厳選!入居して分かった、建売住宅の絶対必要なオプション・あったら便利なオプション6選

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

新築の建売住宅を購入するとき、オプションは何を追加すればいいのだろうか?

できれば必要最小限にして費用を抑えたいけど、入居してから大変な思いをするのも嫌だ。誰か心優しい方に、「必要なオプション」だけ厳選して教えて欲しい・・・。そんな方はいらっしゃらないのでしょうか。

ザク男爵
イエス、マダム。

建売住宅のオプションのことなら、このザク男爵めにお任せ下さいませ。

吾輩は建売住宅を買ったとき、節約根性丸出しでオプションをほとんどつけないまま、入居する暴挙に出てしまったのであります。

その結果、入居してからの生活が、サバイバル感溢れる生活になってしまったのだ。

 

建売住宅を購入する時は、必要なオプションを然るべきタイミングで設置することが重要。吾輩は身を持って学んだのであります。

そこで今回は、建売住宅に必要なオプション、ないと困るオプションについてご紹介させて頂きましょう。

 

スポンサーリンク

絶対に必要なオプション。

建売住宅のオプションは何が必要なのだろうか。

吾輩が実際にほとんどオプションをつけないで入居して、「これは絶対に必要だ!」と感じたオプションは次のものだ。

 

砂利敷き(もしくは芝張り)

建売住宅のオプションで絶対必要なのは、「砂利敷き」だ。

庭、駐車場、その他空いている土地に砂利を敷いて、転圧(固める)工事だ。(ただし既に庭が芝・砂利・コンクリートで整備されている場合を除く)

・・・え?こんなことが絶対必要なオプションなのかとおっしゃるのですか?

ははー、なるほどですね、それはきっと何も整備されていない庭の恐ろしさをご存じないからでしょうね、はいはい。

 

いや実に何も整備されていない庭って、恐ろしいんですよ。

例えば天気がいい日が続くとしましょう。最初の何日かは「いい天気だねー」なんて呑気なことを言っていることでしょう。

しかしそのいい天気が何日も続くと、やがて庭の土はさらさらに乾いていき、ちょっとした風が吹いただけで土埃が舞い上がる、恐ろしい庭に変貌するのであります。

これが実に恐ろしい。洗濯物を干している妻の元にちょっと強い風が吹けば、

ふえええ!?せ、洗濯物が土でまっ黒に!?

吾輩の白いTシャツは瞬時に無残な姿になり、今日一日妻の機嫌も斜めになってしまうのであります。

 

さらに庭で遊ぶ子供たちにも、土埃は容赦なく襲いかかるのであります。

長男
パパ、パパ、おめめが痛いよう・・・しくしくしく・・・
次男
ぴぎーーーー!!ぴぎーーーー!!(何かを訴えている)

おちおち子供も庭で遊ばせることもできませぬ。

 

さらに整備されていない庭は、雨が降れば水たまりになり、ぬかるんだ状態になり、そこが自宅だと認めたくない状況に。

靴底についた泥はすぐに玄関を汚し、新築の香りも風情も感じられない民家となってしまうのであります。

 

砂利ぐらい自分で敷くことも可能であります。実際、吾輩は入居してから一人で庭に砂利を敷きましたとも。

しかし想像以上に大変な作業なので、もう二度とやりたくありませんぬがね。

つまりでございますよ、買った建売住宅の庭が整備されていない状態なら、そこはお金を払ってでもオプションで砂利を敷いてもらって、入居時には快適に暮せるのがベストなのでございます。

砂利を敷いてから気がついた、とっても簡単に整地する方法があったのだと。

2015.08.18

砂利か芝か!?庭に砂利を敷く6つのメリット・デメリット!

2016.10.01

 

物干し金具+テラス屋根。

 

画像引用:YKK公式

そして建売住宅のオプションの必需品と言えば、「物干し金具+テラス屋根」。こちらも入居するまでに設置しておきたいでございますな。

吾輩はオプション工事代を節約したいが為に、物干し金具を設置しないまま入居。その結果、せっかく一軒家に引越したのに屋外に洗濯物を干すスペースがないという滑稽な状況になりました。

物干し金具だけでは、雨が降った時に洗濯物が濡れてしまうので、合わせてポリカーボネート製のテラス屋根も付けると利便性がぐっと向上しますぞ。

洗濯物が外に干せないって、すごく大変でした・・・。しくしくしく・・・

妻には多大な苦労をかけたようであります。

 

カーテンレール。

建売住宅の中には販売価格を抑える為に、ありとあらゆるものをオプション扱いしている物件もあります。

その1つとして、カーテンレールがない物件もありますぞ。

カーテンレールとは?

