コピバン経験者がおすすめする、T-SQUAREアルバムランキングベスト20!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

T-SQUAREは通算42枚もアルバム出しているから、どれから聴いたらいいか迷ってしまいますよね?

聴き返してみると、T-SQUAREは活動歴も長く、それぞれの時期によってもサウンドが全然違います。

だからどのアルバムから聴けばいいのか悩むのは、仕方ないことです。

 

そこで!

そんなあなたの悩みを解決するために、T-SQUAREのコピーバンドも経験した私が、ランキング形式にお勧めアルバムを紹介させて頂きましょう。

あなたにお勧めしたいアルバムは、こちらでございますよ!

スポンサーリンク

T-SQUARE おすすめアルバムランキング!

では、さっそく20位からいってみましょう!

 

20位 NUTURAL

 

曲はEWI(ウインドシンセサイザー)を多く使っており、全体的に電子音色が強いです。

16分音符のメロディ、リズム、ベースラインが多様されていて、テクニック系フュージョン的な音色です。

ライブで盛り上がる「control」が収録されているのも、このアルバム。

個人的には電子音色がちょっと強すぎるので、20位という評価になりました。

 

19位 HUMAN

 

アコースティックなサウンドで、聞いていてほっと安心するような優しい曲が多いのが特徴です。

落ち着く曲だけど、逆にパンチは弱め。けど無性に聞きたくなるアルバムです。

 

18位 BRASIL

 

ドラム、ベース、ピアノの「弾き癖」がこれまでのT-SQUAREらしさがないのが、ちょっぴり残念ポイントでしょうか。

しかしアルバム名「BRASIL」通り、ホットでどこか懐かしい、それでいてあたらあしい雰囲気のアルバムに仕上がっていますよ。

 

17位 IMPRESSIVE

 

情熱的な曲「FACE」もあれば、テクニック系の「Traffic jam」、身が切れそうに切なくなる「11月の雨」など、バラエティ豊かなアルバム。

個人的には、爽やかなフルートのナンバー「Dandelion Hill」が最高におすすめ。

 

16位 Wings

 

すがすがしいほどに爽やかで、元気がもりもり出るアルバム。元気がないときに聞けば、すぐに元気になれそう。

爽やかナンバーが多いから、ドライブ・ツーリングに最適であります。

またドラムの坂東慧(先生、以下省略)の作曲した曲が多く、シンプルメロディ&リズミカルなドラムでノリノリでございます。

 

15位 B.C. A.D. 〜Before Christ & Anno Domini〜  

 

本田雅人加入時の集大成的なアルバム。メンバーがそれぞれ作曲した、個性豊かな曲があらゆるシーンで楽しませてくれます。

軽快なメロディな「勇者」は、今なおライブで盛り上がる一曲ですよね。

96年リリースで、音質には若干古さを感じるけど、メロディはまったく色あせないのがスクエア・クオリティ。

 

14位 TRUTH

 

言わずも知れた名曲「TRUTH」収録アルバム。「TRUTH」とは、あのF1を熱く盛り上げたテーマソングです。

ですが、このアルバムの魅力はそれだけではございません。

全体的に、若さ溢れるスピードのあるナンバーが多いのが特徴です。

かと言って「UNEXPECT LOVER」の胸キュンナンバーも収録してあるからね、たまりませぬよ。

 

13位 TRUTH 21century

 

こちらは、「TRUTH」をリミックスしたナンバーが収録したアルバム。「TRUTH 21c」はマジでかっけえです。

メンバーは、安藤まさひろと伊東たけしのみ。あとは外国人サポーターです。

リミックスはハードロックアレンジ。これがすごいのよ、超ダイナミックで。

スクエアらしくないと言えばその通りなのですが、こんなT-SQUAREも私は大好きであります。

 

12位 PASSION FLOWER

 

ドラムに坂東慧、ピアノに河野啓三(先生、以下省略)が正式加入した初アルバム。

坂東慧作曲ナンバーが初々しいのが、またいいんですよね。

古き(安藤まさひろ・伊藤たけし)と新しき(坂東慧・河野啓三)がまじりあって、落ち着いた雰囲気を出しながらも、若々しいエネルギーを感じます!

ボーカルナンバーの「More Than Lemonade」は、マジで胸キュンキュンです。こんな声でささやかれたらKO(ノックアウト)でございます。

 

11位 T-SQUARE

 

「これがT-SQUARE??」って思わせるような電子音バリバリのアルバムでございます。

今でいえば、「EDM」と言ったところでしょうか。

ですがこれが発売されたのは、2000年ちょうど。

・・・ああ、あと15年遅く発売されたら、大流行していたのでしょうに・・・。残念。

 

当時はあんまりセールス的にも、マネジメント的にもうまくいかなかったようで、事実上スクエアはこのアルバムを残して解散(安藤まさひろと伊東たけしのユニット活動へ)する訳でして。

でもこのアルバム、EDM全盛期の今聞くと、ものすごく斬新で完成度の高いことやってるのがよく分かります。

ノリノリでかっこいいT-SQUAREを聴くなら、間違いなくこのアルバムですよ。

 

10位 T comes BACK

 

なんと!

