親の反対を押し切って家を購入しても後悔しない?家作りが反対される理由は?

こんにちは。マイホームの案内人、ザク男爵でございます。

 

「親に家作りのことを相談したら、反対されそうで怖い。」

「親に早く相談しなきゃ・・・と思ってるけど、まだ相談できてない・・・オワタ。」

 

・・・お困りですか?マダム。

 

注文住宅での家作りは、早めに親に相談することをおすすめします。

早めに相談することで後のトラブルも防げますし、もしかしたら住宅資金を援助してもらえるかもしれません。

 

・・・ですが、言えないんですよね。

 

だって反対されたらイヤじゃないですか。家作りの計画に口出しされたら、せっかくのマイホーム計画が台無しになりそうです。

ザク男爵
・・・え?お前にマイホームなんて10年早いですと?まずは会社で出世してからですと・・・?

よ・・・よ・・・余計なお世話であります!!ガタッ

お金を払って住宅ローンを返済するのは、親ではなく本人(あなた)なのですけどね。

 

そこでこの記事では、

・家作りに親が反対する理由。

・親の反対を押し切って家作りする影響、デメリット。

・親に反対されても、円満に家作りをする秘訣。

について、解説させて頂きます。

親に相談する前に、この記事で入念なシミュレーションをしておきましょう!

スポンサーリンク

家作りが親に反対される理由とは?

「親に相談したら、絶対反対されるよな・・・ガクブル」

 

と、怯えている方にお聞きします。

では親があなたの家作りに反対する理由は何でしょうか?

親が家作りに反対する理由は、もしや次の5つではないですか?

 

1・持ち家・賃貸での考え方のちがい。

親があなたの家作りに反対するのは、持ち家に対して否定的な考えを持っているからではないですか?

持ち家を買うことは、リスクを背負うこと。夢のあるマイホーム購入ですが、その背後には様々な持ち家のリスクが潜んでいます。

持ち家のリスク

・資産価値が下がるリスク(これはリスクというより、宿命。)

・収入が下がっても、住宅ローンを返済するリスク。

・引っ越したいと思っても、気軽に引っ越せないリスク(転勤・転職・ご近所トラブルなど)

・離婚したときに住宅ローンだけが残ってしまうリスク。

子供が率先してリスクを背負う姿を見て、泣いて喜ぶ親は少ないでしょう。できることならリスクを避けて、賢く生きて欲しいと願うのが親心であります。

 

「賃貸でも暮らしてけるのに、わざわざ持ち家のリスクなんて背負って欲しくない。」

 

そう思うから、家作りに反対してしまうのです。

理屈ではよく分かります。しかしこちとら社会に出てから、酸いも甘いも経験してますからね。今では立派な社会を支える人柱ですよ?

ザク男爵
持ち家のリスクはよく知ってますが、それでもやっぱり家が欲しいのです。欲しいものは欲しいのであります。

「持ち家 vs 賃貸」の対立の溝は深く、もし親が「賃貸派」であると、その後の話し合いも平行線になるパターンが多いです。

 

▽持ち家を買う理由を聞かれたら、ぜひこちらの記事を読んで頂きたいです。

「マイホーム購入はリスクだから買わない」と言ってると後悔するかもしれない理由。

2019.04.20

「住宅購入はまだ早い」という嘘。30歳で買って思う、早く家を買うべき3つの理由。

2017.03.22

「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

2017.04.21

持ち家と賃貸、どっちがいいの?損得よりも大切にしたい持ち家の魅力はコレだ!

2017.01.20

 

> 家を買うべきか?のカテゴリーをチェック!

 

2・家を建てるタイミングが早い。

親が家作りに反対する理由として多いのが、「まだ早い」、でございます。

家を持つことについては賛成しているものの、まだ早いと。「まだ買うタイミングではない」と反対しているのですね。

「まだ早い」には、次の意図が見え隠れしています。

「まだ早い」に隠された意図

・「まだ早い」と一度否定することで、冷静に考え直させたい。

・本当は家を買って欲しくないから、とりあえず「まだ早い」と言っておこう。

・本当は実家の近くに家を建てて欲しい。でも言えないから、「まだ早い」と言っておこう。

・収入、勤続年数、貯金が足りず、客観的にみて「まだ早い」状態である。

とりあえず「まだ早い」と反対しておくことで、「結論を先延ばしにしよう」・「はぐらかそう」、との意図がチラチラと・・・。イヤらしいですねぇ。

親は危ない道よりも、より確実な安全パイを選ぶ傾向が強いです。

 

「じゃぁ、いつならいいのさ!」

「どうせならハッキリ言ってくれよ!」

 

と、煮え切らない態度にイライラも募ります。ですが親としてはただ反対しているのではなく、「きちん条件さえ整えれば、建ててもいいかな」と冷静に見守っているのです。親心ですね。

 

▽年代別の住宅購入のメリット・デメリットはこちら!

