ローコストハウスメーカーの特徴・メリット・デメリット|注文住宅を諦めなくていい!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

「注文住宅が欲しい。でも予算的にきびしい。やっぱり建売かなぁ・・・しょぼん・・・」

 

・・・お困りですか?マダム。

注文住宅は建売住宅の1.5~2倍もの費用がかかるので、十分な予算がないと注文住宅の家作りができません。

ですがローコストハウスメーカーなら、憧れの注文住宅を手に入れられるかもしれませんよ。

 

そこでこの記事では、

・ローコストハウスメーカーの特徴。

・ローコストハウスメーカーのメリット・デメリット。

・ローコストハウスメーカーで注文住宅を建てるときの注意。

について、解説させて頂きます。

お金の悩みで注文住宅を諦めてもったいないですよ。ローコストハウスメーカーを活用して、楽しい家作りをはじめましょう!

スポンサーリンク

この記事の概要

ローコストハウスメーカーとは?どんなハウスメーカーがある?

ローコストハウスメーカー」と聞いたとき、あなたはどんな会社を思い浮かべましたか?

・アイダ設計?

・タマホーム?

・レオハウス?

・・・イエス、どれもローコストハウスメーカーでございます。

しかしそれ以外にも次のような特徴を「ローコストハウスメーカー」と呼ぶことが多いです。

 

坪単価30~40万円台のハウスメーカーを「ローコストハウスメーカー」という。

「ローコストハウスメーカーなら、注文住宅での家作りの夢が叶う!」

 

と最初に申し上げましたが、実は「ローコストハウスメーカー」に明確な定義はありません。

一般的に坪単価30~40万円台で家作りができるハウスメーカーをローコストハウスメーカー、と呼ぶことが多いです。

坪単価とは?

家を1坪の広さを建てるときの費用。家の代金の合計÷家の広さ(坪)=坪単価

▽坪単価についての詳しい説明は、こちらです。

結局、家作りはいくら必要なの?注文住宅の坪単価の落とし穴に注意しよう!

2019.02.23

 

例えば、坪単価40万円で広さ30坪の家を建てる場合、

 

40万円×30坪=1,200万円(家の本体価格)

 

となります。結構安いですよね。

代表的なローコストハウスメーカーには、次の8社があります。

・タマホーム

・アエラホーム

・アイダ設計

・レオハウス

・アイフルホーム

・ユニバ―サリーホーム

・アキュラホーム

・クレバリーホーム

テレビCMや、看板で見かけることも多いと思います。

 

>>気になるカタログだけを、簡単に請求してみる。

 

▽詳しい使い方はこちら!

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

建売住宅も含めて、「ローコストハウスメーカー」という場合もある。

「ローコストハウスメーカー=安く注文住宅を建てるハウスメーカー」

 

という認識で間違いありません。

しかし広い意味で、ローコストハウスメーカーの中に建売住宅を含める場合もあります。

 

それに注文住宅のハウスメーカーも、建売住宅を作っているって知ってましたか?

また建売住宅のハウスメーカーも、注文住宅もやっていたりします。

その意味では、注文住宅と建売住宅のハウスメーカーのちがいはあいまいだったりします。

 

▽注文住宅のクオリティが建売住宅の価格で買える!建売住宅を販売している注文住宅のハウスメーカーはこちら!

建売住宅(分譲住宅)も作っている大手ハウスメーカー8社|注文住宅の品質が安く買える!

2019.01.05

 

なぜこんなに安い!?ローコストハウスメーカーの安さの秘密。

ローコストハウスメーカーは、大手ハウスメーカー(坪単価70万円~)と比較するとかなり安いので、「安すぎる!」と不安になってしまいます。

ですがご安心くださいませ。

ローコストハウスメーカーが安いのは、次の4つの理由があるからです。

1・資材、材料を大量に発注しているから安い。

2・複数の現場を持っているから安い。

3・広告費をかけないから安い。

4・内装(設備・グレード・建具)が安い。

それぞれ詳しく解説させて頂きます。

 

1・資材、材料を大量に発注しているから安い。

ローコストハウスメーカーが安いのは、資材・材料を大量に発注しているからです。

注文住宅の家作りといっても、多くのハウスメーカーでは標準的なプランが決まっています。

ローコストハウスメーカーでは標準プランを極力シンプルにし、必要な資材・材料を少なくします。

その結果、資材の大量注文が可能になり、お得な価格での家作りが実現できるのです。

ザク男爵
家1軒建てるために資材を買うよりも、家を100軒建てるためにまとめて資材を買った方が安くなる。

なるほど、つまりはそういうことですな。

ローコストハウスメーカーは、ローコストに家作りができるための努力をしているのです。

 

2・効率よく家を建てて、工期を短くする。だから人件費を抑えられる!

