後悔する前に知るべき、不動産会社から新築一軒家・建売住宅を買うメリットとデメリット。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

新築一軒家や建売住宅を購入する方法は、2つあります。

1・ハウスメーカーから直接買う(仲介手数料ゼロ)

2・不動産会社を通じて買う。(仲介手数料100万円ほど)

これだけ比較すれば、不動産会社に仲介手数料を払わないで、ハウスメーカーから直接買った方が賢いと思いませんか?

ザク男爵
イエス、マダム。

ですがときには不動産会社を通して、新築一軒家を買った方がいいときもあるのですよ。

「わざわざ高い手数料をなぜ払うの?あなたはカバなの?」と、思われたあなた。

 

・・・完全におっしゃるとおりでございます。

しかし中には不動産会社を通して買った方が、後悔しない住宅購入に結びつくケースもあるので、一概には言えないのですよ。

 

そこでこの記事では、新築一軒家・建売住宅を不動産会社を通して買うメリット・デメリットについて解説させて頂きます。

スポンサーリンク

知っておきたい新築一軒家・建売住宅の取引形態。

新築一軒家・建売住宅を購入する方法は、2つあります。

1・ハウスメーカーから直接買う(仲介手数料ゼロ)

2・不動産会社を通じて買う。(仲介手数料100万円ほど)

同じ物件でも「どうやって買うのか?」によって、支払うお金も変わりますし、受けられるサービスも変わります。

まずは2つある取引形態の特徴を見てみましょう。

 

ハウスメーカーから直接買う。

新築一軒家・建売住宅は、ハウスメーカーから直接購入できます。

ハウスメーカーから直接購入するには、

・ハウスメーカーのサイトから見学・資料請求を申し込む。

・ハウスメーカーが開催している分譲地見学会にいってみる。

・大手情報サイト(SUUMO・HOME’Sなど)から、見学を申し込む。(ただし情報提供元がハウスメーカーの物件のみ)

大手ハウスメーカーは広告宣伝費を使い、テレビCMを流し、自社の営業部隊をもっています。

ですので不動産会社に依頼しなくても、お客さんを集めて販売することができます。

最近ではパワービルダー系のハウスメーカー(大量に安く家を作るハウスメーカー)も、テレビCMを流すようになったので、ハウスメーカー直で購入する流れは増えました。

ねぇねぇ、この物件、かわいいから見学申し込んどいたよ♪
ザク男爵
そ、そいつは不動産会社のチラシ・・・やられた・・・。

ハウスメーカーから買いたいと思っているなら、うっかり不動産会社を通さないようご注意くださいませ。

 

不動産会社を通して買う(仲介)

新築一軒家、建売住宅は不動産会社を通しても買えます。

・大手情報サイトから申し込む(情報提供元が不動産会社・取引形態が仲介)

・不動産会社に行く。

・不動産会社の営業マンに希望条件を伝え、おすすめの物件を紹介してもらう。

不動産会社では希望条件を伝えるだけで、あなたの代わりにおすすめの物件を探してくれます

忙しくてすべて自分で調べている時間のない方には、かゆいところに手の届くサービスです。

またそれだけでなく、

・契約書類の作成、手続き

・住宅ローン申請のサポート

・不動産、住宅の分からないに相談にのってくれる。

住宅購入がとどこおりなく進むよう、購入者をサポートしてくれます。

ハウスメーカーとしても、不動産会社に販売を依頼すれば、販売・めんどうな手続きの両方がカットできます。

そのため不動産会社は仲介手数料を、

・ハウスメーカー

・買主(あなた)

から受け取るのです。

ザク男爵
なるほど。どうりで一生懸命売るわけですな・・・。

しかし最近では買主に対して、

 

「仲介手数料はいらないよ!」

 

という、いわゆる「仲介手数料ゼロ物件」も増えました。

これはハウスメーカーから仲介手数料をもらっている(場合によっては売主の分ももらっている)から、売主の仲介手数料をゼロで取引ができるのです。

 

不動産会社を通して買うメリット・デメリット

不動産会社を通してしまうと、仲介手数料がかかってしまいます。

その点を考えるとハウスメーカー直に軍配が上がる気もしますが、実は不動産会社を通すことによるメリットは多いのです。

 

取り扱い物件が多いので、希望の条件にあう家が見つかる。

不動産会社を通すメリットは、取り扱い物件が多いので、希望の条件にあう家が見つけやすいことです。

ハウスメーカーでは自社の物件しか販売しませんが、不動産会社であれば複数のハウスメーカーの物件を紹介できます。

第一希望として見学した物件が希望にあわなかった場合、不動産会社なら希望に近い物件を紹介できます

ザク男爵
なんと、これは第一希望よりも素晴らしい物件じゃないですか。

・・・え?○○ハウスメーカー?いや、そんな名前も知りませんでした・・・。

ネットが発達したとは言え、この広い不動産業界の情報をくまなく集めるのは困難です。

しかし不動産会社を通せば、その道ウン十年のプロが頼もしくサポートしてくれます。

 

