その状態、危険ですよ?30代で仕事にやる気が出ない原因と対策。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

20代の頃は仕事にもやる気があったのに、30代になってからやる気が出ない・・・。

そんな無力感を感じることはないでしょうか。

30代になると仕事にやる気が出なくなるのは、実は特別なことではありません。同じような悩みを抱えた人は、大勢いらっしゃいますぞ。

そうでございます、何を隠そう、吾輩もその一人であったのでありますから。

ザク男爵
あー、やる気が出ないであります。公園に行ってハトにエサでも上げましょかね・・・。

まあ、簡単に言えば完全に腐っていた、という訳ですね。てへ。

しかしそんな時期があったからこそ、吾輩は悩める30代のやる気が出ない原因、そして対策が痛いほどに分かるのであります。

この記事では、「30代になってからやる気が出ない」と感じるあなたの為に、やる気が出ない原因と対策について書いて参りましょう。

スポンサーリンク

30代でやる気が出ない原因。

しかしどうして30代になると、仕事にやる気が出なくなってしまうのでしょうか?

30代で腐りに腐っていた吾輩は、次のような原因でやる気ゼロになっていたのであります。

 

本気を出さなくても、ある程度の結果が出せる。

30代になったら仕事にやる気が出ないのは、あなたが本気で仕事をしなくても、ある程度の結果が出せるようになったからではないでしょうか。

20代の頃は右も左も分からないことだらけだったので、必死に仕事をしなければ結果なんて出ない状況でしたよね。むしろ夜遅くまで残業しても、全然結果が出ない・・・なんて悩んでませんでしたか?

今となっては「若かったなあ」と懐かしい思い出になってますが、今のあなたの実力は、そのときの苦労や努力があってこそ、なのですよね。

だから今のあなたにしてみれば、その辺の仕事を片付けるのに本気になる必要なんてないのですよ。

ザク男爵
あー、この案件ですね、はいはい・・・ちょちょっと・・・。

ふう、終わりましたぞ。

年下の部下
やべえッス!ザク先輩、マジっぱねえッス!マジリスペクト~~

若い時に苦労し、努力した結果、あなたの実力は今や社内で1、2位かもしれませぬ。

しかしそれ故、仕事に張り合いがない、ライバルがいない、と感じ、仕事に対するやる気が出なくなってしまうのであります。

 

仕事に飽きてきた。

仕事に本気にならなくてもある程度の結果が出せるようになったのもそうですが、ぶっちゃけ、30代になったあなたは仕事に飽きてきたのではないでしょうかね?

いいんです、いいんですよ、ここはブログですから、ぶっちゃけちゃって。

ザク男爵
毎年同じような仕事、同じような客先、変わろうとせず安定を求める業界。

・・・完全に飽きたであります。

石の上にも3年。それぐらい辛抱しないと、覚えられるものもないでしょう。しかし石の上にも10年、15年といたら・・・。

飽きますよ、普通に。大企業みたいに転勤や配置転換がない、地方の中小企業に勤めていたら尚更ですよ。

吾輩も地方の専門商社に営業職として入社後、ひたすら営業して、営業して、営業して・・・8年も営業していました。

その間、担当エリアが変わった訳でもなく、担当商材が変わった訳でもなく、もちろん業界の大変動が起きた訳でもありませんでした。

春が来て夏が過ぎ、秋が来て冬が去ったら、また春が来た。

なんでもないこの日常が幸せと言えば幸せなんですが、はっきり言って飽きました

30代で仕事にやる気が出ない、と感じる方は、恐らくこの原因が多いのではないでしょうか。

 

努力で越えられない壁を感じてしまう。

また30代にもなると、尖ってつんつんしていた20代の頃に比べて、非常に丸くなってくる時期であります。

え、いや、体型の話じゃないですよ、やだなー、もう、吾輩はやせ型ですって。

そんな話ではなく、30代にもなると、社会(会社)ってヤツがよく分かってくるじゃないですか。

イヤな上司ともそれとなく付き合えるようになった・・・。

それは社会の仕組みが分かって、「上司には敵わない」「ケンカしても仕方がない」と思えるようになった裏返しでありますよね。

もちろん、これはあなたが立派な大人に成長した証でもあるのですが、同時に心にぽっかりと大きな穴が空いてしまうのですよね。

ザク男爵
ガムシャラに仕事をしても越えられない壁があります。上司とか上司とか社長とか。

努力だけではダメなのであります、努力だけでは・・・ふう・・・。

20代の頃は努力して一生懸命仕事をしていれば、課長になり、部長になり、社長にもなれるかも・・・と、淡い期待を持っていたはず。

しかし30代にもなると、いよいよ現実が見えてしまうのでありますよ。

どんなに努力(仕事)しても、それだけでは昇進できない。労働者である以上、経営者の所得を越えることはできない。

本当は越えられない壁は、20代の頃からそこにあったはず。でも20代の頃には見えていなかった。しかし30代になると、それがはっきり見えてしまうのであります。

自分の力では越えられない壁を感じてしまう。これが30代でやる気が出なくなってしまう原因ではないでしょうか。

 

やる気の出ない30代を突破するには?

