危険!夫婦共働き世帯年収で住宅ローンの借り入れが危ない理由3つ!

どうもこんにちは、営業代行のザク男爵でございます。

 

住宅ローンの支払いは、夫婦合算した世帯年収でシュミレーションすべきでしょうか?

今は共働き時代です。

夫婦の力を合わせれば、夫の年収だけでは手の届かない、オシャレなお家や、素敵なお家に住めるでしょう。

ですが、住宅購入後3年が過ぎて私は改めて思うのですよ。

ザク男爵
住宅ローンの支払いを、夫婦合算の返済にしなくてよかった・・・ほ・・・

住宅ローンの支払いは、夫婦合算の返済は危険だという結論に至りました。

 

そこでこの記事では、住宅ローンを世帯年収、妻の年収を合算しないでよかったことについて書いていきますぞ。

体験談ベースのリアルな情報をお届けさせて頂きます。

スポンサーリンク

予算オーバーでも、妻の年収を合算すると・・・。

住宅を探しているうちに、

ザク男爵
あ、この家いいな・・・。

でも予算オーバーだ。どうしよう・・・

と、予算オーバーなのに諦められない家に出会ってしまうこと、ありませんか?

そんな時に、妻の年収を合算して世帯年収として考えると、あら不思議。

予算オーバーだった家が、予算内に収まり、都合よく買えるではありませんか!

 

今では住宅ローンを申請する際に、妻の年収を合算して世帯年収として計算し、住宅ローンを借りるやり方もあるようです。

ええ、これなら予算オーバーだった家も買えますね。

しかしですよ?

ザク男爵
その住宅ローン返済のシュミレーション、本当に大丈夫ですか?

妻の収入を住宅ローンの返済に回すと、かなり危険ですよ。

 

妻の収入を住宅ローン返済にまわすと、ここが危ない!

住宅ローンを返済して、早3年。

私が感じる妻の収入を住宅ローン返済にまわす(世帯年収での返済)危険性は、次のようなものがあります。

 

子供が幼稚園に入園したとき!

「妻の年収を住宅ローンの返済に当てなくてよかった!」と感じるのは、子供が幼稚園に入園したときです。

なぜなら子供を幼稚園に通わせる生活が、想像以上に忙しかったからです。

 

まず幼稚園からの呼び出しがかなり多い。

・運動会の準備

・納涼祭の準備

・発表会の準備

・もちつき大会

などなど、幼稚園でイベントがあるたびに召集がかかります。

また子供が風邪を引いたときに、急遽迎えに行くこともあります。

 

幸いにして妻がすべて対応してくれたので、なんとかなりました。

ですが住宅ローンの支払いを「妻の収入」を当てにしていたら、目も当てられない状況だったでしょう。

もう無理!マジで無理!仕事しながら、幼稚園の手伝いとか、無理だから!!ムキーーーー!!

借りてしまったものは、返すしかありません。

・・・その後の生活がどう変わろうとも・・・。ごくり

 

妻が妊娠したとき。

住宅購入後、妻が妊娠したら・・・。

もしも妊娠した妻の収入を住宅ローン返済に見込んでいたら、後悔するでしょう。

その理由は、妊娠しながら働くのって、相当キツイからですよ。(妻が)

妻の収入を住宅ローンの返済に組み込んでしまうと、仕事を辞めたくなっても簡単に辞められないじゃないですか。

いやですよ、辞めたくても辞められない仕事って。苦痛すぎます。

 

ですが、これが夫の収入だけで返済できる住宅ローンなら、妻が妊娠しても安心ですよね。

だって妻の収入は、最初から住宅ローン返済には関係ないのですから。

妻が妊娠して仕事を辞めても(休職しても)、住宅ローンはそれまで通り返済できますから。

仕事を辞めるなり、休職するなり、自由に選んだらいいかと。

 

住宅を購入するとき、妻の収入を返済に組み込んでしまうのは危険です。

妻の収入は住宅ローンとは別の支出に充てるべきでしょう。

 

夫が仕事を辞めたとき!

