誰もやりたくない仕事にチャンスがある。やりたくない仕事をやる3つの意味とは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

やりたくない仕事を押し付けられる。

これはサラリーマン、特に若い人、さらには優秀な人ほど、経験したことがあるのではないでしょうか。

やりたくない仕事はみんな共通であり、最後まで誰もやらない。そして立場の弱い人に押し付けて終了。こんな職場は当たり前のように存在しますよね。

しかし零細企業に努め、8年間も最年少社員だった吾輩は密かに思う訳でございます。

ザク男爵
やりたくない仕事ですか?いやいや、それ、めっちゃおいしい仕事でございますよ。

やりたくない仕事は、おいしい仕事。これは8年間も最年少社員として下働きの経験での結論でございます。

やりたくない仕事がおいしい仕事な訳とは何か?今回はその確信に迫っていきたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

やりたくない仕事がおいしすぎる訳。

吾輩は零細企業に就職してから、8年間ずっと最年少社員であり、8年間ずっと先輩方のやりたくない仕事を代行しておりました。

社内では新規営業を誰もやりたがらない環境だったので、吾輩が新規営業担当として全責任を負わされたときもありました。

また危険な作業(高所作業、閉所作業、危険物取扱)は、先輩を差し置いて率先して作業させられました。ゴミ捨て、片付けなどなど、めんどくさい仕事も、吾輩の担当です。

どれもこれも、やりたくない仕事であったが、吾輩はやりたくない仕事をこなすうちに、やりたくない仕事の意味に気が付いたのだった。

 

黙って引き受けると感謝される。

やりたくない仕事を引き受ける意味。それは引き受けるだけで感謝されることであります。さらに文句を言わずに黙って引き受けると、より一層感謝されるのだ。

感謝されることが、そんなに大事なのかと言われると、「そんなに大事」なんですよ。それは働く意味に関わってくるからでありますぞ。

あなたが社会に出て働くのは、もちろんお金の為でありますよね?でも人間って不思議なもので、お金がある程度満たされると、今度は承認欲求を満たしたくなるのでありますよ。

誰かに認められたい、感謝されたい、ありがとうって言われたい。働くことを通じて、感謝されたい。これつまり、社会貢献というヤツですね。

しかしただ働いていても、なかなか感謝ってされないのですよ。イヤな表現ですが、仕事には「やって当たり前」なところってあるんですよね。

でも「やりたくない仕事」なら違いますよ。やりたくない仕事なら、それを引き受けるだけで感謝されるのですから。

だってその仕事、他の誰もがやりたくなくて放置されていた仕事ではないですか?それをあなたが黙って引き受けたら・・・。

上司
お、助かったぜ。(俺がやらずに済んだな。)

誰もがやりたくない仕事をやる意味は、それを引き受けるだけで感謝されるからでございます。感謝される、それつまり「働きがいがある」ということでありますぞ。

 

引き受けるだけで、上司が味方になる。

やりたくない仕事をやる意味。それはやりたくない仕事をやるだけで、上司が味方になるからでございます。

やりたくない仕事は、元を正せば上司から流れ出た仕事。めんどくさい、手間がかかる、キツイ。そんな理由で部下へと流れてきた仕事ではないでしょうか?

ですので、誰もがやりたくない仕事を黙って引き受けることで、上司からの評価が上がるのでございます。

 

また、上司が味方なのか敵なのかによって、職場での働きやすさが大きく変わってくる。上司が味方となり、後ろ盾となってくれたら、職場は楽園かもしれませぬな。自分の好きなペースで仕事ができ、失敗も笑って許して貰える。

しかし上司が敵となってしまった職場は、実に辛いものですよ。何しても怒られる、どうしょうもない状況になってしまうのだ。

吾輩はかつて転職したときに、上司と合わないで、ものすごく働き辛い経験を致しました。結局その職場は3カ月で退職することになりましたが、それほどまでに上司との関係って、重要なのでありますよね。

やりたくない仕事をやるだけで上司との関係が改善され、働きやすい環境が手に入る

ザク男爵
やりたくない仕事?・・・上司、吾輩にお任せあれ。お安い御用でございます。

これほどローリスク・ハイリターンな仕事はありませぬよ。

辞めてよかった!上司と合わないなら、転職直後に退職してもいい。

2016.02.13

 

競争相手がいないから、大きな仕事に繋がりやすい。

そしてやりたくない仕事をやる意味は、実は職場以外にもあるのです。それは競争相手(競合他社)がいないから、大きな仕事に繋がりやすいことだ。

やりたくない仕事は、他の職場、他の会社にいってもみな同じなのですよね。皆さんそろって、やりたくないのです。

しかしそこであなたがやりたくない仕事を引き受けたら・・・。

お客さん
ありがとう!ありがとう!

