消費税が上がる前に完成できる?注文住宅の家作りの期間まとめ!【依頼先・工法別】

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

「消費税が上がる前に、家を完成させたい!」

「子供が入学する前に、家を完成させたい!」

 

と思っている方に、ご注意頂きたいことがあります。

それは家作りの期間は、「依頼先・工法によって大きく変わる」、ということです。

家作りの期間はおおよそ9~12カ月と言われておりますが、依頼先によってはおよそ14カ月かかることもあります。

ですので、「○○までに家を完成させたい!」とのご希望があれば、依頼先・工法を考慮しなくてはいけません。

 

では家作りにかかる期間は、実際のところどれくらいなのでしょうか?

この記事では、家作りにかかる期間を、依頼先別(ハウスメーカー・工務店・建築士)、工法別で詳しく解説させて頂きましょう。

 

▽注文住宅での家作りのおおまかな流れは、こちらをご参照ください。

絶対に後悔したくない人に贈る、注文住宅の家作りの流れ・進め方。

2019.02.12

スポンサーリンク

増税前に間に合う?依頼先による、家作り期間の違い。

家作りを依頼するパートナーは、次の3つから選びます。

・ハウスメーカー

・工務店

・建築士

このうちもっとも家作りの期間が短いのが、ハウスメーカーです。

逆に家作りの期間が長くなるのが、建築士に依頼したときです。

ではそれぞれ詳しくみていきましょう。

 

ハウスメーカーに依頼した場合:家が規格化されているので、早い。

テレビCMでおなじみのハウスメーカーは、家作りの期間が短くなる傾向があります。

その理由としては、

・家作りが商品化されており、規格化された工業製品の組み合わせで家を作るから。

・プランに制約があり、完全な「自由設計」ではない。

・工場で製造された部材を多用するので、現場作業が少ない。

などがございます。

ハウスメーカーの最新の住宅は、工法からしてハイテクです。

可能な限り工場で生産し、現場作業が少なくなるよう設計されています。

そのため物件ごとの品質が安定し、工期も短くなります。

 

工務店に依頼した場合:ハウスメーカーほど早くはない。

工務店で家作りを依頼するときの工期は、ハウスメーカーより長くなりがちです。

ハウスメーカーのような全国一律的な間取りプランや、工場で規格製造した部材が少ないので、工務店での家作り期間はどうしても長くなってしまうのですね。

ザク男爵
大手ハウスメーカーで建築しているお隣さんは家が完成したのに、工務店に依頼したわが家はまだ完成しません・・・。

ああ、早く完成しないでしょうか。ハラハラ・・・

「○○までに家が欲しい」との期日があるなら、ハウスメーカーに依頼するときより余裕をもつことが必要です。

 

また工務店は木造軸組み工法(古くからの木造工法)を得意とした会社が多いです。

木造軸組み工法は、ハウスメーカーの独自工法よりも工期が長くかかってしまいます。ご注意くださいませ。

 

建築士に依頼した場合:14カ月以上かかることも。

家作りを建築士に依頼した場合、家作りの期間はもっとも長くなってしまいます。

順調にすすんだとしても、12~14カ月はかかると見積もっておきましょう。

家作りの期間が長くなる原因は、

・家作りにとことんこだわりたい方が多く、打合せ・検討の時間が長い。

・実際に家を建てる工務店を選ぶ手間がかかる。

・工務店との見積り調整に手間がかかる。

などがございます。

 

そもそも論で申し訳ないのですが、建築士に家作りを依頼される方は、並々ならぬ家作りへのこだわりと愛情をもっています。

そのため打合せも熱心にしますし、比較・検討もじっくりされます。

それゆえ、家作りの期間は長くなります。

ザク男爵
なるほど、それはつまり・・・当然の結果、ということですな。

建築士に家作りを依頼するのに、時間を急ぐのは本末転倒でございます。

時間と心とお金に余裕をもって、早めに依頼するように心がけましょう。

 

家作りは早くなった!それぞれの工法の、家が完成するまでの期間。

家作りに必要な期間に影響をあたえるのが、家の作り方です。

「どんな工法で家を建てるか?」によって、家作りにかかる期間が変わります。

希望の日までに家を完成させるためには、工法の違いも考慮しておきましょう。

 

2×4(ツー・バイ・フォー)工法:2.5~3カ月

家作りの期間がもっとも短くなるのは、2×4(ツー・バイ・フォー)と呼ばれる工法です。

平均的な期間は、2.5~3か月でございます。

あれよあれよと家ができる姿を見れば、誰しも「家が建つの早すぎだろ・・・」と驚くはず。

 

2×4工法とは、北米生まれの工法で、家を「面(壁)」で支える特徴があります。(古くからの日本住宅は、柱で支える)

ちなみに2×4という不思議な名称の由来は、基準部材の断面が「2インチ×4インチ」であることからネーミングされました。

2×4工法で家を作るスケジュールは、

・工場でカットした壁パネルをクレーンで釣り上げ、基礎の上に建たせていく。

・パネル同士を釘で固定する。

・1階ができたら、同様に2階のパネルを組み上げていく。

という流れですすみます。

とくにパネルを組み上げる作業は早く、たった2日間で家の骨格が完成してしまいます。

ザク男爵
な、なんと・・・たった2日、現場に顔を出さなかっただけで、家がほぼ完成しておりますぞ・・・。

もっと・・・なにか違うものを期待していたのですが・・・

家作りの打ち合わせを苦労して重ねてきたわりに、あっさりと家が建つ様子を見てひょうし抜けするかもしれません。

 