また夫婦共働きで、世帯年収で住宅ローンを借りてしまうと、夫が仕事を辞めたときも危険です。

なぜなら借りた住宅ローンは、世帯年収があってこそ維持できる住宅ローンだからですよ。

夫の収入が欠けただけでも、返済は苦しくなってしまいます。

もしも夫が仕事を辞めて無職になったとき、残されるのは「背伸びして借りた住宅ローン」だけですから。

 

さらに夫が転職する場合、転職先の年収もそれまでと同水準でなければいけません。

もしも転職先の収入が低かったら、

ザク男爵
家計は火の車でございます。めんぼくないです。

背伸びした住宅ローンを返済できません。

 

ですので、住宅ローンは最初から背伸びしないことが大切なのですよ。

「世帯年収なら、買えるかな・・・」と淡い期待を抱くと、その後のリスクに対応することができません。

 

「夫(妻)だけの収入で借りれるだけ」

 

身の丈にあった住宅ローンにしておけば、その後が本当に楽です。

夫の収入も、ずっと今の水準が続く保証はありません。

 

住宅ローンで不安なことは、プロに相談してみよう。

「世帯年収での住宅ローンは危険なのか・・・。」

頭で危険を理解しても、解決方法が分からなければ、「じゃぁ、どうすればいいの?」と、逆に聞きたくなりませんか?

 

住宅ローンのことで迷ったときにおすすめなのが、たった30秒の入力であなたの悩みを解決してくれる、住まいと暮らしのお悩み解決のお手伝い【住宅本舗の住まいのお役立ち診断】です。

住まいのお役立ち診断は、簡単な入力をするだけで、「あなたが次に何をするべきか」、診断してくれるサービスです。

・世帯年収は危険なのは分かったけど、どんな住宅ローンがいいの?

・住宅ローン審査に落ちた。どこか借りられる銀行はないの?

・転職したばかりだけど、住宅ローンは借りられるかな?

住宅ローンで不安なことを住宅ローンの専門家がぴったりのアドバイスをしてくれますよ。

住まいのお役立ち診断は、もちろん無料でございます。

1人で悩みを抱えずに、まずは無料診断をやってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:世帯年収での住宅ローンは、結構危険。

それでは、まとめましょう。

妻の収入を合算して、世帯年収で住宅ローンを借りる危険性は次の通りです。

1・ライフステージが変わるとき、収入が減る場合がある。

2・子供の幼稚園の入園、妊娠など、妻のライフスタイルは住宅購入後も変わる。

3・夫の仕事も絶対続くとは限らない。次の仕事も今と同水準の収入とは限らない。

夫の年収だけでは、買える家は限定されてしまいます。

私だって、住宅購入時は年収300万でした。年収300万で買える家なんて、選べる状況ではありませんでした。

 

ですので、「妻が働いて、夫婦の世帯年収で計算して家を買う」という選択肢もありました。

ですが、私はその選択肢を選びませんでした。

住宅購入して3年、今ではその選択は大正解だったと胸を張って言うことができます。

 

世帯年収で住宅ローンを借りれば、買える家のグレードは上がります。

ですが、その後の返済は120%大変です。

特に子供の成長に合わせてライフステージが変わると、返済に無理が出る時期も出てくるでしょう。

仕事を辞めたいのに辞められない生活なんて、私はしたくありませんよ。

 

世帯年収でしか買えないマイホームならば、その後のマイホームライフはキツイ生活になるかもしれません。

「ゆとりある生活は、ゆとりある住宅ローン返済から!」

身の丈のあった家が一番快適でございますよ。

ぜひ素敵な家作りを。それでは、また!

 

 

次の記事はこちらです。

住宅ローンはどこで借りる?ハウスメーカー経由で借りたら後悔した話。

2018.01.12

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。