2週間で契約したけど何か?建売住宅を即決しても失敗しない4つの購入基準。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

「これだ!」と思う建売住宅に出会ったら、その場で契約したくなるのが人の心というものでございます。

だってぐずぐずしているうちに、他の人に買われてしまったら、後悔しても後悔しきれないですから。

あー・・・あの建売住宅が欲しかったなあ・・・。あの時、あの瞬間に決めていればなあ・・・。あのお家に住めたのになあ・・・。
ザク男爵
も、申し訳ございませぬ・・・。

建売住宅は、この世に同じものは2つと存在しませぬ。だからこそ、即決するときは即決してしまった方が後悔しないものでございます。

そんな吾輩は3年前に建売住宅を買ったときは、内覧してから2週間後には、ハウスメーカーの事務所で契約書に印鑑をついておりました。ええ、即決、でございますね。

そこで今回は建売住宅を即決で契約しても失敗しない購入基準について書いていきましょう!

スポンサーリンク

建売住宅で即決するのはなぜ?

建売住宅の内覧会に行くと、営業マンから必ず聞かされる言葉がございます。

 

「住宅ローンの金利が低い、今が買うチャンスですよ!」

「人気物件の為、明日になったら他の人に買われているかもしれません。」

「購入の申し込みだけでもいかがですか!?」

 

ウソかホントか分かりませぬが、必ずと言っていいほど、建売住宅を内覧すると焦らされて、即決を求められるのだ。

家はウン千万もする高い買い物であるはずなのに、どうして建売住宅は即決させられそうになるのでしょうか。

 

売れるかどうか分からないけど、もう建てちゃった。

最大の理由はこちらでございましょう。建売住宅は売れる前に家を建ててしまうので、早く売ってお金を回収したいという思惑があるからでしょう。

それもそうですよ、だって家ですよ。しかも土地を買ってですよ。

いやはや栃木の片田舎の安い土地を買い叩くならいざ知らず、都心のクソ高い土地を買っていたら、そりゃ焦りますよ。早く売りたいって、思いますよ。

しかも建てたはいいけど、中々売れずに「売れ残り」的なイメージがついてしまったら最悪でございますからね。

そりゃー、一生懸命、早く売りますよ。即決させたいですよ。他の物件なんて見て欲しくないですよね。

ザク男爵
な、なんと!吾輩の他に20組の家族がこの物件を内覧している超人気物件だとおっしゃるのですか!?

ははー、なるほど。・・・20組の家族が見ても誰も買わない物件、ということでよろしいのですな。じろり・・・

売れるかどうか分からないのに、土地を買って家を建ててしまったのが建売住宅。お金を回収する為に、ハウスメーカーは必死になって営業してくる訳でございますな。

 

即決は悪いことなのか?
f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_s

なんだか「即決=悪い」と感じるのですが、果たして建売住宅を即決することは、本当に悪いことなのでしょうか。

お恥ずかしながら建売住宅を即決した吾輩は、実は次のようなメリットを感じて止まないのであります。

 

本当に欲しい物件を誰かに買われても、後悔しない?

建売住宅を内覧したときに、体中に電撃が流れる瞬間ってありませぬか?

ザク男爵
こ、この建売住宅は・・・完璧だ・・・。

まさに吾輩のことを待っていたかのような家でありますぞ・・・ね、妻!?

これ、買います!この家、買います!!

この家が欲しい。見た瞬間に欲しくなる家と出会ってしまう瞬間があるものです。

しかし建売住宅で即決をためらっていると、営業マンの言っている通り、本当に他の人に買われてしまう可能性だってあるのだ。

もし即決をためらって、じっくり検討している間に運命の建売住宅が買われてしまって、本当に後悔しませぬか?

ザク男爵
・・・嫌だ。嫌であります。

三代先まで後悔して悔みます。毎晩懺悔(ざんげ)しても足りませぬ。

欲しいと思ったものは、何が何でも手に入れたい。それが例え即決だろうと、ね。

 

即決で失敗しない為の判断基準は?
34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

しかし即決してでも欲しいと思っても、何の判断基準もなく、運命に導かれるまま即決していたら、マジで欠陥住宅を買ってしまいそうで怖い

そこで必要になるのが、「即決で失敗しない為の判断基準」でございます。

吾輩が建売住宅を即決しても1ミリも後悔していないのは、次の判断基準があったからでございますぞ。

 

1・「家を買おうと思った初心」を満たしている。

建売住宅を即決しても失敗しない為には、そもそも、「どうして家を買おうと思ったのか」と初心を忘れないことが大切だ。

色んな物件を内覧しているうちに、あれもいいこれもいいと、だんだん家を買おうと思ったきっかけを忘れがちになってくるものだ。

最初は今住んでいるアパートが手狭になったので、広い一軒家に住みたいから、家を買おうと思ったのかもしれない。

しかし内覧しているうちに、気が付いたら興味関心は、家の間取りやデザイン、最新設備に向いているではありませぬか。

ザク男爵
・・・はて、吾輩は一体何を迷っているのだ?