カーテンをつるす為のレール。通常、窓枠の上にレールを打ちつけて設置する。

カーテンを買うだけではダメなのでございますよ。ちゃんと窓枠にカーテンレールがないと、カーテン吊るせませぬのでご注意下さいませ。

このカーテンレールは、吾輩もオプション工事でつけましたぞ。さすがに入居してカーテンが付けられないって、生活できませぬからね。これは必須項目ですな。

 

網戸。

こちらも物件価格を安くする為、オプション扱いになっている物件が多い。

網戸がないと、窓を開けたときに虫がガンガン入ってきます。虫嫌いな人にとっては拷問のようなライフスタイルであります。

そんな吾輩もバリバリの虫嫌い。窓を開けて虫が入ってくるぐらいなら死んだ方がマシ。

そう確信する吾輩は迷うことなく、網戸のオプションは即決しました。高かったけど。

 

あったら便利な快適オプション!

さて、ここからは入居時にあったら便利な快適オプションをご紹介させて頂きましょう。

もちろん、節約・費用対効果という観点から、厳選して選ばせて頂きましたぞ。

 

2階のエアコン。

2階のエアコン。つけるかどうか迷ったら・・・

ザク男爵
つけましょう。・・・財布に余裕があればね。

吾輩は財布の紐をキツク締めすぎたので、入居時までにエアコンをつけませんでした。そしてそのまま、今でもまだエアコンはついておりませぬ。リビングに1台だけでございます。

2階にエアコンがなくても、冬はまだイケるのであるよね。寒いだけだから。

でも問題は夏だ。夏の日差しを受けて、室温が上昇し、暖まった空気は2階に溜まる。そうして夏の間、2階は「サウナ」になるのだ。

ザク男爵
暑い・・・暑い・・・暑い・・・

・・・無理。

窓全開でどうのこうのなるレベルではございませぬ。

 

しかも最近の建売住宅は、どうやら高断熱・高気密な家なようでして、一度室温が上がると、なかなか下がらないのであるよね。

夜になっても2階が暑い。夜寝る時も暑い。暑すぎて、リビングで寝る時もございました。

財布の紐が許すなら、2階にエアコンあったら快適でしょう!

 

シャッター(窓)。

画像引用:リクシル公式

今時の建売住宅って、雨戸ってないものでありますよね。でもその代わり、窓枠にシャッターを取り付けられるようになっているのだ。もちろん、オプションで。

シャッターを取り付けることで、防犯性が高くなり、窓を割られて侵入される心配がなくなりますぞ。

また台風など暴風のときも飛来物が窓に当たって割れる・・・という心配もなくなる。

窓枠にシャッターを取り付けることで、安心・安全性が高くなるのであります。

ザク男爵
ケチってシャッターを取り付けなかったから、台風の度に窓が割れないか心配であります!ハラハラ・・・

お金で買える安全は買った方がいいものでございます。

 

でもオプションって高いよね・・・。
4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s

オプションが必要なのはよく分かりました。そしてオプションをケチった吾輩は後悔しておりますとも。

しかしでございますよ、ハウスメーカーのオプションって高いし種類が少ないし。これだったら入居してから、自分で安いところ見つけた方が得だ・・・なんて思いませんか?

 

オプションで付けてしまえば、住宅ローンで払えることも。

建売住宅のオプションをハウスメーカーに依頼する最大のメリットは、オプション工事代を住宅ローンで払えることだ。

ザク男爵
高いオプション工事代を住宅ローンで支払える?

・・・はて、それがどうしてメリットなのでしょうか?

住宅購入時は頭金、諸費用、引越し代、新しい家具・家電など、とにかく現金が出て行ってしまう時期。

手持ち現金が少なくなる時期に、入居してから自分で庭の整備代、物干し金具・バルコニー屋根などを手配して、現金で支払うって、地味にキツイですぞ。ボディーブローを連打される感じ。

ザク男爵
頭金を払い過ぎて現金がないぞ。・・・来月の給料まであと5日。

よし、今月はもやしで凌ぎますぞ!!

せっかくマイホームに引越ししたのに、手持ち現金が少ないが為にストレスを感じたり、不便な暮らしをしたりするぐらいなら、多少高くてもハウスメーカーのオプションを住宅ローンで支払ってしまった方が、精神衛生的に健全だったりするものであります。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅のオプションで「絶対必要なもの」、「あったら便利で快適なもの」は次の通りでございます。

【絶対必要なもの】

1・砂利敷き(もしくは芝張り)

2・物干し金具+バルコニー屋根

3・カーテンレール

4・網戸

【あったら便利なもの】

1・2階のエアコン

2・シャッター(窓用)

さてさて今回は建売住宅に必要なオプションを厳選してご紹介させて頂きました。

最近の建売住宅の中には本体価格を抑える為に、「家以外何もついていない」がトレンドになりつつあるところ。

何が必要で何がなくてもイケるのか。もし迷ってしまったら、こちらの厳選オプションをご参考下さいませ。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。