不動産会社から切替えて思う、建売住宅を仲介なし・ハウスメーカー直で買うメリット・デメリット

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

建売住宅は不動産会社から紹介(仲介)して購入するイメージがありますが、実はそれだけではありません。

ザク男爵
イエス、マダム。

建売住宅はハウスメーカーから直で購入もできます。その場合、仲介手数料はゼロでございますよ。

「払って当然」のように語られる仲介手数料は、ハウスメーカーから直で購入すれば1円も払う必要がありません。

 

そこでこの記事では、

・建売住宅をハウスメーカー直で購入した理由。

・建売住宅をハウスメーカー直で購入するメリット・デメリット

・ハウスメーカー直をしている建売住宅の見抜き方。

について、すべてお伝えしたいと思います。

無駄な仲介手数料は払う必要ありません。ぜひ記事の最後までお読みくださいませ。

スポンサーリンク

建売住宅をハウスメーカー直で買った話。

建売住宅を見学するとき、多くは不動産会社が同席します。

ですので、「建売住宅を買う=不動産会社から買う」と刷り込まれてしまいますが、そうではないのです。

 

建売住宅の見学は、不動産会社が同席する。

私が建売住宅を見学したときも、同席したのは不動産会社でした。

不動産会社の担当者は当たり前のように「仲介手数料が○○万円かかりますので~」と話していました。

私ははじめての住宅購入だったので、

ザク男爵
ふむふむ、なるほど。

建売住宅を購入するときは、仲介手数料が必要経費のようにかかるのですな。

と、1つ賢くなったつもりでいました。

 

大手住宅サイト(SUUMOなど)から見学を申し込む場合、知らず知らずのうちに不動産会社経由で申し込まれています。

見学に同席するのはいつも不動産会社なので、「建売=不動産会社を通して買う」と認識しがちですが、そうではないのですよ。

 

まったく同じ物件がハウスメーカー直で販売している衝撃。

「建売住宅は、ハウスメーカー直でも販売しているらしい。」

 

にわかに信じがたい情報を入手してからは、気になる建売住宅を見つけてもすぐに見学を申し込むのを控えました。

ねぇねぇ、SUUMOで見つけた建売住宅、かわいいよ!今度見学に行こうよ!
ザク男爵
イエス、妻。

建売住宅はハウスメーカー直もあるので、ハウスメーカーのHPを調べてみましょう。

表示されていた住所を頼りにめぼしいハウスメーカーを調べた結果・・・、ありました。

まったく同じ建売住宅が、ハウスメーカーのHPにあったのです。

 

「これで仲介手数料がゼロになるぞ・・・!」

 

私は心の中で小さなガッツポーズをし、ハウスメーカーのHPから見学の申し込みをしました。

当日見学に同席したのはハウスメーカーの担当者であり、不動産会社の担当者はいませんでした。

もちろん「仲介手数料の話」なぞなく、およそ100万円もの仲介手数料を払わずにすみました

 

ハウスメーカー直で購入するメリット・デメリット

建売住宅をハウスメーカーから直接買えば、仲介手数料がかかりません。

これは大きなメリットです。

ではハウスメーカーから直接買うことに、ほかにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

仲介手数料がかからないのは、人生の中でも大きなメリットだ。

繰り返しになって申し訳ございません。しかしそれほどまでに重要なメリットなのです。

建売住宅をハウスメーカーから直接買えば、仲介手数料がかかりません

3,000万円の建売住宅なら、103万6,800円もの仲介手数料がゼロになります。

ザク男爵
強烈すぎて何も言えませぬ・・・。

103万円のコストカットができる人生のイベントは、そうありません。

ちまたでは、

・きちんと不動産会社に仲介手数料を払うべき。

・世の中の礼儀として、仲介手数料を払うべき。

・礼儀を欠いたら、のちのち困るぞ。

と、不動産会社を優遇する意見もあります。

私としては不動産会社の必要性も知っていますので、不動産会社を通して購入し、仲介手数料を払うのもアリだと思います。

ですが、方法はそれだけではありません。

これだけネットが発達した時代ですので、不動産会社のかわりに情報を収集し、ハウスメーカー直のルートを探し、購入する方法だってアリです。

知ってるか、知らないか、ただそれだけの違いですが、知らないだけで100万円も損をしてしまいます

ちなみに私はハウスメーカー直で購入して5年がたちますが、これまでなにか困ったことはありませんし、これから困る予定もありません。

 

値引き交渉、オプション工事、修繕などのやり取りがスムーズ。

建売住宅をハウスメーカー直で購入するメリットは、住宅購入のやり取りがスムーズなことです。

家を買うためには細かい仕様を決める必要があり、ハウスメーカー直だと不動産会社を挟まない分、やり取りがスムーズなのですよね。

・値引き交渉。

・オプション工事の設置、進捗確認。

・傷などの修繕の確認。

・家の仕様に関する確認。

・アフターフォローのやり取り。

不動産会社を通して購入する場合、担当者に聞いても「ハウスメーカーに確認しますね!」としか答えようがありません。

不動産会社を通した情報の伝達ルートは、

 

あなたの質問→不動産会社→ハウスメーカー窓口→ハウスメーカー担当者→ハウスメーカー窓口→不動産会社→あなた

 

やり取りに間が入る分、スピードも遅くなり、ストレスもたまります。

しかしハウスメーカーから直接買えば、その心配はいりません。

 

