不安だけど就職。8年間働いて分かった、零細企業に就職・転職する5つのメリット!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、零細企業に8年間勤めた末に独立した、零細企業の経営者でございます。

 

転職活動で内定をもらった会社が零細企業だったら・・・。あなたはどうしますでしょうか。

零細企業は不安だから、内定を辞退しますでしょうか。それとも、零細企業をチャンスだと思って就職しますでしょうか。

吾輩は8年前に社員数5人の零細企業に転職致しました。もちろん、不安はございましたよ。いや、不安しかありませぬでした。

そんな懐かしい思い出も今は遠い昔となり、それから吾輩は零細企業に8年間務め、そして独立を果たしました

振り返って思うのは、あの時零細企業に就職してよかったということであります。

そこで今回は、零細企業に就職するメリットについて熱く語っていきたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

零細企業に就職するメリット
2ffef75786a7c8b35ed68a7bc2fe5526_s

吾輩が零細企業から内定をもらったとき、不安しかなかった。

社長からは「明日から来い。スリッパと湯呑を忘れるな」と言われただけで、仕事や会社の説明は一切なし。

一体この会社はどんな会社なのだろうか。どんな仕事をしているのだろうか。全てがナゾだった。

しかしそんな不安を抱えながらも、吾輩は8年間もその零細企業にお世話になった。

8年間務める間、当初の不安がなくなった訳ではありませぬ。しかし吾輩は、それ以上に大きなメリットを感じていたのであります。

 

経営者のそばで、帝王学を学べる贅沢。

零細企業に就職する最大のメリットは、経営者の側で帝王学が学べることだ。

それも経営者が「創業者」であったら最高でございますよ、きっと最高の帝王学が学ぶことができるでしょう。

帝王学とは?

狭義では家督を相続する為の幼少期からの教育。

それから発展し、リーダーシップ論・経営術・部下の統制方法のこと。

帝王「学」と学問の字がついていながら、帝王学はどの学校でも会社でも教えてくれませぬ。

ではどうやって学ぶのか。それは帝王学を身に付けた人の側で、盗むしか方法はないのでありますよ。

その人の普段の立ち振る舞い方、ピンチの切り抜け方、次の一手の考え方。それらをつぶさに観察することでしか、帝王学は学べないのであります。

そんな貴重な帝王学は、零細企業に就職すれば学び放題でございますぞ。

ザク男爵
社長と一緒に営業を回ると、本当に学ぶことが多いであります。

商売とは、こういうことなのでありますな。

言葉にすることはできない。しかし帝王学は確実に存在し、その人の立ち振る舞い方や考え方に影響を与える。

零細企業では社長との距離が非常に近いので、社長の帝王学を学ぶことができるのでありますぞ。

 

歯車の1つではなく、大きな仕事の流れを任せてもらえる。

零細企業に就職するメリットは、歯車の1つとしての仕事ではなく、大きな流れの仕事を任せてもらえることだ。

大企業では部署で仕事が分担される為、どうしても「大きな仕事のうちの1つ」になりがちだ。その結果、仕事の全体像がつかめなくなってしまう。

しかし零細企業では、社員一人が担当する仕事が広い。むしろ広すぎて、あれもこれも全部やらねばならない。

ザク男爵
吾輩は営業とは言いながら、仕入れの調達から、見込み客のリサーチ、アプローチ、営業、フォローまで担当しておりました。

つまり、商売で必要なこと全てやらせて頂いたという訳でございます。

時折「こんな雑用やってられませぬ!」と思うこともあるけれど、全体を俯瞰(ふかん)しながら仕事をするのは楽しいものであります。

零細企業では「歯車の1つ」という概念がございませぬ。零細企業に就職すれば、あなたも「少数先鋭の超・エリート社員」にカウントされて、大きな流れのやりがいのある仕事ができるのでありますぞ。

 

資本主義とは何か、が学べる。

abc049894ef7695333e2b0e9e3b11276_s

零細企業に就職するメリットは、「資本主義とは何か?」という根本的な問題を学ぶことができることでしょう。

現在の日本は資本主義でありながら、資本主義の現実というものを隠している社会であります。

大企業は資本家であり、社員から搾取する立場でありながら、その事実を隠すかのように、麻薬のようなボーナスや手厚い福利厚生で誤魔化すのであります。

吾輩も大企業に勤めていた頃は、会社の文句を言いながらも、ボーナスを貰った瞬間に心を買収されていたものであります。

ザク男爵
残業、休日出勤、転勤!ああ、もうやってられませぬ!!

