大手ハウスメーカーとローコスト住宅の5つの違い。大手が割高な本当の理由とは?

こんにちは。マイホームの案内人、ザク男爵でございます。

 

最近のローコストハウスメーカーは、本当に頑張ってます。「いい家が安く買える」ようになりました。

ローコストハウスメーカーのハイグレードモデルですと、大手ハウスメーカーのスペックにも負けません。

その上、大手ハウスメーカーよりも、ずっとお得な金額でグレードの高い家が建てられます。

・・・ですので、ふと疑問に思いませんか?

 

「同じハイグレードなら、ローコストハウスメーカーで建てた方がいいんじゃない?」

「大手ハウスメーカーって、高いだけなの?」

「大手とローコストハウスメーカーって、なにがちがうの?」

 

ですが結論から申し上げますと、大手とローコストハウスメーカーではまったくちがいます

ローコストのハイグレードモデルより、大手ハウスメーカーの方が「さらにハイグレード」なのです。

 

この記事では、

 

▶大手とローコストハウスメーカーの違い

 

について解説させて頂きます。

家作りで後悔したくないなら、この違いは抑えておくべきでしょう。

この記事を読んで欲しい人

・ローコストハウスメーカーでハイグレードモデルを検討している人。

・大手ハウスメーカーを検討しているけど、割高な価格に疑問を感じている人。

スポンサーリンク

ローコスト住宅のハイグレード商品のスペック

本当に頑張っています、最近のローコストハウスメーカーは。

ローコストハウスメーカーのエントリー商品(一番価格の低い商品)でも、かなり快適・安心して住めるスペックです。

それだけなくハイグレード商品になると、大手ハウスメーカーに負けないほどのハイスペックに。かなりお得に家作りができます。

ザク男爵
むしろローコストハウスメーカーは、「この価格こそ、適正価格!」と主張しておりますが。

 

ローコストハウスメーカーのハイグレード商品が、いったいどれほどのスペックなのか。

さっそくお手並み拝見させて頂きましょう。チェックするのは、ローコストの代名詞「タマホーム」のハイグレード商品「大安心の家 PREMIUM」でございます。

 

タマホームのハイグレード商品「大安心の家 PREMIUM」のスペック・標準装備

基本スペック・坪単価

運営会社 タマホーム株式会社
販売方法 FC加盟した工務店
坪単価 坪単価45~55万円
構造 在来軸組み(モノコック)
基礎 ベタ基礎・基礎パッキン
耐震等級 耐震等級3
断熱材 高性能グラスウール
Low-E複層ガラス
サッシ アルミ樹脂複合サッシ

「大安心の家 PREMIUM」は、タマホームのロングセラー商品「大安心の家」をさらにグレードアップさせた、タマホームの技術を集めたフラグシップモデルです。

基本スペックもご覧のとおり、ツッコむ余地のないハイスペックに仕上がっております。

 

また外装・内装ともにグレードが高く、デザイン性・メンテナンス性・安全性、どれをとっても十分な性能です。

大安心の家 PREMIUMの標準装備・仕様

・メンテナンス性の高い、シーリングレスサイディング

・サイディング15年塗膜保証。

・屋根材は耐久性の高い陶器瓦が選べる。

・軒の長さ1,000mで、雨と日差しをカット。

・軒天のデザインも選べる。

・耐震等級3。

・制振ダンパー。

・熱交換型セントラル24時間換気システム

 

「大安心の家 PREMIUM」の特徴をまとめますと、

大安心の家 PREMIUMの特徴

・メンテナンスにお金のかからない素材が標準装備。

・窓の断熱性も高い。

・熱交換換気システムで、夏涼しく、冬暖かい。

・制振ダンパー付きで、地震に強い。

と、なります。

ザク男爵
この標準装備で坪45~55万円ですから。

かなりお買い得な価格でございます。

 

▽タマホームの安さの秘密はこちら!

タマホームはなぜ安い?人気のおすすめ商品の特徴・坪単価を徹底分析。

2019.07.10

 

大手ハウスメーカーのスペックと比較してみる。

では、ローコストハウスメーカーのハイグレード商品が、どれほどの実力なのか?大手ハウスメーカーの商品と比較してみましょう。

今回比較させて頂くのは、販売棟数No.1の積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」でございます。

ザク男爵
大手ハウスメーカーの胸を借りさせて頂きます!

