結局、家作りはいくら必要なの?注文住宅の坪単価の落とし穴に注意しよう!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

「坪単価30万円って書いてあるけど、本当に坪30万円で家が建つの?」

「・・・本当はウソなんじゃない?」

 

・・・鋭いご指摘、ありがとうございます。

おっしゃるとおり、広告で見かける「坪単価」では、注文住宅の家作りはできません

表示されている坪単価には含まれていない費用(追加工事、オプション代など)が多く、広告表示の坪単価よりも高くなります。

 

ですので、注文住宅の家作りをすすめるときは、

・表示されている坪単価に、「どの費用が含まれ、どの費用が含まれていないのか?」

・最終的に坪単価はいくらになるのか?

・坪単価を安く抑えるコツ

をしっかり確認することが大切なのです。

 

「坪単価30万円って書いてあったのに、どうして坪45万円もするの!?うそつきーーーっ!!」

 

くやしさにハンカチを噛みしめることがないよう、どうぞ最後までお読みくださいませ。

スポンサーリンク

いまさら聞けない「坪単価」とは?こっそり教えて!

注文住宅の家作りをはじめると、当たり前のように「坪単価」という言葉が使われます。

ですので、つい聞きそびれてしまうのですよね。「坪単価ってなんですか?」と。

 

坪単価とは、1坪(3.3㎡)の広さを作るために必要な建築費。

坪単価とは、1坪(3.3㎡)の広さを作るために必要な建築費です。

建築費を床面積で割ることで、計算できます。

たとえば、

家本体の価格:1,800万円

家の広さ(床面積):40坪

このような費用のかかる家の坪単価は、

 

1,800万円÷40坪=45

 

となり、この家の坪単価は「坪45万円」ということです。

家の価格を坪単価で表示することで、

・ハウスメーカーごとの、高い・低いを簡単に比べられる。

・家のグレードを表す指標となる。

・家の予算を決めやすくなる。

という利点がございます。

ザク男爵
A社の注文住宅は、坪45万円。B社の注文住宅は、坪60万円。

ふむ。B社の方がグレードの高い家、ということですな・・・。

家の価格は、大きさ・仕様・性能・設備などで変わってしまうので、一概に「高い・安い」が比較できません。

ですが坪単価で表示すれば、家の仕様や性能を簡単に価格で比較できるのです。

 

こんな落とし穴が…。注文住宅の坪単価の注意すべきこと!

坪単価の意味を知ると、使ってみたくなるのが人の性(さが)でございます。

ですが坪単価には落とし穴があるので、やたらめったに坪単価で比較するのはおすすめできません

注文住宅の坪単価を比較するときは、次のことに注意すべきでございます。

 

表示されている「坪単価」は、あくまでも「本体工事費」だけ。

注文住宅の坪単価で注意すべきなのは、『広告で表示されている坪単価は、あくまで家の「本体工事費だけ」である』、ということです。

注文住宅での家作りでは、本体工事以外にも費用がかかるので、広告で表示されている坪単価だけでは、家は作れません。

 

家作りかかるトータルコストは、

 

「トータルコスト」=「本体工事費」+「追加工事・オプション代」+「諸費用」

 

から成り立ちます。

広告で表示されている本体工事費の坪単単価は、トータルコストの75%程度と言われております。

そのため実際の注文住宅の家作りでは、広告の坪単価の1.25倍かかる計算になります。(もちろん、上を目指せば無限に高くなります。)

ザク男爵
坪30万円と聞いたから契約したのに、実際は坪45万円かかるですと・・・?

夢のマイホーム計画に、早くも暗雲が立ち込めてきたのですが・・・。

広告に表示された坪単価を妄信してしまうのは、危険でございます。

 

ちなみにですが、本体工事費に含まれない工事は下記のようなものがあります。

・地盤改良の工事費(場合によっては、100~200万円)

・照明器具の設置工事費

・カーテン工事費

・空調工事 冷房、床暖房、24時間換気システム

・屋外電気・給排水工事 家の外の電気工事、水道工事など

・引き込み工事 上下水道、電話 ネット回線

・既存建物の解体費(建て替えの場合)

・・・別途工事、山盛りですね。

これらは本体工事に含まれません。ご注意くださいませ。

 

坪単価に含まれるものは、ハウスメーカーで統一されていない。

「坪単価を比較すれば、ハウスメーカーを比較できる。」

 

冒頭でそう申し上げたところ恐縮なのですが、坪単価だけを比較してハウスメーカーを選ぶのは危険です。

なぜなら坪単価に含まれるものは、ハウスメーカーによって統一されたルールがないからですよ。

・A社(坪45万円):玄関ポーチ、バルコニーは坪単価に含めない。

・B社(坪50万円):引き込み工事、屋外電気工事を含む。

・C社(坪55万円):引き込み工事、屋外電気工事、空調、カーテン、照明を含む。

さて、A社・B社・C社、もっともお得なハウスメーカーはどれでしょうか?

