「まだ家を買うのは早い」という嘘。30歳で家を買って実感する、早く家を購入するべき理由。

どうもこんにちは、30歳で家を買った、ザク男爵でございます。

 

「家、早く買ってよかったよぅ・・・」

 

家を買って早3年がすぎましたが、私はことあるごとに、あのときの決断を褒めたたえたくなります。

あのときとは、30歳で家を買ったときです。

家を買う平均年齢は39歳(平成25年度 住宅市場動向調査)なので、9歳も早く家を買ったことになります。

 

家を買うタイミングについては、さまざまな議論がされ、メリット・デメリットも語られています。

ですがそこには、ある重大な1つの視点が抜けているのです。

ザク男爵
イエス、マダム。

それは「家を早く買った人の視点」でございます。

つまり、家を早く買う本当のメリットは、家を早く買った人にしか分からないのです。

 

「まだ家を買うのは早い」

 

もしあなたはそう思っているなら、少し視点を変えるべきでしょう。

「まだ早い」と思っているのは、もしやお金のことではないですか?

ですが家を買うことは、お金より大切なことがあるのですよ。

 

そこでこの記事では、家を早く買うべき理由について、お話させて頂ければと思います。

「まだ家を買うのは早い」は、ウソかもしれませんよ。

スポンサーリンク

家を早く買うべき理由。

結論から申し上げますが、家は早く買うべきです。可能な限り、早く買うべきでございます。

理由は3つあります。

1・家が本来の役割を果たす期間は短い。

2・35年の住宅ローンを甘くみている。

3・新築で家を買っても、耐用年数は25年。

「これから家を買うぞ」と検討している方にとって、少々きつい言葉があったかもしれません。

ですが、これは事実ですし、家を買ってみて「やはりそうだったのか・・・」と納得することばかりです。

 

1・家が本来の役割を果たす期間は短い。

家を早く買うべきなのは、家が本来の役割を果たす期間は短いからです。

家が本来果たすべき役割とは、

・子供をのびのびと育てる。

・子供と思い出を共有する。

この2点かと思います。(この記事では、「家=一軒家」として説明していきます)

住むだけなら賃貸でも十分であるのに、わざわざ一軒家を買う意味はこれしかありません。

みなさん家を買うことに意味を見つけたがりますが、本質的にはこれだけですよね。

 

私が家を買ったのも、子供をのびのびと育てたかったからです。

・広い家で子供を育てたい。

・騒音を気にすることなく、子育てしたい。

・庭で子供を遊ばせたい。

・休日は家族でBBQを楽しみたい。

私は長男が2歳、次男が妊娠中のときに買いました。

入居した当初、子供たちはずっと家にいましたが、それから3年、今では長男は幼稚園に通っているので、家にいる時間が減りました。

子供の成長は早く、成長とともに家にいる時間は減っていきます

家を買って10年もすれば、子供は中学生になります。部活に入れば、ますます家にいる時間は少なくなります。

 

住宅ローンは35年も返済するのに、家がもっとも輝いていたのは子供が小さな数年間でしょう。

子供が成長してから家を買うこともできますが、家の黄金期を知らずに買うことになってしまいます。

 

子供はあっという間に成長し、家にいる時間が少なくなります。気がついたときは、独り立ちして、家を離れてしまいます。そういうものなのです。

ですので、それを踏まえると、家が本来の役割を果たす期間は短いなと思うのです。

この切なさは、家を早く買った人しか知りません。なぜなら早く買わないと、気がつきもしないからですよ。

 

2・住宅ローン返済を甘くみている。

お耳に痛い話で申し訳ないのですが、「家を買うのはまだ早い」と余裕ぶっている方の中には、住宅ローン返済を甘く見ている方がいるのでは・・・と思うことがあります。

住宅ローンは35年も返済します。

私は30歳で家を買ったので、完済は65歳のときです。

もしも40歳で家を買ったなら、完済は75歳ですよ?

65歳で定年退職しても、まだ10年も住宅ローンが残っています。残された10年、どうやって返済するのでしょうか?