積水ハウス「シャーウッド」の基本スペック・坪単価

運営会社 積水ハウス株式会社
販売方法 直接契約
坪単価 坪単価70~100万円
構造 在来軸組み(モノコック+ラーメン)
基礎 布基礎
耐震等級 耐震等級3
断熱材 高性能グラスウール、もしくはロックウール
アルゴンガス16mm Low-E複層ガラス
サッシ アルミ樹脂複合サッシ

先ほどの「大安心の家 PREMIUM」と違うところを、赤字でマークしてみました。

ローコストと大手で違うところ【基本スペック編】

・契約体系(フランチャイズか、直接契約か)

・家の構造(シャーウッドは、積水ハウス独自構造)

・家の基礎(シャーウッドは、布基礎※)

・窓(シャーウッドの方が断熱性が高い。)

布基礎とベタ基礎について。

布基礎・ベタ基礎、どちらも適切に設計していれば強度に問題ない。

古い住宅に見かける布基礎は湿気対策が不十分だったが、最近の布基礎はしっかり湿気対策していることが多い。

窓の断熱性がシャーウッドの方が高いですが、それ以外では明らかなスペックの差は見られません。

ザク男爵
家の基本スペックは似たりよったりです。

しかし大手とローコストでは、決定的な違いがございます。

 

▽布基礎・ベタ基礎のちがいはこちら!

布基礎vsベタ基礎!強度が高いのはどっち?ベタ基礎の最大のデメリットとは?

2019.07.12

 

大手とローコストハウスメーカーの5つの違い。

大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカー。

どちらも家の基本スペックは似たりよったり、明確に差をつけるのが難しいです。

 

・・・というと、一部の熱烈なファンからクレームの嵐が飛んできます。

イエス、正確に厳密にいえば、大手の方がスペックは高いです。

しかし住宅のスペックにさほど興味はなく「快適に安心して住めればいい」と思う方にとっては、どちらも高性能に感じるはず。

 

しかしでございます。

それでも大手ハウスメーカーだけの魅力、強みがあります。次の5つの点で、大きな違いがございます。

 

1・ブランド、ステータスが高い。

大手とローコストハウスメーカーで最も違うのが、ブランド・ステータスです。

大手ハウスメーカーは性能が高いのはもちろんのこと、しっかりと高級ブランド戦略をしています。

そのため、大手ハウスメーカーで注文住宅を建てると、

「大手ハウスメーカーの高級住宅を所有できる喜び」

「誰でも買えない、ハイクラスの注文住宅を建てた満足感・特別感」

「ほかの人から羨ましがられる優越感」

この悦びが、味わえるのです。しかも毎日住む家ですから、家に帰るたびに実感できます。

・・・最高じゃないですか・・・。

 

また高級住宅を所有しているステータスが得られるのも、大手ハウスメーカーだけです。

「ステータスなんて関係ないでしょ!」と、ステータスを持っていない方に限って反論しがちですが、いいえ、ステータスはとても大切です。

ステータスとは、社会的地位。つまりは肩書きでございます。

誰だってお医者様の言うことなら素直に聞きますし、大学教授のコメントは「へぇ~」とうなづくものです。

ステータスはなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。

ザク男爵
「ステータスをタダてくれる」と言われて、断る人は誰もいません。

つまりは、そういうことです。

 

「大手ハウスメーカーで建てた」というブランド・ステータスは、目に見えて生活を豊かにするものではありません。

しかし自分を満足させる1つの悦びとして、とても大切です。

ザク男爵
一生に一度の家作りだからこそ、欲しいブランド・ステータスですよね。・・・買えるだけの経済力があるのなら。

 

2・大手ハウスメーカーは、オリジナル素材・独自開発の構造が多い。

ローコストハウスメーカーのハイグレード商品だって、十分すぎるほどスペックは高いです。

しかし大手ハウスメーカーは、それ以上のスペック、といいますか、1周まわって「オリジナル素材・独自構造」なんですよね。

ですので大手ハウスメーカーは、

 

「簡単に比較できない次元(土俵)に行ってしまった」

 

