20代(25歳)で転職失敗。失敗して分かった、失敗した原因と成功する為の条件。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、新規営業で2億円売り上げた営業マンでございます。

 

今でこそ営業マンとして結果を出して落ち着いた吾輩でございますが、実は過去に転職に大失敗した経験があるのです。

しかもお恥ずかしいことに、転職してたった3ヶ月で逃げるように退職をするという、なんとも情けない退職を致しました。

その当時は今その瞬間を生きていることで精一杯だったけど、振り返ってみれば、「なぜ転職に失敗したのか?」が手に取るように分かるのだ。

そこで今回は吾輩の転職失敗談を元に、転職に失敗した原因、そして成功する為の条件について書いていきましょう。

スポンサーリンク

転職の経緯・転職活動・転職結果など

まず始めに吾輩が失敗した転職の経緯について書かせて頂きましょう。

 

25歳のとき。リーマンショックで仕事がなくなった。

吾輩が転職活動をしようと思ったのは、忘れもしない25歳のときだ。リーマンショックでそれまでの吾輩の仕事がなくなるのが決定したからだ。

それまで吾輩は人材派遣会社に正社員として働いていて、派遣社員の管理のお仕事をしておりました。しかしリーマンショックで吾輩の担当現場がなくなることが決定し、吾輩は遠い別の現場に作業員として転勤することが決まったのだ。

ザク男爵
・・・嫌であります。転勤も現場作業も嫌であります。

・・・そうだ、転職しよう!

そうして吾輩は大手転職サイトに登録して、転職活動をスタートしたのでありました。

 

大手転職サイトで転職活動。

取りあえず転職サイトに登録したものの、実は吾輩は真剣に転職活動をしてなかった(え?)。

吾輩は有給消化という社会人の夏休みを満喫しながら、社労士という資格取得に向けて猛勉強していたのであります。ほら、派遣社員の労務管理をしておりましたのでね、資格も取れば転職に有利かなと思いましてね。

ザク男爵
転職に有利になるから、資格を取得するであります!さあ、合格するでありますぞ!!

・・・さて、まずは本屋さんに行って参考書を買ってきましょうかね・・・。

しかし猛勉強の甲斐なく、吾輩は社労士になれませぬでした

落ちたショックはありましたが、とは言っても現実にお金がない訳で。彼女(今の妻)と結婚の約束もしている訳で。

この段階で吾輩は本腰を入れて転職活動を始め、エントリーシートを書き始めたのであります。

 

たった1回の面接で採用。転職活動は2週間で終わった・・・?

吾輩の地元は栃木でありますが、彼女との結婚の約束もあり、転職活動は愛知県で行った。

無職ながら愛知県にアパートを契約し引越しして、日々目減りしていく貯金残高に変な汗をかきながら吾輩は猛烈に転職活動を致しました。

その結果、なんと愛知県に引越ししてから2週間で、とある病院からご採用(管理職として)頂いたのだ。

ザク男爵
ふふ、吾輩のあふれる才能は隠しきれないのね。はいはい、それは分かりますよ、仕方ないね、それは。

あの病院から、しかも管理職として採用。完全に吾輩は浮かれておりました。

しかしこの採用が後に転職の大失敗となるとは、この時の吾輩は夢にも思いませぬでした。

 

転職後、3カ月で退職へ・・・。

意気揚々と完全に有頂天だった吾輩でございますが、なんと転職してからたった3ヶ月で退職することになってしまったのだ。

彼女(今の妻)との結婚の約束の為に引越しした愛知県だったが、愛知に留まり続けるお金もなくなり、泣く泣く地元へ敗走致しました。

お金もなくなり、自分への自信もなくなり、そして彼女もなくなり・・・そうになった(その後無事結婚できたけど)。特にたった3ヶ月で辞めることで、自分への自信がなくなり、鬱寸前になってしまったのは、相当の深手になってしまった。

なぜ吾輩はあこがれの病院での管理職で、たった3ヶ月で退職することになってしまったのか。その当時はさっぱり原因は分からなかったが、今では手に取るように原因が分かりますぞ。

 

転職に失敗した原因。

希望の仕事で転職に成功したものの、たった3ヶ月で退職することになってしまった吾輩。

冷静に分析すると、その原因は次の4つであることが分かったのだ。

 

1・業種・業界が違う。

吾輩は希望の仕事(管理・労務)で転職に成功したが、前職の「派遣業界」と転職先の「医療業界」と、業種・業界が全く異なったのだ。

違う業界の雰囲気に馴染むことができず、自分の能力をフルで発揮することができずミスが増えて、退職という結果になってしまったのだ。

しかし転職当時、吾輩は業界の違いなんて関係ないだろうと甘くみていた。が、実際に違う業界に足を踏み入れて見ると、まったくもって分からないことだらけだった。

なんでしょうね、その場の「空気感」が全然違うのであるよね。そこで働いている人のオーラ、雰囲気も違うし、来るお客さん、取引業者の雰囲気も違う。話し方も違うし、会話の流れも違う。

