営業で得られるスキルは?転職するときつぶしが効くのが営業職のメリットだ!

どうもこんにちは、ザク男爵(@zakudansyakuでございます。

 

「営業、きつそうだし、転職するの辞めようかな。」

 

きつい仕事のキング・オブ・キングとして君臨し続ける営業ですから、あなたがそう思うのも無理もありません。

私も友人がある日、「オレ、営業しようかな」と言い始めたら、いったんは引き留めますもの。

ですが、世間一般のきついイメージだけで営業への転職を敬遠するのは、少しもったいないかな、と思うのが正直なところです。

ザク男爵
イエス、ミスター。

なぜなら営業で得られるスキルは汎用性が高く、転職するときにつぶしが効くからですよ。

営業はつぶしが効く。

これは営業で得られるスキルが、人間が人間社会で生きていくために必要不可欠なスキルだからです。

・人間関係を構築するスキル。

・信頼を積み上げるスキル。

・人間関係を潤滑にするスキル。

・人と人の間に入って、利害関係を調整するスキル。

これからどんな仕事に転職しようが、これら人間関係のスキルは必須ですからね。

 

そこでこの記事では、営業で得られるスキルについて解説させて頂きます。

これから営業に転職しようと思っている方の参考になれば幸いでございます。

スポンサーリンク

営業で得られるスキル。

営業で得られるスキルは、すべての仕事の基本となるスキルばかりです。

すべての仕事に通じるスキルが学べるので、営業はつぶしが効く仕事なのであります。

営業を経験することで、次の5つのスキルを得ることができますよ。

 

1・信頼関係を構築するスキル。

営業で得られる「信頼関係を構築するスキル」は、どんな仕事にも活かせる重要なスキルです。

営業でモノを売るためには、お客さんとの信頼関係を構築する必要があります。

初対面のお客さんと会話(打合せ)を重ねるごとに信頼を築けるのは、営業の立派なスキルでございます。

このスキルがあれば、

・上司との信頼関係を構築できる。

・取引業者との信頼関係を構築できる。

・職場の仲間との信頼関係を構築できる。

とても働きやすい環境を作ることができます

 

また上司は同じ社内の人間でありますが、「仕事を出す人」という意味では、立派なお客さんですからね。

営業で客商売を経験しておくと、上司とのやり取りもスムーズになります。

もちろん営業で経験したことは、社内での営業に活かせますよ。

 

営業は売る仕事ではありますが、その前提としてお客さんとの信頼関係が必要不可欠です。

「売込む前に、しっかりと信頼関係を構築する。」

売りたい気持ちを我慢して、お客さんのために奔走した経験は、他の仕事に転職しても活かすことができますよ。

お世辞不要!辛い出勤が楽になる、口下手でもできる社内営業のやり方!

2016.12.02

 

2・人と人の利害関係の調整が得意になる。(交渉がうまくなる。)

営業を経験すると、人と人の利害関係の調整が得意になります。つまり、交渉がうまくなるということですね。

交渉スキルは、営業でなくても重要なスキルです。

・仕事の待遇の交渉。

・仕事のやり方についての交渉。

・部署同士の交渉。

・社外の取引業者との交渉。

交渉がうまくなると、自分の利益(都合のいい条件)が増えます。しかも相手も納得して、それを認めてくれます。

これは交渉の本質が、

・自分の利益

・相手の利益

・第三者(関係者)の利益

これらの利害関係を調整し、落としどころをつけることにあります。

つまり、誰かが損をしてもいけないし、誰も得をしないのでも意味がありません。全員がほんの少しお得になるのが、交渉の極意です。

ザク男爵
とか言いながら、私の利益だけ3ミリほど多いのですがね。ガッハッハ!

営業の現場で叩かれて育つと、交渉がうまくなり、たくましく育ちます。

これなら他の仕事に転職しても、持ち前の交渉力でしたたかに生き残ることができますよ。

 

3・コミュニケーションスキル。

もはや説明不要かと思いますが、営業職を経験することで、あなたのコミュニケーションスキルは劇的に向上します。

営業で得られるコミュニケーションスキルは、ただ売るだけの営業テクニックではなく、

・相手の心を開かせるトーク。

・相手の悩みを聞き出すトーク。

・簡潔にまとめ、分かりやすく伝えるトーク。

他の仕事でも活かせるスキルです。

組織として、チームで働く職場では、特にコミュニケーションスキルは大切です。

営業を経験したコミュニケーションスキルが高い人材は、どの業界でものどから手が出るほど欲しい逸材でしょう。

 