というのが、正しい表現かもしれません。

大手ハウスメーカーで採用されている、オリジナル外壁は次のようなものが有名です。

大手HMのオリジナル外壁

ベルバーン(積水ハウス):陶版外壁。味わい深いデザインが人気。

シーサンドコート(住友林業):貝殻、サンゴ入りの塗り壁。

キラテック(パナソニックホーム):耐久性の高いオリジナルタイル。

ALCコンクリート・ヘーベル(ヘーベルハウス):オリジナルALC(軽量コンクリート)外壁。

耐久性・メンテナンス性が優れている点や、デザイン性の高さが人気です。

そしてなにより、「それが選べるのは、そのハウスメーカーだけ!」という殺し文句に弱いのですよねぇ。

 

また構造についても、大手ハウスメーカーは独自に開発した「独自構造」が主流です。

ご紹介した積水ハウス「シャーウッド」の特徴として、

シャーウッドの構造の特徴

・モノコック(面で支える)とラーメン(枠で支える)の長所をハイブリット化。

・基礎の上に直接柱を立てる構造(土台がない)

・集成材にラミナ(挽き板を表面加工)を加えた、「シャーウッドプレミアム構造材」を使用。

などがあります。

そのためローコストハウスメーカーよりも地震に強く、間口の広い間取りが作れるのがメリットです。

 

大手ハウスメーカーは独自開発した構造・素材が多く、そのハウスメーカーならではの価値があります。

他社とは簡単に比較できない価値。価格では比較できない価値。

・・・イエス、それこそブランディングの真骨頂でございます。

ザク男爵
大手ハウスメーカーに熱烈なファンがいるのも納得ですね。

 

3・きめ細やかな営業マンの対応。

正直申し上げて、ここまでローコスト住宅の性能が上がってくると、ローコストと大手とのスペックの差は小さいです。

どちらも人間が快適に暮らせる、素晴らしいマイホームでございます。

 

ですが違うのが、家作りにおける対応力です。

注文住宅の家作りはゼロから建てるオーダーメイド住宅なので、プロによるきめ細やかなサポートが必要です。

 

・・・なんですが。

ローコストハウスメーカーでは、サポートを担当する営業マンの質が悪いことが多いです。

・態度が上から目線。

・約束を守らない。

・打ち合わせの内容が反映されない。

・契約すると態度が変わる。

「ハウスメーカーに手取り足取りやってもらおう」というスタンスでは、対応のいたらない点にストレスが溜まってしまいます。

もちろん、ローコストハウスメーカーのすべての営業マンの対応が悪いわけではありません。

しかし効率化のため1人が多くの案件を抱える仕組みでは、どうしても1軒にかけるサービスは割かれてしまいます。

 

一方で大手ハウスメーカーは、営業マン・設計士の対応が丁寧なことが多いです。

・はじめて会ったときから、対応が丁寧。

・施主の要望を詳しく聞いてくれる。

・営業マン、設計士から提案してくれる。

・面倒な手続きもすべて代行してくれる。

はじめてで不安の多い家作りでも、親切丁寧に家作りをリードしてくれます。

大手ハウスメーカーの割高な価格は、家作りをまるっとお任せできるサービス代に含まれてるのでしょう。

 

4・アフターサービス・フォロー体制

住宅購入は、「買ったらおしまい」ではありません。

住み始めて気がつく不具合や、時間がたって見つかる欠陥だってあります。

ですのでアフターサービスは、「いい家作り」と同じくらい大切です。

 

しかし大手とローコストハウスメーカーでは、アフターサービスに結構な差がつきます。

家が完成してからのアフターフォローにはまったく期待ができません

連絡も遅いですし、対応もかなり遅いです。

連絡はとれるだけよいのですが、アフターフォローの段取りと対応が遅すぎます。

「家を建てたらそれでおしまい?」と思う程です。

タマホーム体験談より

いい家を安く販売しているローコストハウスメーカー。その上、「手厚いアフターフォローをしろっ!」と求めるのは酷かもしれません。

 

大手ハウスメーカーは、同じスペックで比べると割高な印象がします。

しかしただ割高なだけでなく、「購入後も安心できるサービス料」と考えるのが妥当でしょう。

ザク男爵
アフターフォローは、見積書には記載されない金額です。

つまり大手ハウスメーカーの坪単価には、「見えないサービス」まで含まれている、ということですね。

それはつまり、ホスピタリティ。奥ゆかしい言葉なら、O・MO・TE・NA・SHI

いいですね、ビジネスの中に優しさ溢れるって。・・・でも高いんですけどね。

 

5・直接契約か、フランチャイズ契約か?