木造軸組み工法:4~6カ月

木造軸組み工法とは、日本に昔から伝わる家の建て方で、家を柱で支えます。

2×4工法よりも現場での作業が多く、家が完成するまで4~6カ月かかります。

最近では工場で部材をプレカットする現場が多くなり、工期は短くなってきました。

とは言え2×4工法よりも工期は長くなるので、余裕をもって家作りをすすめることが必要です。

 

鉄骨造(S造):4カ月

鉄骨造(別名、S造)とは、家の骨組みを鉄骨で組み上げる工法です。家が完成するまでの期間は、4カ月です。

ですが工事をはじめる前に鉄骨の加工に時間がかかるので、4カ月より時間に余裕をもった方がいいでしょう。

 

鉄骨造での家作りは、工場で加工された鉄骨を溶接やボルトでしめあげて、骨組みを作っていきます。

鉄骨造は溶接の施工段階でのチェックが大切で、細かい検査方法が定められています。検査に合格したら、最後はボルトを本締めして鉄骨工事が終了となります。

 

ユニット工法:2~3か月

ユニット工法とは、木材や鉄骨で小さなユニット(部屋)を工場で作り、現場で積み木のようにのせていく工法です。

クレーン車でユニットをのせていく作業は、半日で終わる場合もあります。

現場作業が少なく、2×4工法と同様に2~3カ月で完了いたします。

ですが工場でユニットを組み立てる準備期間を含めると、実質的な家作りの期間は長くなります。ご注意くださいませ。

 

鉄筋コンクリート造(RC造):6カ月

鉄筋コンクリートで一軒家を建てる場合、家が完成するまでの期間は平均6カ月です。

家の骨組みに鉄筋の入ったコンクリートを使うので、その分、時間とコストがかかります。

ですがコンクリートならではの、耐久性やオシャレなデザイン性も魅力的です。

 

コンクリートは現場での施工が命で、コンクリートの質が悪いとひび割れが起き、雨水が入ってしまいます。その結果、

・コンクリートの強度、耐久性が落ちる。

・内部の鉄筋がサビでしまう。

などの問題が起きてしまいます。

コンクリートはしっかり固まるまでの時間(養生)を、十分にとることが大切です。

期日に追われて焦っているときは、おすすめできない工法です。

 

納得できなければ、時間をかけてじっくり進めるべき。

家作りにかかる期間は、選び方によっては早くすることも可能です。

2×4を得意とするハウスメーカーに依頼し、打合せの回数を最小限にすれば、「○○日までに家を完成させたい!」との希望までに間に合うかもしれません。

ですが、ご注意くださいませ。

ザク男爵
イエス、マダム。

家作りは期日をあまり考えずに、じっくりすすめた方がいいですよ。

なぜなら期日までに家を完成させても、それが後悔の残る家だったら、元も子もないからです。

 

子供が入学する前に・・・。

子供が転校するタイミングで・・・。

消費税が上がる前に・・・。

 

家作りを急ぐ理由はもろもろございます。

ですが、家作りを急ぐあまりに、それが後悔の残る家になってしまったら意味がないのですよ。

 

優先すべきは、納得のできる家作りでございます。

もしも打合せの途中で納得できないことがあれば、じっくり検討しましょう。

「これじゃないな・・・」と思ったら、またハウスメーカー探しからスタートしてもいいのです。

 

期日までに間に合わなければ、何かしらのしわ寄せがくるでしょうが、それは家作りの後悔に比べたら軽いものでございます。

どうぞじっくりと家作りをすすめていきましょう。

 

▽ハウスメーカー各社の特徴を魂込めて比較しました!

おすすめ大手ハウスメーカー8社、気になる断熱材まで徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.09

どれがおすすめ?ローコストハウスメーカー10社を徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.05

 

▽ハウスメーカーをじっくり検討するには、カタログの一括取り寄せが便利です。

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

まとめ:家は着工してから、最短で2.5カ月で完成!

家作りにかかる期間は、平均9~12カ月です。

しかし「家作りを誰に依頼するか?」、「どんな工法で家を作るか?」によって、家が完成するまでの期間は変わります。

【依頼先による、家作り期間の違い】

・ハウスメーカー:規格化がすすんでいるので、早い。

・工務店:ハウスメーカーほど規格化がすすんでいないため、早くはない。

・建築士:じっくりとプランを練るため、時間がかかる。工務店との調整も必要。

 

【工法による、家が完成するまでの期間】

・2×4:2.5~3カ月

・木造軸組み工法:4~6カ月

・鉄骨造(S造):4カ月

・ユニット工法:2.5~3カ月

・鉄筋コンクリート造:6カ月

もし「○○日までに家が欲しい!」、「税金が上がる前に家が欲しい!」などの希望があれば、家作りが規格化され、早く建てたれる2×4工法で家作りをすれば、間に合うかもしれません。

ですが家作りで優先すべきは期日よりも、納得のできる家作りです。

ぜひじっくりと検討しながらすすめていきましょう。

素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

▽注文住宅での家作りは、おおまかな流れを頭の中に入れておくことが大切です。

絶対に後悔したくない人に贈る、注文住宅の家作りの流れ・進め方。

2019.02.12

 

▽ハウスメーカーを検討するには、カタログを一括で取り寄せるのが便利です。

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

 

▽住宅購入の悩みは1人で抱えずに、アドバイザーに相談すると楽になりますよ。

1人で悩まないで!家作りの悩みは中立的なアドバイザーに相談すると心が軽くなる。

2018.03.20

 

▽住宅購入で「まずやるべきこと」をまとめました。

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのこと。

2019.01.08

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。