悪質ないじめも…。退職を切り出す前に必ず知っておきたい6つの退職トラブル!

どうもこんにちは、営業代行のザク男爵(@zakudansyaku)でございます。

 

「今日こそは上司に辞めると伝えるぞぉ・・・!!」

 

目の奥に炎を宿して上司のもとに出陣する前に、ぜひ知っておいて頂きたいことがあります。

イエス、それは退職にまつわるトラブルでございます。

会社は入ることよりも退社する方が100倍難しく、ノリと勢いだけで「辞めます」と言ってしまうと、不用意なトラブルに巻き込まれる危険があります。

この記事では退職の意向を切り出したときに起きうる、「退職トラブル」について解説させて頂きます。

予め退職トラブルを知っておくことで、円満退社を目指すことができますよ。

スポンサーリンク

切り出す前に知っておきたい、退職トラブル

「退職の意向を切り出したとき、相手がどんな反応をするのか?」

これが分かれば、どんな怖い上司であろうとも恐れるに足りません。

上司
・・・あぁん?辞めるだと・・・?

今まで世話してやった恩を忘れたのか?(怒)

ザク男爵
イエス、上司。ですがそれは退職とは関係ない話でありまして・・・(想定内の反応なり)

退職の意向を切り出したとき、次の6つのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

1・説得される。

退職の意向を切り出したときに、もっとも予想される反応は説得されることです。

厳しかった上司も手のひらを返したように、仏の顔になってささやくのですよ。

上司
そうか・・・まぁ、俺も厳しすぎたところがあったからな・・・悪かったよ。

でも、それはすべてお前のためなんだ。・・・なあ、もう一度ゆっくり考えてみないか?

ザク男爵
い、い、い・・・イエス!!上司!!

退職の意向を切り出すタイミングって、切羽詰まって余裕がないときじゃないですか。

そんなときに普段厳しい人から、ぽろりと優しくされると、あっけなく説得されてしまうのですよね。

 

説得されること自体はトラブルでも何でもないですが、結局は問題をうやむやにして先延ばしにしているだけですからね。

それから時間を追うことなく、再び同じ理由で退職したくなるのは明白でございます。

 

2・怒られる(暴言を吐かれる。)

退職の意向を切り出したとき、説得される・・・と思いきや、怒られる(暴言を吐かれる)こともあります。

「説得されるだろう」とタカをくくっていると、予想外の攻撃的な言葉にノックアウトされてしまいます。

上司
お前、このタイミングで辞めるってどんな神経してるんだ?甘いぞ?

そんな甘いヤツは他の会社じゃ通用しないぞ!

ザク男爵
え?は?は?・・・はひぃ!!(そうか私は甘かったのか・・・)

退職の意向を伝えたときに怒られる(暴言を吐かれる)のは、2つの思惑があります。

1・退職による損害を八つ当たりしたいだけ。

2・「あなたは他社で通用しない人材だ」と主張して、残留させる。

「1」である場合は、相手は八つ当たりしちゃうお子ちゃまなので、処方する薬はありません。(バカにつける薬はない。)

風を受けて揺れ動く柳のように、右に左に受け流しておけばいいでしょう。しかし度が過ぎる場合は、適切な処置(法的措置)を検討してもいいでしょう。

 

しかし問題なのは「2」でございます。

相手はあなたの価値を否定することで、他社では通用しないことを刷り込もうとします

上司
他社はもっと厳しいぞ?お前は他社じゃ通用しないぞ。

激しく怒っているように見えますが、これは一種の説得のようなものです。

しかも強烈な言葉を使ってあなたを否定、リマインドしてくるので、洗脳に近い側面があります。マジ怖です。

意表を突かれてノーガードのところを責められると、自分の意思は簡単に崩れてしまうのですよね。

 

3・強引な引き止めで、辞められない。

退職の意向を切り出したとき、強引な引き止めにあうことも予想されます。

・後任が決まるまでは、続けて欲しい。

・引継ぎが完了するまでは、続けて欲しい。

・今のプロジェクトが終わるまでは、続けて欲しい。

・今辞められたら、会社がつぶれてしまう。

・今辞められたら、会社に損害がでてしまう。

怒られるときのような激しい言葉ではありませんが、でもこれって「結局辞められない」パターンですよね。

・後任が決まらない。

・引継ぎが終わらない。

・プロジェクトが終わらない。

などなど、いつまでたっても会社を辞めることができません。

強引な引き止めとは、「辞めたらどうなるか、分かってるよな・・・?」と強く迫られる以外にも、あなたを辞められない環境に追いやってしまうことも含まれます。

強引に引き止められることで、

・いつまでもストレスの多い職場から解放されない。

・転職活動ができない。

・転職先が決まっている場合、転職先に迷惑がかかってしまう。

さらなる退職トラブルに発展するので、注意が必要です。

誰にもバレない!在職中に転職活動を成功させる6つのコツをこっそり教える。

2018.04.30

 

