「まだ家を買うのは早い」という嘘。30歳で家を買って実感する、早く家を購入するべき理由。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

吾輩は家を買おうと思い立ったのが、29歳。そして家を買ったのが、30歳の時。早い住宅購入だった、とは思っていないが、どうやら世間様から見たら、早い分類に入るようだ。

そんな早くして家を買った吾輩は、事あるごとに思うのであります。

ザク男爵
家、早く買ってよかったー!

住宅は買うか、買わないかではありませぬ。いずれ必要になるから、「早く買っておけ」でございますぞ。

もうね、ほんとそうですよ。家、早く買いましょうよ。

そう、家はいずれ必要になるのだ。必要に迫られて結局買う破目になってしまうものなのだ。

住宅購入はまだ先だと、呑気にビールを飲んでいる場合ではありませぬぞ。

 

あっと言う間に、子供は大きくなり、あっと言う間に、自分の部屋が欲しいと言いだし、あっと言う間に、巣立っていく。「まだ家を買うのは早い」なんて、嘘。嘘でございますよ!

 

若い内はまだ収入が・・・とか、若い内はまだ家族構成が・・・とか、そんな理由で住宅購入を先延ばしにすると、人生泣きたくなるぐらい後悔すかもしれませぬ。

そこで今回は、30歳で家を買って実感する、家を早く買うべき理由を語っていこう!!

スポンサーリンク

家が本来の「役割」を果たす期間は、実はとっても短い!

その家は何の為に購入するのでしょうか?

吾輩は明確でありますよ。吾輩は、子育てをする為に、家を買ったのだ。

 

それまで吾輩の住んでいた賃貸住宅で、子育てを続けるには限界があった。

40平米の狭い2DKで、幼稚園、そして小学校と子育てを続けるられるのか?と言われたら、間違いなく無理でございます。

とにかく狭くて物が置けない。物が置けないから買わない。狭すぎて子供の物が置けないし、玄関まで物が溢れてたし。

 

だから吾輩は、広い家を買うことにしたのだ。広い家を使って、子育てをすることにしたのだ。

もしも吾輩と同じく子育ての為に家を買いたいのであれば、できるだけ早く家を買った方がいいでしょう。

それは家が「本来の役割を果たす期間」は、思っている以上に短いからでありますぞ。

 

もし子供が10歳の時に家を買ったとしよう。仮に住宅ローンの借入・返済期間は35年として計算しましょうか。

それから10年後、子供は20歳となり、地元を離れて就職しているかもしれませぬ。

暫く戻って来ない子供。それでも住宅ローンは、なんと25年も残っているではありませぬか。

 

使ってない子供部屋があるからと言っても、借りた住宅ローンは、あと25年も返済し続けなくてはいけない。

返済する期間は35年でも、子育ての為に家を使った期間は、たった10年とは。

ザク男爵
35年も返済するのに、子供が家にいた期間はたった10年・・・!?

な、なんだこの虚しい感覚は・・・吾輩の35年ローンは一体なんだったのでしょうか・・・。

それを解決するには、子供が小さいうちに、家を買ってしまうしかない。

だがまだ若く、収入も十分でないならば、取りあえず、家という「箱」だけでも買ってしまうのがおすすめだ。高級な注文住宅でなく、安い建売で十分でございますぞ。

吾輩も広い箱(家)を入手できたことで、それまで「置けない」という理由で買えなかった、「ベビーベット」を置く事ができたのだ。地味なことけど、やっぱり広い家で子育てできるって、ストレスフリーでございますよ。

ザク男爵
素晴らしい。実にこの広さ、まさにプライスレス。

一軒家の魅力は圧倒的な広さ。広さこそ、最高の贅沢という理由を熱く解説!

2017.04.15

 

60歳でも働ける?だれが雇ってくれるの?返済の為に、会社にしがみつくの?

5578f837c1d91e434ab83cb1bd0e4728_s驚くことに、日本の住宅購入の平均年齢は40歳というデータがございます。40歳で住宅購入なら、35年の住宅ローンを完済する時は、75歳であります。(繰上げ返済をしない場合)

仮に35年間かけて返済するシュミレーションなら、65歳の時でも、まだ住宅ローンが10年も残っているではありませぬか。

ザク男爵
65歳でまだ10年もローンが残っているですと・・・!?