広い家に住みたいだけだったのに、いつの間にか断熱性能を検討しておりましたぞ・・・?

「家が欲しいと思った最初の理由は何か?」その理由を満たしている家ならば、例え即決しても失敗することはないでしょう。

住宅購入を決意した理由は?家作りで失敗しない為には「初心」を忘れないことだ。

2016.12.14

 

2・家の予算(住宅ローンの上限)を決めておく。

また、予め家の予算(住宅ローンの上限)を決めておくことも大切だ。予算内での即決なら、失敗することも少ないでしょう。

色んな物件を見ていると、すごくいい物件に出会うことがあるはず。しかしそんな物件に限って、高いのでありますよね。ええ、まさに「いいものは高い」というシンプルな原理でございます。

一生に一度と覚悟した住宅購入だから、どうしても「いいもの」を見てしまうと、欲しくなっちゃうのでありますよね。

この家が欲しい。
ザク男爵
ダメ、予算オーバー。
この家が欲しい。買ってくれなきゃヤダ。泣いちゃう。
ザク男爵
イエス、妻。吾輩が買ってあげましょう。

・・・営業マン様、この金額に値引いて下さいませぬか!?

まあ吾輩はお値引き頂いて予算内に収まったので、即決致しましたがね。

かわいい・素敵・快適。そんな抽象的な判断基準よりも、予算という中立的で絶対的な判断基準があると迷いませぬよ。

 

3・家の構造に問題がない。

こちらも即決する為にはとても重要なことでございます。それは家の構造に問題がないということでございます。

建売住宅を内覧していると、ついつい家のデザインや間取り、目につきやすいところに目が行ってしまうものでございます(当然だね)。

しかしでございますよ、家でもっともっと大切なのは、目に見えない「家の構造」なのであります。特に家の主要構造部は大切でございますぞ。

家の主要構造部とは?

建築基準法では、壁や、床、屋根階段を住宅の主要構造部と定めている。一方間仕切り壁間柱最下階の床、小梁、庇、局部的な小階段屋外階段などは、主要構造部とはいわない。また基礎も、主要構造部には含まれない。

引用:weblio 家の主要構造部より

建売住宅を即決した吾輩は、何も即決すること自体を悪いこととは申しませぬ。しかしですよ、身を持って即決したからこそ、言いたいことがあるのです。

ザク男爵
家の構造を知らずに即決すると、欠陥住宅を買って人生ゲームオーバーになるかもしれませぬよ。

残念ながら住宅には一定の割合で欠陥住宅があるものだ。即決するからには、自分の目で家の構造に問題がないか、見る必要があります。

素人でも家の構造を判断するには、床下に潜るのが一番でございますよ。床下に潜って、基礎の仕上がり具合、床の水平、断熱材の施工状態など、裏側から家をチェックしよう。

内覧会には汚れてもいい服を持参して、必ず床下に潜って家の構造をチェック致しましょうぞ!

購入前にこれだけは確認しておきたい!建売住宅の内覧会で床下に潜るべき4つの理由。

2017.02.23

 

4・立地に妥協しない。

そして最後に、建売住宅で即決して失敗しない為には、立地で妥協してはいけませぬぞ。

建売住宅は注文住宅と違って、標準的な暮らしを想定して間取り、仕様を決めた家でございます。だから建売住宅では、あなたの理想を100%叶えてくれる家はないと言ってもいいでしょう。

だからある意味、建売住宅は妥協することが大切なのであります。間取りや仕様で妥協したとしても、案外住んでからの工夫でどうにでもなってしまうものだ。お気に入りのインテリアで補うこもできるしね。

しかし立地は別だ。買ったら最後、もうどうすることもできないからね。不便な土地を買ったら、それはこの先ずっと不便な土地のままなのだ。

だからこそ、即決するなら立地で妥協してはいけませぬ。立地がよければ、それはほぼ間違いなく住みやすい家でございますので。

いい家の条件、7つ!安い建売を買ったけど大満足な意外な訳とは?

2017.05.28

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅を即決しても失敗しない為の購入基準は次の通りでございます。

1・家を買おうと思った初心を満たしている。

2・家の予算(住宅ローンの上限)を決めておく。

3・家の構造に問題がない。

4・立地に妥協しない。

建売住宅にはある程度、即決は必要なことかもしれませぬ。土地と建物をセットで販売している為、気に入った物件を他の人に買われてしまったら、もう二度と運命の出会いをしないかもしれませぬ。

しかしだからこそ、大切になってくるのが即決しても失敗しない為の判断基準、でございますな。

常に頭の中に入れておいて、いつでも即決できるようにしておきましょう!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。