どうやって解決する!?夫婦で家作りの意見が合わない時は、妻の意見にすべき理由。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

家作り、住宅購入で夫婦の意見が合わないときはどうしたらいいものだろうか。

夫の意見に合わせるべき?妻の意見に合わせるべき?それとも、お互いの意見の妥協点で決めるのか。

一生に一度の大きな買い物だからこそ、夫も妻も意地を張ってしまうものです。

 

私も住宅購入時は、妻との意見が真っ二つに割れました。意見の食い違いはさながら、水と油。どちらかと言えば、妻が天然水で、私が鉱物油です。

しかし私は最終的には「妻の意見」で家を買いました。

一生に一度の買い物で自分の意見を曲げましたが、私は「妻の意見で家を買ってよかった!」とひしひしと感じております。

 

そこでこの記事では、家作り・住宅購入で夫婦の意見が合わないときは、「妻の意見にすべき理由」について力説させて頂きます。

家作りで夫婦ケンカしている皆様。悪いことは言いません。妻の意見に従って家を買いましょう!

スポンサーリンク

住宅購入で夫婦で意見が割れた理由は?

私と妻はとても仲良し夫婦でございます。しかし住宅購入においては、1ミリも意見が一致することはありませんでした。

私と妻が住宅購入で意見が合わなかったのは、こちらのことでございます。

 

予算(夫:安い家が欲しい vs 妻:高くてもいい家)

住宅購入の最後まで意見が合わなかったのが、予算でございます。

ザク男爵
安い家にして、住宅ローンを抑えたいであります。
高くても、新築・立地のいい家が欲しいわ。

どうでしょうか。夫婦を7年もやっているのに、向いている方向がまるで違うこのありさまは。

ですがお互いの役割分担を考えると、すぐに納得できます。

ザク男爵
住宅ローン返済するの、どうせ私でしょ?

なら、安い家にして返済額を抑えるのは当然でございます。

家に長くいるのは私だわ。キレイでかわいい家じゃなきゃ住みたくない。ぷいっ

・・・なるほど、どうりで住宅購入の最後まで意見が一致しない訳ですね。

「どんな家を買うのか?」と夫婦で話あっても、その家に「一体いくら払うのか?(予算)」の認識にずれがあると、話はすれ違ったままです。

・建売住宅にするのか?

・注文住宅にするのか?

・中古住宅にするのか?

・マンションにするのか?

どんな家を買うにしても共通しているのは、「一体いくら払うか?」ということです。

つまり予算が夫婦で共通認識されていないと、

ザク男爵
うーん。これはちょっと高いなあ。パス。
・・・え?なんで?どうして?かわいい家だよ?便利な立地だよ?

・・・ぐすん・・・

と、話合いが成立しないのであります。

ちなみに私の住宅購入の予算は「1,500万円」。妻は「無制限」だったようで。

うふふふ・・・(かわいい家に住みたいわ)

マイホームに憧れる情熱は、妻の方が煌々と燃えておりました。

 

築年数(夫:古い家 vs 妻:新しい家)

予算の次に意見が合わなかったのは、築年数でした。

中古住宅も視野に入れて家を探していましたが、中古住宅の築年数についても意見が一致しませんでした。

ザク男爵
住宅ローンを抑えるために、限りなく古い家を買いましょう!

・・・え?古くてボロボロ?大丈夫、すぐ慣れるから!

古くて汚い家には住みたくない。できるだけ新しい家がいい!

・・・え?新築と変わらない価格?・・・なら新築でもよくってよ?

私は住宅ローン返済が怖かったので、とにかく予算重視でした。

築年数が古くなれば、驚きのプライス(土地建物で500万円)の物件もあります。古い物件をタダ同然の価格で買って、さっさと住宅ローンを返済したかったです。

しかし妻は新しい家が希望でした。できれば新築、中古住宅でも築浅物件が希望でした。

ザク男爵
ねえねえ!この物件よくない?ほら、和風な感じで、趣あるよ!(安いし!)
え?・・・なんだか古いよう・・・。

・・・やだ。この家、やだもん。

私の見つけたお買い得物件(築15年)は、ことごとく却下されました。女性特有の第六感がざわついたのでしょうか。

 

外観(夫:外観はどうでもいい vs 妻:かわいい外観がいい)

夫vs妻。最後まで意見が合わなかったのは、家の外観です。

ザク男爵
家の中にいれば外観なぞ、見ることはできません。外観にお金を使うのは無意味でございます。
かわいい外観じゃなきゃヤダ。

「またこのやり取りかよ・・・」と思ったあなた。

 

・・・完全におっしゃる通りでございます。

しかし明日は我が身ですよ?あなたも私と同じ夫婦ケンカをするかもしれませんよ?

