中古マンション購入で仲介手数料は値引きできるの?不動産会社を乗り換えてもいいの?

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

中古マンションを購入するとき、消費税はかかりません。

しかし仲介手数料がかかります。

多くの不動産会社では、仲介手数料を「物件価格の3%+6万円(+消費税)」と定めています。

どの不動産会社を見ても、同じように記載されているので、あたかも払わなくてはいけないお金のように感じます。

 

ですが、あなたは思いませんか?

ザク男爵
この物件を仲介してもらうためだけに、100万円も・・・100万円も払うのですか・・・?

イヤであります、私は払いたくありませぬ。

率直にいって、仲介手数料を払いたくありません

ゲスい話で申し訳ないのですが、仲介手数料って、払わなきゃいけいのでしょうか?

値引きできないのでしょうか?

 

そこでこの記事では、

・仲介手数料って、そもそも何?

・仲介手数料って、払わなきゃいけないの?値引きできるの?

・仲介手数料の高い不動産会社から、安い会社に切り替えていいの?

について、解説させて頂きます。

スポンサーリンク

中古マンションの仲介手数料って何?なぜそんなに高いの!?

3,000万円の中古マンションを購入する場合、仲介手数料は

「3,000万円×3%+6万円+消費税=103万6,800円」になります。

ザク男爵
た、高い・・・(白目)

仲介手数料を見て、白目も剥きたくなります。

ですがそもそも、仲介手数料とは、いったいどんな費用なのでしょうか?

 

仲介手数料とは?

不動産会社は購入希望者に対し、

・希望の物件を一緒に探す。

・マンションについて、気になる質問に答える。

・内覧会に同行する

・売主との条件交渉、調整

・契約書、重要事項説明書などの書類作成、準備、対応

・引き渡しの手続き

後悔しないマンションが購入できるよう、親密にサポートしてくれます。

 

もしも不動産会社がいなければ、購入希望者は

・自分で中古マンションを探す。

・売主に直接コンタクトをとる。

・売主と条件を交渉する。

・書類を準備し、手続きを自力でやる。

これまで不動産会社がやってくれてたことを、すべて自分でやらなくてはいけません。

はっきり申し上げて、非現実的ですよね。

ザク男爵
そうか・・・不動産会社は面倒な手続きをすべて代行してくれているのですね。

これは感謝しないと・・・ナムナム・・・

ですがここで疑問に思いませんか?

「不動産会社を利用しても、1円も払っていない」と。

 

イエス、そうなのですよ。不動産会社を利用するのは、1円もかかりません。無料なのです。

・「なんかいい物件ない?」と相談する。

・「この中古マンション、大丈夫なの?」と質問する。

・「もうちょっと安くして!代わりに交渉してきて!」と無理難題を吹っ掛ける。

これらすべて無料で受けられます。

費用が発生するのは、物件の引き渡しが完了するときだけです。それまでは1円もかからないのです。

つまり仲介手数料とは、不動産会社にとっての「取引が成立したときの、成果報酬」なのです。

ですので、私たちは無料で不動産会社を利用することができるのです。

 

なぜこんなに高い?仲介手数料「3%+6万円」は、上限金額。

ですが恐れ多くも申し上げますが、やはり仲介手数料は高いと思います。

いや、ごめんなさい。だって、仲介してもらうのに100万円って、泡吹くレベルですよ。

・3,000万円の中古マンションを購入した場合:103万6,800円

・4,000万円の中古マンションを購入した場合:136万800円

ザク男爵
手数料(不動産会社の利益)だけで、車1台買えるやないかい・・・

そもそも論として、仲介手数料が「3%+6万円」と決まっているのが高い元凶と感じます。

 

仲介手数料でよく見かける「物件価格の3%+6万円」は、あたかも「決まった金額ですので・・・」と当然の金額かのように見せています。

ですがこれは法律で決まっている「上限」であって、それ以下でもぜんぜん問題ありません

さらに言えば、仲介手数料はゼロ円でもいいのです。

もっと言えば、「仲介手数料を値引きしてください!」と値引き依頼してもいいのです。

 

中古マンションの仲介手数料は払わなきゃいけないの?値引きできるの?

「仲介手数料、しめて100万円でございます・・・。」

 

あたかも当然の金額のように支払いを言われたら、雰囲気にのまれてそのまま払ってしまいそうです。

ですが、本当に仲介手数料は払わなくてはいけないのでしょうか?

 

仲介手数料は「合意があった場合のみ」、払う必要があるもの。

仲介手数料の支払いは、義務のように感じますが、違います。

実は「合意があった場合のみ」、払う必要があるのですよ。

つまり不動産会社の提示した金額に納得できなければ、支払わなくてもいいのです。

ザク男爵
仲介手数料に100万円ですと・・・?

