注文住宅で家の強度を上げる間取りの5つのコツ。|地震に強い間取りとは?

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

地震・雷・火事・オヤジ!

 

・・・と言われるように、日本ではしばしば大きな地震が起きるので怖いですよね。

ですので、家を建てるときは「地震に強い家」にしたいと思うのが、人の心でございます。

 

各ハウスメーカーも「地震に強い家」をアピールしておりますが、そもそも「地震に強い間取り」があることはご存知ですか?

間取りを工夫することで、家の強度を上げることができます。

 

どうせ住むなら、安心できる間取りがいいと思いませんか?

この記事では、「家の強度を上げる間取りのコツ」について、解説させて頂きます。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

注文住宅で家の強度を上げるポイント。それは耐力壁。

注文住宅で家の強度を上げるポイント。それは耐力壁にあります。

耐力壁とは呼んで字のごとく、「力に耐える壁」でございますね。

・地震の横揺れ

・台風の強風

などの、横からの力を支える壁を耐力壁と呼んでいます。

耐力壁には2種類あります。

・筋交い(軸組み工法)

・構造用合板(ツー・バイ・フォー)

柱を組み合わせて家を建てる「軸組み工法」では、筋交いを入れた壁を耐力壁としてカウントします。

なお、窓を取り付ける壁は、耐力壁になりません。

注文住宅で家の強度を上げるためには、耐力壁の使い方がコツになるのです。

 

注文住宅で家の強度を上げる間取りの5つのコツ。

家の強度を上げるためには、耐力壁を効果的に間取りに配置するのがコツです。

・少なすぎてもダメ。

・バランスが悪くてもダメ。

という絶妙な配置が必要です。

 

1・耐力壁の割合を多くする。耐力壁を少なくしない。

注文住宅の家の強度を上げるための基本は、耐力壁の割合を多くすることです。

耐力壁を多くすることで、それだけ家の強度は上がります。イエス、実にシンプルな理論ですね。

 

「・・・ということは、あっちの壁もこっちの壁も、すべての壁を耐力壁にしてしまえば、家の強度は鋼のように強くなるはず・・・。」

 

もしやあなたはシンプルすぎる理論のため、このような極論を考えませんでしたか?

ですが、ご注意くださいませ。

ザク男爵
いいえ、マダム。

耐力壁はバランスが大切なのです。

「地震に強くするために耐力壁を多くする」というよりも、「耐力壁を減らさない。」・「減らしすぎない。」と言った方が的確でしょう。

たとえばリビングに大きな開放的な窓を作ってしまうと、それだけ耐力壁が減ってしまいます。

構造的には大丈夫なのでしょうが、家の強度は下がりますよ。

 

2・耐力壁をバランスよく配置する。

耐力壁はバランスが大切です。

たとえば昔ながら古民家では、南側に縁側があり、大きな開放部(窓)となっています。そのため南側は耐力壁が少ないです。

しかし北側は南側のような大きな開放部がないので、耐力壁が多い。

つまり

南側:耐力壁が少ない。

北側:耐力壁が多い。

というアンバランスな状況になるのですね。

これが地震が来たときにどうなのるのか?

 

・・・イエス、ご想像のとおり、耐力壁の少ない南側に向かって倒れる可能性があります。

 

ですので、耐力壁はバランスよく間取りに配置しましょう。

北・南・東・西。

どの方角も、均等な耐力壁の配置になる間取りがベストでございます。

 

3・1階と2階の耐力壁を、できるだけ同じ位置にする。

耐力壁をバランスよく配置するのは、横に揺れる力が加わったときに、バランスよく支えるため。

この理屈は、1階と2階の耐力壁でも同じことがいえます。

家の強度を上げるためには、1階と2階の耐力壁を、できるだけ同じ位置にすることがポイントです。

 

たとえば2階に窓を取り付けるとき、できるだけ1階と同じ位置になるように配置しましょう。

1階と2階の耐力壁の位置をそろえることで、家の強度を上げることができますよ。

ザク男爵
試しにご近所の家の窓の配置を見てみてください。

結構な確率で、1階と2階の窓の位置がそろってますよ。さすが、いい仕事をしてますな。

注文住宅は自由度の高い家作りができるのが魅力です。

ですが地震に強い間取りにするためには、基本のセオリーはしっかり守らないのといけないのですね。

 

4・複雑な形よりも、シンプルな四角形の間取り。

家の強度を上げる間取りにするには、シンプルな四角い形の間取りがベストです。

味気ないのは百も承知ですが、家の強度のためにはシンプルな四角の間取りがベストなのですよ、残念ながら。

・四角形の間取り

・デコボコした間取り(L型・コの字型)

この2つでどちらが安定するか?と言われたら、安定するのは「四角形の間取り」です。

横から加わる力が均等に分散されるので、家の強度は高くなります。

ザク男爵
四角の間取りでは、耐力壁の配置も一直線。

横からの力に強い秘訣でございます。

 

逆に家の間取りがデコボコしていると、横からの力が均等に分散されないので、建物の境目から壊れやすくなってしまいます

デコボコの間取りでは、耐力壁の配置もデコボコに。その結果、家の強度は下がってしまいます。

 

5・1階と2階の間取りが同じの「総2階建て」

家の強度を上げるためには、1階と2階のバランスも大切です。

理想的な間取りは、1階と2階の間取り(面積)がほとんど同じになる「総2階建て」でございます。

総2階建ての建物は、正方形のサイコロのような家をイメージすると分かりやすいですね。

サイコロは指でかるく押してみると、意外にも倒れません。

 

逆に家の強度が下がってしまうのが、1階よりも2階の面積が広い場合です。

・1階が駐車場で、2階の面積が広い。

・奇抜な間取りで2階の面積が広い。

このような間取りの場合、正方形の家に比べて強度は下がります。

※ただし鉄骨造など工夫することで強度問題をクリアできますが、その分費用は高くなることも。

 

家の強度を上げるなら、正方形のサイコロの家がおすすめです。

正方形の家はシンプルに仕上げて「モダンな家」、として人気がございます。

ザク男爵
ちなみに正方形の家は、もっともローコストになる間取りですよ。

 

▽注文住宅の予算を抑えるコツはご存知ですか?

