家作りの先輩の体験に学ぶ!注文住宅でのトラブルを回避する5つのコツを伝授する。

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

一生に一度の家作り。

念願のマイホームだからこそ、トラブルなくスムーズに家作りをすすめて、ハッピーエンドを迎えたいですよね?

 

・・・ですが、ご注意くださいませ。

家作りを経験した先輩たちは、大なり小なりトラブルを経験しているのです。

・工期が遅れ、引き渡しの日に間に合わなかった。

・想像していた間取りと、実際に完成した間取りがちがった。

・希望条件を伝えたのに、設計に反映されていなかった。

・追加工事が重なり、予算をかるくオーバーした。

などなど、注文住宅のトラブルは数えきれません。

 

ですが幸いにして私たちは、先輩たちのありがたい失敗に学び、同じトラブルを繰り返さないことができます。

まさに「俺の屍を越えていけ」でございますね。

 

では注文住宅の家作りで、実際にどんなトラブルがあったのでしょうか?

またトラブルを防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

この記事では、あなたの家作りがなにごともなくハッピーエンドを迎えられるよう、エスコートさせて頂きます。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

家作りの先輩に学べ!注文住宅での、ありがちなトラブル集。

注文住宅の家作りでのトラブルは、だいたい相場は決まっております。

ありがちなトラブルパターンは、次の4つにまとめられます。

1・言った、言わない論争。(コミュニケーション不足)

2・こんなつもりじゃなかった。(認識不足)

3・やってくれると思ってた。(他力本願)

4・そんなこと知らなかった。(知識不足)

もうですね、これはストレートに言わせて頂きますと、

 

「もっとしっかりしようぜ!!!」

 

ということでございますね。・・・イエス、大変失礼しました。

さて、では注文住宅の家作りでどんなトラブルがあるのか、具体的に見ていきましょう。

 

「言った」「言わない」で、担当者と揉める。

注文住宅の家作りの代表的なトラブルは、ハウスメーカーの担当者と揉めることです。みなさん、結構派手にバトルしちゃうのですよね。

ハウスメーカーの担当者と揉めてしまう原因は、「言った言わない論争」でございます。

・「ここ、変更してって言ったでしょ?」→「いえ、聞いてません。」

・「○○はもう変更できません」→「ワッツ?そんな話聞いてません。」

言った言わない論争は、「施主→ハウスメーカー」・「ハウスメーカー→施主」の両パターンとも存在します。

言った言わない論争は、程度の低い争いなのですが、両者とも「自分は正しい」と非を認めないと、トラブルは泥沼にはまります

ザク男爵
聞いてない!絶対に聞いてません!

いや、本当は聞いたかもしれないけど、謝ったら負けなので、絶対に聞いてませぬ!!!

注文住宅の家作りは、ハウスメーカーとの信頼関係が大切です。

ですが「言った言わない」を繰り返しているうちに、やがてお互いの信頼関係にヒビが入ってしまい、夢の家作りがトラブルにまみれていくのです。

 

追加工事が重なり、予算オーバー。

「追加工事が重なり、予算オーバー。」

 

こちらも注文住宅の家作りでのポピュラーなトラブルなので、とくだん驚く必要はありません。

ですが予算オーバーの破壊力は、すさまじいですよ。

ザク男爵
な、なに・・・追加工事で+300万円ですと・・・?

300万円あれば・・・新車が買えておつりが出るのに・・・(撃沈)

たった一発の追加工事にて、撃沈完了でございます。

 

▽予算オーバーを防ぐポイントはこちら!

予算オーバーを防ぐ!注文住宅の家作りの予算を抑える10のコツ!

2019.02.13

 

想像してたものと、完成したものがイメージがちがう。

注文住宅でトラブルになりがちなのが、想像してたものと、完成したものにギャップがあることです。

着工(工事をはじめること)する前に、設計図やパース(外観イメージ図)を作ってくれるので、だいたいのイメージはつきます。

ですが見落としや、知識不足もあり、完成品とのギャップが生まれてしまうのです。

ザク男爵
コンパクトに・・・とは伝えてましたが、さすがにこれは狭すぎではなかろうか・・・。

よく見れば、設計図にたしかにそう書いてあります。

ですが生まれてはじめて図面を見る人が、図面だけで家の完成イメージを想像できますでしょうか?

 

・・・無理でございます。

 

そのため注文住宅の家作りでは、「こんなはずじゃなかったのに・・・」との涙がこぼれてしまうのです。

 

▽提案された間取りに違和感を感じたら、それを放置してはいけません。

契約したいハウスメーカー・工務店の間取りが気に入らないときの方法3選。

2019.04.23

縁起の悪い間取りって?注文住宅の家作りは家相・風水って気にした方がいいの?

2019.04.22

 

期日近くにドタバタして慌てて決める→後悔する。

注文住宅の家作りで後悔の原因となるパターンが、

 

期日に追われる→慌てて決める→「こんなはずじゃなかったのに」と後悔する。

 

で、ございます。

注文住宅の家作りでは、決めるべきことがたくさんあります。

しかも同時進行が多く、家作りがすすむに従って、忙しさに撲殺されるようになります。

ザク男爵
・・・え?壁紙の色を決めろですと?

