基礎パッキンの特徴・メリット・デメリットを解説|本当に基礎パッキンで大丈夫?

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

床下の湿気対策に採用されるのが、基礎パッキン工法。

大手ハウスメーカーからローコストハウスメーカーまで、採用するハウスメーカーが増えました。

彼らの説明によると、基礎パッキンによって床下の換気が劇的に改善されるとのこと。

 

・・・どうやらすごいらしいですよ。

 

しかし実際のところ、基礎パッキンの効果はどうなのでしょうか?

基礎と土台の間にはさんだりして、家の重さで潰れたりしないのでしょうか?

ザク男爵
ハウスメーカーのHPには、画期な発明のように書かれてますが、輝かしく書かれるほど、どうもうさんくささが残るといいますか・・・。

 

そこでこの記事では、ちょっとシビアぎみに基礎パッキンについて解説させて頂きます。

・基礎パッキンの特徴・種類

・基礎パッキンのメリット・デメリット

基礎パッキンは家の構造・床下環境に関わります。小さな疑問もすべて解決しておきましょう。

スポンサーリンク

基礎パッキンとは?どんな種類があるの?

基礎パッキンとは基礎と土台の間にはさむ、樹脂製のパッキンです。

基礎パッキンには風の通る穴がたくさんあいており、基礎パッキンをはさむことで、床下の風通しがよくなります。

従来の基礎に換気口を開けるやり方よりも、「2倍の換気量になる」、というデータもございます。

 

メーカー・工事のおじちゃんによっては、

・キソパッキン(商品名)

・キャットスペーサー(商品名)

・土台パッキン(商品名)

・猫土台

・駒

などと呼ばれることもありますが、つまるところ、これら全部「基礎パッキン」だと思って頂いて結構です。

 

各ハウスメーカーで採用されることが多く、HPには基礎パッキン工法がさも最新技術のように紹介されています。

ですが基礎パッキン工法は、古くは「猫土台」などと呼ばれ、昔からある工法の1つです。当時は基礎と土台の間に石材・木材などをはさんでいました。

1976年に城東テクノが開発した樹脂製の基礎パッキン「JOTO キソパッキン」が、現代の基礎パッキン工法のはじまりです。

 

なお、「基礎パッキン」と「キソパッキン」で表記がちがうのは、

・基礎パッキン:住宅金融支援機構の仕様書の中で使われる名前。

・キソパッキン:城東テクノが開発した基礎パッキンの商品名。

城東テクノが樹脂製の基礎パッキンを開発したものの、商品名に「基礎パッキン」が使えず、「キソパッキン」とあらためた経緯がございます。

 

基礎パッキンの種類。

「わが社の家は、基礎パッキンを使ってますから、床下換気はバッチリです!」

 

とは言いましても、じつは基礎パッキンには4種類あるのですよ。

 

1・キソパッキン

created by Rinker
城東
¥7,622 (2019/08/19 13:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

ベースモデルと呼べる基礎パッキンは、樹脂製の正方形をしたパッキンです。

このパッキンを決められた間隔で、基礎の上に並べていきます。

基礎の上、すべてにパッキンが並ぶのではないので、パッキンとパッキンの間は、土台が宙に浮いている形になります。

 

2・キソパッキンロング

ベースモデルを改良したのが、キソパッキンロング。こちらは基礎の全周囲すべてにパッキンをのせるタイプです。

そのため基礎と土台がすべて接しているので、キソパッキンよりも安心感があります。

それだけでなく基礎と土台との隙間も少ないので、虫・ねずみが侵入するリスクも低くなるメリットもあります。

 

しかし基礎と土台との隙間が少なくなると、「風通しが悪くなるのでは?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、ご安心くださいませ。

キソパッキンロングは、スリットタイプで風がよく通り抜けられるようになっております。

また基礎パッキンのスリットにモルタルがつかないようにする、「モルタルストップ付」もございます。

 

3・気密パッキン

基礎パッキンのなかには、逆に風をシャットアウトする「気密パッキン」というものがあります。

玄関・浴室など、気密化が必要な場所につかいます。

 

4・断熱気密パッキン

気密パッキンに断熱材がついた基礎パッキンです。

基礎断熱とあわせて使用し、床下の暖かい空気が外に逃げるのを防ぎます。

 

家の重みを60年支えても、0.001mmしかゆがまない耐久力。

基礎パッキンは樹脂製のスリットが多く入ったパッキン。これを基礎と土台の間にはさみます。

ですので正直いって、不安に思いませんか?

