新築一軒家にシャッターは必要?後悔しない選び方・メリット・デメリットを解説!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

新築一軒家では、窓にシャッターを取り付ける家が多いです。

ですがシャッターは別途オプションであることが多く、費用も安くはありません。ですので、迷うのです。

ザク男爵
窓にシャッターがあれば災害時に安心ですが、しかし家一軒分にもなると費用も高いわけでして・・・。

・・・決めきれませぬ。

できれば住宅ローンが使える新築時にシャッターを設置したいところ。

とはいえ、無理して設置して「結局使わなかった・・・」なーんてオチは切ないですからね。

 

そこでこの記事では、

・シャッターを取り付ける必要はあるの?メリット/デメリットは?

・取り付けるシャッターにはどんな種類があるの?おすすめは?

・シャッター選びで後悔しないためのポイント。

について解説させて頂きます。

たかがシャッターですが、されどシャッターでございます。しっかり選んで後悔のない家作りを実現くださいませ。

スポンサーリンク

シャッターの役割・メリット

シャッターの役割は、大切なマイホームを守ること。窓にシャッターを取り付けることで、家族が安心して暮らせます。

外からの影響をシャットアウトしてくれるシャッターには、次のメリットがございます。

 

防犯性が高くなる。

新築一軒家の窓にシャッターを取り付けるメリットは、防犯性が高くなることです。

窓にシャッターを取り付けることで、窓からの侵入が難しくなります。その結果、空き巣対策ができるので、犯罪からマイホームを守れます。

シャッターが空き巣対策に有効なのは、次の特徴があるからです。

・窓を開けるのに時間がかかる。

・シャッターを打ち破るときに大きな音がしてしまう。

・中の様子が確認できない。

空き巣が嫌うのが、「音」・「人目」・「時間」でございます。

開けるのに時間のかかるシャッターをガチャガチャやっていては、すぐにご近所さんの目に留まってしまいます。

ザク男爵
なにやらシャッターがガチャガチャうるさいと思ったら、お隣さんに空き巣が侵入する最中でした。イエス、通報させて頂きましたよ・・・ふふふ・・・

窓枠にシャッター。これは最強の防犯の1つであります。

 

新築一軒家でもっとも多い犯罪が、空き巣でございます。

窓にシャッターを取り付けることで、防犯性の高い家アピールもできるので、犯罪を未然に防ぐこともできます。

 

災害(台風・火災)に強い。

新築一軒家にシャッターを取り付けるメリットは、台風・火災などの災害から大切なマイホームを守れることです。

窓の外側に金属の鉄壁シールドを形成することで、災害時での不安を少しばかり和らげることができます。

とくにシャッターが役に立つのは、台風・火災の災害時でございます。

・台風で飛来物が飛んできても、窓に直撃しないから割れない。

・シャッターを閉めると防音性が高くなるので、風の音が和らいで安心できる。

・防火シャッターにすることで、隣家の炎で延焼するのを防げる。

最近の窓は優秀です。

飛散防止ガラスはモノがぶつかっても割れにくいですし、網入りガラス・耐熱強化ガラスなら炎にも強いです。

しかしでございます。

それでもあえて窓にシャッターを取り付けることで、さらなるワンランク上の安心感を手にできるのですよ。

ザク男爵
外はすごい台風ですが、窓にシャッターがあるおかげで家のなかは安心そのものでございます。

高かったけど、つけてよかった・・・。

もしも節約したいがためにシャッターをつけなかったら、台風が通るたびに不安でハラハラします。

災害のときほど、シャッターを取り付けたありがたみを感じるでしょう。

 

採光が調整できる。日差し・西日対策に。

シャッターを取り付けるメリットは、室内に入る日差しを調整できること。

遮光カーテンだけでは防ぎきれない日差しも、シャッターなら完全にシャットアウトできます。

 

シャッターによる日差しのシャットアウトがありがたく感じるのが、夏の朝です。

夏は朝早くに日が出てしまうので、カーテンを閉めていても部屋が明るんでしまいます。ですので、まだ寝たいのに起きてしまうのですよ。

ザク男爵
寝ようと思ってるのに部屋が明るんでしまったので、もう眠れませぬ・・・イライライラ・・・。

寝たいのに、寝れない。これってすごいストレスですよね。

ですがシャッターがあれば安心です。

シャッターが完全に太陽の光を遮ってくれるので、出勤するギリギリの時間まで睡眠を邪魔されることがありません。

 

