会社に捨てられる!スキルの身につかない仕事はすぐに辞めるべき!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

吾輩は平日は営業マンをしているけど、なんと土曜日限定で肉体労働をしているのだ。バイトじゃないよ!

そのおかげで肉体は、ムッキムキになったけど、この仕事をしていて思うのは、「去年も一昨年も、全く同じである」ということ。

「今年は去年よりムキムキだから仕事はかどるぜ!!」みたいの、ないない。

 

逆にやればやるほど、「疲れる」「無理ができなくなる」、つまり「年を取る」だね!

だから、肉体労働みたいな「スキルの身につかない仕事」は、絶対に辞めるべきなのだ。

 

そこで今日は、「スキルの身につかない仕事」は絶対に辞めた方がいい理由について、書いていくよ!

 

 

頭も手先も使わない、バカでもできる仕事は、実はたくさんある。 

スポンサーリンク



吾輩が土曜日限定でしている肉体労働は、ただひたすら製品を作る仕事。

それもただひたすら、液体を詰め替える仕事。しかも重さが「20kg」であるぞ!3歳の息子よりも重いって、どんだけ重いのだね!?

 

この仕事をするのに、特に難しい技術はいらないのだ。強いて言うなら、「こぼさないように、そっと」扱うことかな。でも、素早くね!うむ、これぐらい!

だからどんな不器用な新人でも2時間ぐらい練習すれば、勤続10年のベテラン社員と同じぐらいの仕事ができちゃうぐらい、簡単な仕事。でも力仕事でキツイ仕事。

 

吾輩のしている肉体労働以外にも、この世の中にはこんな「技術がいらない仕事」が結構あるのだ。

吾輩が昔勤めていた、派遣会社の派遣社員も「技術のいらない仕事」をやってたね。

 

例えば、「マシンオペレーター」。横文字にすると、ちょっとかっこよく見えるのが不思議だけど。

これ、名前はすごいけど、仕事はめちゃくちゃ簡単。

流れ作業で、前工程から来た製品を機械にセットする仕事。それだけ。

ええ、それだけであるよ!ただひたすら、製品を機械にセットするのだ、毎日毎日ね。

 

機械が調子悪くて、故障したら「メンテさん」という別部隊を呼ぶ。

製品の不良があったら、「正社員」を呼ぶ。

つまり、製品をセットする以外の仕事は、「異常があったら報告する」こと。うわ、それ、機械のアラームと同じではないか!!

 

 

「お金しか貰えない仕事」は、お金を使ってしまったら「何も残らない」。


bsfreee151108309478
どんなに一生懸命働いても、その仕事で「お金しか得られない」なら、絶対にその仕事は辞めた方がいいぞ。

だって、もらったお金を使ってしまったら、「何も残らない」のであるからね。

 

工場勤務の仕事は、特別な技術がなくとも、残業代、深夜手当を含めると、意外と年収400万ぐらいいってしまうのだ。

吾輩、派遣会社で「派遣社員の管理者」をやっていたけど、吾輩の給料より派遣社員の方が「高い」のだ。リーマンショック前だけどね。

 

でもその派遣社員の仕事は、「マシンオペレーター」で、勤続10年のベテランも、配属3ヶ月の新人もどれも同じ仕事。

つまり、10年間も続けても、「何1つ、スキルが身につかない」のだ、その仕事では。

 

一生懸命働いても、会社から貰えるのは「お金」だけ。そのお金、使ってしまったら、何が残るの?何も残りませぬぞ!

 

これ、言い換えると、「その10年間、時間を無駄にした」とも言えるよね。

だって、10年間勤めても、3ヶ月の新人と同じ仕事しかできないのであるぞ!?ちょっと酷い言い方だけど、現実は厳しいのだ。

 

 

将来的に収入が増える見込みゼロ。努力が「蓄積」できないのは、致命的。


2466606630c0f69c6b40db0e9d067959_s
「スキルの身につかない仕事」が致命的なのが、「将来的に収入が増えないこと」であるぞ!

それもそうだ、何年続けても「同じスキル」「同じ仕事内容」であるからね、収入なんて増えないよ。

 

逆に最初の給料が低くても、スキルが身につく仕事はやるべきであるね。

新卒って、給料安いけど、色んな仕事を教えて貰えるよね。そんな「VIP待遇」な仕事がお勧め。

 

吾輩は転職して、営業マンになったけど、最初はめっちゃ給料安かったよ。

年収260万。月の給料、最低で18万(総支給)。これで専業主婦の妻と暮すのは、まじでキツかったぞ!

 

でも営業の仕事って、本当にいいよ。だって努力が「蓄積」できるんだもん。

自分自身の「営業スキル」が向上するのは、もちろんのこと、「優良顧客」もストックできるからね。

営業は長く続ければ、続けるほど、自分が有利になる仕事なのだ。これ、「優良記事」をストックできる、ブログみたいであるよね!

 

そうして「営業スキル」と、「優良顧客」を積み重ねた結果、今では年収450万になる見込みなのだ。

働く時間、負荷は一緒。いや、お客さんゼロの新人時代より、遥かに「楽」だね!

営業は、努力を蓄積さえて、「楽に稼げる」ようになれるのだ!


 

ずっと同じ環境にいると、まったく成長しない自分がいる。

-shared-img-thumb-max16011542_TP_V
自分でどんなに「自分を変えるんだ!!」っと気合を入れても、周りの環境が「スキルの身につかない仕事」であれば、その中でどんなにもがいても「ただ苦しいだけ」なのであるよ。

 

逆に、周りの環境が「スキルの身につく仕事」だと、自分では意識しなくても、どんどん自分が変わっていくのであるね。これ、本当に。

 

吾輩も営業マンになって、「営業の世界」で生きている、生き残るだけで、それなりにスキルが蓄積されて、優良顧客がストックされたのだ。

副業で始めたブログも、気がついたら「ブロガー仲間」に恵まれて、「いい記事」に出会えて、自分自身でも「いい記事」が書けるようになったり、ストックできたり。

 

自分が「今、どんな環境にいるのか?」って死ぬほど大事。これ間違えたら、まじで死んじゃうレベル。それほど大事。

 

吾輩、これまでに2回転職したけど、転職したら、がらっと環境変わったからね。

「仕事でスキル、努力が蓄積できる!」って思うようになったのは、営業マンになってからのこと。それまでは会社から渡された仕事を、たんたんとこなしてるだけだったね。

 

いつまでも同じ環境で、ただ時間だけを「消費」している日々を過ごしていると、気がついたら「10年前と何も変わらない、成長していない自分」と出会ってしまうぞ!

 

 

スキルの身につかない仕事は辞めるべき理由について、まとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

スキルの身につかない仕事を辞めるべき理由は下記の通りであるぞ!

1・スキルの身につかない仕事は、「お金しか貰えない」。

2・お金を使ってしまったら、「何も残らない」。

3・将来的にも収入が増えないのは、絶望的!

4・「努力の蓄積」ができないのは、致命的!

やっぱり肉体労働の致命的なところは、「努力の蓄積」ができないところだろうね。

営業みたいに、「やればやるほど、蓄積されて楽になる」とは、逆であるよね。「やればやるほど、疲れるだけ」ってね。

吾輩は2回転職して、営業マンになったけど、「努力が蓄積できる」って最高であるよ!

 

現状を変えたいなら、まずは環境を変えよう。

まずは転職サイトに登録して、スカウト対象になれば「変われる」はずだよ!



それでは、アディオス!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。