

・不動産会社独自で、どんなサービスをしているのか?

・取扱物件は多いのか?どんな特徴があるのか?

わざわざ仲介手数料を払うのですから、これぐらい付加価値を比較しないと本当にもったいないですよ。

 

気になる建売住宅の物件が見つかったら、資料請求する前に不動産会社を比較しましょう。

多くの不動産会社が、同じ物件を取り扱っていることがあります。

ポータルサイトで同じ条件で検索してみて、同じ物件が違う不動産会社で取り扱っていないか、確認してみましょう。

 

ネットがすべてじゃない!人気の未公開物件を見つけるには?

建売住宅の一部の人気物件は、ネットに公開されない未公開物件として扱われてます。

ネットに公開しなくても売れてしまうので、広告費を払わなくても、不動産会社の中だけで売られてしまうのです。

ザク男爵
なんと・・・ネットの情報がすべてではなかったのですが・・・。

それなら不動産会社に出向かなくてはいけないのですな・・・。(営業されそうでイヤですが)

不動産会社に行けば、未公開物件を紹介してもらえます。

ですがご指摘の通り、不動産会社にいけば営業マンに営業されてしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、未公開物件をメールで紹介してくれる、タウンライフ不動産です。

タウンライフ不動産は全国300社の不動産会社と提携しており、登録するだけでそれぞれの不動産会社が抱える未公開物件をメールで教えてくれるサービスなのです。

メールで紹介されるだけなので、強引な営業を受けることはありません。

 

建売住宅の資料請求をする前に、未公開物件まで含めて検討することが大切です。

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

 

まとめ:建売住宅(分譲住宅)の資料請求は、慎重に。

建売住宅の資料請求は、少々注意が必要です。

なぜなら「誰に資料請求するのか?」によって、住宅購入にかかる費用が100万円も差がついてしまうからです。

ですので、建売住宅の資料請求をするときは、次のコツを押さえることが大切です。

・ハウスメーカー直売していないか、調べる。

・資料請求する前に、不動産会社を比較検討する。

・ネットに公開されていない、未公開物件も検討してから資料請求する。

建売住宅の資料請求は、いきおいに任せてボタンをクリックするだけではないのです。

 

建売住宅の資料請求は、ネットだけで完結でき、とても便利です。

しかし人気エリアの物件は、ネットに公開しなくてもすぐに売れてしまうので、ネットに公開されない未公開物件として扱われてます。

建売住宅で後悔しないためには、未公開物件も含めてよく検討することが大切ですよ。

ぜひご活用くださいませ。では、素敵な住宅購入を。

 

▽ネットに公開されていない人気物件を探す方法は、こちら!

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

 

▽注文住宅が手掛ける建売住宅(分譲住宅)を探す方法は、こちら!

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

無料で使える注文住宅のカタログ一括請求を比較!メリット・デメリット・おすすめは?

2018.10.31

 

▽いきおいで買って後悔する前に、建売住宅の購入の流れを押さえておきましょう!

こんなに早いの!?建売住宅購入の流れ・期間・注意点をどこよりも丁寧に解説する。

2018.12.24

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」で執筆してます。

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。