ザク男爵
樹脂ですので、きっと劣化するにちがいありませぬ。

劣化したら、きっと地震がきたら土台から崩れるにちがいありませぬ・・・ぶるぶる・・・。

そこで基礎パッキンの主要メーカーである、城東テクノ「キソパッキン」の技術資料をリサーチしてみました。

 

城東テクノのキソパッキンは樹脂製と呼ばれることが多いものの、じつは主成分は炭酸カルシウム。そのため樹脂のしなやかさと石の強さをあわせもっております。

そのためただの樹脂のように劣化することもなく、メーカーの試験結果による寿命予測では、

 

60年間、家の重みを受け続けたとき、基礎パッキンのゆがみは0.011mm以下である。

 

という結果が出ております。

キソパッキンの耐久力を実感するには、「60年間で0.011mmのゆがみ」を体験するのが一番です。

ザク男爵
指先で1mmを作ってください。

イエス、では、指先で0.1mmを作ってください。

イエス、では、指先で0.01mmを作って・・・

も、もういいわ・・・。

ちまたには「基礎パッキンは樹脂だから、劣化する」といううわさもありますが、メーカーの試験予測を見る限り、信ぴょう性がないのはうわさの方ではないかと思われます。

参考:Joto キソパッキン 複合素材の将来(寿命)予測について

 

基礎パッキンのメリット

基礎パッキンを採用しているハウスメーカーのHPには、さも最新技術のようにかかれていますが、技術的には昔からある工法です。

では実際のところ、基礎パッキンにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

施工が簡単で失敗が少ない。

基礎パッキンを採用するもっとも大きなメリットは、施工が簡単なことです。

基礎パッキンの施工方法は簡単で、基礎の上に並べていくだけ。従来の換気口のように、基礎に穴をあける必要がありません。

施工方法が簡単なので、だれが・どんな風に作業しても設計通りの品質が確保しやすいのです。

ザク男爵
最新の技術は施工が難しい・・・と思いがちですが、いいえ、大切なのは逆なんですよね。

簡単に施工できるからこそ、設計通りの品質が確保されるもの。簡単な施工こそ、正義でございます。

 

基礎を切らないので、強度を保てる。

基礎パッキンのメリットは、基礎を切らないので強度が保てることです。

従来の床下換気では、基礎を切断して換気口を作るため、どうしてもその部分の基礎の強度が下がってしまいます。

また切断した換気口からクラックが発生しやすく、家の安全に影響を及ぼす「構造クラック」も発生しやすくなります。

ザク男爵
床下を換気する大義こそありますが、やはり基礎を部分的にも切断するのは、積極的にやることではないのですな。

 

ただし換気口からのクラックを防ぐため、最近では丸型の換気口を開ける方法も増えました。

丸型の換気口であれば、基礎の鉄筋を切断しないで施工できるので、基礎の強度が下がりません。

 

基礎の外周、どこからでも換気できるので、換気ムラがない。

基礎パッキンが優れているのは、換気能力です。基礎の外周、どこからでも換気できるのは大きなリットです。

床下の湿気は基礎の隅(コーナー)にたまりやすく、従来の基礎に換気口を開けるやり方では、どうしても換気ムラができてしまいます。

ですが基礎のどこからでも換気できる基礎パッキンなら、換気ムラがなく、床下の湿気をまんべんなく換気できるのです。

 

このメリットに加え、そもそもの換気能力の高さにあります。

基礎パッキンのトップメーカー「城東テクノ」の換気性能の試験では、従来の換気口よりも2倍の通気量だった、という試験結果がございます。

参考:換気性能

ただしこちらの試験結果は、昭和53年に建てられた築年数の古い物件との比較データです。

30年以上前の技術と比べれば、2倍以上の換気量は「そりゃ出るよな・・・」と思う気もします。

現代の丸型換気口を複数あける施工と比較したときの、換気量の差が気になるところです。

 