正直に申し上げますが、私にはまったく返済する算段が見つかりません。

ザク男爵
65歳で定年退職しました。しかしまだ住宅ローンが10年も残っています。

送別会をされても困るのですが・・・うう・・・

若いときの10年なら、なんとでもなるかもしれません。

ですが年老いたときの10年、これはかなりしんどいと思いますよ。

 

それでも「まだ家を買うのは早い!」との意見を耳にするのは、65歳以降も住宅ローンを払い続けている方の意見が届かないからでしょう。

なぜなら人は苦労話など、進んで話したがらないですからね。

 

幸いにして、私はタイミングよく30歳で家を買えました。ですが、それでも完済は65歳です。

早く買って、早く返済をスタートしたから思いますが、「これでもまだ遅かった」と思うのが正直なところです。

繰り上げ返済で返済期間を10年間短縮しても、まだ55歳ですから。

今のように現役バリバリに稼げるとは、到底思えません。

 

「まだ家を買うのは早い!」と言っている方、思っている方は、少し目を覚ました方がいいのではないでしょうか。

30歳で家を買ったからこそ思いますが、1日でも早く住宅ローンは返済するべきだと思いますよ。

住宅購入が遅いけど大丈夫!?住宅ローンを60歳までに完済する4つの方法。

2017.01.04

 

3・新築を買っても、耐用年数は25年。

住宅ローンは35年で借りるものの、日本の住宅の耐用年数は25年と短いのです。

最近では長期優良住宅により、50年、100年耐用する・・・とうたうハウスメーカーもいますが、それはメンテナンスを前提とした話です。

住宅購入後のメンテナンスは、経年劣化が進むほど大掛かりになっていき、住宅購入後平均25年後に大規模リフォームをする統計もございます。(平成26年度住宅市場動向調査 国土交通省)

 

もしも住宅購入の平均年齢(39歳)で家を買った場合、その25年後は64歳でございます。64歳の定年目前にして、大規模リフォームがやってくるのです。

計画的な資金繰りもないと、住宅ローンの支払いが終わっていないのに、リフォーム資金をさらにローンする、2重ローンになる可能性もあります。

ザク男爵
・・・いやだ。65歳にもなってローンなんて背負いたくありません。

私は人里離れたところで、静かにゲームをして余生を過ごすのであります!邪魔しないで!!

リスクを背負うのは、若いうちだけで十分だと思いませんか?

 

まとめ:あまり知られてないが、家は早く買った方がいい。

ここ最近の晩婚化、出産の高齢化の流れをみると、気軽に言うことを控えてしまいます。

ですが事実なので仕方がありません。家はできるだけ早く買った方がいいです。本当に。

1・家が本来の役割を果たす期間は短い。

2・35年の住宅ローンを甘くみている。

3・新築で家を買っても、耐用年数は25年。

今は家を買う必要がなくても、子供が成長したときに必要になるかもしれません。

でもそのとき、「あのとき買っておけばよかった・・・」と思いませんか?

そう後悔するのは、やはり「家が本来の役割を果たす期間が短い」ことを知っているからではないでしょうか。

35年も住宅ローンは返済しますが、家がもっとも輝くのは子供が小さいときです。

そのタイミングで、ぜひ家を買いたいものですね。

ぜひ素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

 

次の記事はこちらです。

持ち家と賃貸、どっちがいいの?損得よりも大切にしたい持ち家の魅力はコレだ!

2017.01.20

 

▽「家、欲しいけど、何からすればいいか分からない!」という方は、こちらをチェック!

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのことを知って欲しい。

2019.01.08

 

いきなり住宅展示場に行く前に、まずは注文住宅のカタログをゲットするのがおすすめです。

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

人気物件はネットに掲載されません。人気物件を探す方法は、こちらの記事へ。

人気物件はネットで公開されない!建売住宅の人気物件・未公開物件を見つける方法。

2017.11.03

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

不動産メディアで執筆してます。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。