吾輩は65歳で定年になって、送別会をしてもらえるだろうか。いやいや、まだローンが残っているのだ、送別会をされては逆に困るのでは!?

うう・・・吾輩はどうしたらいいのでしょうか・・・!?

間違いなく、「終身雇用」という夢のような制度はもうありませぬ。年齢とともに昇給するシステムも、65歳まで雇用が保障されるシステムもありませぬ。

ただ一つ間違いなくあるのは、なかなか減らない住宅ローンだけではありませぬか!?

返済しても返済しても、減らない。そして気がつけば、自分がご老体。いつ会社にご苦労さんと言われてもおかしくはない。

しかしでございますよ。例え会社から「ご苦労様」と言われても、まだ返済があるから、会社にしがみつくのでありますか?

ザク男爵
・・・いやだ。余生は静かにゲームをしながら暮らしたいであります。

返済の為に働く人生。そんな人生、辛すぎますぞ。

住宅ローンは、遅くとも50歳までには完済したいところ。

子供の独立と同時に完済でありますな。早くして家を買ってしまえば、それが実現可能になるのだ。

 

30歳で買ってしまえば、35年後は65歳。なんとか15年返済を短縮すれば、50歳。うーん、ギリギリ間に合うか?

取りあえず返済が終わっていれば、50歳で会社からご苦労さんと言われても、なんとかなるレベルでありますな。

上司
おい。・・・ご苦労さんだったな・・・にやり。
ザク男爵
い、今それ言いますかーーー!?

住宅購入が遅いけど大丈夫!?住宅ローンを60歳までに完済する4つの方法。

2017.01.04

 

新築を買っても、25年後にはリフォームする必要がある現実!

新築の住宅、買う時は35年の住宅ローンだが、その実、日本の住宅は35年も耐用しないのだ。

住宅購入後、平均25年後に大規模リフォームをする統計があるのでございます。(平成26年度住宅市場動向調査 国土交通省)

つまり、最低でも10年の繰上げ返済で10年間の返済期間短縮は必須事項ということであります。もしくは返済をしながら、リフォームの資金を貯める離れ業か。

住宅購入の平均年齢40歳で、家を買ってしまったら、25年後、つまり65歳の時におそるべしリフォームがやってくるのだ

もしも万が一、繰上げ返済もしない・リフォーム資金も作っていない状況だと、住宅ローンの支払いが終わっていないのに、リフォーム資金をさらにローンする、2重ローンになる可能性だってある訳で。

ザク男爵
・・・いやだ。65歳にもなってローンなんて背負いたくありませぬ。

吾輩は人里離れたところで、静かにゲームをして余生を過ごすのであります!邪魔しないで!!

リスクを背負うのは、若いうちだけで十分でございます。

 

だから、早く家を買った方がいい。本当に。

実際の住宅購入はまだまだ先かもしれない。

だが、例え住宅購入がまだ先だとしても、いずれ家は必要になってしまうのだ。

収入がまだ安定しないから、とか、家族構成がまだはっきり決まってないから、とか、あれこれ言っている内に、貴重な時間だけが過ぎていきますぞ?

 

過ぎた時間だけは、どんなに後悔しても後戻りには出来きませぬ。

早く家を買って、早く返済を始めないと、いつまでたっても返済が終わらない人生になってしまいますぞ。

 

「今はまだ必要ない」とか余裕ぶって言ってるかもしれないが、あっという間に子供が大きくなって、自分の部屋が欲しいと騒ぎ出すこと必至。

そこから家を買っても、単に子供に、引きこもるスペースをプレゼントしただけではありませぬか。

 

ああ、そのウン千万の借金がもったいないでございますよ。どうせなら、まだ子供が言う事を聞く、可愛い頃に買ってあげませぬか?

早く家を買うには、理由があるのでございます。迷っている暇はありませぬよ。

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。