おとなしいは損!?元気がないと言われる時に改善するべきポイント!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 


吾輩、営業マンになるまでは、学校でも職場でも「元気がないね~!」と、言われることが多かったのだ。

 

いやいや、吾輩、元気ですから、健康であるし!でも残念ながら、どうにも吾輩、元気があるようには見えないようだったのだ。

 

だがしかし、営業マンになって色んな人と話すことが仕事になってから気がついたのだ。

「元気って、意図的に作れるではないか!!」っとね!

 

そこで今日は、「元気なのに元気がない!」と言われるときに、改善すべきポイントについて書いていくよ!

 

 

スポンサーリンク
「元気がないように見える」は、めっちゃ損だ! 

求人広告で、「元気で明るい人、歓迎!」っていう文章よく見かけるよね。

そう、職場で求められる人材は、能力以前に「元気で明るい」人材なのだ。

 

だがしかし!吾輩みたいに、おとなしく、慎ましやかな(!)な人材には、この「元気で明るい」ってめっちゃハードルが高いのであるよね!

 

吾輩なんて、家では滅多にしゃべらないし、笑わないし。

友達と一緒に遊んでも、騒がないし、走らないし。

しゃべったとしても、ボソボソ小さい声で、必要最小限の単語を発するだけであるしね。

 

・・・それでも、吾輩は元気だし、健康だし、何より楽しいのだ。ええ、これでもね!

 

 

だが世の中は厳しいもので、こんな吾輩みたいな「元気がないように見える」性格では、めっちゃくちゃ「損」するのだ。

 

求人に応募して面接するときだって、「元気がない」で落とされるし。

職場で上司から「もっと元気だせ!」って怒られるし。

 

吾輩は元気なのに、上司に「もっと元気だせ!」って言われても、吾輩は元気なんだからこれ以上元気の出しようがないのだ。

吾輩は「元気がないように見える」悩みを抱えたまま生きていたけど、転職して営業マンになって、気が付いてしまったのだ!そう、「元気に見える方法」にね!

 

それでは、吾輩が実戦している元気に見える方法について具体的に書いていこう!

 

声のトーンを上げる!地声が「ド」なら、「ミ」の音でしゃべろう!

-shared-img-thumb-OY151013249932_TP_V
まずは1番大切なのがこれ、「声のトーン」を上げることであるぞ!

音階で言えば、「3度」ほどね。地声が「ド」なら、元気のある声は「ミ」であるぞ!そう、「ミ」の声でしゃべるのだ!

 

声のトーンを上げてしゃべると、声に張りが出てくるぞ!声に張りがあるって、すごく元気よく聞こえるよね。

 

ほら、スーパーの魚コーナーでの、「らっしゃいらっしゃーい!」とか、ガソリンスタンドの「オーライッ!オーライッ!」って声。

どっちの声も、張りがあるのだ。ピンと張って、ちょっと緊張感のある声で元気よく見えるよね。

 

でも本当はスーパーの魚屋さんも、ガソリンスタンドのお兄ちゃんも、風邪引いて元気ないのかもしれないけどね!

そう、声のトーンが高くて、声に張りがあるだけで、元気よく見えちゃうのだ!イッツマジック!

 

でも気をつけたいのが、元気よく見せる為に、「大きな声」でしゃべること。

 

ええ、これは単なる「騒音」でございますな。ダミ声でガハガハしゃべっても、それは「元気」よりも、「うるさい」でございますからね!

ぜひとも、ちょっと声のトーンを上げて、「張りのある声」で元気をアピールしよう!

 

歯を見せて笑う!笑った相手も笑い返してくれるし、コミュニケーションにもなるぞ!

YUKA160322000I9A4287_TP_V
そして声のトーンの次に効果があるのが、これ「歯を見せて笑う」であるぞ!そう、「にこっ」ではなくて、「にいぃぃー!」であるからね!

 

吾輩みたいな、根がおとなしい性格の人って、本当は楽しく遊んでるのに、その楽しさが全然周囲の人に伝わってなくて、「え?楽しくないの?むしろ、何か怒ってるの?」って言われることが多々あるのだ。

これがプライベートで、気心知れた人ならまだいいけど、職場とか取引先でそんな風に思わるのは、めっちゃくちゃ「損」であるからね!

 

そこで吾輩が実戦しているのは、「歯を見せて笑うこと」なのだ。

 

もうね、「あなたと一緒に入れてる今が、とっても楽しいです」っていう気持ちを込めて、思いっきり歯を見せて笑うのだ。気持ち悪いって言わないでよ!

歯を見せて笑うって、普通「元気じゃないとやらない」よね?いやだって、風邪引いて寝込んでる人が。そんな歯を見せて笑ってたら、逆に不自然だし。

 

だから元気で健康な人が、歯を見せて笑えば、それは「元気」のアピールになるのであるよ!

 

さらに歯を見せて笑うことのいいところは、歯を見せて笑うと、ほぼ間違いなく相手もつられて笑い返してくれるところ。

吾輩みたに、従順でおとなしい(!)人には、絶好のコミュニケーションツールと言う訳であるぞ!

 

口角を上げる!「明るくて元気な顔」を意図的に作ろう!

歯を見せて笑うことはものすごく大切であるけど、年がら年中歯を見せて笑っていたら、ちょっと頭がおかしくなったのかと疑われてしまう。

そう、この方法の最大の弱点は、使える瞬間がピンポイントすぎるのだ!

 

だからその弱点を補うように実践したいのが、「口角を上げること」であるぞ!

 

こちらは、「にっこり!」というイメージであるね!