家を建てるには何歳までがいい?タイミング遅くても大丈夫?【年代別メリット・デメリット】

2019.05.23

 

3・住宅ローンに対する考え方のちがい。

家作りで親と揉めやすいのが、お金の問題です。

とくに住宅ローンについては、意見がかみ合わないことが多いです。

なぜなら親世代と私たちの世代では、住宅ローンを取り巻く環境がぜんぜん違うからです。

親世代との住宅ローンのちがい

・今は超低金利(変動金利0.47%・じぶん銀行)だが、昔は金利が高かった(変動8%・昭和59年)。

・昔はネット銀行がなかった。

・昔は住宅ローン控除などの税制優遇がなかった。

「昭和の金利、高すぎっ!」と驚きますが、これは好景気の裏返しでもありますから。羨ましい限りです。

ですがこのように昭和と平成(令和)では住宅ローンの背景がちがいすぎるので、親と私たちの意見は対立しがちです。

親世代の意見として、

親世代の主張

・家のグレードを抑えて、借り入れを少なくすべき!

・住宅ローン返済は大変だから、頭金を多く払って借り入れを少なくすべき!

・ネット銀行!?そんな怪しいもん信用できるかっ!地方銀行に決まってる!

などがございます。

いくら現在の低金利・税制優遇を説明しても、当時の辛かった記憶は消せないのですよね。

 

4・家のスペック・間取りの考え方のちがい。

先ほどの住宅ローンとは打って変わり、家のスペックについて反対されることがあります。

・一生に一度の買い物だから、無理してもいい家を建てるべき!

・人に見られても恥ずかしくない家を建てるべき!

・家の間取り、仕様について口を出される。(とくに2世帯住宅や資金援助がある場合)

景気のよかった昭和の名残でしょうか。やたらスペック重視の高級住宅を求める親もいます。

住宅ローンを抑えるために、節約志向の質素な家を建てようと思っても、思わぬ親の反対にあうことに。

その結果、必要以上の住宅ローンを組むことになってしまいます。

 

また2世帯住宅や親から住宅資金の援助を受ける場合、親からの口だしが度を過ぎるケースもございます。

親からの資金援助の基本スタイルは、「お金を出して、口も出す」、なのですね。

資金を頂けるのはありがたい限り。ですがそれによって質素な家が建てられないとは、本末転倒でございます。

 

▽「お金を出して、口も出す」は揉める鉄板スタイルです。

口出す親にうんざり!?住宅購入での親の資金援助を断った理由と注意点。

2017.06.12

 

5・単純に寂しい。

家作りに反対する理由が「単純に寂しい」って・・・おいっ!

 

・・・思わず突っ込みたくなる反対理由ですが、これには注意が必要です。

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜなら「寂しい」という理由がもっとも不可解であり、もっとも根深い理由になるからです。

人間、「寂しい」という気持ちにはめっぽう弱いのです。

親が家作りに対して反対してしまうのは、「寂しい」という気持ちが根底にあります。

・長男は実家の近くに家を建てるべき → 誰か近くに住んでくれないと寂しいじゃん。

・住宅ローン払うのは厳しいんじゃないの? → 無理するなよ。寂しくなるじゃん。

・夫婦2人だけで暮らしていくのは大変なんじゃないの? → 頼ってくれよ、寂しいじゃん。

「家作りに反対する理由を説明して!」と求めても、「寂しい気持ち」はうまく伝えられません。それゆえこじれて、トラブルになることが多いです。

ザク男爵
・・・え?家を建てるなら実家のすぐ近くが絶対条件ですと・・・?

私が住む家なのに、なぜ親の立地指定を受けるのでしょうか・・・不可解であります。

「寂しい」という反対理由は、紙一重で理不尽にもなります。

ですが根深い問題なので、時間をとってじっくり話し合うことをおすすめします。

なお、「寂しい」ことが原因なので、話し合いで心の距離が縮まると解決することもあります。

 

親の反対を押し切って家を建てて後悔しないのか?