 

さて、家には「住む」という機能以外にも、「誰かに見られる」というめんどくさい一面もあります。

家の外観を整えることは、身だしなみを整え、住んでいる人の個性を主張する意味があります。

・キレイな家に住んでいる人は、しっかりしている人に違いない。

・かわいい家に住んでいる人は、ふわっとした人に違いない。

・落ち着きのある家に住んでいる人は、冷静で優しい人に違いない。

何の根拠もない戯言ですが、家を見る人は住んでいる人を勝手にイメージしますよね。

私は営業で鍛えられた最強メンタルがあるので、他人から「どう見られるか?」をまったく気にしません。

ですが妻は多少なりとも、人の目を気にしていたようでした。

夫(私):「雨風さえ凌げれば、外観なんてどうでもいい」

妻:他の人に見られても「恥ずかしくない家に住みたい」

私たち二人の溝は想像以上に深く、くだらないことで口論したこともありました。

ザク男爵
ねえねえ、この物件よくない?ほら、立地もいいし、築浅だよ、築浅!(そして安い!)
ええ~。この家、青いよ。外壁が青いよ~。

・・・ん~・・・なんかやだ。

まさか予算と築年数をクリアした私の提案が、色で覆されるとは、夢にも思いませんでした。

 

住宅購入で意見が分かれたら、どちらの意見にすべき?

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

夫婦と言えども、家作りの意見は合わないものです。

しかし意見が合わないときは夫と妻、どちらの意見にすべきなのでしょうか。

 

妻が欲しくない家を買っても意味がない。

私の率直な感想としては、妻の希望は予算オーバーだったのですよ。そもそも論として、「買えるわけがない家」だったのです。

だから妻に妥協してもらい、なんとか予算内の家にして欲しかったです。

ですが最終的には、私が予算を500万オーバーして、新築の建売住宅を購入しました。

節約意識の高い私が予算オーバーを許したのは、「妻が欲しくない家を買っても、意味がない」と思ったからです。

 

家を買った場合、家に長くいるのは妻でした。

当時の妻は次男を妊娠中で、出産後もしばらくは専業主婦として家ですごす予定でした。

つまり、家をメインで使うのが「妻」だったのです。

あれこれ私が口を出したところで、実際にその家を使うのは妻(と子供たち)なのであります。

ザク男爵
あ、あれ・・・私の買った家なのに・・・この寂しさは一体なんだ・・・はらり・・・(涙)

夫の意見、妻の意見、どちらが正しいのかは分かりません。

ですが間違いなく言えるのは、「その家をメインで使う人が満足しなければ、買う意味すらない」、ということです。

極論ですが、私は外でお仕事でございます。家にいるのは夜と週末だけです。

ですので、私が満足する家を買ったところでしょうがないのですよ。

こんな家、やだよう。もっとかわいい家がよかったよう・・・しくしくしく・・・

妻を泣かせる家を買っても、仕方ないと思いませんか?

年収300万で家を買った私が建売住宅購入で、妥協したこと・妥協しなかったこと。

2016.12.27

 

どうしても妻を説得したいなら、数字で攻めろ!

家作りで夫婦の意見が合わなかったら、妻の意見にすべきでしょう。

しかし妻の望みを叶えたくとも、夢を叶えるだけの経済力がないのですよ、悲しいことに。(誠にごめんなさい)

ですので、私も最後の抵抗をさせて頂きました。

夢見がちな妻を説得するには、数字のマジックを使うことがおすすめですよ。

・その値段の家を買ったら、住宅ローンはいくら借りることになるのか。

・返済額はいくらか?家計のどれくらいの割合を占めるのか?

