脱・いい人!生意気な後輩に舐められるときに解決する5つの方法!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

「上司や先輩もよりも、本当に怖いのは、部下、後輩である。」

これは吾輩が社会で生き抜くために、肝に銘じている言葉でございます。

そう強く思うようになったのは、吾輩が高校時代の部活で後輩に舐められたことがきっかけだ。

 

可愛がっていた後輩に舐められ始め、その後しばらく辛い時期を過ごしたのだ。

先輩なんてちょっと偉そうにしておりますが、基本的に言うことを聞いていれば「守ってくれるありがたい存在」であります。

しかし後輩は扱い方を間違えると、あっと言う間にあなたを舐めて小バカにしてきますからね。

さらに言うことを聞かないばかりか、みんながいる前で恥をかかされて、先輩としてのプライドが傷つけられるのだ。

ザク男爵
これはかなり精神的にきつく、相当なストレスでございました。

だから吾輩は、その1件があってからは後輩の扱い方には特に注意するようにしております。

後輩に舐められないようにするには?また、後輩から舐められてしまったときはどうしたらいいのか?

この記事ではその2つについて掘り下げて書いて参りましょう。

スポンサーリンク

後輩に舐められた経緯と原因。

思い出すのも辛い話ですが、吾輩が後輩に舐められた経緯について、ご説明させて頂きましょう。

吾輩は高校の部活の後輩から舐められてしまい、大変悩んでおりました。

 

後輩を可愛がって親切にしたら、秒速で舐められた。
92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

吾輩が後輩から舐められたのは、高校の部活の時でした。当時吾輩は、初めて入ってくる後輩という存在にワクワクしておりました。なぜなら吾輩は、初めての部活であり、初めての後輩だったからであります。

ザク男爵
同じ目標に向かって進む後輩が入ってくるとは、感激でございます。ここは1つ、親身に親切にすることに致しましょう。

慣れない環境で緊張していた後輩に積極的に声をかける。分からないこと(学校のこと・部活のこと)は全部優しく教えてあげる。

手取り足とり、全身全霊で親切に対応した吾輩。その甲斐あってか、後輩たちはすぐに吾輩に懐いてくれました。

後輩たちに囲まれ、吾輩はとても楽しい時間を過ごしておりましたが、5月の連休を過ぎる頃から少しずつ様子が変わっていったのでした。

 

それまで吾輩のことを慕っていたように見えた後輩たちでありましたが、あろうことか、吾輩のことを小バカにし始めたのであります。

 

言葉の節々にタメ口が出てくる。

先輩うんぬん以前に、人として尊重されない発言。

他の先輩とは違う態度。

 

新しい環境にも次第に慣れ始め、同学年の友達もでき、他の先輩との関係も出来始めると、それまでの懐きっぷりを手のひらを返した態度になったのであります。

後輩たちから小バカにされる部活の日々になってからは、とても苦痛な毎日でございました。

ザク男爵
あれほど可愛がっていたのに・・・。く、くやちいであります・・・!!

後輩からちやほやされる日々から一転して、小バカにされる毎日。この辛さ、ご想像できますでしょうか。

しかし今振り返って思うと、吾輩は「舐められるべくして舐められた」のであります。

きっと後輩からは、

年下の部下
この先輩は接しやすい先輩だ。(ああ、こいつは楽勝だね。友達感覚でOK!)
年下の部下
この先輩は優しい先輩だ。(この先輩の言うことを聞かなくても、怒られないからいいや!)

と、思われていたことでしょう。

すっかり後輩に舐められた吾輩ですが、とある事件をきっかけに気持ちがぷっつりと切れてしまったのであります。

 

ついに後輩から蹴られた。

吾輩の気持ちがぷっつりと切れてしまった事件。それは蹴られたことでございます。ケツを思いっきり、蹴られたのでございます。鈍い音を立てて、静かに蹴られたのでございます。

別に後輩と殴り合いのケンカをしていた訳ではないですよ。いつものように、小バカにされながら楽しく談笑していただけですから。しかし吾輩は蹴られたのでございます。

しかもかなり思いっきり蹴られたので、吾輩のケツは相当なダメージを負ったはずです。しかし、不思議と痛みはありませんでした。

痛みよりも、なんと言いますか、それまでのモヤモヤがすっきりと晴れ渡り、これからどうしたらいいのか、一瞬で悟った感覚ですね。

ザク男爵
・・・痛っ!!