またシャッターは、強すぎる日差しをカットするのにも有効です。

窓の外側で日差しをカットするので、室内に熱がこもるのを防げます。これはサンシェードやよしずと似たような使い方でございます。

とくに西日が強く差し込む部屋は、要注意ですよ。カーテンだけで光を遮っても、太陽光の熱は部屋の内側まで入っていますから。窓とカーテンの間で熱がこもってしまいます。

シャッターを効果的に閉めることで、冷房効率が上がりますよ。

 

防寒・防音性が少し高くなる。

こちらはシャッターを取り付けることによる、副産物的なメリットでございます。

窓の外にもう1枚、下界を遮る層ができることで、防寒・防音性が少し高くなります

シャッターは断熱材などついていない、ただの金属(アルミ・スチール)ですので断熱性はありません。

ただしシャッターと窓の間に空気層が形成され、若干ではありますが断熱効果は高くなります。

また窓に冷たい風が直接当たらないので、窓の熱を奪われにくくする役割もあります。

 

さらにシャッターを取り付けると、防音性が上がるメリットも。

・ペアガラスの高い防音性+シャッターで防音性アップ。

・風切り音を軽減。

・窓に直接あたる雨音をシャッターが軽減。

静かな室内でゆっくりしたい・安眠したいときに役に立ちますね。

ザク男爵
ただし、あくまでも若干ではあります。

シャッターを取り付ける副産物的なメリットとして考えるべきでしょう。

 

シャッターのデメリット・気になること。

新築一軒家の多くにシャッターが取り付けられるのは、それだけ需要があること。

ですので、

 

「シャッターを取り付けて後悔した!」

「シャッターなんてつけなきゃよかった!」

 

という声は、意外と少ないです。

しかしシャッターを取りつけるときに注意すべきデメリットもございます。

 

窓枠のデザインが、シャッターの影響を強く受ける。

デザインと機能性を両立させるのは、難しいということでしょうか。

シャッターを取り付けると、どうしても窓枠のデザインがシャッターの影響を強く受けてしまいます。せっかくかわいい家の外観にしていても、シャッターによって無機質な印象が。

ザク男爵
かわいい柄のサイディングとスタイリッシュなシャッターが見事なまでのミスマッチ。

・・・浮いてますな・・・。

シャッターの材質はアルミかスチールがほとんどで、無機質的な印象がぬぐえません。窓枠にシャッターを取り付けると、シャッター部分がゴッテリした印象にもなってしまいます。

デザインを重視したい人は、ちょっと痛いデメリットでございます。

ただしシャッターにはカラーバリエーションもあるので、外壁にマッチした色を選ぶこともできますよ。

 

シャッター代は、安くはない。費用がネックになることも。

窓にシャッターを取り付けるデメリットといいますか、ネックになってしまうのが費用です。

窓1枚に対してシャッターを取り付ける場合、

手動シャッター:9~14万円

電動シャッター:18~30万円

※ただし工事費は別。

と、決してお安くない費用がかかります。

しかも窓が多いほど取り付けるシャッターも多くなります。

1階の4カ所に電動シャッター(1式20万円)を取り付ける場合、費用は80万円にもなります。

ザク男爵
1階だけで80万円・・・これで2階にもシャッターを取り付けるとすると・・・

イエス、完全に予算オーバーでございます。

窓にシャッターを取りつけるメリットはよく分かりますし、必要性も感じます。

それでも二の足を踏んでしまうのは、費用が高いからではないですか?

ハウスメーカーの中には、シャッターがオプション扱いになっています。そのためつけるメリットは知りつつも、予算オーバーになってしまい、断念するケースもあるのです。

 

手動シャッターはめんどくさい。

シャッターを取り付けるデメリットはコストが高いこと。とくに電動シャッターは高いです。

しかし、では「手動シャッターがおすすめか?」と言われれば、じつはそうではありません。

ザク男爵
イエス、マダム。

手動シャッターは安いですが、使ってみると不便で、使う頻度が下がってしまうのでおすすめできません

手動シャッターがめんどくさいと感じるポイントは、

・窓を開けないとシャッター開閉できない。

・開閉するときの音がうるさい。

・窓を開けて開閉するので、夏は虫が入る。

・そもそも、やっぱり手動はめんどくさい。

などがございます。

カーテンならシャッと一瞬で開け閉めできるので、手動でシャッターをガラガラする機会は減ってしまいます。

シャッターを取り付けるなら、多少高くても電動がおすすめですよ。

 