・金利が変動した場合、金利上昇したときのリスク。

・住宅ローン返済以外にかかる費用。

いやだいやだと夢を見る姫(妻)には、数字を使って説得するのが一番でございます。

数字を使えば、一気に現実に引き戻されてしまいます。

イエス、だって住宅購入は、金、金、金~・・・なのですから・・・ふふふ・・・

初期費用を抑える!新築一軒家に入居までに必要なものと、なくても大丈夫だったもの。

2017.01.03

厳選!入居して分かった、建売住宅の絶対必要なオプション・あったら便利なオプション6選

2017.03.02

 

妻を説得したいなら、お金の現実を直視して頂くのが効果的であります。

ザク男爵
家が青いからやだ?なんか古そうだからやだ?

そんなわがまま言わないでちょーだいっ、むきーーーー!!

感情的にモノを言うと、つまらない夫婦ケンカの元になります。ご注意下さいませ。

 

▽妻を説得するために大切なキーワードは、「予算」でございます。

年収の5倍までって本当?無理なく返済できる、住宅購入の予算の決め方4つのコツ。

2019.01.07

 

まとめ:住宅購入で夫婦の意見が合わなかったら、妻の意見で!

それでは、まとめましょう!

家作り、住宅購入で夫婦の意見が合わないときの対処方法のポイントは次の通りであります。

1・家をメインで使う人が欲しくない家を買っても意味がない。妻の意見に合わせよう。

2・どうしても妻を説得したいなら、感情ではなく数字を使って説得しよう。

家作り・住宅購入では、夫婦の意見は合わないものです。そもそもの前提が違うのですもの。仕方ありません。

夫婦の意見が合わないときは、

 

「その家をメインで使うのは誰なのか」

 

冷静に考えてみましょう。

結局、夫は仕事で外にいるので、ほとんど家にいないのですよね。私もなんだかんだ言いましたが、結局はおいしい飯が食べれて安眠できれば、どこでもいい訳であります。

ですので、悪いことはいいません。

住宅購入で夫婦の意見が合わないときは、妻の意見を採用しましょう。間違いございませんよ。

 

「その家をメインで使う人が満足しなければ、買う意味すらない」

 

あとは頑張って稼いで、住宅ローンを返済するのみでございます。

それでは、また!

 

▽「住まい探しのアドバイザー」がいることはご存知ですか?

夫婦で意見が合わないときに相談することで、中立的なアドバイスを聞くことができます。(もちろん無料です)

1人で悩まないで!家作りの悩みは中立的なアドバイザーに相談すると心が軽くなる。

2018.03.20

 

▽夫婦での話し合いは「予算」の名のもとに、公平に行うべきでございます。

年収の5倍までって本当?無理なく返済できる、住宅購入の予算の決め方4つのコツ。

2019.01.07

 

▽住宅購入で最初にやるべきことは、この4つです。

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのことを知って欲しい。

2019.01.08

 

▽住宅購入で悩んだら読んで欲しい記事をまとめました。ぜひ読んでください!

住宅購入・家作りで悩んだら読んで欲しい記事ベスト21

2019.03.02

こちらの記事もお勧めです。

「おもしろ!」と思ったら、ぜひシェアお願いします!更新の励みになります!

2 件のコメント

  • はじめまして。
    このようなコメントをするのは初めてなんですが、ザク男爵様のブログを見て今現在の私たち夫婦の状況を客観的に文で見ているようでたまらずコメントしてしまいました。
    とてもためになり何故か勝手に励まされた気分になり泣けてきました…笑。
    夢と現実のサンドイッチで潰されそうな現在、ここに辿り着けた縁を私だけの密かな励みにしてもう少し頑張ってみようと思います。
    赤裸々な体験談をありがとうございます!

    • こんにちわ、コメントありがとうございます。
      色々と住宅購入でご苦労されていらっしゃるのですね、お疲れ様です。
      夢と現実のサンドイッチで疲れてしまったとき、少しでも癒しになれれば幸いです。
      いろいろ辛いこともありますが、ゆっくり頑張っていきましょう!

      ぜひ素敵な住宅購入になることを、心より願っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

    不動産メディアで執筆してます。

    日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

    一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

    住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

    マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。