・・・あ、ボーナス100万もらた・・・。・・・と、取りあえず、次のボーナスまでは続けましょうか。

ボーナスという麻薬で、資本主義という現実を忘れさせられてしまうのだ。

しかし零細企業に勤めれば、そんなボーナスという麻薬では忘れられないほど強烈に、資本主義の現実を突きつけられる

だって、今目の前にいる社長。一緒に同じ仕事をしているとは言え、社長は資本家なのでありますから。

ザク男爵
社長の車はレクサス。社長の奥さんの車はBMW。社長の息子の車はベンツ。社長の息子の奥さんの車はアウディ。

・・・これは一体何の格差社会でしょうか。

この世は格差社会であります。自由で平等と言いながらも、資本主義である以上は、お金を持っている人が偉いのです。正義なのです。それが現実なのであります。

大企業に勤めていると、もしかしたらこの残酷な事実に死ぬまで気がつかないかもしれませぬよ。

吾輩は零細企業に就職したおかげで、この事実に気がつくことができました。その結果、吾輩も独立し、資本家となることができたのであります。

 

転勤がない。

また零細企業に就職するメリットは、転勤がないこともあるでしょう。

零細企業の多くは、勤務地が1か所でございます。その場合、当然でありますが、転勤はありませぬ。

ザク男爵
て、転勤がないですと?もう吾輩はずっとここに住んでいいのでありますか?

・・・うう、よかった・・・よかったよう・・・。

転勤は働く社員だけでなく、その家族、子供まで不幸にするものだ。転勤がないだけで、人生の幸福度は間違いなく上がるでしょう。

まあ、でもそこは零細企業ですから、大企業に比べれば給与水準も福利厚生も低いですよ。

しかしそれを差し引いても、転勤がない、というのはかなりのメリットでありますよね。

大企業の社畜から地方の中小企業の社畜になって分かった、中小企業の幸せ感がすごすぎる。

2017.02.14

 

自分の頑張りが会社の業績に直結する。

そして最後に零細企業のメリットは、自分の頑張りが会社の業績に直結することでございます。

零細企業では、売上の数字の分母(元になる数)が少ない。それゆえ不安定であります。

しかしこれは逆に考えれば、あなたの頑張り次第では会社の業績はどうにでもなる、ということであります。

つまりあなたが頑張れば会社の業績はよくなるし、その結果、給料だってボーナスだって増やして貰えるのだ。

ザク男爵
ほほー、つまり、この会社の命運を握っているのは吾輩ということでございますな。

・・・ふふう、罪深き男でございますなあ、吾輩は。

大企業では個人の力で会社の業績が左右されることはあり得ませぬ。どこまで行っても、チームプレー、より多くの力が必要でございますから。

しかし零細企業では、個人プレー(もちろん、他の人との連携は必要)で会社の業績を左右することができるのだ。

この醍醐味、零細企業でしか味わえませぬぞ。

直談判で年収150万アップ!給料が上がらない原因と、直談判の方法

2016.12.07

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

不安だけど零細企業に就職するメリットは、次の5つでございますぞ。

1・経営者の側で帝王学が学べる。

2・歯車の1つではなく、大きな流れの仕事を任せてもらえる。

3・資本主義の現実を教えてくれる。

4・転勤がない。

5・自分の頑張りが会社の業績に直結する。

零細企業は不安定なイメージもあり、そこに就職するのは不安で抵抗がある。

確かに大企業に比べれば数字が小さいので不安定かもしれませぬ。

しかし、零細企業には零細企業でしか学べないこと、体験できないことがあるのでございますよ。

特に経営者の側で帝王学が学べるのは、本当に貴重なこと。きっとあなたの人生に大きな影響を与えてくれるでしょう。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。