住宅ローンは20年で完済すべき。後悔しない住宅ローンの借り方・返済方法とは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

住宅ローンを契約するとき、契約期間は35年で契約するのが多いのではないでしょうか。

できるだけ長く借りられれば、その分毎月の支払額を抑えることができ、家計への影響を極力少なくすることができます。

もちろん、借りている期間に応じて利息も付きますが、今は至上最低レベルの低金利ですから、金利の影響は小さいでしょう。

では35年で借りた住宅ローンは、35年で返済すればよろしいのでしょうか

ザク男爵
イエス、マダム。それはですね、35年で借りた住宅ローンは、20年で完済するべきでございますよ。

35年で借りた住宅ローンは、20年で返済すべき。

これは何も適当に申し上げている訳ではありません。実際に住宅ローンを借りてみて感じたことを、率直に申し上げているのです。

では、なぜ35年で借りた住宅ローンは20年で返済すべきなのでしょうか。

この記事では、その理由についてお答えして参りたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

35年後に待っているもの。

35年で借りた住宅ローンを20年で返済する理由を考えるには、住宅を買ってから35年後の未来を想像しなくてはいけません。

新築(もしくは中古)で買った住宅は、35年後、どんな姿になっているでしょうか。そして35年後にあなたを待っているものは、一体何でしょうか。

 

資産価値のないボロ家。

住宅を買ってから35年後、新築で買った家も35年も経てば立派なボロ家となっているでしょう。

外壁の塗装は色あせて、ところどころ禿げているかもしれません。内装も壁紙の破れ・汚れはもちろん、水周りの劣化は避けられないでしょう。

どんな立派な家も時と共に劣化するのです、こればっかりは仕方ありません。

事実日本の住宅は、新築時を資産価値のピークとし、その後急速に下落していくのであります。(建物としての)

それを顕著に感じるのは、家を買う時ではないでしょうか。だってあなたが家を買う時、「築20年」の物件を見たとき、どう思いましたか?

ザク男爵
築20年ですと!?安い、安すぎであります、住宅のバーゲンセールでございます。

この物件、買わないと損であります。

築20年!?・・・いや、ちょっと無理かな・・・。

・・・え?安いから欲しいですって?・・・いや、冗談辞めてよ。

築20年の反応は人それぞれですが、「古い」・「安い」という認識は共通しているものです。

 

大人になった子供たち。

また家を買ってから35年後、あなたを待っているのはすっかり大人になった子供たちではないでしょうか。

家を買ったときに子供が生まれたとしても、35年後には35歳でございます。

ザク男爵
家を買ったとき、吾輩は30歳でした。そして家を買ったときに次男が生まれました。

35年後、次男は35歳。家を買ったときの吾輩よりも年上なのですが・・・。

絶賛子育て中の吾輩には想像つかない未来ですが、事実として35年後には、すっかり大人になった子供たちが待っているのです。

 

もうすぐ定年で、ちょっと疲れた自分。

そして35年後の未来を考える上で外せないのが、自分自身のことですよね。

35年後には、さすがに働くことに疲れた自分がいる・・・。そんな気がしませんか?

だって30歳で家を買った吾輩は、35年後には65歳でございますから。

ザク男爵
ろ、65歳でありますか・・・。

のんびりお茶でも飲みながら、孫たちと戯れて余生を過ごしたいであります。

正直に申しますが、65歳になっても「生活の為に稼がねば!!」とか、吾輩はやりたくありません

 

20年で返済できれば・・・。

せっかく新築で家を買ったのに、どうして35年後の未来を考えるとハッピーエンドにならないのでしょうか。

その原因は、住宅ローンを35年で返済しているからでありますよ。

やはり人間が人間である以上、住宅ローンを35年で返済するには無理があるように感じるのです。

しかし35年後の妄想した暗い未来は、住宅ローンを20年で返済することで、とても明るい未来になってきます。

 

家の修繕費用(リフォーム資金)を準備できる。

もしも住宅ローンを20年で完済することができれば、15年早く返済できた期間を使って、ボロ家となった家の修繕費(リフォーム資金)を準備することができます

新築の家を買ったばかりでは想像できませんが、家は時間と共にどんどん劣化していきます。そして劣化と共に、修理・修繕が必要になってくるのですよ。そして修繕費用が実に高いのです。

吾輩の買った建売住宅のメンテナンスカレンダー(予定表)には、各時期の修繕費用の目安が書いてありました。

【5年目】

サッシ・シャッター  建付け調整 1.5万~

網戸 建付け調整 1.5万~

防蟻処理 再処理 10万~

畳 表替え 1.0万/畳~

合計:14万円~

 

【10年目】

屋根  アスファルトシングル  塗装  30万~

外壁  サイディング      シーリング打ち替え 40万~ ・ 塗装 55万~

バルコニー 床  FRP補修 10万~

網戸 網張り替え 5万~

玄関ドア ドアクローザーの交換 2.5万~

防蟻処理 再処理 10万~

クロス 壁・天井  貼り替え 1.8千円/平米~

給湯器 交換 30万~

合計:97.5万円~

こちらは10年目までの修繕までしか書いてありませんが、10年目で既に100万円の出費でございますよ。

これが20年、30年となったら・・・

ザク男爵
間違いなく破産でございます。(きっぱり)