基礎パッキンのデメリット

メリットがあれば、デメリットもあるはず。

大手ハウスメーカーでも採用されることが増えた基礎パッキンには、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

「基礎パッキンだけで換気が十分か?」といえば、疑問が残る。

デメリットといいますか、「基礎パッキンだけで換気量は十分なのか?」という疑問の声がございます。

基礎パッキンにはスリットが入っているとはいえ、換気口のような大きな穴が開いているわけではありません。

そのため、

・基礎パッキンだけでは換気が足りない。

・基礎パッキンは風をあまり通さない。

・基礎パッキンは、床下の上の空気しか換気しない。

などのデメリットが指摘されています。(ただし学術的なソースはなし)

 

デメリットを言われると、「そ、そうなのか・・・」と暗い気持ちになりがちですが、ひとつ基礎パッキンをフォローするデータがございます。

住宅金融支援機構の「木造住宅工事の共通仕様書 平成15年版」には、床下換気に大切なこととして、

・床下のコーナー部に湿気がこもりやすい。コーナー部に換気口を設けるのは効果的。

・床下が常に乾燥している状態を保つには、換気口はできるだけ高い位置に取り付けること。

・換気口から雨水が侵入しないこと。

との指摘があります。

基礎パッキンは、これらを十分に満たしております。むしろ全周囲から換気できる基礎パッキンは、床下換気に効果的でございます。

 

設置して60年たって、樹脂が劣化したときのデータがない。

基礎パッキンの原料は、樹脂と無機質(炭酸カルシウムなど)を混ぜたものです。

メーカーの耐久力試験では、60年で0.001mmのずれとの予測であります。

しかし施工が普及してまだ新しいので、実際に60年使ってみたデータがない状況です。そのため、

「樹脂だから劣化するだろ?」

「劣化したら、やっぱ土台から崩れるんじゃないの?」

「基礎パッキン、やべーじゃん!」

と言われてしまうのです。

メーカーによる試験結果こそありますが、残念ながら歴史の浅い施工なので、現場での事例が不足しております。

ザク男爵
ただし普及してこれだけの年数が経過しているのに、「悪い事例」が明るみに出ないのが、「いい事例」ともいえますな。

ここ数年で大手ハウスメーカーでも採用されるようになったことを見ると、素材劣化に対する信ぴょう性が確保されてきたのかもしれません。

 

まとめ:基礎パッキンはあって困ることはない。

基礎パッキンのメリット・デメリットについて、あらためてまとめますと、

【基礎パッキンのメリット】

1・施工が簡単で失敗が少ない。

2・基礎を切らないので、強度が保てる。

3・基礎の外周、どこからでも換気できるので、換気ムラがない。

【基礎パッキンのデメリット】

1・基礎パッキンだけで換気が十分か?といえば、疑問が残る。

2・樹脂が実際に60年劣化したときのデータがない。

ということが言えます。

従来の四角形の換気口を開ける施工よりも、基礎パッキンの方がはるかに優秀なのではないでしょうか?

ただし「基礎パッキンだけで本当に大丈夫なの?」という裏付け(悪い事例)が乏しい状況なので、基礎パッキンだけでなく、丸型の換気口も併用するのも1つです。

ザク男爵
ちなみにわが家は基礎パッキン、オンリー。

築5年になりましたが、今のところ床下にカビ・シロアリはございませんよ。

素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

▽大手ハウスメーカー・ローコストハウスメーカーの仕様を比較してみると、意外な発見がありますよ。

おすすめ大手ハウスメーカー8社、気になる断熱材まで徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.09

どれがおすすめ?ローコストハウスメーカー10社を徹底比較!【2019年最新版】

2019.05.05

 

▽基礎・床下に関する記事は、こちら!

新築の床鳴りの原因は?購入した建売住宅の床下に自分で潜って点検してみた!

2016.11.15

あのハウスメーカーは何を使ってる?基礎の土台に使われる木材の特徴を解説!

2019.05.14

新築建売住宅の基礎の下部にサビが…!強度に影響はあるの?買っても大丈夫なの?

2019.05.02

新築住宅の基礎の4つのチェックポイント!|強い基礎を見抜け!

2019.04.27

買ってはいけない!?基礎にひび割れのある建売住宅を買った3つの理由!

2017.10.01

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。