「家作りを相談したら、親に反対されるかも・・・。」

「でも反対されても家は欲しいしな・・・。」

 

と思っている方。

結論から申し上げますと、親に反対されても家は買えますし、理想の家も建てられます。

 

・・・ですが・・・

 

親が反対を押し切って家を建てて、本当に後悔しませんか?

強行突破する前に、次の2つのデメリットだけは心にとどめておきましょう。

 

住宅購入の資金援助がもらえない。

家作りのことで親と揉めてる真っ最中でも、ほんの少し期待していませんか?親からの資金援助を。

だってネットで検索すると、次々と資金援助エピソードがヒットしますからね。もらった資金援助の平均額は「564万円」なんですよ。(アットリサーチ2014年調べ

ザク男爵
いや、564万円って・・・もらいすぎでありますぞ・・・。

画像:アットリサーチ

資金援助の分布で多いのは、

・500~600万円

・100~200万円

・1,000~1,500万円

となっております。みんなガッツリ援助してもらってるのですね。

 

ですが親の反対を押し切って家作りを進めてしまうと、親からの資金援助がもらえない可能性が高いです。

だってそうじゃないですか?

親の意向には沿わないで家作りを進めるのに、「お金だけ下さい・・・」なんて言えますか?

ザク男爵
親の意向には沿えませんが、資金援助はして頂けるのですよ・・・ね・・・?

・・・親の顔をチラ見したら鬼の形相でしたが・・・(滝のような脇汗)

資金援助をもらうなら、多少の意向を聞く必要があります。逆に親の意向を聞かないなら、親の援助は期待できません。

 

・・・564万円、でかすぎるニンジンでございます。

 

その後の関係悪化するかも。

親の反対を押し切って強行突破するのは、リスクがございます。

それは今後の関係にしこりが残ってしまうことです。

家作りは人生においての一大イベント。そのため親の理解が得られないと、お互いの関係がギクシャクしてしまうこともあります。

・家作りがきっかけで疎遠になってしまった。

・ちくちく刺さる言葉を言われる。

・表には出さないけど、どこか寂しそう。

家作りは親のためではなく、自分と家族のため。だから親の理解が得られなくてもいいのですが・・・。

子供の幸せを素直に喜べなかった寂しげな親の背中を見ると、なんだかこちらが寂しくなってしまいます。

 

親の反対を押し切るなら、守るべき2つの鉄則。

ときとして親に反対されても、家作りをすすめるのも必要です。

なぜなら親の顔色をうかがったままでは、住宅購入のベストタイミングを逃す可能性があるからです。最悪は購入プランそのものが流れてしまいます。

 

・・・ただし!

 

親の反対を押し切るのなら、次のことにご注意くださいませ。

 

親の資金援助を当てにせず、自己資金をしっかり貯める。

親の反対を押し切るなら、自己資金をしっかり貯めましょう

なぜなら反対を押し切ると、親の資金援助がもらえないかもしれないからです。

親からの援助の平均額は564万円。みすみす見逃すのは悔やまれますが、意見が合わないのですから仕方ありません。

ですので、その分しっかりと自己資金を貯める必要があります。

 

最近は低金利によって、頭金ゼロでも家が建てられる時代です。

しかしご注意くださいませ。

ザク男爵
イエス、マダム。

頭金ゼロと自己資金ゼロは意味がちがいます。頭金ゼロは可能ですが、自己資金ゼロは無謀ですよ。

頭金と自己資金のちがいを一言でいいますと、

頭金:住宅ローンを先払いするお金

自己資金:手元に残す現金。

でございます。

金利が低いので住宅ローンを先払いする必要はありません。(頭金ゼロ)

だからといって、手元にお金がないのはリスキーです。(自己資金ゼロ)

住宅購入では、ときとして親の反対を押し切るときだって必要です。

しかしそれをするためには、たしかな実力(お金)が必要でございます。

言いたいことがあるのなら、まずはお金を貯めましょう。まずはそこからです。

 

▽頭金ゼロと自己資金ゼロの違いはこちらで解説してます。

頭金なしの住宅ローンは無謀なのか?頭金なしで家を買える3つの理由。

2019.04.11

マイホームの購入で貯金はいくら残すべき?頭金を払いすぎて後悔した体験談。

2019.04.12

 

親との関係は時間をかけて解決する。

親の反対を押し切ってしまったがために、お互いの関係に影ができてしまったら・・・。

そのまま疎遠にならず、時間をかけて解決したいところです。

家の問題があっても、家族は家族。時間をかければ元の関係に修復できる・・・はずでございます。

 

・・・だって親子じゃないですかっ!