選べるシャッターの種類・価格

ではシャッターを取り付けるときは、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

選べるシャッターの種類・最新のシャッター事情もご紹介させて頂きます。

 

おすすめなのは、圧倒的に電動シャッター。

シャッターを取り付けるときにおすすめなのが、やはり電動シャッターです。

デメリットでも申し上げましたが、手動シャッターは不便なのですよ。そのため使う機会が減ってしまい、「やっぱり電動にしておけばよかったな・・・」と後悔してしまいます。

電動シャッターであれば、

・うるさくならないよう、ゆっくり開閉する。

・窓を開けなくても、シャッターを開閉できる。

・シャッターの開閉を、好みの高さでストップできる。

などのメリットがあります。一言でいってしまえば、「これは便利やないかい」、でございます。

窓を開けずにシャッターを開閉できるので、夏に虫が入ることも、冬に冷たい空気が入ることもありません。

ザク男爵
使い込むほど便利な電動シャッター。日常生活でも大いに役立ちますよ。

 

シャッターを閉めたまま、通風・採光できるタイプも。

シャッターを閉めてしまうと、完全に光・風をシャットアウトしてしまうのがデメリットでした。

しかし最新のシャッターには、シャッターを閉めたまま、通風・採光できるタイプもございます。

画像引用:リクシル公式

リクシルから発売されている住宅用シャッター「エアリス」では、シャッターのフラップスラット(羽板の部分)が開くのです。

そのためシャッターを閉めながらも、採光・採風が得られます。

ザク男爵
気になる視線はカットしつつ、しっかり光と風を取り入れる。

・・・最高じゃないですか・・・。

お値段も20万円~とそこまで高くはありません。どうせつけるなら、手を出したいモデルです。

 

スマホと連携させて、さらに便利に。

またスマホと連携することで、さらに便利になったシャッターもございます。

文化シャッターから発売されている電動窓シャッター「マドマスター・スマホタイプ」は、スマホからシャッターの開閉ができます。

そのため従来のシャッターのイメージとは、一味も二味もちがう最先端の快適さが手に入ります。

・外出先からシャッターの開け閉めができる。

・外出先からシャッターの状態が確認できる。

・スマホから細かい操作(タイマー・シャッターを個別に開閉など)ができる。

ザク男爵
ひと昔前のシャッターといえば、手動でガラガラピッシャンするイメージでしたが、今やスマホで操作する時代に。

さすが令和でございますな。

お値段は1棟に3台設置した場合、65万円~(マドマスターリード スタンダードモデル)でございます。(工事費別)と、なかなか高くなるのが難点でございます。

 

まとめ:取り付けるなら電動シャッター。採光タイプなら快適に。

多くの新築一軒家では、窓にシャッターが取り付けられます。それだけ需要がある、ということですね。

しかしハウスメーカーによってはオプション扱いであることもあり、追加で設置するには判断に迷うところです。

迷ったときは、シャッターのメリット・デメリットを比較してみましょう。

【シャッターのメリット】

1・防犯性が高くなる。

2・災害(台風・火災)に強くなる。

3・採光調整ができる。

4・防寒・防音性が少し高くなる。

【シャッターのデメリット】

1・窓枠のデザインが、シャッターの影響を強く受ける。

2・シャッター代は安くはない。

3・手動シャッターはめんどくさい。

 

これらを踏まえてみると、おすすめのシャッターは、

・シャッターは電動シャッターがおすすめ。

・予算に余裕があれば、採光・通風タイプ。スマホ連動タイプがおすすめ。

でございます。

令和のシャッターは、とても快適で便利なものになりました。これまでのシャッターのイメージは、平成においていきましょうね。

素敵な家作りを。それでは、また!

 

 

▽その間取り・ハウスメーカーで本当に大丈夫ですか?後悔しない家作りのために、ぜひこちらもチェック!

タウンライフ注文住宅のメリット・デメリット|無料で間取りを作ってもらう

2019.04.17

 

▽シャッターを取り付けるなら、パッシブデザインにも配慮したいところ。

パッシブデザインの間取りのメリット・デメリット!自然の力で涼しいって本当?

2019.05.22

 

▽注文住宅の予算オーバーを防ぐコツは、こちら!

予算オーバーを防ぐ!注文住宅の家作りの予算を抑える10のコツ!

2019.02.13

土地ありorなし!注文住宅で予算2500万円はどんな家が建つ?厳しいって本当なの?

2019.05.16

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。