営業マンの必殺小技!営業ツールとしての名刺の効果的な使い方!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

営業マンなら誰でも右ポケットに忍ばせてあるのが、「名刺」。

「名刺なんて、社名と名前と連絡先が書いてある紙きれでしょ?」と思っていませんか?

ですがこの名刺、実は使い方が奥が深いのです。

単なる紙っぺらでも、効果的に名刺を使いこなすことで、日々の売上アップにつながること間違いありません。

 

そこでこの記事では、名刺の効果的な使い方についてまとめておきます。

単なる紙切れだった名刺が、効果的な販促ツールに変身しますよ!

スポンサーリンク

名刺交換するだけじゃない、名刺の効果的な使い方!

-shared-img-thumb-freee151108028752_TP_V
名刺は名刺交換だけでなく、日々の営業ツールとしても大活躍してくれます。頼もしい味方なのです。

でもその存在が地味すぎるので、そこまで使いこなしている営業マンは少ないのが現実です。

 

「名刺は昭和の産物だ、不要だ!」

 

と、言うのはまだまだ一部の業界。

大多数の業界には、名刺は非常に有効な営業ツールとして活用できますよ。

 

お客さんが不在の時に、名刺を置いてくる。

しつこい営業マンは、即効で嫌われます。

これは自然の摂理で、しつこい男が光の速さで女性から嫌われるのと同じです。

しかし常にお客さんの側にいて、お客さんの「欲しい、買いたい」を敏感に感じ取らねば、営業マンとして失格です。・・・難しい!

 

そこで活用したいのが、名刺でございます。

しつこく訪問して営業したい気持ちをぐっと抑えて、「わざと」お客さんが不在のときを狙って訪問するのです。

そしてスマートに名刺だけ置いて帰ってくる。

この営業の狙いは、営業マンの姿を見せることなく、その存在をお客さんに伝えること。

営業マンのことを忘れて欲しくないけど、しつこいって思われたくないときに、非常に有効でございます。

 

お客さんが帰ってきたときに名刺を見て、「ああ、○○さん来たんだ。」って思えば作戦成功。

さらに、「ああ、○○さん来たんだ、悪いことしたな。」って思ってくれたら、それまでの営業は間違っていなかった証明です。

ぜひともお客さんにしつこいと思われることなく、お客さんの側を離れずに「欲しい、買いたい」需要をキャッチしよう!

 

メモ代わりに使って、そのままお客さんに渡す。

お客さんと立ち話しているときに限って、重要な話になったりするもの。

そんなときに、さっと胸ポケットから名刺を出して、ささっと名刺をメモ代わりに使ってお客さんに渡してみましょう。

そうすれば、「ただの名刺」を「重要なメモが書いてある、名刺」に昇格できるのです。

 

しかもそのメモを見返すたびに、社名・名前が否応なく名に入ってしまいます。

これを繰り返せば、

・この商品のことは、この営業マンに。

・あの案件のことは、あの営業マンに。

と、商品・案件を営業マンに紐付けすることができます。

 

このネット時代、モノだけなら、いつでも誰からでも買うことができます。

そんな時代だからこそ、「誰から買うのか」、をしっかりとお客さんに刷り込みたいもの。

その為に、名刺をメモ代わりに使って、どんどんお客さんに配ってみましょう。

メモの内容を見返すたびに、営業マンと紐付けされるはずですよ!

営業マンは必要ないのか?ネットで代用できない営業マンの本当に必要な2つの価値。

2017.01.28

 

見積書、カタログと一緒に名刺を渡す。

名刺交換だけでは用途が少なすぎて、名刺は余ってしまうのですよね。これがまた。

そんな余った名刺を胸ポケットで眠らせておくぐらいなら、お客さんにどんどん配ってしまった方が遥かに役に立ちます。

 

そこでお勧めしたいのが、見積書、カタログと一緒に名刺を渡してしまうパターンです。

特に新規営業で、まだお互いの顔と名前を覚えて間もない頃なら、名刺をどんどん一緒に渡してしまいましょう

 

意外とお客さんは取引業者の社名は覚えていても、営業マンの名前までは覚えてないですからね。

営業マンの名前を覚えてなくっても、お客さんは全然困らないけど、営業マン的にはすごい困る訳で。

常にお客さんから「ご指名」を頂けるようではないと、他社に切り替えられるリスクが高くなってしまいます。

 

繰り返しになりますが、今の時代、モノだけなら誰からでもどこからでも買えるのですよ。そう、モノだけならね。

だから「誰から買うのか」、がものすごく重要になるのです。

その意味でも、毎回見積書に名刺をくっつけて、商品と営業マンを紐付けしましょう。

 

「誰からでも買えるけど、ぜひ私から買って下さいね!」

 

という意味を込めましてね!

 

 

手紙、郵便物と一緒に郵送する。

手紙、郵便物を郵送するときに、名刺を1枚忍ばせて置くのも効果的な名刺の使い方です。

郵送の場合、それを受け取る相手は、自分のことを知らない人かもしれません。

もしかしたら受取ったものの、不備があり、その連絡をしたいかもしれません。

そんな時に名刺が1枚入っていると、とても親切です。

 

「何かありましたら、私まで連絡して下さい」

 

名刺にそんな優しいメッセージを添えていれば、より効果は高くなります。

もし名刺が入っていなければ、会社の代表に連絡した挙句、たらいまわしの刑になるかも。

 

顔が見えない郵送ならより一層、相手のことを気遣う「心配り」が必要になります。

担当営業マンの名刺を1枚入れておけば、「おっ、この人に連絡すればいいんだな」と、お客さんもすぐに分かって安心しますよ。

 

まとめ:たかが名刺、されど名刺。


それでは、まとめよう!

名刺の効果的な使い方は、次の通りですよ!

1・お客さんが不在の時に、わざと置いてくる。

2・メモ代わりに使って、お客さんにそのまま渡す。

3・見積書、カタログと一緒にお客さんに渡す。

4・郵便物と一緒に名刺を郵送する。

名刺は名刺交換だけでしか使わないと、ものすごく使い道のない、無駄な紙になってしまいます。

ですが名刺を日常の営業ツールとして使うと、「商品と営業マンを紐付けするツール」になってくれるのです。

ぜひとも名刺を活用して、効果的に営業していきましょう。

それでは、また!

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。