怖い上司にビクビクする日々を卒業するための、ビビる癖を克服する7つの方法。

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

怖い上司に呼ばれただけで、びくびくビビってしまう!そんなビビる癖を何とか克服したい!

怖い相手にビビッてしまうあなたは、心底そう思いませんか?

 

ビビってしまうと、反論したいことも言えず、ただ怖い上司のお説教を聴くだけになってしまいます。

ですが、かくいう私も極度のビビりマンでございました。

怖い上司に呼びとめられようものなら、

ザク男爵
はわわわ・・・!!すいやせんしたっ!すいやせんしたっ!!(何もしてないけど)すいやせんした!!

って連呼して退散したくなります。(でも退散できない)

 

ですが私は営業マンになり、色んな人との交渉を繰り返すことで、ビビる癖を克服することに成功したのです。

もうですよ、私はビビりませんよ、ふふん。

 

ではビビる癖を克服するにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事では極度のビビりマンだった私が、ビビる癖を克服できた方法について解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

怒られるのが怖いから、ビビる。

「人はなぜビビッてしまうのか・・・」

雲一つない青空を見上げながら、私はつぶやきました。

 

・・・あ、すいません、いきなり一人で哲学的になってしまいました。

ビビる癖を克服するには、そもそも

 

「どうして人はビビッてしまうのか?」

 

という心理を知らなくてはいけませんよね。

 

怒られたくないから、ビビる。

人はなぜビビるのか?

それはずばり、「怒られたくないから」です。

人がビビる根底には、失敗したら怒られる、という恐怖が流れております。

 

怒鳴られたり、理詰めで追い詰められる精神的ストレスが繰り返されると、ちょっとしたことで、「また怒られる・・・!」と自己防衛反応が働きます。

怒られるという言葉の暴力から身を守ろうとする防御反応こそが、「ビビり」の正体です。

 

仕事でミスをして、何度も上司から怒られることが続くと、仕事でミスをした時点で、

ザク男爵
はわわわっ・・・またミスした!!上司に怒られる!!・・・びくびく・・・

と、ビビるのです。

まだ怒られた訳でもないのですが、「ミスをした=怒られる」と結びついてしまい、すぐに防御反応をとってしまいます

 

そして、案の定上司に怒られると、

上司
な、なんだこのミスは!!
ザク男爵
は、はひいっ!すいやせんしたっ!すいやせんしたっ!!

と、さらにビビりまくるのです。

 

ビビる必要は全くない。

ですが、仕事でミスして上司から怒られることがあっても、本当はビビる必要は全くありません。

それは「ビビること」と、「反省して、謝罪すること」はまったく別だからです。

 

仕事のミスで怒られたならば、本来やるべきは「謝罪して、原因を特定し、繰り返さないこと」ですよね。

仕事でミスしたのは、私が悪うございますよ。謝罪もしますし、反省も致します。これから繰り返さないように気をつけますよ。

 

ですが、そんなに怒らなくてもいいじゃないですか。

怒って怒鳴って、いったい全体何がしたいのでしょうか?私をそんなにビビらせたいのでしょうか?

ザク男爵
ミスして怒られるのは仕方ないこと!だからビビるだけ「損」だよ!

仕事でミスしたら、堂々と謝罪しましょう、堂々とね。

報告したら怒られる!?上司への報告・相談が苦手な原因と克服するコツ。

2017.06.08

 

まずは自信を持つことだ!

0bf89f8e-sビビる癖を克服するには、まずは自分に自信を持つことが第一歩であります。

 

姿勢を正して、胸を張る。相手の目をしっかり見つめる。

ビビる癖を克服するには、まずはその姿勢を直すことから始めましょう。

姿勢を正し、胸を張る。目はまっすぐ相手を見ましょう。

しゃべる声は大きく、お腹の底から声を出しましょう。

歩くときも、肩で風を切って歩くぐらいがちょうどいいでしょう。

・・・え?なんですと?

こんなことして本当に効果あるのとおっしゃるのですか!?

 

ははー、なるほどですね。さてはあなたは、姿勢から得られるメンタル効果を甘くみていらっしゃるのですね。

だってほら、ビビっているときの自分を思い出してみれば分かりますが、ビビっているときって、すごく姿勢が悪くないですか?

・背中が丸まっている。

・目が泳いでいる。

・しゃべる声は張りがない。

・声が小さい。

どうですか?

逆にこんな人を見かけたら、「あいつビビってるな・・・」って思いませんか?