4・軽快なフットワーク。

軽快なフットワークは、仕事やビジネスでとても大切です。

事務所や会議室で何時間も閉じこもっていても、ビジネスはうまくいきません。

なぜなら仕事(プロダクト)の評価はお客さんがするからです。会議室のメンバーがする訳ではありません。

だからこそ、アイディアが生まれたらすぐに行動することが大切なのですよ。

すぐに行動し、お客さん(市場)の反応を見て、改善を繰り返すのです。

 

フットワークの軽さは、営業で身につけることができます。

多くの営業職では、「1に行動、2に行動、3~5もすべて行動(ときおり叱咤)」と徹底して行動主義を叩き込まれます。

これは突き詰めて考えるよりも、「考えながら走れ!(お客さんの反応を見ながら営業しろ)」ということでしょう。

ですので、営業職を経験すると、フットワークがとても軽くなります。思いついたアイディアを試すことなんて、朝飯前でございます。

 

失敗するのが怖い。評価されるのが怖い。

これらのメンタルは訓練によって改善できます。

営業で身につけたフットワークの軽さは、他の仕事に転職しても必ず役に立ちます。

上司
なあ、あの案件のことなんだけどさ・・・。
ザク男爵
イエス、上司。それはすでにユーザーに周知してみました。反応は思ってた以上で、ここを改善すればさらに反応がよくなるかと。

フットワークの軽さは、できるビジネスパーソンの代名詞でございます。

営業を経験することで、エクゼクティブになることだって夢ではありません。

 

5・高速事務処理スキル。

営業で得られるのは、対人スキルだけではありません。

・帰社してからマッハで見積書を作成する

・メールの送信、返信、問合せの回答。

・売上集計表を作成する。

膨大な仕事を処理するのも、営業の仕事の1つですよね。

外回りをしてからの事務処理になるので、ゆっくり丁寧にやっていては帰宅は午前様になってしまいます。

ですので、営業の事務処理は必然的にマッハになるのですよ。

ザク男爵
あたたたたた・・・!!あたっ!!

・・・終わったであります。まだ20時、今日は早い帰宅であります。

必要に迫られて進化した営業の高速事務処理スキルは、必然的に優先順位を見極め、シンプル思考、マルチタスク、など芸がこまかくなっていきます。

PC作業が当たり前のように使いこなせる人材は、教育コストのかからない即戦力として期待大でございますよ。

 

キャリアデザインの一環として、営業はあり。

営業を経験することで得られるスキルは、どんな仕事にも生かせるスキルばかりです。

ですので、特に20代、30代の方がキャリアデザインの一環として営業を経験するのは、とても意味のあることでしょう。

辛い仕事の代表選手のような扱いをされる営業職ですが、若いうちにこそ経験しておく価値がございます。

営業で得られるのは、売るスキルだけではありません。

 

「どうすれば、モノが売れるのか?」

 

には、仕事の基本となる大切なスキルが隠されております。

これからキャリアアップをし、マネージャー、専門職を目指すにしても、仕事の基礎は固めておいた方がいいです。

 

仕事の基礎は、営業をすることでしっかり学ぶことができます。いや、それどころか、否応なく叩き込まれるかもしれません。

上司
100万売ってこい!
お客さん
誰よ、あなた。知らない人からは買わないわ。

色んな立場の人の板挟みを経験しつつ、利害関係を調整していくと、自ずと売上も増えていきます。

一人前の営業マンになる頃には、仕事として大切なことを学んでおりますよ。

 

まとめ:「元・営業マン」は貴重な人材。

それでは、まとめましょう。

営業職で得られるスキルは、次の5つのスキルでございます。

1・信頼関係を構築するスキル。

2・人と人の利害関係を調整するスキル。(交渉がうまくなる。)

3・コミュニケーションスキル。

4・フットワークの軽さ。

5・高速事務処理スキル。

営業で得られるスキルは、他のどの仕事にも活かせるものばかりです。

それ故、営業はつぶしが効く仕事でございます。

特に若い方がキャリアデザインの一環として、営業を経験することは貴重でしょう。

「営業=キツイ」だけで判断するのは、少しもったいないかもしれませんね。

それでは、また!

営業を9年経験した私が伝える、未経験で営業への転職で活かせる強み11例。

2018.04.16

転職エージェントとは?転職サイトとの使い分けは?の疑問にすべて回答する。

2018.05.01

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。