買ってはいけない!?基礎にひび割れのある建売住宅を買った3つの理由!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

買おうと思っていた家の基礎にヒビ割れがあったら、あなたはどうしますか?

欠陥住宅だと思って買うのを見送りますか。それともヒビ割れを承知の上で購入しますか。

住宅購入は、人生で1度の買い物であり、購入後は10年、20年とずっと長く使っていくものですから、基礎にヒビ割れがあったらすごく悩みますよね。

ザク男爵
なんと、この基礎に見える一本の筋は、まさしくヒビ割れではありませぬか。

この家、もしや欠陥住宅で地盤沈下しているのでは・・・?ど、どなたか基礎のお医者様はおりませぬかーーーッ!!

実は吾輩が買った建売住宅にも、基礎にヒビ割れがございました。吾輩は購入をすごく迷いましたが、検討を重ねた結果、購入する決断を致しました

ではなぜ吾輩は、基礎にヒビ割れのある建売住宅を買ったのでしょうか?

この記事では基礎にヒビ割れのある建売住宅を買った理由と、購入するときの注意について書いて参りたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

基礎にヒビ割れのある建売住宅を購入した理由。

基礎にヒビ割れを発見したとき、頭が真っ白になりました。普段より脳内お花畑と揶揄される吾輩ですが、ヒビ割れを発見したことで、より一層脳の空洞化が進んだことでしょう。

そこまで衝撃を受けた理由は、この建売住宅が本命だったからであります。内心「買おう」と結論を出していたのですよ。

動揺を隠せない吾輩でしたが、基礎にヒビ割れがある家を買っても大丈夫なのか、真剣に検討し、最終的には「買う」と結論を出しました。

吾輩が買うことを決めたのは、次の理由でありますぞ。

 

ヒビの幅が「0.3mm」未満の「ヘアークラック」だったから!

DSCF0447吾輩が基礎にヒビ割れがあると知りながら購入を決めたのは、ヒビの幅が「0.3mm」未満のヘアークラックだったからであります。

ヘアークラックとは?

コンクリートやモルタル外壁にできるヒビ割れの1種であり、ヘアー(髪の毛)ほどのヒビ割れ、という意味。

ヘアークラックは、幅0.3mm未満、深さ4mm未満、と定義され、家の構造には問題がない場合が多い。

ヘアークラックはコンクリートやモルタルが収縮するときにできるヒビ割れなので、家の強度には影響がありません

一方で幅3mm以上のヒビ割れは、「構造クラック」と呼ばれ、家の構造上の問題や基礎の強度不足が疑われます。

もしも幅3mm以上のヒビ割れを発見した場合は、コンクリートの強度の確認、地盤の確認をした方がいいでしょう。

 

またヘアークラックと構造クラックを見分けるには、テレホンカードをヒビ割れに差し込んで見ると一発で分かりますぞ。

なぜならテレホンカードの厚みは、3mmだからであります。

ザク男爵
テレホンカードをこのヒビに差し込んで・・・。

・・・入らない!よかった、これで君はヘアークラック確定でございますな。恐るるに足らず、がっはっは!

テレホンカード(厚さ3mm)をヒビに差し込んでみて、

 

・入る→3mm以上(構造クラック)

・入らない→3mm未満(ヘアークラック)

 

と、簡易的に診断することができますぞ。

またテレホンカードによる診断以外にも、こちらのクラックスケールを使えば、ヒビ割れの幅を計ることができます。

テレホンカードで診断するよりも、実際のヒビの幅まで分かるので、より安心することができますぞ。

 

床下に何度も潜って、基礎の状態を自分の目でチェックしたから。

吾輩が基礎にヒビ割れがあった家の購入を決めたのは、何度も床下に潜って、基礎の状態を自分の目でチェックしたからでございます。

何度も床下に潜り、基礎の内側や、家の内部にある基礎の状態まで確認して、「これなら大丈夫!」と安心したから購入したのであります。

建売住宅はすでに完成された家なので、基礎の内側を確認するには、床下に潜ってほふく前進するしかありません。もちろん、汚れてもいい服装は必需品ですね。

ザク男爵
内覧会、お世話になります。

・・・では、さっそくですが、床下に潜らせて頂きましょう。ごきげんよう・・・。

品のある内覧会で、一人作業着を着て床下に消えていく吾輩をみて、ハウスメーカーの営業マンはドン引きされたことでしょう。

しかし営業マンにドン引きされようとも、吾輩は何度も床下に潜ることで、基礎の状態を隅々まで確認することができました。

その結果、買った建売住宅には構造クラックはおろか、ジャンカ(打設不良)も見当たりませんでした。

ジャンカは、コンクリート打設不良の事例の一つ。締め固め不足やセメント砂利の分離、また型枠下端からのセメントペーストの漏れにより空隙ができ強度が下がり、脆くなっている状態を言う。豆板まめいた)と呼ぶ場合もある。