 

お恥ずかしい話ですが、ビビりまくっていた頃の私も、上司に問い詰められたときの姿勢が悪かったですね。

ザク男爵
あ、あのですね・・・そのですね・・・キョロキョロ・・・すませんした・・・ぼそぼそ・・・

完全に相手に飲まれておりました。

 

ですので、ビビる癖を克服するには、まずは姿勢を直してあげることが大切です。

一言で言うならば、「胸を張りましょう、どんと構えましょう」に尽きます。あ、二言になってしまいましたね。

例え心の中でビビっていたとしても、ビビってない外見を装えば、自ずと本当にビビらなくなってくるものです。

 

小さな成功体験を積み重ねる。

ビビる癖を克服するには、自分に自信を持つことが大切です。

 

「そんなこと分かってるわ!!」

 

と、激しいツッコミが入りそうなので、さらに深く解説させて頂きましょう。

 

自分に自信を持つ為には、小さな成功体験を積み重ねることが必要です。

どんな小さなことでも「できた!」を積み重ねることで、やがて揺るぎない自信を築くことができます。

小さな成功体験を積み重ねて、自分に自信が持てるようになると、仕事で失敗したとしても、「次で挽回できるから、大丈夫」と思えるようになります。

その結果、失敗する恐怖が小さくなり、ビビる癖を克服することができるのです。

 

仕事で失敗してビビるときは、決まって

ザク男爵
失敗した!!どどどどどどうしよう・・・わなわなわな・・・

と、「どうしたらいいか分からない」ときです。

しかも怒られる恐怖に支配されて、ミスをリカバリーする方法を考える余裕すら失ってしまいます。

 

ですが、小さな成功体験を積み重ねて自分に自信をつけて置くと、

ザク男爵
失敗した!・・・では、次は別の方法でやってみましょう。

と、思えるようになります。

 

怒られるのは同じですが、冷静に「次はどうしたらいいか」が考えられるから、結果的に怒られる量も少なくなりますよ。

ビビる癖を克服する為には、小さな成功体験を積み重ねて、自分に自信を持つことです。

そうすれば、自ずと怒られる恐怖から解放されますよ。

 

先まわりして、失敗するパターンを考えない。

ビビる癖を克服する為には、先まわりして考えないことも大切です。

先まわりして考えると、

「やったら怒られそうだ」

「やらなかったら怒られそうだ」

「きっと失敗するだろう」

と、まだ起こりもしていない未来のことを考えて、まだ怒られる前にビビってしまいます。

 

私も新規営業でお客さんを訪問するときに、

ザク男爵
こんな時間に営業に行ったら、お客さんに怒られないかな・・・びくびく・・・

と、訪問する前なのに、訪問して怒られるパターンを先まわりして考えてしまうときがあります。

先まわりして考える癖は、立派な自己防衛本能なのですが、先まわりして考えて、ビビるくらいなら、最初から何も考えない方が遥かにマシです。

 

あれこれ営業の戦略立てて、いざお客さんを訪問する時になって、

ザク男爵
戦略の通りにならなかったら、どうしよう・・・びくびく・・・

と、ビビるぐらいなら、いっそのこと何も考えないで、

ザク男爵
なるようになるさー。

と、突撃した方が、結果的にうまくいくことが多いです。

ビビるくらいなら、先まわりして悪い結果を想像するのを辞めましょう

どうせ考えた通りになんてならないのですから。

 

開き直る。

ビビる癖を克服するには、開き直ることも大切です。

ミスをして怒られても、「だから何?」と言わんばかり平然とすることも必要です。

 

「開き直る・・・」と聞くと悪い印象がありますが、先ほども申し上げた通り、「ビビると謝罪する」はまったくの別物なのですから。

また開き直ることは、あなたの心を守る立派な防衛反応でございます。

ビビらせようと目論む相手の攻撃には、毅然とした「開き直り防御」が有効です。

 

またビビッてオドオドしていると、怒っている相手はその様子をみてますますご立腹されます。

そのうち顔を合わせるだけで鬼の形相になるようになり、完全に悪循環にハマってしまいます。

ですので、怒られたときは、いっそのこと開き直るぐらいがちょうどいいのです。開き直ってしまえば、ガミガミ怒る相手にもビビることはなくなりますよ。

上司
何回同じミスを繰り返すのだ!!
ザク男爵
失敗しましたけど何か?