あなたの質問→ハウスメーカー窓口→ハウスメーカー担当者→ハウスメーカー窓口→あなた

 

ここまで短くなります。

この流れは購入後も続きますので、アフターフォローも安心のスピード対応になります。

 

デメリットは、ハウスメーカーでは、紹介できる物件が少ないこと。

しかしハウスメーカー直のデメリットもあります。

それはハウスメーカーでは自社物件しか紹介できないので、不動産会社より紹介できる物件が少ないことです

・見学してみたけど、なにか違う。

・ほかにも物件を見てから決めたい。

・まだ比較検討したい。

このような場合、やはり不動産会社を頼った方が早いです。

自分でネットで調べることもできますが、その道のプロである不動産会社に相談すれば、より早く解決できます。

建売住宅の購入はタイミングも大切ですので、あまりにも意固地になっていると、大切なモノを失ってしまうかもしれません。

ネットに公開すらされていない人気物件は、やはり不動産会社の力を借りる必要があります。

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

 

ハウスメーカー直の建売住宅を見抜くには?

希望の物件がハウスメーカー直で買えれば、大きなメリットになります。

ではどうやったらハウスメーカー直の建売住宅を見抜くことができるのでしょうか?

 

大手住宅サイト(SUUMO、HOME’Sなど)の「情報提供元」をチェック。

ハウスメーカー直を見抜くためには、大手住宅サイトに表示されている「情報提供元」をチェックしましょう。

情報提供元にハウスメーカーの名前が表示されていれば、その物件はハウスメーカー直でございます。

ハウスメーカー名ではなく、○○不動産と書いてあれば、それは不動産会社経由です。仲介手数料がかかります。

ザク男爵
なんと・・・このたった一言で100万円の明暗が別れるとは・・・。危ないところでした。

家の仕様が気になって見落としがちになりますが、ここがもっとも重要でございます。

 

住所・物件価格から、ハウスメーカーを探し出す。

情報提供元が不動産会社の名前になっていても、ハウスメーカー直で販売している可能性もあります。

表示されている住所・価格・家のグレードから、ハウスメーカーを探し出してみましょう。

ザク男爵
ぐぬぬ・・・とは言っても、これだけの情報からハウスメーカーを探し出すのは結構大変ですな・・・。

ハウスメーカーを探し出すのは苦労する場合が多いです。

ネットの情報だけでは足りない場合、実際に現地に赴いてみると、ハウスメーカー名がかかれた看板が立っている場合もあります。

 

最初からハウスメーカーのサイトから、希望の建売住宅を探す。

ハウスメーカー直の建売住宅を探すもっとも手堅い方法は、最初からハウスメーカーのサイトから希望の建売住宅を探すことです。

トヨタウッドユーホーム・大和ハウス・飯田グループなど、各ハウスメーカーは独自のサイトで建売住宅を直売しています。

ハウスメーカーにより家のグレード、価格帯が決まっていますので、最初からハウスメーカーのサイトから選べば手間が省けます。

 

注文住宅のカタログ一括請求を活用する。

「地元にどんなハウスメーカーがあるのか、分からない!」

 

と、困る場合もあります。

右も左も分からない、ゼロから探し始めるときに活用したいのが、注文住宅のカタログ一括請求です。

注文住宅のカタログ一括請求では、1回の入力であなたの地元にあるハウスメーカーに資料請求ができます。

注文住宅のハウスメーカーは分譲住宅をやっていることも多いので、資料を請求したのち、担当者に分譲住宅の相談してみるのも1つです。

不動産会社を通さずにやり取りが完結しますので、ムダな仲介手数料を払わずにすみますよ。

無料で使える注文住宅のカタログ一括請求を比較!メリット・デメリット・おすすめは?

2018.10.31

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

 

まとめ:ハウスメーカー直のメリットは大きい。

建売住宅は不動産会社を通して買うイメージが強いですが、実はそうではないのですよ。

ハウスメーカーから直接買うことができ、仲介手数料をゼロにできます。

 

ハウスメーカー直で購入するメリット・デメリットは、

・100万円ちかい仲介手数料をゼロにできる。

・値引き交渉、オプション工事、修繕対応のやり取りがスムーズ。

・ハウスメーカーでは紹介できる物件が少ない。

がございます。

希望の条件がすでに決まっていて、あとは数件比較するだけ、という方にとって、ハウスメーカー直は大きなメリットになります。

 

またハウスメーカー直で買える建売住宅を探すには、

 

・大手住宅情報サイトの「情報提供元」をチェック。

・住所、物件価格(グレード)から、ハウスメーカーを探し出す。

・最初からハウスメーカーのサイトから、建売住宅を探す。

・注文住宅のカタログ一括請求を活用する。

 

こちらの方法がおすすめです。

ぜひハウスメーカー直を活用して、素敵な住宅購入を実現くださいませ。それでは、また!

 

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

無料で使える注文住宅のカタログ一括請求を比較!メリット・デメリット・おすすめは?

2018.10.31

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

こんなに早いの!?建売住宅購入の流れ・期間・注意点をどこよりも丁寧に解説する。

2018.12.24

中古マンション購入で仲介手数料は値引きできるの?不動産会社を乗り換えてもいいの?

2018.10.26

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

不動産メディアで執筆してます。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。