家庭菜園のメリットとデメリットとは?園芸初心者なら知っておきたい8つのこと。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

一軒家を買ったら、一度は挑戦してみたいのが家庭菜園ではないでしょうか。

ガーデニングや園芸の経験がなくても、自宅で育てて収穫するライフスタイルに憧れちゃいますよね。

吾輩は3年ほど前に建売住宅を買ったのですが、そんなオーガニックな生活に(妻が)憧れてしまいまして、ガーデニング経験ゼロで、家庭菜園を始めてしまったのです。

庭でトマトを育てたいわ。パプリカもかわいいから育てたいわ。
ザク男爵
い、イエス、妻・・・。しかし吾輩はガーデニングスキルゼロでして・・・。そもそも虫が大の苦手でございまして・・・。

やんわり反対してみたものの、いつのまにか庭の一画に家庭菜園スペースが出来上がっていました。え、ええ、いや、妻が大好きですから、いいんですけどね・・・。

とは言え、吾輩も妻もガーデニングスキルゼロの完全なる初心者です。そんな園芸初心者が家庭菜園を始めてみると、家庭菜園のメリット・デメリットを改めて感じるのです。

そこでこの記事では、園芸初心者のあなたの為に、家庭菜園のメリット・デメリットを優しく解説させて頂きたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

家庭菜園のメリット

5aabd4d5b7d2753b8e344304116ed2fd_sでは家庭菜園には、どんなメリットがあるのでしょうか。

実際に家庭菜園を始めてみて感じるメリットは、次のようなものでございます。

 

夫婦共通の趣味・話題で、わりと楽しい。

庭付きの家を買ったら妻が家庭菜園に目覚めてしまったものですから、吾輩は正直戸惑っておりました。

だって園芸とかガーデニングとか興味ないし、そもそも虫が嫌いだし、触りたくもないし。

ザク男爵
ガーデニングをしたら、色んな虫が集まって来そうでイヤでございます。

まあ言い方を変えれば、「完全にやりたくない」とも言えますね。

しかし実際に妻が家庭菜園をやり始めて、その気持ちは少しずつ変わっていきました。

見て!お庭で収穫できたトマトだよ!
ザク男爵
素晴らしい!美しい!実においしそうであります!
ねえ、支柱が刺さらないの。・・・やって?
ザク男爵
イエス、妻。吾輩が妻の為に、この支柱を地中深く突き刺して差し上げましょう。

やってみると、そこそこ楽しいです。あ、失敬、とても楽しいです。

別に園芸そのものが楽しい訳ではないのですが、こうやって妻と共通の趣味(!)で遊んでいられるのが、楽しいのですよ。

家庭菜園を始めるには、特別なスキルが必要ではないので、誰でも始めることができます。ですので、夫婦そろってやる趣味に適しているのであります。

 

自宅に食料がある安心感。

また家庭菜園を始めて感じるメリットは、自宅に食料がある安心感でしょう。

もちろん、冷蔵庫にある程度食材も入ってますし、近くのスーパーに行けばいつでも新鮮な野菜を買うことができます。

しかし家庭菜園での安心感は、それ以上なのですよ。

もしもですよ、日本にミサイルが飛んできたり、自然災害で電力・物流インフラが途絶えてしまったら大変じゃないですか。

電気がなければ冷蔵庫だって保存できませんし、物流インフラが途絶えてしまったら、スーパーの陳列棚から野菜は消えてしまうでしょう。

またある日急に会社をクビになって、収入が途絶えるかもしれません。

こんな事態が起きる訳ないと思ってはおりますが、それでも庭先に実る野菜を見るとすごく安心するのです。

ザク男爵
上司にめっちゃ怒られたであります・・・。そんな傷心の吾輩を癒してくれるのが、庭先に実った野菜たちであります。

無職になっても庭先に食べ物ができるって、安心感がハンパありませぬ。

食うに困った経験をした方なら、共感頂けるのではないでしょうか。

自宅で食べ物を生産できるって、ありがたいお話ですよ。

 

食費の節約になる。

またもちろんですが、家庭菜園をすることで、日々の食費(特に野菜)を節約できるメリットもございますぞ。

自宅で収穫できた野菜は、スーパーで買う必要がありませんから。自宅でミニトマトが収穫できたら、一パック198円で買う必要なんてないのですよ。

1回あたりの節約効果は地味な金額ですが、これがとても家計に響いてくる時期があります。それは野菜高騰の時期ですね。

最近は天候不順なのか、年中野菜の価格が高騰しているイメージがありますが、野菜高騰の時期の野菜ってすごく高いじゃないですか。

ザク男爵
小松菜が一束398円ですと!?

・・・いやいやいや、肉より高いでしょ、肉より・・・。

野菜高騰の時期に家庭菜園で野菜が収穫できれば、かなりの食費を節約することが可能でございますぞ。

 

家庭菜園は、子供の体験学習に最適。

そして家庭菜園のメリットは、子供の体験学習に最適なことでありますね。

家庭菜園は手間暇かかるのですが、子供にとってはその1つ1つが体験学習になるのですよね。

土作りや支柱作り、毎日の水やりや害虫駆除、などなど、実際にやってみることで学べることは多いものです。

長男
パパ、パパ?カブの葉っぱの裏側に、なんだか黒い点がたくさんあるよ。葉っぱが穴だらけだね。
ザク男爵
い、イエス、長男。葉っぱの裏の黒い点は、間違いなく虫のシルエットでしょう。しかもおびただしい数の・・・(気絶)

やったからこそ分かること、やらないと分からないことは、子供にとって貴重でございます。

家庭菜園をすることは、子供にとっても未知の扉を開くようなものです。その扉の先には、貴重な体験が待っているのでありますよ。

 