ローコストハウスメーカーの標準プランはシンプルで、規格化されています。

そのため材料を工場でプレカットすることで、現場での作業を少なくし、人件費を抑える努力をしています。

また各ローコストハウスメーカーは、効率よく家を建てる方法を研究しており、工期の短縮によって人件費を削減しています。(根太レス工法など)

それにより現場の作業者の人件費だけでなく、現場監督・営業担当の人件費も抑えられるのです。

 

3・広告費をかけないから安い。

先ほど代表的なローコストハウスメーカー8社あげましたが、そのうち「え?知らない!」というハウスメーカーもあったと思います。

それもそのはず。ローコストハウスメーカーは、大手ハウスメーカーのような派手な広告を出しません

また住宅展示場にモデルハウスのないハウスメーカーもあります。

 

そのため広告費が安くなり、ローコストでの家作りが実現できるのです。

ザク男爵
広告費が高くても、家の品質が高いとは限りません。

むしろ家にかけるお金が増えるので、好ましいことでは・・・?

大手ハウスメーカーはテレビCMをバシバシ流してますが、テレビ広告をしても家の品質は上がりませんからね。あしからず。

 

4・内装(設備・グレード・建具)が安い。

ローコストハウスメーカーが安いのは、内装(設備・グレード・建具)が安いからです。

安いグレードのものを使っているから、安い。実にシンプルな理由ですね。

しかし「安い=品質の低い」ではありません

・デザインがシンプル。(ドアのデザイン)

・機能が限定されている。(システムキッチン)

・手間のかからない工法である。(漆喰ではなく、壁紙)

・簡単に手に入るものを使っている。(無垢ではなく、複合フローリング)

「なにに価値を感じ、いくらお金をかけるのか?」

これによって、安さの価値観は変わります。

 

ローコストハウスメーカーの2つのメリット。

ローコストハウスメーカーのメリットは、2つあります。

1・費用をかけずに注文住宅の家作りが楽しめる。

2・住宅ローンの負担が軽いので、入居してからの生活が楽。

意外でしたか?ですが、事実そうなのです。

では詳しく見ていきましょう。

 

1・費用をかけずに注文住宅の家作りが楽しめる。

ローコストハウスメーカーのメリット・魅力は、なんといってもこちらですよね!

ザク男爵
お金をかけないで、注文住宅の家作りが楽しめること!!

これですよ、これ。

ローコストハウスメーカーが家作りの費用を抑えてくれているので、私たちは限られた予算でも家作りを楽しむことができます。

・自由な間取りを考える。

・家のデザインについて、あれこれ悩む。

・できあがった家の暮らしを妄想して楽しむ。

夢がありますよね、注文住宅って。

ですが、注文住宅は高いのです。建売住宅の1.5~2倍以上の価格がすることもあり、庶民は手が出ません。

一生に一度のマイホーム。せっかくだから注文住宅で家作りしてみたかったな・・・めそり・・・

しかしローコストハウスメーカーなら、それが実現できます。

もちろん、大手ハウスメーカーに比べて制限はありますし、予算の壁は消えてなくなったワケではありません。

それでも注文住宅で家作りができるって、すごくうれしいじゃないですか?

これはローコストハウスメーカーのメリットですよね。

 

2・住宅ローンの負担が軽いので、入居してからの生活が楽。

ローコストハウスメーカーのメリットをもう1つ。

それは住宅ローンの負担が軽いので、入居してからの生活が楽、ということです。

 

家を建てるときは、素敵なマイホームでの楽しい暮らしを想像しますが、実際はそれだけではありません。

重い住宅ローンのプレッシャーに耐えなくてはいけません。

住宅ローン返済は金額以上にプレッシャーを感じます。

・会社をクビにされたらどうしよう?

