初期費用を抑える!新築一軒家に入居までに必要なものと、なくても大丈夫だったもの。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

新築一軒家の新居が決まったけど、「入居までに準備するものを必要最小限に抑えたい!」と思っている方も多はず。

だって新築一軒家に入居する場合、必要なものが多すぎて、めちゃくちゃ高くなるのですもの。必要最小限に抑えて、費用だって抑えたいでありますよね!?

そんな吾輩も新築の建売住宅に引越すときは、入居までにほとんど何も準備しないまま入居してしまったのだ。

ええ、その後の生活はかなり苦しかったけどね。

だがしかし、そんな経験があったからこそ、入居までに「なくても大丈夫だったもの」が分かったのであります。

そこで今回は、新築一軒家に引越す時、入居までになくても大丈夫だったものについて、書かせて頂きましょうぞ。

スポンサーリンク

入居までになくても大丈夫だったもの。

ほとんど手ぶら状態で、新築一軒家に入居するというチャレンジをしてしまった吾輩。

もちろん、その後の生活は苦しかったけど、そんな生活の中で「なくても大丈夫だったもの」があったのだ。

 

照明。

照明は必需品でありますよ、間違いなく。

 

だけど新築一軒家の場合、もしかしたら意外と使わないかもしれませぬよ。

 

そう吾輩が感じるのは、入居してから全ての部屋を使わなかったからだ。

吾輩は妻と子供(当時2歳と0歳)の家族構成で一軒家に入居致しました。

買った家は、1階にリビングともう1部屋、2階に寝室ともう2部屋。全部で5部屋の家でございました。

そして入居してからすぐに使った部屋は、リビングと1階の部屋、そして2階の寝室の全部で3部屋しか使わなかったのだ。

つまり、残りの2部屋はほとんど使わなくても生活できちゃったのであるよね。

入居して全部の部屋を使わないのであれば、すぐに全室の照明は買わなくても大丈夫でございますぞ。

 

カーテン。

カーテンは必需品でしょ!!って思った方。

・・・その通りでございます。カーテンは必需品でございますよ。カーテンなかったら丸見えですからね。

しかしカーテンも、新築一軒家だと入居までに全室揃えなくてもいいかもしれませぬ。

その理由は照明と同じでございますぞ。全部の部屋を使わない場合もあるからね。

特に子供が小さいなら、その後子供が大きくなったときに子供部屋の趣味ががらっと変わる可能性大でありますぞ。

長男
ポケモンのカーテンがいい!仮面ライダーがいい!乗り物のカーテンがいい!

なんてかわいいことを言っている長男も、数年後には生意気に「こんなカーテン、恥ずかしい」なんて言うかもしれないしね!

入居後すぐに全室使わないなら、最悪、カーテンも使わない部屋の分は後回しでも大丈夫でございます。

 

テレビアンテナ。

ハウスメーカーによっては、テレビアンテナがオプション扱いになっている物件もある。

吾輩の買った建売住宅も、テレビアンテナはオプション品扱いであったよ。

そして節約根性溢れる吾輩は、ハウスメーカー経由の高いテレビアンテナをつけないで、入居してから自分で手配して節約することを目論んだのであります。

しかし当然ながら、入居してからすぐにテレビは映りませぬ。

テレビのない生活は寂しいものになるのかと思ったら、案外、にぎやかなものでありましたぞ。

特に子供が小さいと、その子供の存在だけで場がにぎやかになるのであるね。別にテレビがなくても、全然寂しくありませぬでしたよ!

 

表札。

 

一軒家を買ったら、表札をすぐに付けたいところだけど、別にこれはなくても全然大丈夫でございます。

だってほら、賃貸アパートに住んでた頃って、部屋番号しか書いてなくてもちゃんと郵便物も宅急便も届くよね?

つまり、そういうことなのでありますよ。

 

でもやっぱり折角買った一軒家、ばしっとキメた表札を掲げたいものだ。

ザク男爵
表札は作るのに手間(デザイン・文字を決める)がかかる。

入居して落ち着いてから、じっくり選んだ方が失敗しないよ!

入居までは本当に忙しいからね。後回しでいいなら、後にしましょう、後に!

 

家具・家電など。

新しい家具・家電は、入居後すぐには必要ないかもしれませぬ。

そりゃ、あったら便利で快適だけど、それまで「ない状態」で暮してたんだもの、なくても全然大丈夫でございますよ。

いや、そもそもね。買ってしまったら、「買う楽しみ」がなくなってしまう訳でありますよ。

新しい家買って、新しい家具・家電まで一気に買ってしまったら、今後「買う楽しみ」ががくっと減りますぞ。

みんなで座れる大きいソファがないわ!冷蔵庫が小さくて食材が入り切らないわ!ぷんすかぷんすか

不満があればこそ、「改善する楽しみ」もあるというものでございます。

初期費用を抑えるには?住宅購入時の家具・家電の費用と必要なもの。

2017.05.23

 

 

これだけはあった方がいいもの。

ほぼ手ぶらで新築一軒家に入居してしまった吾輩。

その後の苦しい生活をなんとか切り抜けたけど、逆に「これだけはあった方がいい」というものもございますぞ。

 

洗濯物を干すスペース。

これね、なくてホント苦労しましたよ(妻が)。洗濯物、干す場所がなくて。

吾輩の買った建売住宅は、屋外の物干しもオプション扱いだった。吾輩はケチってオプションつけなくて、後から自分で手配するつもりだったのだ。

で、案の定、入居してから自分で手配したけど、実際に設置されるまで3カ月も待たされることに・・・(汗)

洗濯物干す場所がないわ!洗濯物が乾かないわ!ぷんすかぷんすか

ごめんなさいとしか言いようがありませぬ。

 

庭の整備。

意外かもしれないけど、庭の整備は早い方がいい。できれば入居までに大まかな整備が終わっている状態がお勧めだ。

手ぶらで入居してしまった吾輩は、庭も手つかずの状態。芝でもなく、砂利でもなく、なんと「土」であったのだ。

これね、マジ最悪でございましたよ。

 

雨が降ったらぬかるみになるわ、水たまりになるわ。靴がどろどろになって玄関が汚れるわ。洗濯物が下に落ちたら、一瞬で汚れるわ。

乾燥した日が続くと土はさらさらになって、ちょっと強い風が吹くだけで土埃になるわ。土埃が濡れた洗濯物について汚れるわ。子供の目に入って子供がなくわ。

うわー、思いだしただけで悪夢でございますよ、悪夢。

 

吾輩はこんな状態になるとは知らずに入居したのだけど、知っていればもっと早く対策をしたはず。

結局、吾輩は砂利を庭に敷きつめましたぞ。もちろん、自力でね!

 

砂利か芝か!?庭に砂利を敷く6つのメリット・デメリット!

2016.10.01

不器用パパでも簡単!庭の砂利敷きに必要な「転圧機」を自作してみた!

2017.05.19

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう。

新築一軒家に入居する場合、「なくても大丈夫なもの」、「絶対あった方がいいもの」はそれぞれ次の通り。

【なくても大丈夫】

1・照明

2・カーテン

3・テレビアンテナ

4・表札

5・家具家電

【絶対あった方がいい】

1・洗濯物を干す場所

2・庭の整備

新築一軒家を買うと、入居までに必要なものが多くてお金が次から次へと出ていってしまうもの。

だからこそ、入居時に必要なものを厳選して、初期費用を抑えることが大切なのであるよね。

ぜひ入居してからも「買う楽しみ」を思う存分楽しんじゃおう!

 

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。