何社から取るべき?注文住宅でハウスメーカーから相見積りする8つの注意!

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

ハウスメーカーを比較して選ぶとき、相見積もりは欠かせません。

複数のハウスメーカーを相見積もりの天秤にかけて吟味することで、家作りのベストパートナーが選べます。

 

ではハウスメーカーの相見積もりは、何社に依頼すべきでしょうか?

また相見積もりを依頼するときは、どのようなことに注意すべきでしょうか?

 

この記事では家作りのベストパートナーを選ぶための、相見積もりの正しい取り方について解説させて頂きます。

スポンサーリンク

相見積もりは何社から取るべきか?

ハウスメーカーの相見積もりは、何社から取るべきか?

私のおすすめは、5社でございます。以下、その理由をお伝えします。

 

家作りの初期段階は、5社~相見積もりを。選択肢は多い方がいい。

ハウスメーカーの相見積もりは、5社から取るのがおすすめです。

5社とは言いましたが、6社でも7社でも相見積もりを取れる時間と体力があれば、ハウスメーカーに依頼してもかまいません。

多くのハウスメーカーに相見積もりを依頼する理由は、家作りの初期段階では検討するハウスメーカーの選択肢が多い方が有利だからです。

・家作りをはじめたばかりで、まだ業界のことがよく分かっていない。

・家作りをはじめたばかりで、まだ契約するつもりはない。

・家作りをはじめたけど、本当に家を買うと決めたわけではない。

まだ本格的に家作りに乗り出していないなら、ハウスメーカーの相見積もりは多くもらうべきでしょう。

複数のハウスメーカーの見積書を比較することで、

・ハウスメーカーによる特徴、特異な分野、苦手なこと。

・注文住宅の相場観。

・注文住宅で使われる素材、材料の種類やちがい。

・注文住宅で使われる設備の種類、ちがい。

などが分かるようになるからです。

ザク男爵
「家、欲しいかも・・・」と思いはじめた段階なら、何社!と限定することなく、気軽に相見積もりを取ることをおすすめします

 

また相見積もりを依頼するハウスメーカーの選び方でおすすめなのが、

1・予算さえ折り合えば契約したい、ハウスメーカー。

2・「1」のライバル的存在のハウスメーカー。

3・現実的な予算で建てられそうなハウスメーカー。(ローコストハウスメーカー)

4・自分では選ばなさそうなハウスメーカー①

5・自分では選ばなさそうなハウスメーカー②

この5つで相見積もりをとってみることです。

予算の制限を加えることで、現実的なハウスメーカーの比較できるようにするのがポイントです。

またあえて自分では選ばないハウスメーカーから見積りを取ることで、あらためて自分の家作りに対する価値観を確認できますよ。

 

\ ネットから簡単!無料で概算見積りを作ってもらえる! /

 

少しずつハウスメーカーを絞り、最終的に3社に。

家作りの初期に多くのハウスメーカーから取った相見積もりは、少しずつ数を絞っていき、最終的に3社に絞るのがおすすめです。

ハウスメーカーとの打ち合わせは長時間かかることも多く、5社~もの相見積もりをそのまま検討していくのは無理でございます。

ですので打合せが本格化する前に、気になるハウスメーカー3社に絞りましょう。

ザク男爵
あまりにも多くのハウスメーカーを検討しすぎると、キャパオーバーとなり、家作りが挫折してしまいます。ご注意くださいませ。

 

正しい相見積もりの取り方。注意点は?

ハウスメーカーに相見積もりを依頼する数は、5社以上がおすすめです。

しかし相見積もりは、「ただ依頼すればいい」、というものでもありません。

ハウスメーカーを比較しやすい相見積もりにするための、正しい見積りの取り方がございます。

また見積を取るときに注意したいこともありますので、解説させて頂きます。

 

1・見積りが無料と有料がある。

ハウスメーカーに相見積もりを依頼するときに知っておいて頂きたいのは、ハウスメーカーの見積りには無料と有料があることです。

ハウスメーカーからもらう見積りには2種類ありまして、

・概算見積り:希望の間取りを作るとき、だいたいどれくらいの価格か、ざっくりと見積りする。

・詳細見積り:希望の間取りを作るために必要な価格を、細かく見積りする。

このうち有料になるのが多いのが、詳細見積りです。

詳細見積りを作るために、「申込金」などの名目で10万円ていど徴収するハウスメーカーもいます。

 