この「にっこり」なら、別に誰ともしゃべってないときにも使えるしね。

 

吾輩は営業先でお客さんを待っている時、常に口角を上げて「にっこり」しながら待っているぞ!

だって吾輩、わざと「にっこり」していないと、素の顔のままだと「怒ってるの?」と言われてしまうのだ。

 

「怒ってる顔」は、見る人によっては「暗い顔」であるぞ。

別に吾輩、おとなしい性格だけど、「暗い」「根暗」だとは自分でも思わない。だから、そんな表情だけで「暗い」って思われるのは、ものすごく「損」な訳であるよね。

 


そんな時は意識して口角を上げて、常に「にっこり」の表情を作ろう。

「明るい表情」は、「元気の象徴」であるぞ!元気があれば、何でもできる!ダーーーーー!!

 

目を大きく見開く!眼力で元気を猛アピールするのだ!

口角を上げることと併せて実施したいのがこれ、「目を大きく見開く!」であるぞ!

 

これは女性ならきっと分かってくれるはず。いわゆる、「眼力」であるね、そう、「めじから」。「ガンリキ」とも言うがね!

 

吾輩はどちらかと言うと、目が細くて、シュッとした感じなのだ。

だから普通の無表情でいると、「なんだお前、ガン飛ばしてんのか?」ってケンカを売られてしまうのだ。

 

ええ、これマジでね。学生の頃はよくそんな理由でケンカを売られたものでございますぞ。

学生だったら、そんな話も「武勇伝」になるかもしれないけど、そんなのは社会人になってしまえば単に表情で「損」しているだけ。

上司、取引先に「なんだあいつ、かわいくない奴だな!」って思われたら、大事なお給料、増えないではございませぬか!

 


だから眉間にしわを寄せて、目を「三角」にしないで、ぱっと見開いて「まるーく」して、明るい「元気」をアピールすべきなのであるぞ!

 

吾輩は男だから化粧はしないけど、やっぱり顔から受ける印象ってめっちゃ重要であるからね。

だから職場やお客さんのところでは、目を大きく見開いて、「明るくて元気な吾輩」を演じるのであるぞ!

 

歩くスピート、挙動を早くする。てきぱき動く姿は、元気溢れる姿に見えるよ!

9c726da6ee9f9e08646c9d9d7219d661_s
本当は元気なんだけど元気がないって言われるなら、「歩くスピード」、そして「挙動」をもう1ランク早くしてみよう。きびきび動く姿は、「やる気がある元気な姿」をアピールできるぞ!

 

吾輩のお勧めは、「早歩き」

 

別に家の中でまで、早歩きする必要はないけど、職場では早歩きで統一してみよう。

イスから立ち上がって、さっそうと歩く姿は、元気モリモリに見えるからね!

 

歩くスピードのついでに、1つ1つの挙動も早くすると、さらに効果的。

 

挨拶して頭を下げる時も、ぱっと頭を下げる。これはされたら気持ちいいよね!

「お、あそこの会社の若い奴、元気だなー!」って思われちゃいますな!本当は元気じゃなくても!

 

 

吾輩なんて、必死に元気をアピールしたいから、上司から呼ばれたら「小走り」でございますぞ!

そう、イメージは子犬!子犬ほどはかわいくは慣れないけど!

でもそんな簡単な「小走り」で、「元気な部下」が演出できちゃうから恐ろしいのだ。

 

はい、演出でございますぞーーー!

 

姿勢を良くする!見えないところから見ている人にも、元気をアピールしよう!

-shared-img-thumb-max16011528-2_TP_V
そして最後に忘れがちなのが「姿勢」。姿勢が悪いだけで、「元気ないの?大丈夫?」って声かけられてしまいますぞ!

 

この姿勢が重要なのは、こっちからは見えてない人からも「見られている」ということ。

そう、「死角」から見られているのでございますぞ!

 

だからこの元気アピールは、気が抜けないのであるよね。いつでもピシっと姿勢をよくしなきゃいけないからさ。

 

でも吾輩は、職場にいる間中姿勢を良くするのは疲れるから無理。

でも「お客さんの前だけは」、しっかりと姿勢よくしていますぞ!やっぱり姿勢は大切だからね。

 

ぜひとも姿勢良くして、見えない死角から見ている上司、取引先の印象もアップさせよう!

 

 

元気がないと言われる時に改善すべきポイントについてまとめよう! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは、まとめよう!

元気がないと言われる時に改善すべきポイントは、以下の通りであるぞ!


1・声のトーンを上げる!地声が「ド」なら、「ミ」の音でしゃべろう!

2・歯を見せて笑う!笑った相手も、笑い返してくれるから、コミュニケーションツールにもなるぞ!

3・口角を上げる!「明るくて元気な顔」を意図的に作ろう!

4・目を大きく見開く!

5・歩くスピード、挙動を早くしよう!てきぱき動く姿は、元気溢れる姿に見えるよ!

6・姿勢を良くする!見えないところから見ている人にも、元気をアピールしよう!

「もっと元気よくやれ!」、「もっと元気だせ!」って言われても、本人は元気なのだから、正直何していいか分からないのだ。

だって、本人は元から元気だし、もしかしたら楽しんでたかもしれないし。風邪引いている訳ではないからね。

 

でも、吾輩、営業マンをしてはじめて分かったのだ。「元気を出す」ってこういうことなのであるとね。

 

意識しなくとも、「元気」を伝えられる人はやらずに結構!

でも意識しないと、「元気」が伝えられない人は、ぜひ上の方法を試してみて!元気があるように見えるだけで、ものすごく「得」するよ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。