信頼できる営業マンの特徴は?ハウスメーカー営業マンの選び方と見極め方のコツ。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

ハウスメーカーを決めるとき、なにが一番大切かと思いますか?

・ハウスメーカーのこだわり?

・家の工法、スペック?

・モデルルームの雰囲気?

・・・イエス、どれも大切なことですよね。

ですがあえて申し上げますが、ハウスメーカーを選ぶときはもっと重要なことがございます。

ザク男爵
イエス、マダム。

それは営業マンを徹底的に選ぶことです。営業マンは家作りのすべてに関わる、大事な要素でございます。

営業マンはモデルルームで応対してくれるだけではなく、契約した後、理想の家が完成するまでサポートしてくれます。

ですので、営業マン次第で理想の家もできますし、逆に後悔する家ができることだってあるのです。

 

ではハウスメーカーの営業マンはどうやって選び、どう見極めたらいいのでしょうか?

この記事ではお人よしなあなたでもできる、ハウスメーカーの営業の選び方・見極め方について解説させて頂きます。

危険な営業マンにつかまる前に、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

家作りでハウスメーカーの営業マンが大切な理由。

「営業マンって、そんなに重要なの・・・?家が売るのが仕事なんじゃないの・・・?」

 

と、思われたあなた。・・・それが違うのですよ。

各ハウスメーカーはそれぞれこだわりや特色を出してますが、それ以上に「誰が営業担当か?」によって、あなたの家作りは変わります。

なぜなら家作りは、すべて営業マンを通して行われるからですよ。

 

家作りは、すべて営業マンを通して行われる。

ハウスメーカーの営業が大切なのは、家作りはすべて営業マンを通して行われるからです。

・「どんな家にしたいのか?」希望を聞かれる。

・希望の家を設計士に伝え、図面を書いてもらう。

・作成した図面を説明し、あなたの反応をみる。

・あなたの反応をもとに、間取り・設備などを修正していく。

・建築状況をあなたに伝える。

・あなたの要望を建築現場に伝える。

細かいことまで数えたらキリがありませんが、家作りはすべて営業マンを通して行われるのですよ。

そのため頭がキレてお客さん想いの「いい営業マン」なら、あなたの希望通りの家がたちますが、ハナクソがついてるような「ダメ営業マン」なら希望はおろか、家として機能しない(つまり欠陥住宅)ものが完成してしまいます。

ザク男爵
何度も言ったのに、なぜに断熱材の仕様が違うのでしょうか?

疑問を通り越して殺意しかわきませぬ・・・。

どんなに素晴らしいハウスメーカーの理念・工法も、それを実現する営業マンがダメなら理想は実現しません。

その反対に優秀な営業マンなら、あなたの希望を細かく感じ取り、それを現場にうまく伝え、現場の状況もあなたにスムーズに伝えます。

その結果、理想の家が実現できるのですね。

 

ハウスメーカーは家を売るのが仕事ですが、それだけではないのですよ。

理想の家を実現するために、一緒に家作りしてくれるパートナーでもあります。

だから営業マンこそ、しっかり選ばなくてはいけません。

 

ハウスメーカーの営業マンの選び方。いい営業マンの条件

ハウスメーカーのいい営業マンには、共通する特徴があります。

モデルルームを訪問したときは、営業マンの言動に注意してチェックしてみてください。

 

ウソをつかない。約束を守る。信頼できる。

いい営業マンとは、ウソをつかない、約束を守る人のことです。つまり、信頼できる人でございます。

営業の要素には、

・セールストークがうまい

・専門知識がある

・場を盛り上げることがうまい

・ジャニーズ的イケメン

などもあり、もちろんこれらも重要です。

しかし「いい営業か?」という観点で見れば、そこまで重要ではないのですよね。

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜなら営業マンにウソをつかれると、その後の家作りに不信感が生まれるからですよ。

一度不信感が生まれると、再び信じることは難しいものです。

住宅購入はウン千万もする買い物ですので、信頼できる人でないとお任せするのは危険です。

 

押し売りしない。

これはダメな営業を考えて頂くとよく分かると思いますが、

・契約を強引にせまる。

・一方的なセールストークを続ける。

・断っても、しつこく営業する。

・こちらの都合より、会社の売上優先。

このようなダメ営業マンに家作りを担当されたら、理想の家なんてできるワケありませんよね?

イエス、だからこそ、押し売りしないことがいい営業マンたる条件なのです。

・強引に契約をせまらない。

・断ったら、あっさり引き下がる。

・会社の売上より、お客さんの都合を優先する。

「この人、ぜんぜん営業しないけど、売上大丈夫なの?」

 

と、心配してしまう人の方が、実は成績もよかったりします。

なぜならお客さんから好かれ、信頼されるので、最後には契約してくれるからです。

ハウスメーカーのいい営業マンを選ぶときは、「押し売りしないこと」に注目してみてくださいませ。

 

しゃべるより、話を聞いてくれる。

営業マンの大切な役割として、「こちらの希望を現場に伝える(反映する)」というものがあります。

これは営業マンに伝えた希望を、営業マンが現場に伝える、伝言ゲームも1つなのですが、

・うまく説明できない希望、理想

・言葉の裏側に隠れた真意、希望

・事情、背景から読み取った、本当にやりたいこと

など、言葉にしない(できない)希望を読み取って、現場に伝える、というのも営業マンの大切な仕事です。

 

ですので、いい営業マンは「しゃべるよりも、話をよく聞いてくれる人」でございます。

一方的な説明をするより、あなたの話を黙ってきいてくれるのが大切です。

ザク男爵
・・・はっ!

