音痴を克服!楽器のできる音痴が劇的に治ったきっかけと練習方法。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、歌と踊りと音楽と。そして何よりソウル(魂)があれば生きていける、社長ブロガーでございます。

 

楽器はできても音痴。

楽器は演奏できるのに、なぜか歌が歌えない。どうしても歌えない。カラオケなんて嫌いだ。

そんなレアなお悩みを持つ方は、案外たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は吾輩も、3歳からピアノの英才教育を受けさせて頂いたものの、何を間違ったか酷い音痴だったのでございます。

それは大変悩みました。そして同時にとても恥ずかしい思いもして参りました。

しかし吾輩はあることをきっかけに音痴を克服することができたのであります。

楽器ができる音痴であった吾輩は、いかにして音痴を克服したのでしょうか。今回はその秘密を語っていきましょう。

スポンサーリンク

自分が音痴だと自覚した瞬間。

吾輩は楽器ができる音痴でありましたが、実のところ自分では「歌がうまい」と思っておりました

その為、自室で大音量で鼻歌を歌うこともあれば、合唱でも臆せず大きな声で歌っておりました。吾輩は歌が大好きだったのであります。

しかしそんなピュアな吾輩にも転機が訪れたのであります。それは小学校も高学年になる頃、隣で歌っていた山田君(仮名)がこそこそと吾輩に話かけてくるではないですか。

 

「・・・ごめん、ちょっと小さい声で歌ってくれる?」

 

吾輩は一瞬何のことか分かりませぬでした。そして3秒ほど考えた後、こう思ったのであります。

ザク男爵
吾輩の声が大きくて迷惑ということですか。ははー、なるほどですね。

・・・それって、もしや吾輩が音痴ということですか!?ね、ねえ、山田君!

今まで何気なく歌い、そして自分の歌声に聴き惚れていた吾輩でしたが、よく考えてみると、自分の声なんて聞いているようで全く聞いてなかったのでありますよ。

そして吾輩は、確かめるように自分の音程をよく聞きながら歌ってみることにしました。

ザク男爵
・・・実に耐えがたい音程でございます。音痴とは、まさにこのことでしょう。

・・・なんたる不覚・・・。

吾輩はそれまで気持ちよく歌っていたのが、逆に恥ずかしくなってしまった。

それどころか、自分が音痴だと分かった瞬間、もう人前で歌いたくない、歌が嫌いだ。そんな気持ちになってしまったのであります。

やがて吾輩は大人の階段を昇るにつれて、口パクという技術を身につけ、ますます歌から遠ざかっていったのでありました。

 

音痴が治るきっかけ。

合唱では口パク戦闘員。カラオケでは存在を消して影となる。そんな歌を楽しむ生活とは遠い世界で生きてきた吾輩でございますが、あることがきっかけで、長年悩んでいた音痴が治ったのであります。

 

音痴が直るきっかけは、フルートに出会ったこと。

c7d0b216253729f0dad7ca403c6ab494_s吾輩の音痴が治るきっかけになったこと、それはフルートとの出会いでございます。大学のサークルでフルートに出会ったことがきっかけで、吾輩の音痴は劇的に治っていったのであります。

フルートは銀でできた横笛で、ビンの口に息を「ふー」とする要領で音を出します。基本的にはそれぞれの音に対応したキー(ボタン)を抑えて息を吹けば、音が出るのでございます。

しかし実際にやってみると、音は出るものの、ピッチ(音程)が一定に出ないのでありますよ。「ド」を吹いたはずなのに、「レに近いド」が出たり、「シに近いド」だったり。

そんなフルートで正確な音を出すのに必要だったのが、「音のイメージ」だ。

ザク男爵
吾輩は今から「ド」の音を出しますぞ、出しますぞ・・・。よーく音のイメージをして・・・ふぅ~~・・・。

ほら、ドがなったでありますよ!

音を出す前に、しっかりと音のイメージをする。「本当にこれで正確な音が出る?」のと思われた方。・・・本当に正確な音が出るんです。

 

吾輩はフルートを通じて、「音をイメージしてから音を出す」という、音楽の基本中の基本であり、とても大切なことを学んだのだ。

そして吾輩は確信しました。

ザク男爵
音をイメージしてから出す。これは歌にも応用ができるのではないでしょうか?

