注文住宅の家作りノート作成のコツ|本格的な打合せ前の作成をおすすめする!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

注文住宅の家作りは、まずは自分の希望条件を整理することがスタートラインです。

しかし「どんな家に住みたいですか?」と哲学チックに質問されても、「知らんがな・・・」と苦笑いするのが精いっぱいではないですか?

 

そこでおすすめしたいのが、「家作りノート」を作ることです。

家作りをテーマにしたノート(スクラップブック)を1冊作ることで、

・自分の家作りの希望条件、考え方を整理できる。

・家作りのイメージを共有できる。

・打合せの記録として活用できる。

というメリットがあります。・・・といいますか、家作りノートが手元にないと、これからの家作りはかなり難航してしまいますよ。

 

この記事では

・家作りノート作成の必要性。

・家作りノートの作り方のコツ(スクラップブックを使用)

・無料で使える家作りノートテンプレートの紹介。

について、解説させて頂きます。

家作りの先輩方はみんな作ってきた、家作りノート。さっそくあなたも家作りノートを作りましょう!

スポンサーリンク

注文住宅で家作りノートが必要な理由。

デジタル化が当たり前になった現代、「今さらノートを作るの?」と失笑されるかもしれません。

ですが家作りノートは本当に大切なのです。家作りで後悔したくないなら、素直に家作りノートを作ることをおすすめします。

 

家作りの希望・考え方が整理できる。

家作りノートが重要なのは、家作りの希望条件・考え方が整理できるからです。

注文住宅ではゼロからオーダーメイドで家作りができるので、あなたがのぞむ理想の家が建てられます。

しかしその反面、自由すぎる選択肢によって、

 

「いったい何をしたらいいのか分からない?」

「どんな家がいいって、住めるなら何でもいいんですが!?!?」

「そもそも俺は何者なのか!?!?」

 

と、路頭に迷ってしまう方があとを絶えません。

あいまいな考えのまま家作りを進めてしまうと、住み始めてから「やっぱり、ちがう仕様にすればよかった」と後悔する原因になってしまいます。

 

ですので注文住宅で家を建てるには、

・どんな家で、どんなことがしたいのか?

・外観はどんなイメージか?(和風、洋風、南欧風、北欧風など)

・マイホームで優先したいことはなにか?(間取り・性能・住宅ローンなど)

など、突き詰めて考える必要があります。哲学チックで考えるのも億劫になりますが、ここが重要なのです。

 

マイホームに求める希望条件は、書くことで整理できます

頭の中の断片的な情報を紙に書きだすことで、1つのまとまった考えにたどりつけますし、条件の優先順位も比較しやすいです。

また書いた情報を視覚的に見ることで、新しいアイディアにも気がつけます。

マイホームに求めること・・・

広い・かわいい・オシャレ・暖かい・涼しい・ハイテク・簡単・自慢できる・地震にビクともしない・・・

ザク男爵
なるほど。妻がマイホームに求めるのは、住宅ローンの上限ギリギリまで攻めた、ハイスペ住宅、ということですな。

 

「どんな家で、どんな暮らしがしたい?」

 

という哲学チックな考えをまとめるために、家作りノートは最適なのです。

 

家作りのイメージを夫婦で共有できる。

家作りノートが重要なのは、家作りのイメージを夫婦で共有できるからです。

家作りは自分1人で進めるのではなく、夫婦2人で進めます。(ここにご両親が加わるパターンもアリ)

人が集まると必ず起きるのが、認識の不一致でございます。

ザク男爵
極限まで住宅ローンを抑えた、格安ローコスト住宅が欲しいであります。
ちょっと高くても、長く安心できる家がいいな。

あとかわいくて、おしゃれで、ハイテクで、暖かくて涼しくて・・・(以下省略)

夫婦といえど、家作りに対する考えはバラバラです。

では夫婦の考えがまとまってない状態で、ハウスメーカーとの打ち合わせに参加したらどうなるでしょうか?

 

・・・イエス、それは炎上でございます。

せっかくのモデルハウスではじまる夫婦ケンカ。でもこんなご夫婦、意外と多いのではないでしょうか?