あ、うん、もう、そのホワイト系でいいんじゃない?無難だし、今、忙しいし!

・・・後日・・・

本当は淡い水色の壁紙がよかったよう・・・。

ごめん、ごめんよ、ごめんなさいよう・・・。

謝る。謝ります。でも許して欲しい。だって忙しかったんだもの。

 

注文住宅の家作りは、はっきり申し上げて忙しいです。

それゆえ「慌てて決める→後悔する」のパターンが多いのです。ご注意くださいませ。

 

▽家作りに必要な期間は、あらかじめ余裕を持たせましょう。

消費税が上がる前に完成できる?注文住宅の家作りの期間まとめ!【依頼先・工法別】

2019.02.13

 

工期が遅れて、引き渡しが遅れる。

注文住宅の家作りのトラブルで怖いのが、引き渡しが遅れるトラブルです。

引き渡しとは、家が完成し、代金を支払って清算することです。

家の引き渡しが遅れると、それに伴ってさまざまなトラブルが発生します。

・ハウスメーカーが遅れた原因を説明しない。(責任問題になり、契約不履行になるから)

・なんとか間に合わせようと、突貫工事をする。(手抜き工事のおそれ)

・家が完成してないのに、引き渡しされた。(その後ハウスメーカーはトンズラ)

ただ家の引き渡しの日がずれるだけで、根深い問題に発展するのです。

注文住宅で引き渡しが遅れる原因は、

・予定してた材料が届かない。

・間違えて発注した。

・作業者(大工)が手配できなかった。

などなど、身近に起こるものばかりです。

「引き渡しの遅れ?うちは大手ハウスメーカーだから大丈夫!」

 

との慢心は危険です。お気をつけくださいませ。

 

着工後に起きる、ご近所さんとのトラブル。

注文住宅での家作りは、家が完成するまで気を抜けません。

なぜなら無事に着工したとしても、工事中にご近所さんとトラブルになる可能性があるです。

・工事の音がうるさい。

・工事の作業者がじゃま。

・ショベルカーで穴を掘ったら、塀が傾いた。

ご近所さんとトラブルになると、工事が予定通りに進まなくなり、最悪は「引き渡しの遅れ」に発展します。

さらには工事でご近所さんに損害(車をぶつけた、塀が傾いた)を与えてしまうと、泥沼の損害賠償に発展することも。

夢のマイホームがトラブル対応に追われるようになると、怒りの矛先はどこへ向かうのでしょうか。

・・・は、ハウスメーカーでしょうかね・・・。

 

▽一軒家にも、騒音トラブルはあるのです。

一軒家でありがちな5つの騒音問題。被害にあったらどうする?対策・対処方法まとめ。

2019.04.12

 

注文住宅の家作りのトラブルを回避する5つのコツ

夢のマイホームが、これほどまでにトラブルにまみれていたとは・・・驚きでございます。

ですが怖がる必要はありません。

なぜなら、注文住宅の家作りのトラブルを防ぐコツがあるからです。

泥沼のトラブルを防ぐには、次5つのコツを実施してみてくださいませ。

 

1・小まめなコミュニケーションが、注文住宅のトラブルを防ぐ。

注文住宅でのトラブルを防ぐもっとも効果のあるコツは、小まめなコミュニケーションです。

ハウスメーカーの担当者・現場監督・作業者。それぞれと小まめにコミュニケーションを取ることで、起こりうるさまざまなトラブルが予防できます。

だって考えてみてもくださいよ。注文住宅のトラブルが起きるパターンって、

・言った言わない論争

・こんなつもりじゃなかった。

・やってくれると思ってた。

・そんなこと知らなかった。

など、わりと低レベルなところからスタートしてるじゃないですか。

はじまりは些細なことでも、こじらせてしまうと、取り返しのつかないトラブルになってしまいます。

 

だからこそ、小まめなコミュニケーションが大切なのです。

些細なことでも確認することで、トラブルを未然に防げます

小まめなコミュニケーションを取ることで、注文住宅で起きるトラブルはほぼ回避できるのです。

 

▽ご近所付き合いのコツは、こちらでございます。

一軒家によくあるご近所トラブルと上手な解決方法はコレだ!

2017.06.16

 

2・営業への伝え方で基本設計が変わる!具体的に、明確に伝える!

注文住宅でのトラブルは、伝え方を変えることで未然に防げます。

マイホームの希望は、必ず「具体的に」「明確に」伝えることが大切です。

 

「これぐらい分かってくれるだろう」

 

と思っていても、残念ながらその希望は1ミリも伝わりません。

それどころか間違って伝わってしまい、「こんなはずではなかった・・・」と後悔につながります。

 

とくに最初の設計となる「基本設計」には注意が必要です。

基本設計とは?

