住宅購入適齢期を逃さない為の、優柔不断で決断できない夫への対応方法。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

優柔不断な夫と結婚してしまうと、いつまで経っても買えないのがマイホームでございます。

なぜなら住宅購入は、ただでさえ決めることが多いからですよ。土地選びから家の仕様、そして住宅ローンまで決めるべきことが山盛りでございます。

いくら「家、そろそろ欲しいかも・・・」と思っても、優柔不断な夫であれば、購入までの道のりはかなり険しいでしょう。

しかしご安心下さいませ。優柔不断な夫でも、決断する環境さえ整えてあげれば、自ずと行動し、決断するようになりますぞ。

吾輩は営業マンとしてお客様の背中をそっと押し続けて8年。決断まで踏み切れないお客様に決断を促すことで、一歩踏み込ませるコツを学んで参りました。

今回はマイホーム購入を夢見るマダムの為に、優柔不断な夫に住宅購入を決断させる工夫を解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

優柔不断な夫に住宅購入を決断させるには?

優柔不断な夫に住宅購入を決断させるには、どうしたらいいのでしょうか?

その答えは、「決断しやすい環境を作ってあげる」でございます。

決断しやすい環境を作ってあげることで、優柔不断な夫でも自然と決断し、住宅購入まで踏み切ってくれるようになりますぞ。

住宅購入の決断が遅れてしまうと、住宅購入の適齢期を逃してしまいます。

欲しいと思ったタイミングで住宅が購入できるように、次のような環境を整えてあげることがお勧めでございますぞ。

 

住宅展示場に連れていく。

優柔不断な夫に住宅購入を決断してもらうには、住宅展示場に行くのが最も効果の高い方法でございます。

住宅展示場に行けばモデルハウスに凄腕の営業マンが待機しているので、強力に夫の背中を押してくれることでしょう。

実際吾輩も住宅展示場に行った際には大変でしたよ。なにせハウスメーカーの営業マンと妻が協力して営業してくるのですから。

 

妻:「この家、意外と安いね、買えるかなー?」

営業マン:「ええ、うちの安さに皆様、驚かれるのですよ!」

妻:「あ、こんなとこに収納あったー!便利ー!」

営業マン:「便利ですよね、これ、全部標準仕様ですので。」

ザク男爵
・・・なんでしょうか、このテレビショッピングのような一コマは・・・。

この展開を打ち合わせなしでやるんですから、すごいですよね。

このようにして、ハウスメーカーの営業マンを強力な助っ人にすることで、決断できない夫の背中を押すことができるのです。

しかも住宅展示場は、毎週のように楽しいイベントを開催しているではないですか。

無料でハンバーガーが食べられたり、ネイル体験やクラフトショップが開催されてます。子供向けにアンパンマンや仮面ライダーショーまで開催されてるときもありますよね。

これなら夫に「家を買いたいから、住宅展示場に行きたい」と言うことなく、ごく自然に住宅展示場に行けますよね。

長男
パパ、パパ。あのね、ボク仮面ライダー見に行きたい。(チラシを持ってくる)
よし、今週末は予定もないので、住宅展示場に行きましょう、決定♪

これにて決断へのカウントダウンは始まったようなものでございます。

年収300万で撃沈!住宅展示場に初めていくときの注意とポイント!

2017.01.01

 

マイホーム購入に夫のメリットはある?

住宅購入に踏み切れない夫の背中を押してあげるには、マイホームを持つことによるメリットを感じてもらう必要があります。

マイホームのメリットには、もちろん補助金や家賃がなくなる、などのお金の話もあります。ですが、優柔不断の夫に決断してもらうには、より夫にメリットのある話がいいでしょう。