 

ですので家作りノート作成を通じて、夫婦での家作りの認識をすり合わせましょう。

今、この場ですり合わせておけば、のちのちのトラブルを回避できます。

逆に今、夫婦の考えをすり合わせておかないと、打合せが本格的になるにしたがって、火花をほとばせることになりますよ。

 

営業マンに家作りのイメージをすぐに伝えられる。打ち合わせの記録として。

家作りノートを重宝するのは、営業マンとの打ち合わせのときです。

営業マンと打合せをするとき、自分の希望する家作りのイメージを伝えなくてはいけません。

ですがイメージを言葉で説明するのって、すごく難しいのですよね。

ザク男爵
家の外観は・・・よくある普通の家っぽくて、間取りも変にならないようにして欲しいのですが・・・。

「普通」とか「変」とか言われても、営業マンにはさっぱりイメージは伝わりません。

 

ですので、家作りノートを活用するのです。

あらかじめ気に入った家の外観・間取りの写真の切り抜きをノートに貼っておくことで、パッとノートを見せるだけでイメージが伝えられます

また希望条件をリスト化しておけば、営業マンに伝え忘れることもありません。

 

もちろん、営業マン・設計士との打ち合わせの記録としても、家作りノートは活用できます。

・打ち合わせの内容をメモする。

・お互いの確認事項、宿題をメモする。

・調べたことメモする。

1冊のノートにまとめることで、情報をよく整理できますし、「言った・言わない」も防げます

 

家作りノートの作り方・注意点【ルーズリーフを使う】

注文住宅の家作りで役に立つ「家作りノート」。

家作りノートの作成は、編集・情報の入れ替えができるルーズリーフがおすすめです。

 

気になる写真を切り抜いて貼っていく!

家作りノート作成の最初のステップ。まずは気になる写真を切り抜いて貼っていきましょう。

「100の言葉よりも、1枚の画像の方が説得力がある」と言われるとおり、写真のもつ力は絶大です。

・ハウスメーカーのカタログ

・チラシ

・雑誌

などを参考に、写真を切り抜いてノートに貼っていきます。すると、自分の好みの系統がハッキリ見えてきます。

気に入った写真が貼られたノートを見せれば、「こんな家にしたい」と写真だけで相手にイメージを伝えることも可能です。

ザク男爵
思いを伝えるのに、多くの言葉は不要でございます。

リピート・アフターミー。

・・・「ジュテーム」・・・。

やれやれ・・・。

 

マイホームの希望条件・調べた情報を書き込んでいく!

ただし写真を貼っただけのノートでは、人によって解釈の仕方がまちまちです。

ですので切り貼りした写真のまわりには、マイホームの希望条件・調べた情報を書き込んでいきましょう

妻直筆の家作りノート。妻の思っていることがよく分かる。

写真に対する補足・ツッコみを入れていくと、家作りノートの完成度がぐんと上がりますよ。

 

ハウスメーカーの営業マン・設計士との打ち合わせの記録を取る。

写真の切り貼りとは別のページには、ハウスメーカーの営業マン・設計士との打ち合わせの記録を取りましょう。

ゼロからオーダーメイドで建てる注文住宅は、ハウスメーカーとの打ち合わせが多く、決めるべきこともたくさんあります。

そのため「言った・言わない論争」がすぐに勃発し、本来やる必要のない消耗をしてしまいます。

ですので、メモを取りましょう。打ち合わせの記録を取りましょう。

打ち合わせの内容をメモしておけば、言った・言わない論争に巻き込まれない。

ルーズリーフならページの入れ替えも簡単なので、打ち合わせの記録を関連する写真の近くに差し込むことも可能。見やすくまとまった家作りノートに仕上げられます。

 

▽ハウスメーカーとの打ち合わせの注意点は、こちらで解説しています。

注文住宅の打ち合わせの回数・内容・流れは?長期戦を制する5つのコツ。

2019.06.17

 

デジタルよりも、アナログで作りたい。

アナログでのノート作りは、印刷する手間もありますし、編集も大変です。今どきアナログは流行りません。

というのは百も承知なのですが、それでもアナログでの家作りノート作成をおすすめします。

なぜならデジタルでは気になる情報は、検索する必要があるからです。

便利な検索は、検索ワードを知らないと欲しい情報までたどりつけません。

ザク男爵
教えて教えて鏡さん。

私が欲しい家は、南欧風?アメリカン?カントリー風?ナチュラル・・・?