そう思った吾輩は、一人暮らしの静かな部屋で秘密の特訓を始めたのでありました。

 

ボーカルのモノマネで劇的に改善。

吾輩が一人暮らしの静かな部屋で始めた特訓。それはボーカルのモノマネでございます。

もしかしたらお隣の住人様は、「ついに隣人が発狂したか?」と思って通報しようとしたかもしれませぬ。

しかし吾輩は秘密にボーカルのモノマネをすることで、見事、音痴を克服することができたのであります。

でも健全な読者の皆様は、「どうしてモノマネで音痴が治るの?」と疑問に感じたことでしょう。音痴をモノマネで治す。これには深い理由があるのでございますよ。

 

まずモノマネをする為には、ボーカルの音・声をしっかり聞かねばなりませぬ。歌い方はもちろんですが、どれくらいの声の高さで歌っているのか(音程)も聞く必要があります。

またモノマネの完成度を上げる為には、聞いて覚えた歌を、実際に歌ってみてチェックする必要がある

自分で歌ってみた音程は、正しい音程になっているか。自分の声をよく聞いて、しっかりチェックしなければなりませぬ。

 

モノマネと言うとすぐにモノマネ四天王のコロッケさんの顔が浮かんでしまいますが、実は歌の練習にはモノマネは最適な練習方法だったりするのでありまして。

一人暮らしの部屋でモノマネに明け暮れた吾輩は、すっかり音痴を克服してしまったのであります。

ザク男爵
吾輩は社会人になるまでに音痴を克服できました。会社の忘年会での18番は気志團の「one night carnival」でございます。

・・・俺のとこ来ないか?

音痴を改善するには、

 

1・まずしっかりと歌を聞いて音程を覚える。

2・そして聞いた歌を実際に声に出してみる。

3・最後に声に出した歌が、正しい音程かチェックする。

 

この3ステップで改善できるのであります。

 

最後に!上手い下手は関係ない!

無事に吾輩は音痴を克服し、それまで大嫌いだったカラオケが大好きになりました。

歌が大好きにはなりましたが、「じゃあ歌が上手いのか?」と言われれば、それは即答で「ノー」でございましょう。

吾輩は秘密の特訓こそしたものの、誰かに習って歌の練習をした訳ではありませぬ。全て自己流でございます。

しかしですよ、吾輩は気持ちよく歌が歌えるようになって、改めて思うことがあるのです。

ザク男爵
歌は上手い下手は関係ありませぬ。大切なのは、魂。つまり、ソウルでございます。

オーディエンスはキレイな歌声に感動するのではありませぬ。ボーカリストの声に乗せられた、魂・世界観に触れることで感動するのでありますよ。

だってそうではありませぬか?実際よく耳にする音楽でも、お世辞にも歌が上手いとは言えないバンド・ボーカルはたくさんいらっしゃるではないですか。

それでも吾輩たちは彼らの音楽を愛して止まないのは、彼らのソウル・世界観が大好きだから。そうではありませぬか?

確かに音痴は歌が下手の代名詞でございます。言われたら傷つきます。しかし問題はそこではないのです。

大切なのは、上手い下手ではなく、そこに魂があるかどうか。楽しんで歌っているかどうかなのでありますよ。

音痴でもいいではないですか。歌は楽しく歌ったもの勝ちでございますよ!

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

楽器ができる音痴だった吾輩が、音痴を克服した方法は次の通りでございますぞ。

1・歌をよく聞いて、正しい音程を覚える。

2・実際に声に出して歌ってみる。

3・歌ってみた音程が正しい音程か、チェックする。

音痴を改善するには、ずばりモノマネがお勧めでございます。だってモノマネタレントで歌が下手な人はいませぬよね?そういうことでありますよ。

また歌は下手だとしても、気にする必要はありませぬ。大切なのは、歌い手の魂。つまり、あなた自身が楽しく歌っているかどうか、なのです。ぜひ楽しく歌っていきましょう!

それでは、アディオス!

 

2 件のコメント

  • こんばんは~
    フルートは、わたしもいつかやってみたい!と
    基礎の本だけ持っています・・本だけ 汗
    one night carnival は、もちろん振り付きですよね!

  • まりおとめさん、コメントありがとうございます。
    会社の忘年会で盛り上がるんですよね、コレ。みんなでやっちゃいますよ、振り付きで(笑)
    フルート、お勧めですよ!金属なのでメンテも割と楽ですし、音も出やすいようです。
    基礎の本をもっていらっしゃるということで、ぜひフルートをしましょう(笑)!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。