なぜ夫にメリットを持たせる必要があるのか?それは、夫にとってはマイホームは負担だからでございます。

この先35年も住宅ローンを背負って返済の為に働くのは、かなり気の重いことです。これから昇給があるか分かりませんし、ボーナスだっていつなくなるか分かりません。

ザク男爵
ボーナス併用での返済プランなのに、会社の業績が著しく悪いであります。

ああ・・・すでに住宅ローンが詰んできた、胃が痛いであります。

夫がいくら頑張ろうとも、夫一人の力でどうにもならないことは多いですからね。お金のことを考えたら、不安でしかありません。

ですが、そこで終わってしまったら、いつになってもマイホームが買えないのですよ。不安を感じつつも、やはり決断すべきときは決断して頂かないといけません。

そこで夫の背中をそっと押すために、夫にメリットのあるプランを準備してあげることがお勧めですよ。

書斎、ガレージ、ホームシアター・・・などなど、少年の秘密基地のように、夫がワクワクするものを準備してあげましょう。

ねえ、マイホーム買ったら、あなたの書斎作らなきゃね♪
ザク男爵
・・・い、イエス、妻。なんとお優しい女神でしょうか。

吾輩も書斎が手に入れられるなら、住宅購入を前向きに検討してみましょう。

優柔不断な夫は、もしかしたら優柔不断ではなく、現実的で慎重派なのかもしれません。

現実的で慎重なのはいいことですが、それだけではいつになっても家は買えませんし、タイミングを逃してしまいます。

最後の一歩を踏み出す力は、やはり「欲しい!」と思う気持ちでございます。

夫が優柔不断で住宅購入を決断しなときは、夫が家欲しいと思うものを準備してみましょう。

 

こっそり注文住宅のカタログを請求してみる。

そして最後に優柔不断な夫を住宅購入に興味を持たせるのには、こっそりと注文住宅のカタログを請求してみるのもお勧めです。

注文住宅のカタログは、憧れの邸宅、かわいいお家がたくさんフルカラーで掲載されているので、見ているだけでも楽しいものです。

それは家が欲しいあなたが楽しいのはもちろん、住宅購入に乗り気ではない夫も楽しいはずでございます。

ザク男爵
こんなところに注文住宅のカタログが・・・どれ、ぱらり・・・。

なんと素敵な家でしょうか。マイホームのある生活も悪くありませぬな。

(ちらり)・・・しめしめじ・・・

そんな注文住宅のカタログは、持ち家計画資料一括請求プログラムで気になるハウスメーカーを複数選んで一括請求することができますぞ。もちろん、カタログの請求は無料だからご安心を。

ハウスメーカー1社1社請求するのは、同じ質問に答えるのがとてもめんどくさいものです。しかし持ち家計画資料一括請求プログラムは1回の入力で複数のハウスメーカーのカタログを請求できるのであります。

こっそりと注文住宅のカタログを請求(無料)しておけば、夫が住宅購入に興味を示してくれるでしょう。

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

 

でも比較だけはしないで!

住宅購入の決断に踏み切れない夫の背中を押すことは重要ですが、1つだけご注意頂きたいことがございます。

それは、他人と比較することであります。

住宅購入した友達を比較することで夫のハートに火をつけたいのでしょうが、はっきり申し上げますが、これは逆効果でございますよ。

また意見が衝突するのを避けるため、ストレートに「家欲しい!」と言わないで、直接的な表現を避けて間接的に伝えてくれるのも、逆にプライドを傷つける原因にもなりますよ。

高校の同級生、家買ったんだってー。すごいねー。

幼稚園のママ友、今度住宅展示場行ってくるんだって。大変なんだねー。うちもそろそろかなー。

ザク男爵
・・・それはつまり、吾輩は決断できない男であると言っているのでしょうか?

・・・どうせ吾輩なんてミジンコのような男でございますよ・・・

あなたの優しさに逆に傷つくなんて、めんどくさい生き物ですね、男って。

とは言え、何もしないとそこでうじうじしている可能性大でございますので。

だからこそ、「決断できる環境」を整えてあげることが大切なのですね。

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

それでは、まとめよう!

優柔不断で住宅購入の決断ができない夫を動かすポイントは、次の通りでありますぞ。

1・住宅展示場に行って、営業マンと一緒に営業する。

2・マイホームを負担だけにしないで、夫の楽しみを加えてみる。

3・こっそり注文住宅のカタログを請求してみる。

4・他人と比較するのは逆効果。決断できる環境を整えるのが一番。

優柔不断な夫を住宅購入に踏み切らせるには、「決断できる環境を整える」のが一番でございます。

繰り返しになりますが、男ってホントめんどくさい生き物なのですよね。

女性の皆様が優しく気遣って間接的に表現してくれていのに、それすら勝手に傷ついてスネますからね。少年ですね。

かと言ってストレートに「家欲しい!」と言っても、衝突する可能性が高いですからね。

ザク男爵
めんどくさい生き物で申し訳ございませぬ・・・。

ですので、決断する環境を整えてあげましょう。決断できる環境が整えば、自然と決断するようになりますぞ。

・・・え?吾輩ですか?

ザク男爵
2週間で即決しましたが、何か?

素敵な家探しを、それでは、アディオス!

2週間で契約したけど何か?建売住宅を即決しても失敗しない4つの購入基準。

2017.04.06

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。