マイホームの形がみえる最初の設計図のこと。

施主の希望を土地の形状にあわせて盛り込み、平面図・立面図などから構成される。

基本設計で、着工する家の詳細までが決まるワケではありません。

ですが基本設計の完成度いかんによって、その後の家作りのトラブルが決まってしまいます。

 

基本設計の完成度が高く、理想の家に近い設計であれば、その後の流れはスムーズでトラブルは少ないです。

しかし基本設計の段階から理想の家とギャップがあると、軌道修正できずにトラブルが起きてしまいます。

 

家作りは、営業マンへの伝え方で決まってしまいます。

「具体的に」「明確に」伝え、あいまいな部分を残さないようにしましょう。

 

3・書面、メモでのやり取りの記録を残す。

営業への伝え方について、もう1点ご注意頂きたいことがあります。

それは、「書面・メモなどでやり取りの記録を残すこと」で、ございます。

書面・メモでやり取りの記録を残す目的は、「言った言わない論争」を防ぐためです。

約束ごとは必ず書面に残すことはもちろん、担当者との打合せの記録も書面で残し、その都度担当者にも確認してもらうと効果的です。

ザク男爵
いやいやいや、言ってることが変わってますよ!

ほら、ここ!ここ見て!この記録にすべて書いてあるでしょ!

「言った言わない論争」は程度の低い争いのくせに、根深い問題に発展するから困るのです。

家作りは長い期間(平均9カ月)もかかります。

当初の口約束など、すぐに忘れてしまうのが人間です。必ず書面で記録に残しましょう。

 

4・どんなに信頼しても、「お任せ」はしない。

注文住宅のトラブルを防ぐには、「お任せ」をしていけません

家作りでは難しいこと・分からないことが多いので、頼れるプロ(営業、設計士、現場監督など)にお任せしたくなります。

ザク男爵
・・・間取りですか?とくに希望もないので、お任せしますよ。標準的なやつで。
ザク男爵
工事が着工したのですか?

イエス、分かりました。ではお任せします。

 

しかし残念ながら、どんなにハウスメーカーの担当者を信頼していても、お任せするようでは、いい家は作れません。

なぜなら、「お任せ」と「どうでもいい」は紙一重だからです。

 

営業マンを信頼して「お任せ」と言ったつもりでも、営業マンには「希望がないから、なんでもいい」と聞こえたかもしれません。

現場監督を信頼して「お任せします」と言ったつもりでも、現場監督には「自分の家なのに、どうでもいいのかな?」と思ったかもしれません。

 

「お任せ」の言葉の意味は広すぎるので、トラブルの原因になってしまいます。

家作りで「お任せ」はとても危険です。

こと細かに仕様、図面を確認し、現場にも何度も顔を出しましょう。

頼れる担当者でもお任せしないで、口と手を出すことが、ひいてはトラブルの予防につながります。

 

5・打合せシート・家作りノートを作り、マイホームの希望を整理しておく。

注文住宅の家作りのトラブルを防ぐには、事前準備がなによりも重要です。

ハウスメーカーとの打ち合わせを本格的にはじめる前に、打合せシート・家作りノートを作り、マイホームの希望を整理することが大切です。

・家族のライフスタイル、暮らし方

・デザインのイメージ(雑誌で気に入ったものを切り取っておく)

・部屋の間取りの希望

・家の性能に対する希望(耐震性、省エネ性、断熱性など)

・家具、家電のリスト

「どんな家にしたいのか?」をあらかじめ整理しておくと、家作りが忙しくなったときでも判断に迷いません。

 

まとめ:注文住宅のトラブルは、コミュニケーションで解決する!

注文住宅の家作りにトラブルはつきものです。

多くの先輩方は、トラブルを乗り越えてマイホームを手に入れていったのです。

 

・・・ですが、できることならトラブルなんて経験したくないですよね?

注文住宅の家作りでトラブルを防ぐには、次のコツを実施してみてください。

1・小まめなコミュニケーションを取る。

2・営業への伝え方で変わる!「具体的に」「明確に」伝える!

3・書面、メモでやり取りの記録を残す。

4・どんなに信頼しても、「お任せ」しない。

5・打合せシート、家作りノートを作り、マイホームの希望を整理しておく。

注文住宅でおこりがちなトラブルは、小まめなコミュニケーションでほぼ防げます

なぜならどんなトラブルも、最初は些細なことだからです。

・言った言わない論争(コミュニケーション不足)

・こんなつもりじゃなかった(認識不足)

・やってくれると思っていた(他力本願)

・そんなこと知らなかった(知識不足)

泥沼のトラブルも、はじまりは小さな火種です。

ですが火種を甘く見積もっていると、やがて取り返しのつかないトラブルになってしまうのですよ。

 

幸いにして注文住宅の家作りは、諸先輩方がたくさんのトラブル事例を残して下さいました。

先輩諸氏の失敗に学び、どうぞ屍を越えてハッピーエンドをお迎えくださいませ。

素敵な家作りを。それでは、また!

 

▽ハウスメーカーこそ、幅広く検討しましょう!

おすすめ大手ハウスメーカー8社、気になる断熱材まで徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.09

どれがおすすめ?ローコストハウスメーカー10社を徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.05

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽家作りはおおまかな流れを把握することが大切です。

絶対に後悔したくない人に贈る、注文住宅の家作りの流れ・進め方。

2019.02.12

▽家作りでまずやるべきことをまとめました。

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのこと。

2019.01.08

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。