そんなやる気の出ない30代ですが、その状態、実はとても危険ですよ。

なぜならやる気が出ない状態を放置すると、自分が腐ってしまうからです。吾輩はやる気が出ない状態を3カ月放置しただけで、完全に腐りかけましたぞ。

ではやる気の出ない30代になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

初心に振り返って仕事をする。

やる気の出ない30代になってしまったら、まずは初心に戻って仕事をしてみませんか

30代になったあなたは、本気を出さなくとも日々の業務に支障が出ない仕事ができるのでしょう。

しかしでございますよ。その仕事の姿勢こそが、今のやる気の出ない状況を作っているのではないでしょうか。

長年の経験、ノウハウに裏付けされた仕事は効率的かもしれませんが、効率的の裏側には「もしかしたら、できるかも・・・」という可能性を無意識に潰している側面もあります。

もしあなたが8割の力で効率よく仕事をしているなら、無駄だと削ぎ落した仕事の中に「やったらできたのに・・・」という案件もあったかもしれません。

一度効率化させた仕事を、今一度泥臭く、一生懸命やり直すのは、とても難しいことです。ですが、それを承知で初心に返ることで、あなたは忘れていたやる気を取り戻すことができるのです。

 

環境を変える(転職する)。

やる気が出ない30代になってしまったあなたは、きっと安定志向に陥っているのではないでしょうか。

無理して挑戦するよりも現状維持。売上アップを望むよりも、ほどよい右肩上がりを維持する。そんな状態になってませんか?

本当はやる気が出ない今の状況を悪いと思いつつ、変化するのが怖い。守るべき家族もいるし、一歩が踏み出せない状況かもしれません。

しかしそのまま今のやる気の出ない状況に留まり続けても、腐っていくだけですから。辛いですよ、自分が腐っていくのは。

ですので、勇気を出して働く環境を変えるのも大切であります。

もちろん、30代からの転職が厳しいのは知っておりますよ。スキル、資格に加え、実績も評価され、転職直後から即戦力として期待されますからね。辛いですよね。

でも今あなたが「転職・・・」と考えた瞬間、自分の中に「ぴりっ」としたものを感じませんでしたか?

今のまま転職したらマズイ。もっとスキルを磨かないと。もっと実績を積まないと。

労働者市場に自分を売りだすイメージを持つと、とたんにリアリティを帯びるものなのです。

つまりはですよ、実際に転職する、しないは別として、「危機感」を持っていることはとても大切なのであります。

少々厳しく言えば、やる気が出ない今のあなたは、「そこそこの仕事をしていれば、安定している」状況に甘えているのでございますよ。

今の職場で働き続けるのも1つですが、やる気を出すには働く環境を変えるのが1番です。なぜなら、たったそれだけで必死になれるからでありますよ。

転職するなら、まずはあなたの市場価値を診断してみませんか?5分で簡単診断、もちろん、無料でございます。

 

その一歩を踏み出さなくちゃいけない。

やる気が出ない。

これは一見、なんてことのない問題に聞こえるかもしれませんが、実はとても重大な問題なのです。

なぜなら仕事にやる気が出ないと、最高のパフォーマンスが出来ないだけでなく、あなた自身の成長がストップしてしまうからです。

だってほら、振り返ってみて下さいよ。やる気が出なくなった30代になってから、あなたはどれだけ成長しましたでしょうか?

ザク男爵
・・・やる気の出ない30代になってから、1ミリも成長しておりませぬ。

・・・そうだ、ミジンコだ。成長しない吾輩なんて、ミジンコと一緒に漂っていればいいのだ。

ミジンコになる必要はありませんが、今の自分から成長できないって、相当危機的な状況ですよ。

しかもその危機を実感するのは、3年、5年、10年後なのです。成長できなかったあなたと、成長した同僚の力の差は歴然でございます。しかも、もうこの年齢から挽回はできませんからね。

吾輩は3カ月という短い期間でありましたが、その分濃密にやる気のない時期を過ごしました。

その結果、成長できない自分に危機感を感じ、吾輩は会社を退職。そして自分で起業し、独立した訳でございます。

ザク男爵
起業してから辛いこともありますが、それ以上に自分自身が日々成長している実感がございます。

やる気の出ない30代社員で腐っていた頃より、とても充実しております。

やる気が出ない症状は、あなたが思っている以上に深刻でございます。

「いつかは・・・」と悠長なことを言っている場合ではありませんよ。今、その一歩を踏み出さないと、間に合いませぬぞ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

30代でやる気の出ない原因と対策は次の通りでございますぞ。

【やる気の出ない原因】

1・本気を出さなくても、ある程度の結果を出せる。

2・仕事に飽きてきた。

3・努力で越えられない壁を感じてしまう。

【やる気が出ない時の対策】

1・初心に振り返って仕事をする。

2・環境を変える。

いかがでしょうか。30代でやる気の出ない謎、解決できましたでしょうか。

そしてもし、あなたがここ最近やる気が出ないのであれば、それは危険信号でございますよ。

仕事にやる気が出ないのは、パフォーマンスが落ちるだけでなく、あなた自身の成長が止まってしまうのです。

30代からの時間は短く、貴重でございます。1秒足りとて、無駄にしてはいけないのであります。

ですので、今のあなたの環境を変える一歩、今踏み出す必要があるのでございますぞ。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。