消費税の増税前に家は購入すべき!?増税後に買ったけど、影響はほとんどなかった!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

消費税の増税が決まると、しきりに聞こえてくるのが、「家を買うなら今!今買わないと損ですよ!」という声。

まあ確かに消費税が増税になると、家の値段も上がって、住宅ローンの支払額も増えるから、買うなら今・・・ってなりそうであります。

 

しかーし!

吾輩が住宅を購入したのは、ちょうど3年前の2014年。ええ、ちょうど消費税が5%から8%に切り変わった時期でございましたぞ。

そして吾輩は消費税が8%に増税してから住宅を購入致しました。けどやっぱり(?)家の金額もそれまでと変わらなかったし、住宅ローンの支払い額も増えた訳ではございませぬ。

そこで今回は、増税前でも焦って買う必要がない理由、そして購入するときのポイントについて書いていきましょうぞ!

スポンサーリンク

消費税の影響は何がある?

「消費税が増税しても、焦って買う必要はない!」

そう頭で分かっていても、ちまたで「今が買い時!」って言われると、なんか不安になってしまうものだ。

では一体、消費税が増税になるとどんな影響があるのでしょうか?消費税が増税することで、次のような影響が考えられますぞ。

 

家本体金額が値上がりする。

消費税が値上がりすると、家本体が値上がり致しますぞ。

例えば物件価格が2,000万円の場合、消費税5%だったら100万円の消費税。8%だったら、160万の消費税。

ザク男爵
ろ、60万も余分に支払うのでありますか!?

けど吾輩の買った建売住宅は、すでに税込表示だった為、真相は定かではございませぬ。てへへ

 

ちなみに消費税は、土地、そして中古物件には発生致しませぬ。新築の家本体にしか、消費税はかかりませぬぞ。

 

家のオプション品が値上がりする。

吾輩は購入した建売住宅に、別途オプションとして、

 

・網戸 一軒分

・カーテンレール 一軒分

 

を追加発注致しました。その額合計「16万5,000円」なり。

このオプション分の消費税が8%計算で、13,200円支払った計算になりますぞ。

これが5%の消費税なら、8,250円。

差額「4,950円」。吾輩は増税後に家を買ったから、4,950円、余分に支払ってしまった訳だ。

ザク男爵
・・・4,950円?・・・ふ~ん・・・

ウン千万もする家を買った割には、結構微妙な数字でありますな。

 

諸費用、司法書士報酬が値上がりする。

消費税が値上がりすると、諸費用、司法書士報酬が値上がり致しますぞ。

例えば住宅購入時に、所有権の移転や登記する際に支払う「司法書士報酬」。

吾輩はこれに「126,000円」お支払い致しました。この時消費税は8%だったから、消費税として「10,080円」支払った訳でありますな。

これがもし増税前で5%のときだったら、消費税は「6,300円」で済んだのだ。その差額は「3,780円」。

ザク男爵
うん。飲み会1回我慢すれば、なんとかなるね。よし!!

まさか、増税の影響はこの程度なのか・・・わなわなわな・・・

 

引越し代が値上がりする。

忘れてはいけないのが、引越し代だ。単身の荷物ならまだしも、家族持ちの荷物となると、引越し代もバカになりませぬからね。

そんな吾輩の引越し代は、家族3人(妻のお腹の中に次男)で、合計76,600円。

しかしこれも税込金額の為、果たして値上がりしたのかどうかは詳細不明であります。

 

新居の家具・家電が値上がりする。

そして新居への引越しで、新しく家具、家電を買いそろえる必要があるかもしれませぬ。

もし新しく家具、家電を買う場合は、消費税が増税すれば、その分余分にお金を支払うことになりますからね!

そんな吾輩は、新居に引越して新調した家具、家電は、「3人掛けソファ」、「シングル畳ベッド」でございましょうか。

3人掛けソファは、75,800円(消費税込み・送料込)

そしてシングル畳ベッドは、41,040円(消費税込み・送料込)

ザク男爵
・・・増税の影響って、どこにあるのでしょうか・・・わなわなわな・・・

吾輩には増税の影響が見えませぬが、気のせいでしょうか・・・?

ネットで買った、天然木無垢材の和風ソファ(3人掛け)を3年間使ったので徹底レビューしてみる。

2017.03.17

 

増税したけど、住宅ローンは過去最低を更新・・・

確かに増税にはなりましたとも。

けど、それ以上に影響が大きかったのは、住宅ローンの金利が過去最低を記録していることだ。間違いなくね。

分かりやすい「フラット35」(返済期間35年)の金利を見てみよう。吾輩の購入した2014年6月のフラット35の金利は「1.73%」であった。

そして過去最低を記録したのは、2016年の7月の「0.9%」!

 

この金利がどれくらい影響があるか、ちょっとシュミレーションしてみよう。

例えば借入金額2,000万円で、ボーナス返済なしで毎月の支払い額を計算してみると、

1.73%だと、「月額63,515円」。返済総額は、「26,676,057円」だ。

それに対し、0.9%だと「月額55,529円」。返済総額は、「23,322,359円」となる。

ザク男爵
返済総額で300万円の差!?こ、これは一体どういうことでありますか!!??

ちょっと待て、消費税増税の影響はどこへ行った?

 

増税を煽る営業マンには注意しよう!

消費税の増税の影響を項目別に見てみると、「あれ、影響はどこに・・・?」という感じだ。

いやむしろ、ここ最近の住宅ローンの金利の低下を見ると、もはや増税前に駆け込み購入した人が損をしたようではありませぬか!?

な、何事でございますか!?あれほど「増税、増税前に家を買おう!」と言っていたのは、どこのどなたでありますか!?

結局、ハウスメーカーの都合ではなかろうか?

増税、増税って騒いでいるのは、何を隠そうハウスメーカー様ではありませぬか。

そんな寝言はちゃんと寝てから言って下さいよう・・・。

しかしもしかしたら、吾輩の購入した建売住宅の税込金額は、既に増税した消費税分がきっちり入っていたかもしれませぬ。

だけど吾輩は建売住宅を購入する前に、値引き交渉致しました。その額、70万円ほど。

値引きのことも考えると、増税前に焦って購入するメリットはあまり感じられませぬな。

だって例え増税分値段が上がっていたとしても、その分交渉して値引きしてもらってもいい訳でありますよね、ハウスメーカー様!?

 

焦らないで、自分のタイミングで住宅購入しよう!

つまり、増税前だからと言って、家を焦って買うのはあまり得策ではないってことだ。

「増税前だ!駆け込み需要だ!」って騒いでいるのは業界関係者様であり、もしかしたら駆け込み需要で、家の値段が割高になるかもしれないしね。

落ち着いて自分のタイミングで家を買うのがベストでありますな。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!
4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s

それでは、まとめよう!

消費税の増税による住宅購入への影響は意外と少ない。

増税、増税と煽る営業マンに焦らないで、落ち着いて自分のベストタイミングで住宅を購入しよう!

焦ったら、負けでございますよ!

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。