予算オーバーを防ぐ!注文住宅の家作りの予算を抑える10のコツ!

2019.02.13

 

家の強度は、工事の施行状況にも影響される。

家の強度が高い間取りを作っても、まだ安心することはできません。

なぜなら注文住宅の家の強度は間取りだけでなく、工事の施行状況にも影響されるからです。

しっかり丁寧に建てれば、家の強度は上がります。

ですが雑な仕事で仕上がりが悪ければ、設計通りの強度が出ません

 

工事の施行状況でチェックすべきポイントは、次の部分です。

・基礎の配筋は図面通りか?

・基礎の施行状況、立ち上がり。

・アンカーボルトの施行状況。

・筋交い、金物の施行状況。

ザク男爵
ふむふむ。なるほど、ここをチェックすればいいのですな・・・。

・・・って素人にはよく分からないのですが・・・。

これらは家の構造部分で、強度に関わる大切なところです。

しかしくまなくチェックしたい気持ちはあっても、さすがに素人では見抜けないところも多いのが実情。

 

そこで活用したいのが、ホームインスペクション(住宅診断)です。

ホームインスペクションとは、ハウスメーカーではない第三者に家の施行状況をチェックしてもらうサービスです。

建築途中で確認してもらうことで、設計通りの強度が出るのか、プロの目線でチェックしてもらえますよ。

 

まとめ:家の強度は間取りで上げられる!

注文住宅での家作り。せっかくだから地震にも安心して暮らせる家にしたいですよね。

家の強度を上げるには、間取りの工夫で実現できますよ。

1・耐力壁を多くする。少なくしない。

2・耐力壁をバランスよく配置する。

3・1階と2階の耐力壁をできるだけ同じ位置にする。

4・複雑な形よりも、シンプルな四角の間取り。

5・1階と2階が同じ面積の「総2階建て」。

ふとまわりの家を見てみると、意外にもこのセオリーを踏まえていることに気がつきます。

こだわる部分はこだわっても、基本に忠実であるべきところはきっちりやっているのですね。

むしろこの視点でまわりの家を見てみると、逆に奇抜なデザインの家が目に付くようになってしまいます。

ザク男爵
あっ・・・この家は・・・(察し顔)

5年、10年、いえ、20年、30年と使う家ですから、強度のある強い家にしたいですね。

間取りを考えるときは、このコツを参考にしてみてくださいませ。

では、素敵な家作りを。

 

ネットから間取りを簡単に作ってもらえるって、知ってますか?

間取りを考えるとは言っても、ゼロから自分で考えるのは大変。

ハウスメーカーから提案してもらった間取りをベースに考えると、効率的に家作りができますよ。

おすすめなのが、ネットから間取りだけ簡単に作ってもらえるタウンライフ注文住宅がおすすめします。

たった1回、希望条件を入力するだけで、あなたの間取りプランを作ってもらえますよ。

登録しているのは大手ハウスメーカー~地元密着の工務店まで。その数600社。

モデルハウスを何軒もまわって大変な思いをしなくても、簡単にハウスメーカーの比較ができます。

本当にその間取りで大丈夫ですか?複数のハウスメーカーの間取りを比較することをおすすめします。

 

▽まずは無料で間取りプランを作ってもらう!

>>詳細ページへ

 

>>タウンライフ家作り【公式】

 

▽「まずは注文住宅のカタログだけ欲しい!」という方は、こちらがおすすめです。

2分で完了!注文住宅のカタログだけもらう方法。

>>注文住宅<無料>カタログはこちら/HOME’S

注文住宅のカタログだけ欲しい!営業されたくないときはカタログ一括請求がお勧め!

2016.12.12

 

▽家作りはパートナー選びで8割決まります。家作りのパートナーの選び方は、こちらです。

【決定版】注文住宅の依頼先の選び方。ハウスメーカー・工務店・建築士の特徴・メリット・デメリットを踏まえて解説する。

2019.02.15

 

▽家作りはじめよう!と思ったら、こちらからスタートしましょう!

住宅購入は何から始める?マイホーム購入でまずやるべき4つのことを知って欲しい。

2019.01.08

 

▽「まだ家は早い・・・」と思っていると、後悔してしまいますよ。

「住宅購入はまだ早い」という嘘。30歳で買って思う、早く家を買うべき3つの理由。

2017.03.22

 

▽家を損得だけで考えるのは、とてももったいないことです。

「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

2017.04.21

 

▽住宅購入で悩んだら読んで欲しい記事をまとめました。ぜひ読んでください!

住宅購入・家作りで悩んだら読んで欲しい記事ベスト21

2019.03.02

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

不動産メディアで執筆してます。

・日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

・一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

・住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。