35年で住宅ローンを借りても、のんびり返済していられないのですね。

だからこそ、住宅ローンを20年で完済し、いち早く修繕費用の準備をしなくちゃいけないのですな。

 

退職後の老後資金の準備ができる。

さらに住宅ローンを20年で完済できれば、いち早く老後資金の準備をすることができます

30代、40代の頃から老後のことを考えるのはすごく難しいことですが、老後は等しく全員にやってくる未来でございます。

今から老後を考えて行動しているのと、何も考えていないのとでは、その差は大きな差となってくるでしょう。

ザク男爵
老後ですか?ああー、まだまだ先の話ですね・・・鼻ほじ・・・。

35年で借りた住宅ローンを35年で完済していては、老後生活は目と鼻の先であります。

20年と言わずできるだけ早く返済し、少しでも早く老後資金の準備に取り掛かるべきでありますぞ。

 

住宅ローンを20年で返済するには?

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s住宅ローンを20年で完済する重要性、ご理解頂けましたでしょうか。

しかしとは言っても、ただでさえ住宅ローンの返済って大変じゃないですか。これをどうひっくり返したら、20年で完済できるのでしょうか。

住宅ローンを20年で完済するには、次のポイントを抑えることが大切になってきますよ。

 

家本体の金額を安く抑える。

まだ家を買っていないのであれば、まだ間に合いますぞ。

住宅ローンを20年で完済するには、家本体の金額を安く抑えることが大切です。

なぜなら家本体の金額を安くすることができれば、後が楽だからでございますよ。

家を買うときは、大きな金額に眼が慣れてしまい、100万、200万の違いが「大した差ではない」と思えてしまうのですよね。

しかしその金額の差は、住宅ローンを返済しているうちに、ボディーブローのように響いてきますぞ。

ザク男爵
ぐふぅ・・・。追加オプションで100万円増やした分の住宅ローンが家計に響くであります・・・。

家本体の金額を安く抑えるには、無駄なオプションを省く他、値引き交渉が有効でございます。

値引き交渉は契約前に!建売住宅の値引きのコツとタイミング!

2017.05.04

 

住宅ローンの金利を見直す。

「もう家買っちゃった!どうしよう!」と、思ったあなた。ご安心下さいませ。家を買った後でも、住宅ローンを20年で完済する方法はございますぞ。

それは住宅ローンの金利を見直すことです。

今よりも低い金利の住宅ローンに借り換えることで、月々の支払い抑え、住宅ローンを20年で完済することができるのです。

ザク男爵
住宅ローンですか?ああ、それならハウスメーカーの提携している銀行と契約しましたが、何か?

なんとなく契約した住宅ローン、その金利本当は高いかもしれませんよ。吾輩はハウスメーカーと提携していた地方銀行と契約しましたが、金利が高かったので、その後ネット銀行に借換しました。

 

住宅ローンの借り換えなら、一度の入力で複数の銀行に申し込める住宅ローン一括審査申し込みが便利でございます。

今借りている住宅ローンの状況を入力するのは大変ですが、それが1回で済みます。

銀行ごとに何度も同じ入力をするのと、一括申し込みサイトを活用して、1回の入力で済ませるのか。どちらがいいのか、考えるまでもありませんよね。

 

できる節約は全部やるべき。

また住宅ローンを20年で完済するには、できる節約は全部やる覚悟が必要でございますよ。

通信費、保険、水光熱費などの固定費はもちろん、日々の食費や生活費なども容赦なく削っていく覚悟が必要であります。

なぜそこまでの節約が必要かと申しますと、だって住宅ローンを払っている今でさえ苦しいじゃないですか。苦しい家計状況なのに、節約なしに住宅ローンを20年で完済するなんて無理な話ではありませんか。

ザク男爵
イエス、マダム。だからこそ、節約が大切になるのです。

茨の道であることは承知の上ですが、きっと20年後、「節約してよかった!」と思える日が来るでしょう。

苦しい節約を続けるにはコツが必要でございます。お勧めは家計簿をうまく活用し、自然とお金が貯まる方法であります。

年間100万円貯金を年収400万(4人家族)で達成した、気付いたらお金の貯まる家計簿の使い方。

2017.03.09

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

35年で借りた住宅ローンを20年で返済すべき理由は次の通りでございます。

1・35年後には、新築だった家もボロ家になり、修繕費が必要になる。

2・35年後には、定年を控えた自分がおり、老後資金が必要になる。

3・できるだけ早く住宅ローンを完済し、修繕費用・老後資金を準備する必要がある。

住宅ローンは35年で借りるのが一般的ですが、35年かけて住宅ローンを返済するのは少々危険でございます。

家を買ったばかりでは想像もつきませんが、家を買ってからの35年後の未来は、今とは大きく生活環境が変わってくるからです。

特に退職して老後生活になる未来は、誰しも必ずやってくる未来でございます。

まだまだ先の話かもしれませんが、今できることを少しずつ積み重ねないと、取り返しのできない差になってしまいますぞ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。