相見積もりを取るのが大切とは言っても、詳細見積りを取るたびに10万円払うのはもったいないです。

ですので、まずは無料でできる概算見積りを集めることをおすすめします。

ザク男爵
ただしハウスメーカーのなかには、概算見積りすら有料とする会社もいます。

家作りの初期でお金を払うのは後悔のもと。まずは無料で知識をつけましょう。

 

2・見積りを取ると、契約をせまるハウスメーカーも多い。

相見積もりでご注意頂きたいのが、見積もりを取ると、契約をせまるハウスメーカーも多いことです。

多くのハウスメーカーを比較しようと取った見積りのはずなのに、営業マンのペースに乗せられて契約してしまっては意味がありません。

ですので、見積もりを依頼しても、

・すぐに契約しない。

・簡単にお金を払わない。

・簡単にハンコを押さない。

という3つの約束を死守することが大切です。

概算見積りを提示したあとに、「まずは仮契約をして、その後のプランを考えましょう」という営業マンもいますが、これ注意してくださいね。

契約の世界には「仮契約」というルールはなく、「仮契約」でも立派な「契約」ですから。

それに仮契約といいながら、本契約の書類を差し出すゲスイ会社もございます。簡単にハンコを押さないようご注意くださいませ。

 

3・実現可能な予算を伝える。

ハウスメーカーに見積依頼をするとき、かならず実現可能な予算を伝えましょう

なぜなら買えもしない見積書をもらっても意味がないからですよ。やだな、簡単じゃないですか。

でもそうは言っても、憧れのハウスメーカーにちょっと背伸びした予算で見積りを作って欲しい・・・というときもありますよね?

ザク男爵
イエス、マダム。

ですが背伸びした住宅ローンで家を建てた後、どんな生活が待っているでしょうか?

住宅ローンにヒーヒーする生活も幸せだと言うなら止めませんが、一度冷静に検討するべきでございます。

住宅展示場をまわっていると、気分の盛り上がっちゃいます。営業マンの「年収の7倍までイケますよ!」トークに乗せられちゃいます。

ですが見積りを依頼するときは、現実的な数字で依頼することをおすすめします。

・現実的な予算2,500万円のグレードの家。

・ちょっと無理した予算3,000万円のグレードの家。

この2つの見積書を見比べたとき、「いい家」に移るのは「ちょっと無理した家」ですよ。

人間はおもっている以上に誘惑に弱い生き物です。ご注意くださいませ。

 

4・相見積もりであることを伝える。

ハウスメーカーに見積を依頼するとき、相見積もりであることを正直に伝えましょう

・・・なぜかって?イエス、それは断るときに便利だからですよ。

ザク男爵
すみません。相見積もりの結果、今回は他社に決めます。では、ごきげんよう・・・。

複数のハウスメーカーに相見積もりを依頼すると、それだけ断る回数も増えます。

断るたびに理由を考えるのはめんどうですし、あいまいな回答で営業マンに粘られるのはゴメンです。

ですので、最初に「相見積もりだ」と伝え、断る伏線をはっておきましょう。

 

5・価格だけで比較しない。

ハウスメーカーに依頼した相見積もりを比較するとき、価格の高い・低いだけで判断するのは危険でございます。

なぜなら価格なんてものは、いくらでも操作できるからです。

似たような間取りで相見積もりしても、

・使う材料のグレードを下げて、安くみせる。

・見積に含まれない工事を多くして、安くみせる。(追加工事が多くする。)

などの小手先の営業テクニックを使うことで、見積もりの金額は安く見せられるからです。

しかしぱっと見は安くても、追加工事の多い見積書では、結果的に家作りの費用は多くなります。

ですので相見積もりを比較するときは価格だけでなく、

・どんな素材を使っているのか?

・どんな工法なのか?

・見積書に含まれる工事はどこからどこまでか?

・追加工事はどれくらい必要か?

ことこまかにチェックすることが大切です。

ザク男爵
安いには安い理由がございます。

「その理由に納得できるか?」が大切ですよ。

 

6・他社の間取りをもって、「いくらでできる?」はNG

ハウスメーカー巡りも慣れてくると、他社でもらった間取りを見せて「いくらでできる?」と安易な行動に走りがちです。

ですがはっきり申し上げますが、これは意味ないので止めましょう。

これではハウスメーカーを決める条件が、ただの「価格」だけになってるじゃないですか。

安く作ってくれるなら、どのハウスメーカーでもいいのですか?