大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカーは、単純に価格だけで比較できないものが多いです。

その1つが契約体系です。

大手ハウスメーカー:直接契約が多い。※

ローコストハウスメーカー:フランチャイズ方式で、地元工務店と契約が多い。

※大手ハウスメーカーでもフランチャイズ契約はある。(セキスイハイム・ミサワホーム・住友林業・三井ホームなど)

フランチャイズ方式では、ハウスメーカーとパートナー契約を結んだ地元工務店との契約となります。

ですので契約したあとは、あなたと工務店の関係になります。

そのため施工・アフターフォローが工務店によってまちまちで、トラブルが多いのもフランチャイズです。

ザク男爵
契約後にトラブルが起きても、それはあなたと工務店の問題。

そのため本部(ハウスメーカー)が対応してくれない・・・というトラブルもございます。

大手ハウスメーカーのすべてが直営ではありません。ですがローコストハウスメーカーよりは直営率は高いで、その意味では安心できるといえます。

 

▽フランチャイズ方式については、こちらをチェック!

契約前に知るべき、ハウスメーカーのフランチャイズで新築を建てるメリット・デメリット。

2019.05.21

 

まとめ:大手ハウスメーカーは、スペック以上の価格がある。

ローコストハウスメーカーのハイグレード商品ですと、大手に負けないぐらいのスペックがあります。

その上、大手ハウスメーカーの半額程度で建てられるのは、魅力的ですよね。

 

ですが大手ハウスメーカーの価格には、スペック以上の付加価値が含まれてます。

大手とローコストハウスメーカーのちがい

・ブランド、ステータスがある。

・大手ハウスメカ―は、オリジナル素材・独自開発の構造が多い。

・きめ細やかな営業マンの対応。

・アフターサービス、フォロー体制。

・契約体系(直営か、フランチャイズか?)

家だけのスペックだけでなく、家作りの打ち合わせから、完成したあとの手厚いフォロー。

これらがすべて、まるごと大手ハウスメーカー品質と考えて頂くと、割高な価格にも納得できませんか?

家作りに詳しくなくても、親切丁寧に打ち合わせをリードしてくれます。その姿はまさにジェントルマン。住友林業・三井ホームの営業マンは、とても評判がいいですよ。

 

家だけのスペックを金額だけで評価するなら、ローコスト系は大健闘でございます。

しかしそれ以外の付加価値を加味すると、大手ハウスメーカーの存在感は大きいかな、と思います。

 

大手か、ローコストか?

迷ったときの参考にしてみてくださいね。素敵な家作りを。

 

重要!迷ったときは、どっちも検討すべき。

大手か?

それともローコストか?

迷ったときは、どっちも検討することをおすすめします。

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜなら先入観だけで決めてしまうと、あとから後悔する原因になってしまうからです。

 

気になるハウスメーカーのカタログを読んでみたいときは、カタログ・資料の一括請求が便利です。

同じ質問に何度も答えることなく、簡単に複数ハウスメーカーのカタログ・資料が取りよせられます。

 

またハウスメーカーの比較で便利なのが、タウンライフ注文住宅です。

希望条件を1回入力するだけで、複数のハウスメーカーから間取り図・見積書を提案してもらえます。

ザク男爵
具体的に「どんな家にしたいか?」が決まっている方におすすめです。

 

具体的な家のイメージが決まってないなら、まずはカタログ・資料の一括請求

理想の家が決まっているなら、間取り・見積りを提案してもらいましょう。

 

注文住宅カタログだけ一括請求!住宅展示場に行かずにハウスメーカー資料だけ貰える!

2016.12.12

タウンライフ注文住宅のメリット・デメリット|無料で間取りを作ってもらう

2019.04.17

 

▽ハウスメーカーの比較はこちらから!

おすすめ大手ハウスメーカー8社、気になる断熱材まで徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.09

中堅ハウスメーカーおすすめ比較!これを知らずに契約すると後悔する!

2019.05.20

どれがおすすめ?ローコストハウスメーカー10社を徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.05

 

▽ハウスメーカー選びで後悔しない方法はこちら!

注文住宅ハウスメーカーの選び方。絶対後悔しないチェックポイントはこれだ!

2019.06.18

注文住宅の依頼先の選び方。ハウスメーカー・工務店・建築士の特徴・メリット・デメリットとは?

2019.02.15

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。