いや、高すぎであります。払いたくありませぬ。

購入希望者と不動産会社、双方の合意がなければ、仲介手数料は払う義務はありません。

 

ですが当然ながら、お互いの条件に合意できなければ、不動産会社も物件を売ってくれません

 

「仲介手数料は払いたくない。でもこの物件を売ってくれ!」

 

ダダをこねたくなるお気持ちは痛いほど分かりますが、地面を寝転がって交渉しても決裂するだけでございます。

 

値引き依頼をすることはできる。でも相手にされる確率は低い。

そこで登場するのが、「仲介手数料の値引き」でございます。

仲介手数料を値引き交渉をすることで、お互いが合意できるレベルまで歩みよるのです。これぞ大人の対応ですね。

 

「話せばわかる、なにごとも。」

 

大人同士、ひざを突き合わせて話し合えば、少しぐらい値引きしてくれるはずだ。

あなたはそう思うかもしれませんが、残念ながら、値引き交渉は決裂する確率が高いです。

なぜなら前述のとおり、不動産会社は取引の成功報酬として、仲介手数料を頂くからです。

 

「仲介手数料、高いからゼロ円にして!!もしくは半額!!」

 

これが意味するのは、不動産会社の営業マンのタダ働きでございます。

不動産会社の営業は、歩合給でノルマも厳しいと評判の仕事です。

厳しい環境で働く彼らは、仲介手数料の値引きを快く思いません。露骨に嫌がる方もいらっしゃいます。

 

私も何度か不動産会社の営業マンに、値引き交渉を持ち掛けたことがありますが、

・「あ、それはできません」と、あっさり受け流す

・「いや・・・それは・・・できません・・・!」と、青ざめる

この2パターンで断られることが多かったです。どうやら業界の闇が深いようですね。

 

ただ1度だけ賃貸アパートを借りるとき、仲介手数料を「2か月→1カ月」にして頂いたことがあります。

「ダメもと」でも、一度は値引き交渉はもちかけるべきでしょう。

 

仲介手数料が安い、もしくはゼロ円の不動産会社もある。

また最近では、仲介手数料が半額、ゼロ円の不動産会社も増えました。

仲介手数料が半額やゼロ円でも不動産会社が廃業しないのは、「売主からも仲介手数料をもらっている」からです。

ザク男爵
・・・ワッツ?

ということは、仲介手数料をダブルでもらっているのですか?

売主、買主の両方から仲介手数料をもらうことを、両手取引といいます。

反対に、売主だけから仲介手数料をもらうことを、片手取引といいます。

 

仲介手数料がゼロ円の不動産会社は、買主から仲介手数料を取らないだけです。だからゼロ円なのですね。

その代わり、売主から仲介手数料を頂くのです。(ただし上限は物件価格の3%+6万円)

 

つまり仲介手数料は、どの不動産会社も同じではないのです。

・物件価格の3%+6万円

・物件価格の1.5%+6万円(半額)

・ゼロ円

にわかには信じがたい事実ですが、これが不動産業界でございます。

 

仲介手数料の安い不動産会社に切り替えていいの?

不動産会社で扱っている物件は、どこも似たり寄ったり、同じでございます。

しかし仲介手数料が違います。決定的に違います。

 

すると問題になるのが、あとから不動産会社を乗り換えしたくなることです。

ザク男爵
なんと・・・よく見たら仲介手数料ゼロの不動産会社でも、同じ物件を扱っているじゃないですか・・・。

わ、私の100万円が・・・

物件を見終わったあとに、仲介手数料の安い不動産会社との出会いが、悲劇のはじまりです。

 

人生は常にすれ違い、とても残酷なものですね。

ではこのとき、不動産会社を乗り換えて、別の不動産会社から物件を購入することはできるのでしょうか?

 

不動産業界は狭いので、切り替えはタブー。しかし、できない訳ではない。

結論から申し上げますが、不動産会社の切り替えは可能ですが、業界的にはタブー視されています。

不動産会社を切り替える(乗り換える)ことを、「抜く」「抜き」などと呼ばれています。

俗称がつくぐらいですので、業界ではよくあることのようですが、業界の闇は深そうなので立ち入りたくはありません。

 

不動産会社の乗り換えは可能です。

一度案内された程度で、あなたを強制する法律はございません。

ですが、業界的にはタブー視されています。

・売主(大家)は同じであるため、心証が悪くなる。

・不動産業界は広いようで狭いので、不動産会社での心証が悪くなる。

・不動産会社が悪徳な場合、嫌がらせをされることがある。

長く住み続ける場所だからこそ、あまり敵対関係は作りたくないですよね。

 

ですので、不動産会社を乗り換えるならば、早い時期がおすすめです。

・不動産会社の窓口で説明を受けた。

・不動産会社と一緒に物件を見た。

乗り換えるなら、この時期までかと思います。

申し込み書を書いてからの乗り換えは、のちのち揉める可能性がありますので、ご注意くださいませ。

 

まとめ:最初の不動産会社選びが大切!

中古マンションを購入するとき、ついついマンションばかりに気がとられてしまいます。

もちろんマンションも大切ですが、同じくらい不動産会社選びも大切です。

不動産会社によって仲介手数料は違います。営業マンの対応も違います。

 

同じ物件でも、複数の不動産会社が扱っております。

気に入った物件を見つけたときは、すぐに応募しないで、「もっと仲介手数料の安い不動産会社もあるかも・・・」と、不動産会社を探してみてくださいませ。

ぜひ素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

みんなが知らない、中古マンションの9つのメリット・デメリット。

2018.10.15

建売住宅で80万の値引きに成功!契約前にやりたい、値引き交渉のコツとタイミング!

2017.05.04

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。