開き直りは、大切な自己防衛本能であります。

 

怒鳴られるとき。

怒鳴られると、瞬間的にパニックを起こしてしまいます

普段ビビらないようにしていても、怒鳴られると本能的にビビッてしまうから困ったものです。

 

では、怒鳴る相手にビビらないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか?

その答えは、冷静に客観的に対応することがポイントです。具体的には次の2つのポイントを抑えましょう。

 

怒鳴り散らす相手は、感情のコントロールができない「お子様」。

まず、怒鳴り散らす相手はただ単に感情のコントロールができないお子様、ということを心得ましょう。

感情をうまくコントロールができてないだけですので、こちらが怒鳴る相手にビビる必要はありません。

相手の話は半分聞き流しながら、逆なでしないように、質問に冷静に答えていれば嵐は勝手に過ぎ去ってくれます。

 

ビビらせる為に、わざと怒鳴り散らす相手には、「無表情」を貫く!

そして注意したいのが、こちらをビビらせる目的で、わざと怒鳴り散らしているときです。

これはつまり、確信犯でございますよ。タチが悪いですなあ。

 

ですので、怒鳴り散らされて、こちらがビビればビビるほど、それはまさに相手の思うツボなのです。

さらに弱みを握り、付け込んでくるので注意が必要です。

わざと怒鳴り散らしているタチの悪いヤツには、無表情を貫きましょう。

無表情を貫くことで、「こいつには効果がないのか?」と思い、諦めてくれます。

 

ですがごく稀に「もっと怒鳴らないと効果がないのか?」と勘違いするおバカさんもおります。

ですがその手に乗ってはいけませんよ。あくまでも無表情で、「つーん」としていましょう。

さすれば最後は疲れ果てて諦めてくれますから。

 

格上の相手にビビるとき。

話す相手が年上だ、社長だ、有名企業の社員だ。

そんな格上の人にビビってしまうときは、次の方法がお勧めです。

 

相手と対等の目線に立とう。

格上の人にビビってしまうのは、自分の方が下で、相手が上だと「勝手に」思いこんでしまっているからです。

相手が格上だと決めつけて、格下な自分に引け目を感じてビビっているのですよね。

 

でも実際、どうなのかは知りませんよ?

けど、ビビッているあなたが真っ先に「相手が上だ」と決めつけているではありませんか。

だから格上(?)の人と話してもビビらない為には、できるだけ対等な目線に立って話すことが重要です。

年上の人なら、「ただ年とっているだけ。別に偉くない。」

肩書が上の人ならば、「責任背負っているだけ。別に偉くない。」

有名企業社員なら、「会社に知名度があるだけ。別に社員が偉い訳じゃない。」

そう思えば、対等な目線に立てて、ビビることがなくなります。

相手を格上と決めつけているのは、自分自身であることを自覚しましょう。

 

かわいい「あだ名」をつけてしまえ!!

格上の人にビビってしまうなら、その人に「かわいいあだ名」をつけてあげることもお勧めです。

怖い顔した役員さんでも、「かつら疑惑」なーんてあだ名をつけてあげれば、顔を見ただけで思わず笑ってしまいませんか?

上司
なんで同じミスを繰り返すんだ!?がみがみ!!
ザク男爵
(かつら疑惑・・・ぷぷぷ・・・)
上司
何笑ってんだ!!ちゃんと聞けコラ

かわいいあだ名をつければビビることはなくなりますが、くれぐれも真剣な表情で話を聞きましょう。

 

まとめ:ビビりは克服できる!

それでは、まとめよう!

ビビる癖を克服する方法は次の通りです。

1・小さな成功体験を積み重ねて、自信を持つ。

2・自信を持って、「失敗しても、大丈夫」と思うようにする。

3・先まわりして、失敗するパターンを考えない。

4・怒鳴る相手の話は、聞き流す。

5・ミスしたら、開き直る。

6・格上の相手にビビるのは、勝手に自分が格上と決めつけているだけ。

7・怖い人には、「かわいいあだ名」をつけてしまおう。

ビビる根底に流れているのは、失敗したら、怒られる」という恐怖でございます。

何度も続けて怒られているうちに、この恐怖に支配されてしまい、ビビってしまうのが実に厄介なのであります。

 

でも、ミスしたり失敗しても、ビビる必要なんてないのですぞ。

なぜならビビることと謝罪することは、まったくの別物なのですから。

「失敗したら、怒られる恐怖」を解放して、楽しく生きていきましょう!

それでは、また!

 

次の記事はこちらです。

もうこれで怒られない!仕事でミスしたら、謝罪する前にやるべき4つのこと。

2017.08.03

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。