・・・そうですか、そうですか。

吾輩は後輩たちにとって、先輩でも何でもないのですな。むしろ、先輩にも友達にもなれない、利用価値のない人間なのでありますな。

後輩から不意に喰らったケツへの蹴りにより、吾輩はそれまでの謎が全て解けたのだ。

 

後輩から舐められた原因は?

後輩からの愛のない蹴りにより、吾輩は後輩から舐められた原因を悟ることができた。

吾輩が後輩から舐められた原因は、先輩になれなかったことだ。先輩のつもりだったかもしれないが、後輩からは先輩として認められていない、認知されていなかったのが原因だ。

その結果、タメ口を言われ、小バカにされ、挙句に蹴りを頂くという、一線を越えた行動をされたのだ。

ではどうしたら後輩から舐められないようになるのか?

その方法を考え抜き、実践して、見事関係を改善できた方法が次の方法でございます。

 

後輩から舐められない方法。

bsOY151013290444後輩から舐められない為には?それを実践するには、次の方法が非常に有効だ。

 

先輩の敷居を低くしない。

後輩から舐められる先輩の特徴として、「後輩から話しかけやすい、親しみやすい先輩」であることが挙げられる。

先輩としての敷居が低ければ、それだけ後輩から話しかけられ、慕われやすい傾向がある一方で、生意気な後輩からは舐められやすい。

だから大切なのは、最初から先輩としての敷居を低くしないことだ。一定の距離、壁を作ることで、後輩から舐められることを防げるのだ。

 

また注意したいのが、一度先輩としての敷居を低くしてしまうと、後から敷居を高くするのが難しいことだ。

敷居を低くするのはいつでもできること。しかし後から敷居を高くするのは、ほぼ不可能でございます。

だから入ってきた後輩が可愛いからと言って、先輩としての敷居を低くする(親しみやすい先輩を演じる)のは危険でございますよ。

なぜならその後輩は、ただ単に新しい環境に慣れないで可愛く見えるだけかもしれないからだ。慣れない環境でドキドキしている姿って、どこか可愛いじゃないですか。そういうことですよ。

ですので、後輩から舐められない為には、先輩の敷居を低くしないことが大切だ。「気安く話かけるな!」というオーラが出てるぐらいが丁度いいかもしれません。

 

圧倒的な実力差を見せつける。

bsOY1151013570587後輩から舐められない為に有効なのは、圧倒的な実力差を見せつけることだ。

圧倒的な実力差を見せつけることで、生意気な後輩からも舐められることはなくなるでしょう。

しかしどうして「圧倒的な実力差」が必要なのでしょうか。僅差ではダメなのでしょうか?

ザク男爵
後輩から舐められない為には、圧倒的な実力差が必要でございますぞ。

なぜなら、後輩は先輩が思っている以上に実力主義だからであります。

後輩はあとから組織に入ってきただけで、組織(部活)の中で冷遇される立場でございます。厳しい組織では、下働きとして掃除、片付け、やりたくない仕事などやらされる場合もあるでしょう。

しかし後輩たちは、この下働きを快く思っておりません。「できることなら、やりたくない。」そう思っているはずです。

実力のない後輩なら我慢してやりますが、実力があって生意気な後輩だと、クーデーターを起こす訳ですよ。そのターゲットになるのが、実力のない先輩であります。

だからタメ口を聞いたり、言うことを聞かなかったりして、態度で「俺(後輩)の方が実力が上だ、立場も上だ」と示そうとするのですよ。

ですので、それを防ぐにはやはり圧倒的な実力差が必要になるのです。もし圧倒的な実力差が難しいのなら、圧倒的な努力量でカバーすることもできますぞ。

他の誰よりも努力するあなたの背中は、誰ひとり小バカにできる人はいません。いるとしたら、その組織は終わってますね。

ザク男爵
ちなみに吾輩は圧倒的な実力差がなかったので、圧倒的な努力量で後輩たちを黙らせましたぞ。

舐めてくる後輩たちを黙らせるには多くの言葉は必要ありません。ひたむきに努力するあなたの背中、それだけあれば十分です。

 

クールでミステリアスな先輩を演じる。

先輩としての敷居を低くしない。圧倒的な実力差を見せつける。これだけしても尚、舐めてくる後輩はいるから困ってしまうのです。

そんなときは、クールでミステリアスな先輩を演じるのが効果的でございますぞ。

無口で何を考えているのか分からない。そんな先輩を演じることで、生意気な後輩を遠ざけることができるのだ。

 