家庭菜園のデメリット。

PPP_tentoumushi_TP_Vいかがでしょうか、家庭菜園にはたくさんのメリットがあるのです。

しかしながら、家庭菜園にはメリットだけでなく、デメリットもございます。

家庭菜園のデメリットは、次のようなものがありますよ。

 

とにかく虫がハンパない。

家庭菜園を始めてみて感じる最大のデメリットは、間違いなくこれではないでしょうか。特に虫が苦手なあなたには、強烈に響くデメリットでございます。

おいしい野菜には虫が集まってきます。特に葉が柔らかくおいしい野菜(小松菜、大根、カブなど)には、たくさん虫が集まります。

ザク男爵
この葉っぱの裏の黒いシルエット・・・何やらもぞもぞ動いておりますが・・・ものすごい数ですが・・・(失神)

さらに虫が集まるだけでなく、虫が集まるのが自宅と目と鼻の先ですからね。この恐怖と言ったら、言葉にできませんよ。

 

初期投資がかかる。

また気軽に始められる家庭菜園ですが、実はお財布的には全然気軽じゃなかったりします。

と言うのは、始めるまでに必要なものが多いのですよ。ゼロから始める場合ですと、

 

・プランター(直植えの場合はブロック)

・支柱

・土

・肥料

・スコップ

・じょうろ

・ネット(虫が集まる野菜の場合)

・ビニール(雨に弱い野菜の場合)

 

などなど、気軽に始めるにしても、最低限これぐらいないとお話にならないのです。

ですので「食費の節約になる!」とは言っても、初期投資を回収するには1シーズンでは回収できません。3年ぐらい必要でございましょう。

 

収穫できた野菜がおいしいとは限らない。

さらにデメリットと言うべきなのは、手間暇かけて育てて収穫した野菜がおいしいとは限らないことですね。

意外かもしれませんが、家庭菜園で収穫した野菜って、必ずしもおいしいとは限らないのですよね。

ザク男爵
庭先で収穫したトマトを食べてみましょう。

・・・。・・・。この絶妙な酸味・・・玄人向けの味ですな・・・、いや、酸味しか感じないような気も・・・。

自分で手間暇かけて育てた野菜を食べたとき、スーパーに売られている野菜がどれほどおいしいのか、実感するかもしれません。やはり、農家さんはプロなのですね。

いきなりおいしい野菜を作ることは、初心者にはハードルが高いのですよ。どなたか詳しい方からアドバイスが貰えればいいのですが・・・。

 

広いスペースが必要。

また家庭菜園のデメリットは、やはり広いスペースが必要になることでしょう。

買ってきたときは小さな苗(種)であっても、気温が高くなる夏場には、当時のおもかげを感じない程成長した野菜になってしまうのです。

特にトマトは強烈でございます。あのかわいらしい果実の姿から想像できませんが、実に逞しく育つのですよね。

ザク男爵
なんと・・・完全に支柱からはみ出して、地面を這ってまで成長を続けておりますぞ・・・。

もちろん、ベランダサイズでプランターでできる品種もありますが、それでもある程度のスペースは必要でしょう。

 

畑をレンタルすることもできる。

家庭菜園を始めようかなと思っても、自宅に家庭菜園をするスペースがなかったり、本格的に始める前に、ちょっとだけ試したいと思うときありますよね。

そんなときは畑をレンタルすることがお勧めでございます。

畑のレンタルはお住まいの自治体で実施している場合もありますが、「シェア畑」を使ってレンタルすることもできます。

 

手ぶらで気軽にレンタルできる。

シェア畑のメリットは、なんと言っても気軽さでございます。

シェア畑の方で、家庭菜園に必要な道具、園芸用品、土、肥料など、全てを用意してくれるので、手ぶらで家庭菜園を始めることができます。初期投資、ゼロでございます。

ですので、家庭菜園を始めようか迷っている方が、「ちょっと試してみようかな」と挑戦する場として、最適なのでございます。

 

アドバイザーに教えてもらいながら、週1回からの家庭菜園ができる。

またシェア畑の素晴らしいのは、アドバイザーに教えてもらいながら、週1回からの家庭菜園ができることであります。

家庭菜園でハードルとなってしまうのが、スキル・経験でございます。

家庭菜園をやったことのない初心者にとって、未経験での野菜作りはハードルが高すぎるのですよ。

うふふ・・・私のパプリカちゃん、葉っぱがしおれて元気がないの・・・。毎日水と愛情をたっぷりあげたのにどうして・・・。

しかしシェア畑では、週末を中心にアドバイザーが講習会を開催しております。だからアドバイザーに家庭菜園のイロハを教えてもらいながら、野菜作りを楽しむことができるのであります。

シェア畑の見学は無料となっております。ぜひ一度お近くのシェア畑に足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

園芸初心者が始めて分かった、家庭菜園のメリット・デメリットは次の通りでございますぞ。

【メリット】

1・夫婦共通の趣味で、楽しい。

2・自宅に食材がある安心感。

3・食費が節約できる。

4・子供の体験学習に最適。

【デメリット】

1・とにかく虫がくる。

2・初期投資がかかる。

3・収穫した野菜がおいしいとは限らない。

4・広いスペースが必要。

家庭菜園は、一軒家を買ったら無性にしたくなるものです。吾輩の妻もどこでどう転んだのか、家庭菜園に目覚めてしまいましたから。

しかし家庭菜園は気軽に始められるものの、まったくの園芸初心者には少々ハードルが高いのも事実でございます。メリット・デメリット含めて、ある程度の知識・経験は必要でしょう。

庭先で家庭菜園を始める前に、お近くのレンタル畑でちょっと試してみるのもお勧めでございますよ。

家庭菜園で素敵な週末を過ごしてみてはいかがでしょうか。それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。