手抜き住宅を見抜く!建売住宅の内覧会の6つのチェックポイント

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

建売住宅で怖いのは、欠陥住宅を買ってしまうことではないでしょうか。

ハンコ1つで気軽に買える建売住宅である反面、ちょっとした確認不足で欠陥住宅を買うリスクにもなってしまうから怖いのだ。

だからこそ大切になるのが、内覧会できちんと確認して、欠陥住宅を見抜くことであります。

では建売住宅の内覧会では、どんなことをチェックすればいいのでしょうか。今回は吾輩の実体験を交えながら解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

建売住宅の内覧会の6つのチェックポイント。

建売住宅でチェックすべきポイントは、6つありますぞ。

ではさっそく解説させて頂きましょう。

 

1・担当者が信頼できる人物か?

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s「家の内覧会なのに、なぜ担当者を見るのか!?」、そう思ったあなた。・・・大正解でございます。

しかしこれには深い理由があるのでございますぞ。

それは信頼できない人から家を買うのは、とても危険だからだ。

もしかしたらその担当者は、ウソを言っているかもしれない。ウソとは言わなくとも、自社に都合のいいことを言っているかもしれない。本当はあなたの幸せのことは考えないで、売れることしか考えてないかもしれない。

・・・そんな人から家を買ったら、どうなると思いますでしょうかね。

 

借り過ぎた住宅ローンで返済が大変になるかもしれない。

確認不足で買ってしまい、後から後悔するかもしれない。

そんな残念な結果になるかもしれませんよね。

 

ですので、家を買うときは、まずその家の担当者が信頼できる人かどうか、しっかり見定める必要があるのだ。

その人は約束を守りますか?ウソをつきますか?言動に一貫性はありますか?

あなたの人生をかけた買い物の担当者ですから、厳しくチェックしておきましょう。

 

2・周辺環境は家と同じくらい大切。

先程は家を見る前に、担当者をチェックしました。しかしまだ家を見るのは時期早々であります。

なぜなら家を見る前に、周辺環境をチェックする必要があるからでございますぞ。

隣近所はどんな家か、どんな人が住んでいるのか。周辺の道路は広いか、交通量が多いか。ゴミ捨て場は近すぎないか。などなど、そこでの暮らしをイメージしながらチェックするのが大切だ。

内覧会で家が見たいのは当然のことですし、家をチェックするのも大切なことですよ。でもそれと同じくらい、周辺環境をチェックすることは大切なのでありますよ。

 

なぜって?それはですね、周辺環境は自分の力で変えることができないから、ですよ。

家を契約した後で、「あ、やっぱりここがヤダ。」と思っても変えられないではないですか。お隣さんの庭木から虫が飛んでくるなんて、どうやっても防げませぬよ。

周辺環境は後から変えるのは至難の業。だから契約する前に、色んなシミュレーションをしておく必要がある訳ですよ。

ザク男爵
家の駐車場の上を電線が通っております。契約前は気がつかなかったけど、これ、めっちゃ車に鳥にフンされるのであります。

周辺環境は時間・季節・天気によって変わるもの。時間帯・日にちを変えながら周辺環境をチェック致しましょう

一軒家によくあるご近所トラブルと上手な解決方法はコレだ!

2017.06.16

 

3・細部の仕上がりをチェックして、欠陥を見抜く。

さて、それではいよいよ、家のチェックと参りましょう。家を内覧すると、どうしても家のデザイン、間取りに目が行きがちです。しかし重要なのはそこではありませぬ。

ザク男爵
建売住宅の内覧で重要なのは、細部であります。とにかく、細部、ひたすらに、細部でございます。

マジで細かくて面白みのない話で申し訳ございませぬが、めちゃくちゃ重要なのでお伝えさせて下さい。

建売住宅の内覧でチェックすべき細部は、

 

・壁紙のつなぎ目

・壁紙の繋目

・壁紙の張り方(波打ってないか)

・コーキングの仕上がり

・窓枠のサッシ

・窓の開け閉め

・ドアの動き

 

・・・地味ですね。申し訳ないですね。しかし1つ1つは小さいことですが、実はこれこそが欠陥住宅を見抜く上でとても大切なことなのでありますよ。

それは、仕事の出来は細部に宿るからでありますよ。

丁寧な作業をしたのか、雑な仕事をしたのか。それは細部を見ればよく分かるのです。誰も見ないようなネジ一本、釘一本を丁寧にやったかどうか、それが全てなのであります。

例えば雑に扱ったネジ一本が、実は家の構造上重要なものだったら・・・。それだけで欠陥住宅になってしまうではありませぬか。たったネジ1本で。恐ろしや。

これは家に限らず、吾輩たちの仕事の世界でも同じでありますよね。書類整理でも、細かな気配りができるかどうかで、その仕事の出来が決まってくるというものですから。

上司
おい。この書類、あり得ないぐらい誤字脱字が多いんだけど。
ザク男爵
イ、イエス、ボス・・・。それには深い訳がございまして・・・(早く帰りたくて雑にやったとは言えませぬ。)