営業の方が真剣に話を聞いてくれるおで、ついしゃべりすぎましたぞ・・・。

ハウスメーカーのトップ営業マンは、口下手な人が多いのも、「聞くことが大切!」ということを考えると、納得しますよね。

 

清潔感がある。

いい営業マンを見分けるとき、清潔感は外せません。

身だしなみを整えることは、つまり相手への配慮です。

営業の仕事は相手に配慮する仕事でもありますので、身だしなみが整ってなく配慮に欠ける営業マンは、仕事ぶりでも配慮に欠ける可能性があります。

別にイケメンである必要はありませんが、

・服装がきちんとしている。

・ひげをそっている。

・変なにおいがしない。

まぁ、つまりパッと見た時に「不潔感がない」ということですね。

これからの家作りを一緒にすすめるパートナーは、清潔感のある営業マンを選びましょう。

 

ハウスメーカーのいい営業マンの見極め方

「いい営業マンを選びましょう!」と言ったものの、実際は営業マンは選べる状況ではなかったりします。

なぜならモデルルームで応対してくれた人が、その後も担当してくれるからです。

ですので、いい営業マンを選ぶには、モデルルームでの応対をもとに見極めなくてはいけません

営業マンを見極めるためには、次のポイントに注意してみてくださいませ。

 

身だしなみ、言葉使い・態度で、3秒で見極める。

いい営業マンを3秒で見極めるとっておきの方法は、こちらでございます。

・身だしなみ

・言葉使い、態度

この2つで、ざっくり見極めます。

もしも応対してくれた営業マンが、

・パッと見て不潔な印象。

・高圧的な態度、言葉使い

・幼稚な言葉使い。

などの特徴があったとき、その営業マンはダメな営業マンの素質があります。

 

「会って3秒でなにが分かるの?」

 

と思うかもしれませんが、これが結構分かるのですよ。いわゆる、第一印象というものですね。

 

第一印象はあながち人の本質が出ていることが多く、第一印象だけで判断しても大きく間違うことは少ないです。

ザク男爵
第一印象で強烈にイヤな印象を受けましたが、応対を続けていくうちに、やはりイヤな印象ということが分かりましたぞ。

第一印象で判断したのち、ゆっくりと確認していく、というスタンスがおすすめですよ。

 

分からないことを質問して、その反応で見極める。

いい営業マンを見極めるためには、質問が有効です。

営業マンの説明を受けるだけでなく、積極的に質問をしてみましょう。

・どうしてこの工法なのですか?

・デメリットはありますか?

・予算○○万円では、どんな家ができますか?

営業マンに質問を投げたときの反応は、営業マンによって大きく違います。

・その場でしっかり答える。

・その場で適当に答える。

・専門用語を多用する。

・分かりやすく説明する。

・しっかり調べて、後日回答する。

質問の回答1つで、営業マンの対応がこれだけ垣間見れます。

当然ながら、質問に対して誠実に対応してくれるのが、いい営業マンでございます。

ぜひ積極的に質問を投げてみながら、反応を見極めてみましょう。

 

わざと小さな約束をして、その反応で見極める。

少しイヤらしい見極め方法になりますが、営業マンとわざと小さな約束をしてみて、その反応を見極めるのも有効です。

・営業NGの希望(訪問NG、電話NGなど)を守るか?

・希望した資料を準備してくれるか?

・こちらの要望を調整してくれるか?

口先だけの営業マンでは、行動が伴いません。

あなたのためにしっかりと行動してくれるのか?、小さな約束をすることで見極めることができますよ。

 

「どうしてこのお仕事をはじめたのですか?」と質問する。

そしていい営業マンを見極めるときに大切なのが、「どうしてこのお仕事をはじめたのですか?」と、仕事への想いを質問することです。

このとき返答に困ったり、「給料いいからね・・・」と答えてしまう営業マンはNGでございます。

家作りの営業はお世辞にも楽な仕事ではありませんので、想いがなければいい仕事はできません

・家作りを通して、一人でも多くの人に幸せになってほしい。

・家が大好きだ。この喜びを分かってほしい。

・住宅業界を変えたい。業界の闇を解消したい。

もちろん、ハウスメーカーの営業職は給料もいいので、お金のために働くのも悪いワケではありません。

ですがお金しか目的がないのは、「売上になるなら、なんでもいい」という思想に偏る危険があります。

 

「どうしてこのお仕事をはじめたのですか?」

 

この質問で営業マンの人間的な部分、そして家作りへの想いが分かります。

ぜひモデルルームで質問してみましょう。

 

まとめ:いい営業マンを見極めて、理想の家作りを!

家作りにおいて、営業マンはとても大切です。

なぜなら家作りはすべて営業マンを通して行われるからですよ。

ハウスメーカーとあなたの理想をつなぎ、実現する陰の功労者が営業マンなのですね。

 

「いい営業マン」を見極めるには、次のポイントを参考にしてみてください。

【いい営業マンの選び方・特徴】

1・ウソをつかない、約束を守る。信頼できる。

2・押し売りしない。

3・しゃべるより、話を聞いてくれる。

4・清潔感がある。

【いい営業マンの見極め方】

1・身だしなみ、言葉使いで、3秒で見極める。

2・質問した反応で見極める。

3・わざと小さな約束をしてみて、その対応で見極める。

4・「どうしてこのお仕事をはじめたのですか?」の質問で、見極める。

余談ですが、「いい人」と「いい営業マン」は違いますからね。

しっかり冷静に営業マンを見極めましょう!

ぜひ素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

▽住宅展示場の回り方のコツは、こちらへ!

理想のマイホームを実現するための、住宅展示場の回り方の7つのコツ。

2019.01.14

▽営業マンに会わないでカタログを取り寄せる方法はこちら!

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

▽「家、欲しいかも!」と思ったら、まずこちらの記事をお読みください。

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのことを知って欲しい。

2019.01.08

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」で執筆してます。

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。