4・「明日から来なくていい」と言われる。

退職の意向を切り出したとき、説得・強引な引き止めから打って変わって、「明日から来なくていい」と言われることもあります。

引継ぎ期間を想定して早めに退職の意向を切り出したはずなのに、予想に反して「明日から来なくていい」と言われるとは・・・。

上司
そうか、なら明日から来なくていいぞ?
ザク男爵
・・・え?(貯金も少ないし、急に無収入になったらすごく困るのですが・・・)

急に収入が途絶える不安は、相当大きいです。

 

ちなみにですが、「明日から来なくていい」を法的に解釈すると

1・今日で解雇します。

2・退職日を今日にしませんか?

3・明日から休んでもいい。

3つに解釈することができます。

「1」であれば、解雇ルール(30日前に予告)を満たしていないので無効です。(30日分の解雇手当を支払う必要あり)

「2」であれば、それは提案しているにすぎません。却下でございます。

「3」であれば、有給を申請してお休みを頂きましょう。(2週間)

「相手がどんな反応をするのか?」と、ほんの少しの予備知識があれば、「明日から来なくてもいい」と言われて慌てなくてすみますよ。

 

5・上司、同僚から嫌がらせを受ける。

さて、ここからじょじょに泥沼の退職トラブルに突入して参ります。

退職の意向を切り出したとき、上司や同僚から嫌がらせを受けることがあるのです。

ザク男爵
・・・え?私が退職するだけなのに、なぜ同僚から嫌がらせを受けるのでしょうか?

意味不明すぎでございますよ。

イエス、おっしゃる通り、理不尽極まりない、悪質ないじめでございますよ。

上司や同僚から嫌がらせを受ける原因になるのが、こちらです。

・仕事を引き継いだから、忙しくなる。残業が増える。

・上司の評価が下がる。(部下の管理が出来ていない)

・ブラックな職場から抜け駆けして、ずるい。

 

・・・それ、私関係ないでしょ?

 

イエス、おっしゃる通り、完全に足の引っ張り合いでございます。俺の苦しみをお前も味わえ、的なアレですよ。

退職の意向を切り出すときは、「これで自由になるんだ!!」と開放感に溢れていますが、あなたの周囲には怨念が渦巻いている場合がございます。

昨日までは苦楽をともにした仲間でも、共通の利益(目的)がなくなると手のひらを返されることがあるので、よくよくご注意下さいませ。

 

5・給料を減らされる。

退職の意向を切り出したとき、強引な引き止めにあった上に、さらに給料を減らされる・・・ことも頭の片隅に入れておかねばいけません。

結論から申し上げますが、一方的に給料を減額するのは法律違反になります。(つまり無効)

給料は会社と労働者の合意により決定されるので、退職を理由に一方的に減額はできません。

 

ですがブラックな色をした会社は、今までのあなたの働きに感謝することもなく、「裏切者」として制裁を加えます

会社と揉めずに円満退社を目指していても、これをされたら黙っていられません。

しかるべき対応(労基署に相談など)をして、早々に見切りをつけるしかありません。

 

まとめ:退職トラブルを事前に知ってくことが大切。

それでは、まとめましょう!

退職の意向を切り出したときに起きる退職トラブルは、次の6つでございます。

1・説得される。

2・怒られる(暴言を吐かれる)。

3・強引な引き止めで辞められない。

4・「明日から来なくていい」と言われる。

5・上司、同僚から嫌がらせを受ける。

6・給料を減らされる。

退職の意向を切り出したとき、相手はどんな反応をするでしょうか?

予想できない反応が返ってくるとパニックになり、相手のペースで丸め込まれてしまいます。

ですが相手の反応が事前に分かっていれば、恐れるに足りません

 

退職を切り出すと、これから退職トラブルに巻き込まれるかもしれません。

しっかりと事前準備をし、着実に退職までの道筋をつけておきましょう。

それでは、また!

転職エージェントとは?転職サイトとの使い分けは?の疑問にすべて回答する。

2018.05.01

転職の面接で退職理由を聞かれたら?バカ正直に話したら即効で落ちた話。

2018.05.02

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

独立してからのリアルな情報をTwitterで発信してます!ぜひフォローよろしくお願いします。