生意気な後輩の特徴は、「そこそこ実力があって、かつ口が達者で世渡り上手」、ではないでしょうか。

口下手な吾輩は、彼らと会話していると、すぐに丸めこまれてしまうのですよ。で、小バカにされはじめると。

だから吾輩は「あ、こいつはヤバいヤツだ」と思う生意気な後輩に対しては、クールでミステリアスな先輩を演じるようにしておりますぞ。

年下の部下
先輩、これ、どうやるんでしたっけ?(知らないと言わせて恥をかかせてやる)
ザク男爵
・・・ふふ、自分で考えな、坊や・・・。
年下の部下
は?

無口であれば、自分の考えを悟られません。ミステリアスであれば、近寄りがたい雰囲気になります。

生意気な後輩ほど、懐に入れない方が身のためでございますぞ。

 

先輩としての特権を手放さない。

また後輩から舐められない為には、先輩としての特権は死守する必要がある。

長く組織に関われば、ある種の特権を得られるものだ。組織の中での意思決定権は、その最たるのでしょう。

しかし先輩としての特権を自ら手放してしまうと、あっという間に後輩から舐められてしまうのだ。

ザク男爵
次の仕事の件、君が自由に決めなよ。
年下の部下
分かりました。じゃ、ザク先輩は補欠でお願いします。
ザク男爵
は?

先輩であれば、大なり小なり特権を持っているもの。その特権を後輩に渡してしまうと、先輩としての地位はないも同然でしょう。

残酷な話ですが、特権をもたない先輩は単なる目の上のタンコブ。「はよどいてくれ」、と思われる存在でございます。

先輩としてちやほやされているのは、「あなたの持っている特権があるから」、という事実を忘れてはいけませぬぞ。

 

最終的には「やめろ」の一言しかない。

あの手この手を尽くしても、舐めてくる後輩はそれでもいるものです。

そんなときは、やはりこの一言を言うしかありませんぞ。

ザク男爵
おい、やめろ。

実力がどうの、特権がどうの・・・とか、色々書きましたが、最後はやはりこれなんですよね。自分の意志を伝える、これに尽きるのです。

吾輩も後輩から舐められた状況を抜け出す為に、何度もこの言葉を使いました。使い始めは言葉に重みがなく、後輩たちから「は?」的な顔をされましたが、それでも言い続けました。

その結果、徐々に「あ、この先輩でも怒るんだ」ということが認知され、少しずつ先輩としての地位を取り戻していきました。

 

可愛がる後輩は、厳選しろ。
f3bcba1b48690295639ae94f28d0c3a1_s

長くなってしまいましたが、最後に後輩から舐められない為に大切なことをお伝えさせて下さい。

それは、「可愛がる後輩は、厳選しろ」ということであります。

後輩から舐められない方法を色々書きましたが、本当に大切なのは舐められない方法ではなく、可愛がるべき後輩を見つけ、適切に可愛がることなのです。

だって後輩って、玉石混合ではないですか。本当に可愛い後輩もいれば、すぐに生意気になって一線を越える可愛くない後輩もいますよね。

それなのに「後輩」というカテゴリーだけで、無条件に後輩全員を可愛がる必要はないかと。

ザク男爵
後輩というだけで、無条件に可愛がってしまったのが、吾輩が舐められた原因であります。

先輩後輩の垣根を越えた親しい関係に憧れますが、言ってしまえばそれは厳選して選ばれた後輩だからこそ、その関係が成り立つもの。

上辺だけ「親しみやすい先輩」を演じたところで、後輩から舐められるのがオチでございますよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

生意気な後輩から舐められない為には、次の方法が有効でございますぞ。

1・先輩の敷居を低くしない。

2・圧倒的な実力差(もしくは努力量)を見せつける。

3・クールで無口、ミステリアスな先輩を演じる。

4・「やめろ」の一言が大切。

5・可愛がる後輩は厳選すべき。

組織の中で真に恐れるべき存在は、後輩でございます。

なぜなら後輩は、今のあなたのポジションを狙い、奪う立場でありますから。先輩や上司よりも後輩の方が扱いが難しく、注意しなくてはいけない存在なのであります。

組織で働くと色々人間関係のトラブルがありますが、上手に世渡りしていきたいものですね。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。