・上司に嫌われたらどうしよう?

・残業が減ったらどうしよう?

「そんなこと起きるわけない」と思いましたか?イエス、おっしゃるとおり、考えすぎかもしれません。

ですが住宅ローンを背負うと、これがびっくりするぐらいにネガティブになるのですよ。

ザク男爵
今の上司の一言、もしや私は用済み、ということでは・・・?

はわわ・・・ど、どうしましょう・・・

借りた住宅ローンが大きいほど、住宅ローンの見えないプレッシャーを感じます。

 

ですがその点、ローコストハウスメーカーなら安心です。

なぜなら家の価格が安いので、住宅ローンの返済が楽だからです。これは金額以上に、メンタル的にも楽ですよ。

 

あまりフォーカスされないメリットですが、ローコストハウスメーカーのメリットとしてもっと認知されて欲しいと思ってます。

 

▽住宅ローンの返済が楽になると、こんなメリットがあります。

住宅ローンの適正な返済率は?返済比率15%以下で得られる3つの幸せ!

2018.01.27

 

ローコストハウスメーカーのデメリット。

ならばローコストハウスメーカーのデメリットはなにか?

デメリットは2つあります。

1・標準プランはシンプルすぎる。でもオプションをつけると高くなる。

2・規格化されているものが多く、家作りの自由度が低い。

・・・とっさに眉をひそめたあなた。

その理由をお伝えいたします。

 

標準プランはシンプルすぎ。でもオプションをつけると高くなる。

ローコストハウスメーカーが安いのは、標準プランをシンプルにしているからです。

標準プランに含まれないものはオプション扱いとなり、別途料金が必要になります。

・クローゼット、階段下収納の追加

・2階トイレ増設

・コンセント追加

・屋根裏収納、屋根裏換気

・外壁サイディングの変更

理想の家を目指すあまりオプションをつけまくると、まったくローコストではない普通の家が完成します。

オプションをつけたときに、ほかのハウスメーカーと価格差がなくなったら・・・?

それでもまだそのハウスメーカーに魅力は残っているでしょうか?

 

規格化されているものが多く、家作りの自由度が低い。

ローコストハウスメーカーでは、家作りが規格化されており、家作りの自由度が低いのがデメリットです。

・間取り

・コンセントの位置

・窓の位置

・収納の数、位置

これらはプランによって決まっており、位置を変えるだけでもオプション料金がかかることも。

ザク男爵
注文住宅の家作りに憧れてローコストハウスメーカーを選びましたが、これでは建売住宅の自由設計とあまり変わらないような・・・。

家作りを安くするには、それなりの理由があります。

それらを踏まれると、建売住宅の自由設計でもいいのでは・・・?と思うかもしれません。

 

▽建売住宅の自由設計については、こちらで解説しています。

建売住宅の自由設計(フリープラン)のデメリットは?間取りは自由に決められるって本当?

2019.01.30

 

ローコストハウスメーカーの疑問。それって本当?

ローコストハウスメーカーのメリット・デメリットを解説させて頂きました。

ですがあなたは心の中で、

 

「でもローコストハウスメーカーって・・・」

 

と先入観を持っていませんか?

イエス、その先入観、すべてお答えさせて頂きます。

 

Q:ローコストハウスメーカーは、手抜き住宅・欠陥住宅なの?

ローコストハウスメーカーは、その安さがゆえに「手抜き住宅・欠陥住宅」とイメージされる方も多いです。

おっしゃる通り、ローコストハウスのなかには手抜き住宅も欠陥住宅もあります。

ですがこれはローコストだけの問題ではなく、大手ハウスメーカーの家でも同じ問題は起きます

家作りは寸分狂わない工場生産ではなく、人の手が多く入るオーダーメイドです。

営業担当・設計者・現場監督・作業者、それぞれの働きがおりかさなって、家が完成します。

そのため、

「ローコストだから不安・・・」

「大手だから安心!」

と、単純には言えないのです。

 

▽安い建売住宅に住んで、率直に思うことをまとめました。

安い建売住宅を買って分かった、本当に「いい家」の条件7つ!

2017.05.28

安い家は子育てしやすい家。安い家(ローコスト住宅)を買ったら意外とよかったこと4つ。

2016.12.29

 

Q:ローコストハウスメーカーは、快適な家じゃないでしょ?