たかが誤字脱字、されど誤字脱字。細かい作業を丁寧にやるかどうかで、その仕事(家)の価値が決まってしまうのだ。

建売住宅の内覧会では、とにかく細部をチェックすることが大切だ。目につくデザインが全てではありませぬよ。

 

4・基礎のヒビ割れ。

建売住宅の内覧会では、必ず家の周りをぐるっと回って家の基礎を確認して頂きたいのです。どうでしょうか、あなたの家の基礎にヒビはありましたでしょうか。

基礎のヒビ割れを確認する理由は、基礎にヒビがあると重大な欠陥になる恐れがあるからだ。イヤですよ、買った家が欠陥住宅だなんて。

だから内覧会で、その予兆に気がついて欲しい訳でありますよ。

しかしあなたは、「建売住宅を新築で買うのだから、基礎にヒビなんてある訳がない。」そんな風に思ってませんでしょうかね。

ザク男爵
新築で買うのですから、基礎にヒビなんてある訳ないじゃないですか、やだなあ、もう。

・・・基礎にめっちゃヒビがあるのですが。

吾輩もそう思ってました。でも、あるんですよ。新築ピカピカの家にも、基礎にヒビは。

しかしご安心下さいませ。基礎のヒビには2種類(ヘアークラック・構造クラック)があり、問題となるのは、「構造クラック」なのであります。

構造クラックとは?

幅0.3mm以上のヒビは構造クラックと呼ばれ、地盤の不当沈下や、建物の構造上の問題が懸念される。

・・・聞いただけでめっちゃ怖いんですが。

「新築だから大丈夫!」なんてことはありませぬ。むしろ、新築だからこそ怖いのです。

だから建売住宅の内覧会では、忘れずに家の基礎をしっかりチェックしておきましょうぞ!

買ってはいけない!?基礎にひび割れのある建売住宅を買った3つの理由!

2017.10.01

 

5・床下に潜る。

87093ca4e0b9faa72c18661da1206f28_s
さてさて、さきほどの基礎のチェックにも関連しますが、床下に潜ることもとても大切であります。

床下に潜ることで、

 

・基礎の裏側の確認

・断熱材の取り付け

・床下の状況確認

 

が、確認できるからだ。特に床下の状況確認は大切でありますね。

 

・床下に建築中のゴミを放置した

・見えないところでの手抜き作業

 

など、吾輩たちの感覚ではあり得ないような欠陥を発見することができますからね。

でも内覧会でスーツを着た担当者に向かって「床下に潜っていいですか?」と聞くなんて恥ずかしいじゃないですか。

吾輩も小心者なので、そんなこと言えるか不安でした。

ザク男爵
あ、あの・・・床下・・・。そ、その床下・・・。えっと床下・・・。

・・・あ、はい、そうです、床下に潜りたいんです。

しかし恥ずかしがっている場合ではありませぬ。あなたのほんの少しの勇気で、欠陥住宅を見抜けるかどうか、その瀬戸際なのですから。ドンといきましょう!

購入前にこれだけは確認しておきたい!建売住宅の内覧会で床下に潜るべき4つの理由。

2017.02.23

 

そして最後に。

そして最後に、建売住宅の内覧会で最も大切なことをお伝えしましょう。

それは「何度も、納得いくまで内覧する」ことであります。

これはですね、言ってしまえば吾輩たちは素人なのですよ。どこまでいっても素人は素人、業界の闇(!)に染まったプロには敵わないのですよ。

ですので、事前にしっかり準備をして内覧しても、終わった後に、「うわ、あれ聞いておけばよかった!」なんてことは山ほどある訳でして。

だからそんな疑問、気になることが出てきたら、その都度内覧させてもらうのがとても大切なのです。間違っても納得してない状態で、即決してはいけませぬよ。

ザク男爵
昨日内覧したばっかりですが、やっぱりあの部分が気になります。

すみません、明日も内覧してもよろしいでしょうか?

何度も内覧するのは、はっきし言って迷惑ですよ。しかし、それを承知でやらねばなりませぬ。だって人生かけた買い物でございますので。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅の内覧会では、次の6つをチェックするようにしましょう!

1・担当者が信頼できる人物か。

2・周辺環境は、家と同じくらい大切。

3・細部の仕上がりを確認して、欠陥を見抜く。

4・基礎のヒビ割れを確認する。

5・床下に潜る。

6・気になるところ、疑問点があれば、何度も内覧する。

建売住宅は気がるに買える反面、欠陥住宅をつかまされないのか怖いのであります。

ですので、内覧会でしっかりと家を見定める必要があるのだ。

キレイで新築な家を内覧していると、ついつい気分よくなって「見たつもり」になりがちだけど、ここは1つ冷静にチェックしていきましょうぞ。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。