  • コンクリートの仕上がり表面上に凹部が生じ、表面がザラつき粗骨材が確認できる状態をいう。極端に酷い場合には、大きな空隙ができ、鉄筋が露出することがある。
  • ジャンカの状態になると、コンクリートの中性化が加速し、通常のコンクリートの半分以下の強度になること、また、鉄筋コンクリートでは、鉄筋の腐食が進行する恐れがあることから、地震の際の建物の安全性や耐用年数に重大な問題が生じる。

引用:wiki

住宅について吾輩は完全に素人でありますが、それでも何度も床下に潜って自分の目で確認することで、みなぎる自信と揺らぎなき確信を得ることができました。

もしも「この家、買っても大丈夫?」と不安が残るようであれば、納得いくまで確認した方がいいでしょう。

購入前にこれだけは確認しておきたい!建売住宅の内覧会で床下に潜るべき4つの理由。

2017.02.23

 

どうしても、この物件が欲しかったから。

そして基礎にヒビがあると知りながら、購入に踏み切った最も大きい理由は、どうしてもこの物件が欲しかったからであります。

そうなのでありますよ。この建売住宅が、どうしても欲しくて欲しくて仕方がなかったのです。

ですので、ヒビの幅を計ったり、床下に潜ったのは、「買ってもいい」という裏付けが欲しかったのですよ。

オシャレでかわいくて、立地も最高なこの建売住宅が欲しいよう・・・しくしくしく・・・
ザク男爵
イエス、妻。吾輩がこの建売住宅を買うべき理由を探し出してみましょう。

「買っても大丈夫なの?」と心配するのは、つまるところ「欲しくて欲しくて仕方がない」の裏返しでありますから。

 

「買っても大丈夫」の裏付けを色々と集めましたが、最終的には「どうしてもこの家が欲しい」という気持ちには敵いません。

むしろ、住宅購入にはこのような気持ち先行の「見切り発車」が必要だと感じますね。だって、一生に一度の買い物ですから。

その物件買いそびれたら、住宅購入のベストタイミングを逃すかもしれませんからね。

2週間で契約したけど何か?建売住宅を即決しても失敗しない4つの購入基準。

2017.04.06

 

基礎にヒビ割れがあったときの注意点。

DSCF0673基礎にヒビ割れがあっても問題がないケースもありますが、中には深刻な問題になるケースもあります。

以下のような症状が見られる場合は、購入を慎重に検討した方がいいかもしれませんぞ。

 

幅0.3mm以上の構造クラックがある。

先程も少しご説明させて頂きましたが、幅0.3mm以上のヒビ割れ(構造クラック)はとても危険でございます。

構造クラックがある原因として、

 

・地盤の不当沈下

・コンクリートの強度不足

・家の構造上の問題

 

などが考えられます。どれもこれも、重大な問題ではないですか。

いわゆる欠陥住宅と呼ばれる住宅には、構造クラックが入っていた・・・というケースもあります。

どうしても欲しい物件でも、構造クラックを発見してしまったら、購入を見送った方が賢明かもしれませんね。

 

床下が汚い。

吾輩たち素人が欠陥の判断をするのは、とても難しいことであります。はっきし言って、よく分からないのですよ。

しかしとは言っても、かなりの確率で「これはヤバいぞ」と判断できる材料があります。それは「床下の状態」でございます。

床下をチェックしたときに、

 

・廃材が捨てられていた

・掃除されていない

・工事の仕上げが雑

 

などなど、素人にも分かりやすいフラグがあからさまに立っていたら、それはかなり危険でございます。

床下にゴミが捨てられていても、家が傾く訳ではありませんが、「ゴミを床下に捨てる=かなり適当に工事した」ということは、疑う余地はないじゃないですか。

つまり、その物件は目に見えないところでも、手抜き工事をした可能性が高い訳であります。

基礎のヒビ割れチェックをするときに床下を確認しますが、床下の状態が汚い物件は要注意でございますよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

それでは、まとめよう!

吾輩が基礎にヒビ割れがある建売住宅を買った理由は、以下の通りであるぞ!

1・基礎のヒビの幅が「0.3mm」未満のヘアークラックだったから。

2・床下に何度も潜って、基礎の状態を何度もチェックしたから。

3・どうしてもこの家が欲しくて、このチャンスを逃したら、住宅購入のベストタイミングを逃すと思ったから。

欲しいと思った家の基礎にヒビがあったら、すごく不安になってしまいますよね。

実際、吾輩も家の基礎にヒビを発見してしまってからは、とても不安になったのを覚えております。

ザク男爵
あのヒビは一体何だったのでしょうか、不安で夜も眠れませぬ。

しかしヒビ割れと言っても、そのヒビがヘアークラックであれば、問題ない場合が多いものでございます。

また基礎の外側から見えるヒビ割れだけではなく、ぜひ床下に潜って、家の内部のヒビ割れもチェック致しましょう。

自分の目でヒビ割れを確認すれば、安心でございますよ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。