感謝のついでに、こんな仕事も引き受けてくれない!?

ザク男爵
こ・・・こいつは・・・億単位の案件(涙声)

お客様、こちらこそ、ありがとうございます。

ビジネスは計算され尽くされたゲームのように見えて、実はラッキーパンチの連続だったりします。

誰もがやりたくない仕事は、それだけで競合他社がいない状況だ。つまり、「チャンスでしかない」ということでございます。

吾輩は営業という仕事を通じ、お客様の無理難題を数多く頂いて参りました。その多くが、どの業者もやりたくない仕事でございました。

しかしどの業者もやりたくない仕事をやることで、お客様から感謝され、次のビジネスに繋がることが多かったのだ。

 

やりたくない仕事を引き受ける時は・・・?

-shared-img-thumb-AL101_natuin0320140830001_TP_Vと、ここまでやりたくない仕事をやる意味について力説させて頂きました。

しかし、やりたくない仕事は、ただやればいいってものでもありませぬ。やりたくない仕事をやるときは、次のことに気をつけて下さいませ。

 

リスクを計算する。

やりたくない仕事を引き受けるときは、ぜひその仕事のリスクを計算してみて下さいませ。その仕事をすることで、どんな危険、損害があるのか、引き受ける前に考えるのだ。

なぜなら誰もがやりたがらないには、必ず理由があるからだ。

 

失敗する確率が高く、失敗したときの損害が大きい。

引き受けたことによって、他の仕事ができなくなる。

引き受けたことによって、ケガをする恐れがある。

 

などなど、引き受けた方が損害が大きい場合もあります。

得られることと失うことを比較したとき、失うことの方が大きいのであれば、お断りした方が賢明でございますぞ。

 

利用されて終わらない。

またやりたくない仕事をやるときは、ぜひとも利用されて終わらないよう注意したいものでありますね。

やりたくない仕事を引き受けることで、確かに上司・お客さんからの評価は上がるが、それだけで終わってしまう可能性もゼロではない。人によっては「利用するだけ利用して最後は捨てる」、という人もいらっしゃいますから。

やりたくない仕事を引き受けたあなたの優しさだけ利用され、何も見返りのない場合もある。引き受ける時は、依頼する人を選ぶようにしたいですな。

上司
おい、このゴミ、捨てといて。
ザク男爵
イエス、上司!ただいますぐに!
年上の部下
先輩、トイレ掃除変わってくれません?
ザク男爵
自分でやれ。

やりたくない仕事は、ただ引き受けるだけでは利用されて終わるかもしれませぬ。しっかりと依頼する相手を選ぶことが、たくましく生きる生存戦略でございますぞ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

やりたくない仕事をやる意味は次の通りでございます。

1・引き受けるだけで、感謝される。

2・引き受けるだけで、上司が味方になる。働きやすい職場になる。

3・引き受けるだけで、大きな仕事に繋がるチャンスになる。

4・ただし引き受けるときは、リスク管理・依頼人を選ぶことが大切。

人間、誰しも楽な仕事、かっこいい仕事に憧れるもの。楽してかっこよくて、尚且つ稼げる仕事があったら、最高じゃないですか。

でも実際ないんですよね。現実にあるのは、やりたくない、キツイ、カッコ悪い仕事だったりするものです。

しかし誰もがやりたくない仕事には、実はおいしい意味がたくさんあるのだ。誰もがやりたくない仕事にこそ、職場環境をよくしたり、ビジネスチャンスが眠っていたりするものでありますから。

やりたくない仕事こそ、積極的に引き受けて参りましょう!それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。