建売住宅に3年住んで分かった、建売住宅のメリット・デメリットを本音で語ってみる!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

建売住宅ってなんだか安すぎるけど、本当に大丈夫なのだろうか?

ええ、そのお気持ち、よく分かりますぞ。だって建売住宅って、びっくりするぐらい安いですもの。本当に大丈夫!?って逆に心配になってしまいますよね。

そんな建売住宅を買ってから、吾輩はどうやら3年が過ぎたようであります。(厳密には2年半)

思い起こせば建売住宅を買ってから、いいことも悪いこともございましたなあ。

そこで今回は建売住宅に3年住んで分かった、建売住宅のメリット・デメリットについて書いていきましょうぞ!

スポンサーリンク

建売住宅のメリット

「建売住宅って、ただ安いだけなんじゃないの?」、「安かろう、悪かろうなんじゃないの?」

と、思っている方!いえいえ、それは違いますぞ。

実際に建売住宅に3年間住んで感じる建売住宅のメリットは、次の4つでございますよ!

ゆとりある住宅ローンで、生活にゆとりが生まれる。

建売住宅の最大のメリットは、その安さだ。

建売住宅は注文住宅と違い、同じような家を大量に作る。その為、資材も一気に揃えられるし、図面を書く手間暇も削ることができる。

だから注文住宅に比べて、びっくりするぐらい安く建てられる訳であります。

 

しかし建売住宅のメリットは、単に安いだけではございませぬぞ。

それは家本体の価格が安いので住宅ローンの金額を抑えることができ、購入後の住宅ローン返済にゆとりが生まれること。

その結果、ゆとりある住宅ローン返済から、「ゆとりある暮し」が生まれるのでありますぞ。

 

確かに吾輩は年収300万で(結構)無理して建売住宅を買いましたとも。

しかしその後年収が増え、もう少しで年収500万に手が届きそうなった今、思うのであります。

ザク男爵
・・・住宅ローン?気が付いたら、余裕しゃくしゃくではありませぬか!?

繰上げ返済して12年で完済を目標にしよう!ぐしししし

住宅ローンとは言っても、つまりは「借金」でございます。借金なんて少ない方が健全に生活できますぞ。

 

子供をのびのびと育てることができる。

建売住宅は安いお家でございますよ。外装だって内装だって、まあ言ってしまえば安っぽいのでありますよ。

しかしでありますよ!これが実に、子育てしている世代には、かなりのメリットになるのだ。

それは元が安い家だから、子供(特に小さい子供)が落書きしようが、床に穴をあけようが、そこまで怒らなくて済むからだ。

これがもしこだわりのつまった家だったら・・・

ザク男爵
ぬわわっ、ゆ、床にシールを貼るなーーー!!

あわわわっ、壁に落書きしちゃダメだよ!ああ、油性ペンで落ちないし!!この家高かったんだぞーーーー、むきーーーー!!

 

吾輩の血管は無限に切れていたことでしょう。

安い家は子育てしやすい家。安い家(ローコスト住宅)を買ったら意外とよかったこと4つ。

2016.12.29

 

住宅購入のベストタイミングを逃さない。

建売住宅のメリットは、安さだけではございませぬぞ。

建売住宅は既に完成された物件。だから欲しいと思ったときに、すぐに買って、すぐに入居することができるのだ。

吾輩は建売住宅を見学して、その2週間後にはもう契約していたし、さらにその2週間後にはすでに引越しして入居してたからね。

 

「家が欲しい!」って思ったときには、人それぞれ理由があるはずだ。

結婚した、子供を妊娠した、子供が生まれた、子供が大きくなって自分の部屋が欲しいと言った。などなど。

しかしいずれにも共通して言えるのが、住宅購入のベストタイミングを逃したら、その家の価値が半減してしまうことだ。

だって、ほら、子供が生まれたから家を買おうと思うなら、子供が生まれたそのタイミングで家を買うのが、ベストでありますよね?