「ローコストハウスメーカーは断熱性能が劣る」、と思っていませんか?

ですが、それは完全に先入観でしょう。

なぜならローコストハウスメーカーの断熱性能も、十分に高いからです。

むしろ断熱性能は、カタログスペックだけの単純な比較はできません。「現場でどれだけ正確に施工したか?」が大切です。

 

ですので、「ローコストだから・大手だから」の二元論はあまり意味がありません。

それぞれの建築現場ごとの品質をチェックすべきです。

 

▽断熱材の選び方で大切なポイントは、こちらで解説しています。

断熱材で後悔しない選び方!注文住宅で選べる種類と特徴・メリット・デメリットを解説!

2019.03.19

省エネ・断熱性能の高い窓はどれ?おすすめの窓(サッシ・ガラス)の選び方!

2019.03.14

 

Q:ローコストハウスメーカーは、耐久力が低いでしょ?

「ローコストハウスメーカーは、安いから耐久性が低い」

 

これは難しい質問です。

そもそも「耐久性が低い」とは、

・「耐久性が低い」というのは、メンテナンスの頻度が高いこと?

・「耐久性が低い」というのは、すぐに壊れること?

このどちらでしょうか?

建材の中には、30年もつものもあれば、10年に一回のメンテナンスが必要なものもあります。(金属屋根とスレート屋根)

ローコスト住宅では、こまめなメンテナンスの必要なスレート屋根が使われることが多いです。

その意味では、「耐久力が低い」と言えるでしょう。

しかしきちんとメンテナンスをした場合、長く愛用できます。つまり「耐久力は高い」です。

ザク男爵
大切なマイホームだから、買ったあとも大切にメンテナンスする。

これはマイホームを買った人なら、ぜひして頂きたいことですね。

 

さらに1点付け加えますと、家の建材は耐久性だけでは選びませんよね?デザイン性も考慮します。

デザイン優先で、耐久性を犠牲にするときもあります

そのため「ローコストだから耐久性が低い」とは、単純には言えません。

 

まとめ:限りある予算のなかで、家作りを楽しめる!

ではあらためて、ローコストハウスメーカーのメリット・デメリットをまとめましょう。

【ローコストハウスメーカーのメリット】

1・費用をかけずに、注文住宅の家作りが楽しめる。

2・住宅ローンの負担が軽いので、入居してからの生活が楽。

【ローコストハウスメーカーのデメリット】

1・標準プランはシンプルすぎる。でもオプションをつけると高くなる。

2・規格化されているものが多く、家作りの自由度が低い。

 

ローコストハウスメーカーなら予算的に厳しくても、注文住宅の家作りが楽しめます。

 

「注文住宅は無理だと思ってたけど、ローコストなら大丈夫かも!」

 

夢を諦めてしまう前に、一度ローコストハウスメーカーを検討してみませんか?

ぜひ素敵な家作りを。それでは、また!

 

「カタログは住宅展示場でもらうもの」と思ってませんか?

「ハウスメーカーのカタログは住宅展示場でもらうもの」

 

と思ってませんか?

しかし住宅展示場にいくと、しつこく営業されたり、長い時間拘束されたり、大変なのです。

そこでおすすめなのが、LIFULL HOME’S 注文住宅です。

LIFULL HOME’S 注文住宅は、自宅にいながら1回の入力をするだけで、複数のハウスメーカーのカタログを請求できます。

もちろん、大手ローコストハウスメーカーも登録してます。

まずはサクッとカタログを取りよせて、楽しく家作りをはじめましょう!

 

>>気になるカタログだけを、簡単に請求してみる。

 

▽詳しい使い方はこちら!

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽家作りはじめよう!と思ったら、こちらからスタートしましょう!

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのこと。

2019.01.08

 

▽「まだ家は早い・・・」と思っていると、後悔してしまいますよ。

「住宅購入はまだ早い」という嘘。30歳で買って思う、早く家を買うべき3つの理由。

2017.03.22

 

▽家を損得だけで考えるのは、とてももったいないことです。

「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

2017.04.21

 

▽住宅購入で悩んだら読んで欲しい記事をまとめました。ぜひ読んでください!

住宅購入・家作りで悩んだら読んで欲しい記事ベスト21

2019.03.02

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。