・・・簡単に決められないですよね。つまり、そういうことなのです。

 

坪単価を比較すれば、ハウスメーカーを簡単に比較できそうに見えます。

ですが実際には坪単価を計算する統一されたルールがなく、そもそもどんな基準で坪単価を算出しているのか、各ハウスメーカーによってバラバラです。

 

坪単価は、ざっくりとした家の価値(グレード)を知るのに便利です。

しかしざっくりしすぎているので、「坪単価になにが含まれているのか?」、詳細まで確認しなくてはいけません。

 

設備・オプションを加えると、坪単価は跳ね上がる。

注文住宅の坪単価で注意したいのが、設備・オプションを加えていくと、坪単価は跳ね上がることです。

標準仕様の設備、材質からちょっとでも外れて変更すると、坪単価はどんどん膨れ上がっていきます。

・標準の白い壁紙を、珪藻土に変更した。

・標準のフローリングを、無垢フローリングに変更した。

・リビングだけの床暖房を、全室床暖房にした。

・エコキュートを追加した。

・浴室乾燥機を追加した。

坪単価の安いハウスメーカーと契約したはずなのに、オプションを追加していくと、他社よりも高い坪単価になってしまうことも。

とくにローコストハウスメーカーでは、標準仕様に含まれるものが少ないので、オプションで坪単価は高くなりがちです。

 

坪単価は安くても、オプションは高いのが相場です。

安易に坪単価だけでハウスメーカーを選ばず、オプションを含めたトータルの金額で比較することが大切です。

 

▽「つけてよかった!」と思っているオプションは、こちらです。

厳選!入居して分かった、建売住宅の絶対必要なオプション・あったら便利なオプション6選

2017.03.02

 

家の広さが変わると、坪単価も変わる。

注文住宅の坪単価では、家の広さに注意しなくてはいけません。

なぜなら坪単価は同じグレードの家でも、広さによって変わるからです。

 

家が狭くなれば、それだけ使う材料は少なくなります。そのため本体工事費は安くなります。

ですが家が狭くなっても、設備費は変わりません。家が広くても狭くても、使う設備(お風呂、キッチン、トイレなど)は同じでございます。

そのため狭い家を作ろうとすると、坪単価は上がってしまいます

本体工事費 設備費 合計 坪単価
30坪の家 1500万円 300万円 1800万円 60万円
40坪の家 1800万円 300万円 2100万円 52.5万円

坪単価だけ比較すれば、40坪の家の方が安いです。

ですがトータルで支払っている金額は、30坪の家の方が少ないですよね。

ザク男爵
イエス、マダム。

坪単価は比較に便利ではありますが、あくまでも「トータルでいくら払うのか?」で比較することが大切ですよ。

 

外構工事(エクステリア)は、坪単価に含まれていない。

注文住宅の坪単価には、外構工事(エクステリア)が含まれません

そのため坪単価だけで家を作ろうとすると、外構工事が予算不足のためノータッチとなってしまいます。

整備されてないエクステリアに立つ家は、あまりにも殺風景です。

どんなグレードの高い家でも、残念な景観になってしまいます。

ザク男爵
坪単価だけで家は作れましたが、家のまわりは荒れ地のままでございます。

雨が降ったらぐちゃぐちゃに。これでは快適なマイホームとはほど遠いでございます。

家本体と同様にエクステリアも重要です。

エクステリアの費用は坪単価に含まれていないので、別途予算を残しておくことが大切です。

外構工事はどこに頼むべき?失敗しない業者の選び方を徹底解説!

2017.07.16

お悩み解決!新築住宅の外構工事は入居前にどこまでやるのか、入居後何をやるべきか?

2017.03.04

 

注文住宅の坪単価を安くするコツ!