建売住宅なら、そんな家を買うベストタイミングを逃しませぬぞ。

希望の立地に、希望の家を見つけたら、後は買うか、買わないかを決めるだけでいいのでありますから。

2週間で契約したけど何か?建売住宅を即決しても失敗しない4つの購入基準。

2017.04.06

 

プロが一貫して設計しているから、設計・間取りで失敗することが少ない。

建売住宅のメリットは、家の仕様・デザイン・間取りなどをプロが一貫して作りあげているから、家作りで「失敗!」ということが少ないことだ。

建売住宅では、家作りで希望の間取り、仕様を叶えてくれることがほとんどありませぬ。ハウスメーカーの設計士が最初から最後まで、デザインして設計して間取りを考えて作ってくれます。

そんな建売住宅は、大体が万人受けするデザインで、どれも似たような外観で、似たような間取りになっている場合が多いよね。

でもそれは逆を言えば、それだけその家が「多くの人に使いやすいと支持されているということ」でもあります。

 

吾輩の購入した建売住宅も、よく見かけるデザインで、間取りもありきたりの家でございます。

しかしね、これが実に使いやすいのだ。普段の生活で困ることなんてありませぬよ。むしろ、この使いやすい間取りが体に馴染みすぎて、ずっと昔からここに住んでいたと間違えるほどでございます。

ザク男爵
うーん。ここの間取りは、もうちょっとアレだな。もっと・・・モダンにした方がいいね。で、こっちはもうちょっと・・・モノトーンがいいんじゃない?

家作りは素人(購入者)があれこれ口出ししない方が、失敗しないのは間違いありませぬ。

 

建売住宅のデメリット

建売住宅購入後、毎日楽しく暮らしてはおりますが、何もまったく不満がないという訳ではございませぬ。

欲を言わせて頂くなら、次のことが建売住宅のデメリットであります。

 

間取りが自分好みにアレンジできない。

建売住宅のメリットでもある使いやすい間取りは、同時にデメリットでもある。

建売住宅の間取りは、普段生活する分にはまったく困りませぬ。

しかし困るのは、間取りを自分好みにアレンジしようとするときだ。

 

例えばリビングで、新しいソファとセンターテーブルを買いそろえる時。

ザク男爵
吾輩は大きいソファと、大きいセンターテーブルがいい!みんなでのんびりできる家具がいい!

そう思っても、最初から標準設計されている間取りには大型家具は置けなかったりする。

さらに趣味で大型水槽を置いてアクアリウムを楽しもうと思っても、設置場所に補強がある訳でもなく、排水溝がある訳でもない。

だから結局、最初から設計(想定)されている間取りに合わせて暮らすしかできないのであるよね。

ザク男爵
いやだ!どうしてもおっきいソファを買って、おっきい水槽を置きたいのだーーー!!

そんなワガママを叶えるのは、建売住宅では難しいかもしれませぬ。

 

ブランド・ステータスがない。

建売住宅のデメリットは、その家を買ったことによるブランド・ステータスがないことだ。

だからせっかくのマイホームを買っても自慢することができませぬぞ。

 

建売住宅は、コストパフォーマンス重視の家。いわば高級フレンチと言うより、近所の定食屋でございます。

純粋に味だけで言うなら、近所の定食屋の方が本当は美味しいかもしれませぬ。

しかしでありますよ。そこに「ブランド・ステータス」というものがないのだ。

だから見栄えを競う井戸端会議にふらっと参加してしまうと、いたたまれない気持ちになってしまうかもしれませぬな。

ザク男爵
ははー、お宅すごいですねー。豪華ですねー。ははー、お宅も素敵ですねー。

羨ましいですねー(なんだこのいたたまれない気持ちは!?)

見栄えで負けることはあるかもしれないけど、味(住み心地)では負けませぬよ!

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅に3年住んで感じる、建売住宅のメリット・デメリットは次の通りであります。

【メリット】

1・ゆとりある住宅ローン返済で、くらしにゆとりが生まれる。

2・子供をのびのびと育てることができる。

3・住宅購入のベストタイミングを逃さない。

4・プロが一貫して設計しているから、家作りで失敗することが少ない。

【デメリット】

1・間取りが自分好みにアレンジできない。

2・ブランド、ステータスがない。

建売住宅のメリットはなんと言っても、その安さだ。

住宅ローンの金額を抑えることで、住宅購入後にゆとりを持って生活することができるのだ。

 

住宅購入後に好みが変わったり、使わなくなったりするものが出てくるのはよくある話。でも最初に借りたローンだけは、35年先も変わらないからね。

ゆとりある生活って、本当に大切でありますよ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。