あのフュージョンバンドの大御所「カシオペア」も収録に参加している豪華なアルバムです。

ツインドラムで叩きまくる「勇者」、「El Mirage」は、パワー・スピード・テクニックともに群を抜いております。

どの曲もエネルギーに満ち溢れ、聴いた瞬間に元気になれますぞ。

 

9位 NewRoad,OldWay

 

古いけど、新しい。かっこ悪いけど、かっこいい。

そんな相反するアイデンティティが同居する、とっても心地いいアルバムなのです。

 

8位 Miss You In New York

 

アメリカ進出を狙って作ったアルバムが、こちらでございます。

全体的によりドラマティックに、ダイナミックに編曲してあります。

音は全体的にシャープに鋭く、

 

「これぞ日本のフュージョンだ!聴け!!」

 

と、主張するような、サムライソウルが垣間見えるアルバムです。かっこええ。

収録の「UNEXPECT LOVER」は涙なしには聴けません。ティッシュのご準備を!

 

7位 MOMENT -Memorial Live at Chicken George-

 

1日限りで復活したTHE-SQUARE当時のメンバーでのライブ収録アルバム。

曲は古いけど、まったく古さを感じないのが本当に素晴らしいの一言。

むしろリマスター録音されて、いい音質で蘇った・・・感激。

スタジオ収録で作りこまれた音を聴くのもいいですが、ライブ版ならではの熱を感じるなら、こちらのアルバムがお勧めです。

 

6位 BLUE IN RED

 

本田雅人加入の最後のアルバム。このアルバムを最後に、本田先生は脱退されてしまうのです。

どの曲も完成度がすごく高くて、聴きごたえばっちり。

電子音とアコースティック音が、気持ちよく融合して、マジで最高にグレイトな仕上がり。これぞまさにスクエア!、という感じしょう。

 

特に「Samurai Metropolis」は、電子音が強いのに、どこかアコースティックに聞こえる、まさにフュージョン音楽の真骨頂です。

ゲーム「グランツーリスモ」のテーマソングになった「Knight’s Song」も収録されておりますよ。

 

5位 NEW-S

 

本田雅人が初めて加入したアルバムで、一気にテクニック系バンドになった記念すべきアルバムです。

特に「Megalith」は、当時のファンを度肝を抜くほどの超テクニックナンバー。

今も昔も、この曲ほど難しいのはないのではと思うぐらい、難しい曲です。・・・やったことないから知りませんが。

 

それ以外にも、どの曲もすごく作りこまれていて、聴きごたえのあるアルバム。これ買っとけば間違いないアルバムでおすすめ!

 

4位 時間旅行

 

全体的にファンタジーな、ふわっとしたメロディが多いアルバムです。

爽やかなナンバー「時間旅行」は、聴いているだけで、遥か昔に失くしてしまった大切な心を取り戻せそうな、清純派のナンバーですね。

アコースティックな楽曲が多いのも好感ポイントです。

 

3位 GRAVITY

 

キーボードに難波正司(先生、以下省略)、サックスに宮崎隆睦(先生、以下省略)が加入して、曲調ががらっと変わったアルバム。

ですが、それまでのスクエアらしさを踏まえつつ、新しいサウンドに積極的に手を出してる感じが、スクエアらしさは健在です。

電子音バリバリに鳴らしているけど、アコースティックな雰囲気を出しております。

オープニングナンバーの「The Seven Wonders」は、壮大なスケールで気持ちがいい曲でありますぞ。

 

2位 Wonderful Days

 

スクエアに加入したことのあるメンバーが勢ぞろいな豪華アルバム。

音もダブルドラム、ダブルサックス、ダブルベースなど、超濃厚でパワフルパンチで鼻血ブーです。

 

でも楽曲そのものは、「古き良き」を感じさせて、哀愁感が強いかも。

タイトルナンバーで、バラードの「Wonderful  Day」は、青春が過ぎ去ったあなたが聴けば号泣間違いなしの泣かせ曲。

 

・・・え、私ですか?

ザク男爵
号泣しますが、何か?

 

1位 Spirits

 

そしておすすめアルバム、1位はこちらであります。・・・「Spirts」でありますーーー!!

理由はずばり、めっちゃくちゃ爽やかだから。ものすごい爽やかですよ!

 

特にオープニングナンバーの「風の少年」。

これはすごい。これを聴いたら、そのままバイクに乗って、どこかにツーリングしに行ってしまいそうな曲です。

 

どの曲もアコースティックギターが重ねどりされていて、全曲通してアコースティック感を味わえるアルバム。

これを聴けば、

ザク男爵
T-SQUARE、最高ーーーー!!

って思うこと間違いなしです。

 

まとめ:どのアルバムも素晴らしい。

いかがでしたしょうか!

T-SQUAREおすすめアルバム1位は、「Sprits」という結果になりました。私の中では、一切の文句ございませんよ。

 

でも正直に言えば、どのアルバムも魅力的だし、それぞれの曲ごとにも、甲乙つけがたいのであります。

さすがにアルバム42枚も出しているからね、選ぶのも大変でありましたよ。

ぜひT-SQUAREの素晴らしい世界に浸りましょう!それでは、アディオス!

音楽は楽しいですか?音楽の演奏が楽しくない、辛いときに改善したい5つのこと。

2017.12.06

CDは時代遅れ!?音楽を愛する同志に伝えたい、CDで買う意味とメリット!

2017.12.03

楽譜がない曲を弾くには?ヤマハ「ぷりんと楽譜」が1曲から買えて便利すぎる。

2018.04.12

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。