検索ワードを知っていれば調べられますが、検索ワードが分からなければ知りようがありません。「○○おすすめ」と調べたところで、おすすめが本当におすすめなのか、真相は風の中でございます。

 

ですがアナログの家作りノートなら、カタログ・雑誌をパラパラ眺めるだけで気になる情報にリーチできます。

もちろん、情報の「深さ」ではネットには叶いません。ですが家作りの最初の一歩としては、まずは広く浅く情報を集めることが大切です。

複数のハウスメーカーを比較しながら、気になる写真を切り貼りしていく。

令和を迎えた新時代でもアナログ作業をすることで、理想の家が実現できるのです。

 

ハウスメーカーのカタログを取りよせるなら、一括請求が便利。

家作りノートに欠かせないのが、施工事例・間取り写真が掲載されたハウスメーカーのカタログ。

ハウスメーカーのカタログをゲットするなら、ネットから一括請求が便利です。

LIFULL HOME’S注文住宅なら、自宅でゆっくりハウスメーカーを検索・資料請求まで行うことがきます。

・価格帯

・人気テーマ(ローコスト・平屋・高気密、高断熱など)

・希望エリア(都道府県)

など、簡単にハウスメーカーを絞り込むことができ、1回の入力で複数のカタログが請求できます。

 

ハウスメーカーのカタログには、施工事例・間取りがキレイな写真とともに多数掲載されております。

家作りノートに切り貼りして、自分だけの家作りノートを完成させてくださいね。

 

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

今なら「はじめての家作りノート」を無料プレゼント中!

今ならLIFULL HOME’S から注文住宅のカタログ請求された方全員に、「はじめての家作りノート」を無料ダウンロードプレゼントしております。

「はじめての家作りノート」は、これから住宅を購入しようとするあなたを全力でサポートする1冊です。

全28ページもあり、かなりの大ボリュームな1冊です。

・家作りのスケジュール

・資金計画表

・モデルルームに行ったときのチェック表

・土地の選び方、チェック表

・知っておきたい家作りの知識(構造、基礎、工法、材質、断熱材など)

・住宅ローンの選び方

はっきり申し上げますが、「はじめての家作りノート」は有料級の情報です。

しかもノートとして書き込みながら使えるので、あなたの家作りの進捗にあわせて活用できます。

 

はじめての住宅購入では分からないことだらけで、何をしたらいいか分からないものです。

しかし「はじめての家作りノート」を活用することで、

・次に何をするべきか?

・どんなことを検討すればいいのか?

・どんなことに注意すればいいのか?

が、手に取るように分かります。もう家作りで迷い悩むことはありません。

「はじめての家作りノート」は、今なら特典としてLIFULL HOME’S から注文住宅のカタログ請求された方全員に、ダウンロードプレゼントしておりますよ。

 

 

まとめ:家作りノートを作ってみよう!

注文住宅で家を建てた先輩方が実践してきた、家作りノート。

気に入った写真を切り貼りすることで、マイホームへの考え・希望条件が整理できます。

それだけでなく、ハウスメーカーとの打ち合わせの記録にもなるので、本格的な打ち合わせがはじまるまでには必ず作っておきたい1冊です。

 

余談ですが、家作りを終えてノートの役目が終わったとき。家作りノートは思い出のつまった1冊になります。

このタイミングで家を建てるのは、これっきり。その意味では、「一生に一度の家作り」でございます。

たった1度の家作りを最高の思い出にするためにも、ぜひ家作りノートを作ってみてくださいね。

素敵な家作りを。それでは、また!

 

\ 家作りノートを作るなら、カタログを取りよせることから! /

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽おさえておきたい契約までの流れはこちら!

絶対に後悔したくない人に贈る、注文住宅の家作りの流れ・進め方。

2019.02.12

注文住宅の間取りはどうやって決める?後悔しないための段取りと流れ。

2019.06.14

絶対に知るべき注文住宅の契約までの流れ。安易な捺印と支払いは後悔のもと!

2019.02.16

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。