【読者様からのお便り】建売住宅が身の丈に合っているとは思うが、決めきれない話

こんにちは。マイホームの案内人、ザク男爵でございます。

 

「マイホームが欲しいけど、買える状況ではない…」

「建売住宅が身の丈に合っているとは思うけど、悪い噂が気になってしまう…」

 

とお悩みのマダム。ご安心くださいませ。なぜならそのように悩んでいるのは、あなただけではないからです。

「家は欲しいけど買えない…」と悩んでいた方から、あたたかいメッセージを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

リアルな声ですので、とても参考になりますよ。

 

スポンサーリンク

建売住宅が身の丈に合っていると思いつつも、決めきれなかった話。

ザク男爵様、初めまして。
私は1991年生まれの今年28歳になる者です。

昨年10月に結婚をして、子どもはまだ居ませんが、
今のアパートの家賃が決して安くないので、「どうせ家賃を支払い続けるなら・・・」と思い、
最近旦那さんと一戸建ての購入を考え始めたところです。

共働きで仕事は辞めるつもりはないものの、
今後子どもを授かりたいという気持ちもある中で、
建売が身の丈に合っていると思いながらも、
注文住宅も調べれば調べるほどどちらがいいのか分からなくなり、
これからまだまだ楽しみが待ち受けているというのに、2人して疲れてしまっていました。

そんな状況だった時にザク男爵さんのブログを見つけ、拝見させていただきました。
一概に建売だから、注文だからという部分にとらわれる事無く、
自分たちが生活していくにあたり、お金にも心にも余裕がある返済計画が立てられるというところが大切だと気付かされました。

大手メーカーには、「やっぱり建売はそれなりですよ」と言われるとそう思いますが、
「じゃあその大手メーカーの価格を払っていけるのか?」と言われたら、
払っていくのは厳しいと思いますし、きっと先の長い不安に押し潰されると思います。

まだまだ私たちは準備段階ですが、このブログに迷っている今だからこそ出会えて良かったと思います。
気持ちが楽になり、まだ購入したわけでもないですが晴れやかな気分です。

きっといろいろな記事に目を通し、リアルな意見を聞けたからだと思います。
ありがとうございました!!

原文まま

 

メッセージ、ありがとうございました。

建売住宅の購入について迷っている様子でしたが、自分の中での答えを見つけられたようで何よりです。

家族みんなが笑顔になれるマイホームを購入して頂き、新居での生活を思う存分に楽しんで頂けたらなと思います。

 

性能の高い家を買っても、お金と心に余裕がないと楽しくない。

自分たちが生活していくにあたり、お金にも心にも余裕がある返済計画が立てられるというところが大切だと気付かされました。

メッセージにもありましたが、これは本当に身に染みて思うところです。

性能の高い家を買ったとしても、お金と心に余裕がなければ、その後の生活は楽しくないかなと感じます。

 

だってイヤじゃないですか?

ちょっと背伸びした住宅ローンを借りてしまったがために、仕事が辞められない。転職できない

上司に嫌われたら、今の仕事がどうなるか分からない。

今の仕事がなくなったら、住宅ローンがピンチ…

だから上司から無茶ぶりされても、(ひきつった)笑顔で引き受けてしまう…

そんな生活、イヤじゃないですか?

ザク男爵
私は絶対にイヤですね(笑)

 

イヤな仕事なら辞めたいし、転職もしたい。

子供も欲しいし、子供が生まれたら子供と一緒にいる時間を増やしたい。

私たちは仕事をするために、この世に生まれたワケではありません。

 

しかし性能が高く、オシャレな家に目がくらみ、ちょっと背伸びした住宅ローンを背負ってしまったら…

それは本当の意味で、「35年の十字架」を背負ってしまったのかもしれません。

 

もちろん、性能が高くて、お値段も高い家を否定しているワケではありません。

お金に余裕があるならば、どうぞ手に入れて下さいませ。きっとハイスペックに相応しいラグジュアリーなマイホームライフが楽しめます。

 

ですが、無理な住宅ローン。これだけは避けた方がいいと思います。

ハンコをつくのは一瞬で終わりますけど、一瞬でついたハンコは一生ついて回りますからね。

 

大手ハウスメーカーに行けば、「建売はそれなりですよ…」と言われるのは、それはそうでしょう。

「建売はそれなり」は、たしかに「それなり」です。

どこにも希少な素材は使われてませんし、グレードの高いハイスペックな設備もありません。

ただし、近年の建売住宅は安いからといって、粗悪品ではありません

メンテナンス性・耐久性もかなり高くなってきました。

ローコスト住宅は悪い評判(手抜き・欠陥・質が悪い)が多いけど、建ててはいけないの?

2019.05.13

 

それに「それなりの家」ですごす、「それなりの生活」。これもなかなか乙なモノです。

夏は暑いですし、冬も寒いですけど、働くことに対する負荷が少ない。つまり余裕がある。

収入は高くないかもしれないけど、仕事の自由度が高い。家族と一緒にすごせる時間も増える。

マイホームを買うときに夢みてた生活って、こういう生活ではなかったでしょうか?

 

住宅購入する時期。いろいろはハウスメーカーを見学されると思います。

なかには明らかに、他社を悪くいう営業マンもいるかと思います。

ですが、どうぞ自分の価値観を大切にして欲しいと思っています。

 

「マイホームを買って、自分が一番大切にしたいものは何か?」

「マイホームを買って、自分が一番欲しいものは何か?」

 

「1番欲しいもの」が手に入るなら、2番・3番の欲しいものはさほど重要ではないですよ。

ザク男爵
ちなみに私が一番大切にしたのが、「家族と一緒にいる時間」です。

建売住宅を買った結果、それが手に入りました!

 

マイホームで「1番実現したいこと」を大切に。

当ブログに寄せられたメッセージをご紹介させて頂きました。

住宅購入に関するお悩みなど、こちらからお気軽にお問合せくださいませ。

マイホーム購入で幸せになる方が1人でも増えることを願っています。

 

新築・マイホーム購入の体験談ブログまとめ!家を建てる前に読みたい33記事

2019.07.08

【読者様からのお便り】近くに建てた注文住宅が羨ましく、嫉妬してしまう悩みについて。

2019.06.11

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。