・・・いいえ、ちがいますよね?大切なマイホームだから、丁寧に建ててもらって、安心して暮らせる家じゃなきゃ意味ないですよね。

ですので他社の間取りを見せて「いくらでできる?」はやめましょう

 

しかし残念ながら、これを自らする営業マンもいます。

そのような雑な対応をするハウスメーカーは、候補から外した方が無難です。

ハウスメーカー選びは、価格以上に対応力が大切ですよ。

価格だけなら、どうとでもなりますから。多少利益を削ればいい話です。

「契約さえしてしまえば、こっちのもの」、という魂胆が見え見えでございますよ。このような相見積もりでは意味がありません。

 

7・相見積もりを比較しやすい形(同じグレード・同じ希望)にして依頼する。

ハウスメーカーに相見積もりを依頼するときは、相見積もりを比較しやすい形に統一しましょう。

モデルハウスを巡っているうちに、家作りの考え方も変わるかもしれません。

ですが相見積もりのたびに家作りの条件が変わっていては、もらった見積書のどこを見てハウスメーカーを比べるのでしょうか?

A社:平屋の間取りプラン。

B社:三階建ての間取りプラン。

C社:ZEHに対応した間取りプラン。

これでは見積りを比較する以前として、自分のなかの希望条件を整理しなくてはいけません

ハウスメーカーに相見積もりを依頼するときは、必ず条件をそろえて依頼しましょう。(ただし同じ間取りでーという依頼ではありません。)

 

8・見積書が遅い、出てこないときもある。

ハウスメーカーに見積を依頼したとき、

・見積書が遅い。

・見積書が出て来ない。

というときが、わりとよくあります。

見積りを出さなければ、家は売れません。それなのになぜ見積書が出てこないときがあるのでしょうか?

・・・イエス、答えは簡単でございます。

ザク男爵
イエス、マダム。

それは残念ながら、ハウスメーカーはあなたをお客さんと認定しなかったからでございます。

ハウスメーカーはお客を選ぶことで有名です。

お高くついている大手ハウスメーカーでは、モデルハウスの玄関で「年収は?」とズバリ聞くこともあるようですよ。

見積りを依頼しても、すべてのハウスメーカーが見積書を出してくれるとは限りません。

 

「どうしてあのハウスメーカーは対応してくれないの!」

 

という気持ちはごもっともですが、大切なのはマイホームをしっかり作ることですから。

1つのハウスメーカーに固執することなく、多くのハウスメーカーをあたりましょう。

ザク男爵
もちろん、担当者の力量不足で見積書が遅い・・・ということもございます。

どちらにしても、候補から外れるのですがね。

 

まとめ:相見積りの取り方をマスターして、ベストパートナーを選べ!

ハウスメーカーを選ぶには、相見積もりが必要です。

相見積もりを取るときは、5社~程度から見積を取り、本格的な打合せがはじまる前に3社程度に絞るのがおすすめです。

もちろん、時間と体力に余裕があるのなら、もっと増やして構いませんが。

ハウスメーカーの相見積もりを取るときは、次のことに注意してください。

1・見積りは無料と有料がある。

2・見積を取ると、契約をせまるハウスメーカーも多い。

3・実現可能な予算を伝える。

4・相見積もりであることを伝える。

5・価格だけで比較しない。

6・他社の間取りを見せて、「いくらでできる?」はNG。

7・見積を比較しやすい形(間取り・グレード)で依頼する。

8・見積書が遅い、出て来ないときもある。

ハウスメーカーをしっかり選ぶため、相見積もりの取り方はマスターしておきたいところ。

多くのハウスメーカーを比較して、あなたの一番のハウスメーカーを見つけちゃってくださいね。

素敵な家作りを。それでは、また!

 

効率よく概算見積りをもらうには?

相見積もりをもらうために、モデルハウスを1件1件回るのは大変です。営業マンの説明は長く、一回捕まると2時間以上拘束されることも。

効率よく概算見積りをもらうのにおすすめなのが、タウンライフ注文住宅です。

タウンライフ注文住宅は、1回の入力で複数のハウスメーカーに

・間取りプラン

・資金計画書

を作ってもらうことができます。

つまり、どんな間取りでいくらぐらいかかるのか、簡単に分かるのです。

モデルハウスを歩きまわって見積りを作ってもらうのか、WEBから簡単に作ってもらうのか、どちらが効率的なのか考えるまでもありません。

 

\ ネットから簡単!間取り・資金計画を作ってもらえる! /

 

▽タウンライフ注文住宅の使い方・メリット・デメリットは、こちらで解説しています。

タウンライフ注文住宅のメリット・デメリット|無料で間取りを作ってもらう

2019.04.17

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。