ザク男爵
なんだか前の職場と全然雰囲気が違うなあ・・・。こんな空気に包まれていると、息が詰まりそうであります。

・・・え?また書類に間違いがあるですと?おかしいなあ・・・。

業界独特の雰囲気・イメージに合わないと、持てる能力をフルで発揮するのは難しい。その結果、仕事でミスが増えたりして、退職・・・という結果になるかもしれませぬ。

 

2・支えてくれる、同僚・友達・家族がいなかった。

吾輩が転職で失敗した原因は、仕事以外で吾輩を支えてくれる人がいなかった、ということだ。

職場で気軽に話せる同僚もいなかったし、単身愛知県に引越ししたので地元の友達もいなかった。もちろん、吾輩の家族もいなかった。

前職の派遣会社では、吾輩は新卒の甘ちゃんとして入社していたので、とても大切な事に気が付かなかった。

それは、「転職は同僚がいない」ということだ。「転職先はみな先輩(上司)」という、まさに四面楚歌状態で入社するということだ。

上司
今度入ってきたのはどんな奴だ?使えそうか?ふーん。

同時期に転職者が複数人いる場合を除き、転職者はかなり孤独だと思った方が間違いない。その職場に馴染むことができれば歓迎されるだろうが、馴染むことができないようだと、いきなり最初から「四面楚歌」、でございますから。

 

そんな辛い時、心の支えとなってくれるのが、地元の友達、そして家族でございます。職場での孤独を癒し、明日を戦う力を養えることでしょう。しかし吾輩はアパートに戻っても一人、休日も一人。そうして3カ月が経つ頃には、

ザク男爵
吾輩はなんて仕事のできない人間なのだ。

・・・そうだ、ミジンコだ。吾輩はミジンコになってしまいたい・・・。

完全に人格が崩壊しておりましたよ(本当に)。孤独な転職先でも生き残りたいなら、社内営業のスキルは必須でございましょうね。

お世辞不要!辛い出勤が楽になる、口下手でもできる社内営業のやり方!

2016.12.02

 

3・求人広告の甘い言葉。

吾輩が転職に失敗した原因は、求人広告の甘い言葉を見抜けなかったことが大きい。

ほら、よくあるではありませぬか、「幹部社員、募集!」とか「業務拡大につき、正社員募集!」とか。

ザク男爵
ふん、こんな甘い言葉で吾輩を騙そうとしても無駄でありますからね!

そう思っている人ほど、簡単にひっかかるものですよ。

ちなみに吾輩がやられたと思ったフレーズは、次の2つだ。

 

・求める人材に「リーダーシップがある」

→いきなり無理難題が来る可能性あり。だって「リーダー」でしょ?

 

・将来の幹部候補

→入社後、適性を見極めます。適性がないと診断した場合、減給の上、別部署で働いてもらいます。嫌なら退職して頂きます。

 

つまりは、そういう意味なのですよ。魅力的な求人の甘い言葉には必ず裏がありますぞ。目先の条件にとらわれて就職すると、後々大変になるかもしれませぬ。

 

4・上司と合わなかった。

そして転職に失敗した最大の原因は、上司と合わなかったことであります。

転職先の上司と合わないと、致命的でございますよ。だって、本当は心細い転職先の職場で一番の味方になってくれる(はずの)上司が、敵になってしまうのでありますから。

上司
あいつ、なんとなく可愛くないんだよなー。なんでか分からないけど、嫌いなんだよなー。

・・・まあ、いっか、知らん。ぷいっ

上司にとっては数多くいる社員のうちの1人だが、転職者にとっては、社内で知り合えた唯一の人間がその上司かもしれませぬ。その上司に嫌われると、さながら全世界の人から嫌われるような錯覚を感じてしまうのであります。

転職先の上司との人間関係は死ぬほど重要でございます。事前に知れるものなら知りたいのでありますが。

辞めてよかった!上司と合わないなら、転職直後に退職してもいい。

2016.02.13

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

転職に失敗した原因は次の4つでありますぞ。

1・業界・業種が違った。

2・支えてくれる同僚・友達・家族がいなかった。

3.・求人広告の甘い言葉を見抜けなかった。

4・上司と合わなかった。

吾輩が失敗した原因を逆説的に考えると、これが転職に成功する為の条件になりますぞ。

1・同じ業界・業種なら仕事の進め方もほぼ同じ。

2・転職するなら地元。友達、家族の支えが必要不可欠。

3・いい言葉が並ぶ求人広告は裏がある。地味な求人ほど信頼できる。

4・転職したら社内営業を駆使してでも、上司に取り入るべし。

特に20代の頃の転職は必要以上に前向きに考えすぎるかもしれない。

「未経験・異業種でも挑戦してみたい。」確かにその気持ちはとても大切だ。人間チャレンジすることを忘れたらお終いだからね。

だがしかし、チャレンジと無謀は全くもって別の言葉。転職に失敗すると、お金も住所も自信も、そして大切な家族も失うリスクがあるで、転職は慎重に進めていきましょう。

それでは、アディオス!

辞めてよかった!上司と合わないなら、転職直後に退職してもいい。

2016.02.13

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。