 

家の問題と家族の問題を、すべて一括りにされるのはつらいところ。

家の問題はお互いの価値観が合わなくても、それ以外の家族同士の付き合いはしたいじゃないですか。

 

それに親の根底にあるのは、「寂しい」という気持ちです。これは歳を重ねるごとに大きくなる、やっかいなヤツなんですよね。

ザク男爵
親ではありますが、ここは1つ私が大人になって一歩下がって・・・。

・・・え?お前に家の敷居は跨がせないですと・・・?ワナワナワナ・・・

「歳をとるとは、こういうものだ」と割り切り感も必要です。いずれは自分が通るみちですしね。こちらが大人になることをおすすめします。

 

まとめ:親には早めにご相談を。

私たちがどれだけ大人になっても、1人では家は建てられません。お金はもちろん、多くの人の協力と理解は不可欠です。

ですが親世代と私たちでは住宅購入の環境が変わりすぎていて、親の理解が得られないことがあります。

親に反対される理由

・持ち家、賃貸での考え方のちがい。

・「家を建てるタイミングが早い」と言われる。

・住宅ローンに対する考え方のちがい。

・家のスペック、間取りの考え方のちがい。

・単純に寂しい。

このうちもっとも根深くてやっかいなのが、「単純に寂しい」でございます。

寂しい気持ちが根底にあると、あれこれ余計な問題に発展します。・・・親の愛なんですけどね。

 

親の反対を押し切って家を建てると、必ず不幸になる・・・ということはありません。

ただし、次の点には注意しておきましょう。

・親からの援助が期待できない分、自己資金をしっかり貯める。

・お互いの確執は時間をかけて解決する。こちらが大人の対応をする。

1人で勝手に家が建てられるなら、気楽なものです。しかし実際には親に気をつかったり、家以外のことにストレスが溜まります。

 

・・・でも・・・

 

だからこそ、マイホームが完成したときの悦びは格別ですよ。

マイホーム完成まで山も谷もありますが、どうぞ頑張って乗り越えていきましょう。

素敵な家作りを。それでは、また!

 

思い立ったら、すぐ行動した方がいい。

「家が欲しい!」と少しでも思うなら、すぐに行動すべきです。

なぜなら住宅購入は「欲しいと思ったときが、一番の買い時」だから。一番欲しいと思える今、買うタイミングを逃してしまうと本当に後悔しますよ。

 

しかし親に反対されたからといって何も行動しないと、マイホームの夢は叶いません。

マイホームの夢の第一歩は、住宅展示場に行く前にカタログ・資料を請求することをおすすめします。

住宅展示場のデメリット

・営業マンに拘束される。

・親切に対応されると、断りづらい。

・断りづらいと、うっかり契約しがち。

ふらりとモデルハウスに立ち寄ってしまい、長時間拘束された上に、断りづらい雰囲気なんてイヤですもんね。

ですので、まずはハウスメーカーのカタログ・資料を請求しましょう。

カタログ・資料を取りよせるときは、カタログ一括請求サービスがおすすめですよ。

 

カタログ一括請求サービスのメリット

一括請求サービスのメリット

・めんどうな入力が1回で済む。

・営業されるリスクが低い。

・自分の知らないハウスメーカーまで比較、検討できる。

一括請求サービスを使うなら、業界最大手のLIFULL HOME’S注文住宅を使ってみてください。

提携しているハウスメーカーも多いですし、信頼度も抜群です。

今のうちにカタログ・資料を請求しておいて、家族と笑顔で暮らせるマイホームを手に入れましょう!

 

✔営業マンに会うことなく、カタログだけゲットできる。

✔1回の入力で、大手ハウスメーカー~地元工務店までのカタログが一括請求できる。

✔期間限定で「はじめての家作りノート」がもらえる!

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

 

▽親との住宅資金の記事はこちらをチェック!

口出す親にうんざり!?住宅購入での親の資金援助を断った理由と注意点。

2017.06.12

親からの資金援助を断って分かった、住宅資金を親に相談するメリット・デメリットとは?

2017.03.27

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。