新築一軒家、建売住宅にこだわらない物件探しが依頼できる。

不動産会社では新築一軒家、建売住宅に関わらず、多くの物件を取り扱っています。

・中古一軒家

・新築マンション

・中古マンション

新築一軒家、建売住宅以外にも、マイホームの選択肢はいろいろあります。

当初の希望は新築一軒家であっても、物件を見学するうちに希望が変わるかもしれません。

新築一軒家の住宅ローン返済をシミュレーションをしたら、血の気が引くことだってあります。

ザク男爵
新築一軒家の返済プランは・・・。・・・。・・・。

・・・これは・・・無理でございますぞ・・・。

ハウスメーカーに直接依頼している場合、マイホームの夢はここで終了です。

しかし不動産会社なら、新築一軒家にこだわらないマイホーム探しが続けられるのです。

住宅購入はタイミングが大切ですので、不動産会社とタッグを組めば、ベストタイミングで住宅購入ができます。

 

自分の代わりに希望条件にあう物件を探してくれるので、手間が省ける。

私は家を買ったからこそ分かりますが、家を買うことは、本当に大変なのですよね。

ネットで調べれば簡単に家の情報が出てくるとはいえ、

・土地、立地、アクセス、方位、道路の接続

・地盤、ハザードマップ

・価格、グレード、設備、付属オプション

・間取り、内装、外装

などなど、こと細かに1つ1つチェックしなくてはいけません。

私はハウスメーカーから買ったので、これを全部チェックしながら物件を探しましたが、かなり消耗しました。

ザク男爵
間取り・・・よし。立地・・・よし。価格・・・あ、予算オーバーであります・・・。

く、くそう・・・また最初からやり直しですぞ・・・。

妻が寝ている深夜に一人パソコンに向き合って探したのは、苦行そのものでした。(妻と意見が分かれると、さらに辛い)

 

ですが不動産会社なら話は別です。

なぜなら不動産会社の担当者に希望条件を伝えれば、おすすめ物件を紹介してくれるからです。

ザク男爵
これは・・・間取りがダメです。これは・・・価格がNGです。

こ、これは・・・!!この物件を見学させて下さい!!

仲介手数料がかかるとはいえ、ここまで対応してくれるのならば、払うべきものを払ってもバチは当たらないかと思います。

 

ネットに公開していない未公開物件を見つけられる。

そして忘れてはいけないのが、新築一軒家にはネットに公開されていない未公開物件があることです。

新築一軒家では一部の人気物件はネットに公開しなくてもすぐに売れてしまうので、未公開物件として大切に扱われています。

もし不動産会社を頼らずに、すべて自力で物件を探している場合、人気の未公開物件に出会う確率はかなり低くなってしまいます。

ザク男爵
な、なんですと・・・せっかく見つけた人気物件はすでに完売ですと・・・?

く、くそう・・・自力では限界がありましたか・・・。

一生に一度の住宅購入ですから、人気物件をゲットできなかった絶望感は想像を絶するものがあります。

仲介手数料は確かに高いです。

ですが住宅購入で後悔することを考えたら、「それぐらい、払ってもいいかな・・・」というお気持ちになりませんか?

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

 

不動産会社を通して購入するデメリット。

どうでしょう、不動産会社を通すのも、あながち悪くないですよね。

しかし前々から申し上げているとおり、不動産会社を通すとデメリットもあります。

 

仲介手数料はちょっと高い。

ご指摘のとおり、不動産会社を通したときの仲介手数料は高いです。

多くの不動産会社では、「物件価格の3%+6万円(+消費税)」の仲介手数料がかかります。

3,000万円の新築一軒家を購入した場合、仲介手数料は103万6,800円かかります。

ザク男爵
ひゃ・・・ひゃ・・・103万・・・(白目)

白目を剥きたくなるお気持ち、お察しいたします。

いくら不動産会社を通すメリットがあるとは言え、高いものは高いですし、払わずにすむなら払いたくないですよね。

 

値引き交渉、オプション工事、修繕の依頼などのやり取りに時間がかかる。

不動産会社を通すデメリットとして、値引き交渉、オプション工事、修繕依頼などのやり取りに時間がかかってしまうことです。

ハウスメーカー直ならすぐに回答がもらえますが、不動産会社が間に入る分、やり取りが遅くなってしまいます。

仕事における伝言ゲームは人数が少ないほどスムーズになり、間違いも起こりません。

 

まとめ:手数料は高いが、それでも価値はある。

「仲介手数料を払いたくないから、ハウスメーカー直で買う!」

 

というお気持ち、よく分かりますし、実際私もハウスメーカーから直接買いました。

しかし私の場合、希望条件が明確でエリアもせまく、数件の中からどれかを選ぶだけでした。

ですが希望条件が決まってなく、エリアも広い。しかも物件も多い。・・・という状況では、やはり不動産会社を通して物件を探すメリットは多いかなと感じます。

・取扱物件が多いので、希望の条件にあう家が見つかる。

・新築一軒家、建売住宅にこだわらない物件探しができる。

・自分の代わりに希望条件にあう家を探してくれるので、手間がはぶける。

・ネットに公開していない、未公開物件を見つけられる。

仲介手数料は確かに高いですが、不動産会社を通すことで、後悔しない住宅購入を実現できます

不動産会社とも上手に付き合っていきたいですね。

ぜひ素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

▽ネットに公開されない未公開物件の情報をゲットする方法は、こちらでございます。

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

 

▽ハウスメーカー直で買うメリットは?

気になる疑問は、こちらの記事で回答しました。

不動産会社から切替えて思う、建売住宅を仲介なし・ハウスメーカー直で買うメリット・デメリット

2018.12.28

 

▽建売住宅の購入に動き出す前に!今一度、購入の流れを押さえておきましょう。

こんなに早いの!?建売住宅購入の流れ・期間・注意点をどこよりも丁寧に解説する。

2018.12.24

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

不動産メディアで執筆してます。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。