坪単価だけの比較は意味がありません。

とはいえ、坪単価は簡単に比較できる基準の1つとして有効です。

もしも「坪単価、もっと安くできないのかな・・・」と思うのでしたら、次の方法がおすすめです。

 

▽注文住宅の全体の予算を抑えるコツは、こちらにまとめました。

予算オーバーを防ぐ!注文住宅の家作りの予算を抑える10のコツ!

2019.02.13

 

1・床面積の大きさを広くする。

坪単価を安くしたいのでしたら、床面積を広くしてみてはいかがでしょうか?

床面積を広くすると、トータルコストに占める設備費の割合が下がるので、坪単価は安くなります。

逆に延べ床面積が狭くなると、坪単価は上がります。家が狭くなっても、キッチンの数やグレードは変わらないからです。

 

坪単価を安くし、割安に家を建てたいなら広い家を作るのがおすすめです。

しかし割安になるとはいっても、トータルコストは上がっております。その分住宅ローンの返済は大変になります。ご注意くださいませ。

 

2・1階と2階の面積配分を同じにする。

同じ床面積でも、1階と2階の面積配分によって、坪単価は変わります。

もっとも坪単価が安くなるのは、1階と2階が同じ面積のときです。

逆に坪単価が高くなるのは、1階が広く、2階が狭い面積のときです。

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜなら1階が広くなると、コストのかかる基礎・屋根の面積が大きくなるからでございます。

坪単価は、家にかかってる費用を知る指標として便利です。

「なぜか坪単価、高いな・・・」と思ったら、余分な費用がかかってないか、チェックしてみてくださいませ。

 

3・でっぱりの少ない、四角の家にする。

注文住宅の坪単価は、建物の形によって影響を受けます。

でっぱりが多く、デコボコした形の家では、坪単価が高くなります。(外壁・屋根の面積が増えるから)

反対にサイコロのような四角の家は、坪単価が安くなります

 

シンプルなキューブ状の家は、さっぱりしすぎてゴージャス感はありません。

ですが坪単価を安く、コスパよく家作りするにはベストフォームとなっているのです。

 

まとめ:坪単価は、単純に比較できない。でも大事。

注文住宅の家作りでは、「坪単価」という言葉が当たり前のように使われます。

当たり前すぎて分かったつもりになってますが、実は知らないことが多いのですよね。

とくに坪単価では、次のことに注意すべきでございます。

・広告に表示されている坪単価は、あくまでも「本体工事」だけ。

・坪単価の計算方法は、ハウスメーカーで統一されていない。

・設備、オプションを加えると、坪単価は跳ね上がる。

・家の広さが変わると、坪単価も変わる。

・外構工事は坪単価に含まれない。

 

また坪単価を安くするには、次のコツが効果的です。

・広い家を作る(床面積を大きくする。)

・1階と2階の面積配分を同じにする。

・サイコロのような四角の形にする。

家の価格は、大きさ・設備・性能などで変わります。

ですが「坪単価」というものさしにすれば、簡単にハウスメーカーを比較できます。

しかしながら、坪単価に含まれるものがハウスメーカーごとにちがうので、単純に坪単価を比較するだけでハウスメーカーを選ぶのは危険です。

ザク男爵
ハウスメーカーを選ぶ、「1つのものさし」、とお考えくださいませ。

坪単価は、便利で分かりやすいですが、それだけで決めると後悔してしまいますよ!

素敵な家作りを。それでは、また!

 

▽ハウスメーカー各社の坪単価まで徹底的に比較しました!

おすすめ大手ハウスメーカー8社、気になる断熱材まで徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.09

どれがおすすめ?ローコストハウスメーカー10社を徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.05

 

▽まだ比較していないハウスメーカーはありませんか?ハウスメーカーのカタログは、一括請求が便利です。

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽注文住宅の予算を抑える10個のコツは、こちらでございます。

予算オーバーを防ぐ!注文住宅の家作りの予算を抑える10のコツ!

2019.02.13

 

▽注文住宅の家作りは、全体の流れをおおまかに把握しておくことが大切です。

絶対に後悔したくない人に贈る、注文住宅の家作りの流れ・進め方。

2019.02.12

絶対に知るべき注文住宅の契約までの流れ。安易な捺印と支払いは後悔のもと!

2019.02.16

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。