「借金はやる気だ」。住宅ローン返済に苦しい時に救われた言葉。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

 

住宅を購入した直後は、嬉しさよりも、無事に購入できた「安堵」、そしてこれから始まるローン返済の「不安」の方が大きかった。

特に意識はしなくとも、住宅ローン返済の重圧はやっぱりすごく感じたね。

仕事でミスするたびに、「あ、今仕事なくなったらまずい!」と、思ったのだ。頭金やら諸費用やら支払ったら、手元に15万くらいしか残らなかったからね。そりゃ焦るよ。

 

でもそんな時、吾輩の気持ちを救ってくれた言葉があるのだ。

それは「借金は、やる気」という言葉であるよ!

 

今日は住宅ローン支払が苦しい時に思い出したい言葉、「借金はやる気」 について書いていくよ!

 

 

名言炸裂!創業者の言葉は重みが違った!

22adfafd84df07706c67c9fb0122e4f8_s
吾輩の勤める会社の社長は創業者である。ゼロから会社を立ち上げて、育てて、今に伝える創業者。

聞く話によると、金なし・コネなしの状態から始めたが、1度は事業に失敗。でも偶然のチャンスを必然の力に変えて、見事会社を軌道に乗せることに成功したそうな。

その苦労は計りしれず。大変な苦労人なのだ、社長様は。

 

そんな社長にかけてもらった言葉が、「借金はやる気だ。」なのである。深いね!借金が「やる気」とは!!

まだまだ苦労の足りない吾輩では、到底そんな考えは思いつきもしなかったぞ!

 

 

銀行がローンを審査する時、本人の「やる気」も審査している!?

02927240f8b1f3419748dda76d527db6_s
住宅ローンを審査する時、もちろん「勤続年数」とか「年収」が大きな指標になるのだが、社長が言うにはローン審査は、本人の「やる気」を審査する場でもあるそうな。(うちの社長談)

申請者に借金を返済する「やる気」があるかどうか、銀行は判断するらしいよ。

つまり、銀行からローン審査が通ったってことは、申請者の「やる気」を認めたということ。

 

今冷静に振り返って思うけど、なかなか「都合のいい解釈」であるね!めっちゃポジティブ、さすが社長!

でも、住宅ローン返済が始まる時とか、返済が苦しいときは、どうしてもマイナス思考になりがちなのだ。

 

そんな時こそ、おもいっきりポジティブシンキングが必要なのだ。

銀行は吾輩の「やる気」を認めてくれた!吾輩のことを「返済してくれる人」として認めてくれた!

銀行に認められるなんて、まるで社会に認められたような気分であるぞ!気持ちいいではないか!!わずかではあるけど、税金も払ってるしね!えへへ

 

そう、返済に苦しくなった時に必要なのは「ポジティブシンキング」。

コストカットとか、実際やることはたくさんあるだろうけど、それは後回し。

まずは自分のメンタルを正常に保たないと、精神崩壊して「一家離散」になってしまうぞ!

 

 

家族の為に、借金までして家を買うこと、すごく偉いと思うよ!

スポンサーリンク



「借金はやる気だ!」。いい言葉であるよね。普通「借金」なんて、自分から進んでしたくないもの。「借金 = 悪」みたいな図式は存在するよね。

でも、発想を逆転すれば、借金してまで「家を買ったこと」は、評価すべきことなのだ。勇気あることなのだぞ!

借金してまで「家を買った」って、吾輩は偉いことだと思うのだ。それだけで偉いよ。

 

家を買わない人たちからは、「35年の社畜お疲れ!」とか、「負債の家を抱え込んだ!」とか後ろ指を指すだろうね!

でも借金してまで買った家は、純粋に「自分の為」だけに買う人はそういないはずであるよ。

 

家を買う理由は人それぞれだが、多くの人が「家族の為」に家を買っているのではなかろうか。

吾輩だってそうであるよ。家族がいなければ、家なんていらないよ!マジで。借金嫌いだし。

むしろ、家族がいなかったら、こんなに一生懸命毎日働かないし。

 

吾輩にとって、「借金して家を買うこと」はその延長線上にあるのだ。つまり、家族の為に買った「最高のプレゼント」な訳であるね!

偉いではないか、吾輩。借金して、家買っただけでも、偉いと思うよ!吾輩は!

 

家族の為に借金するってだけで、相当偉いよ。家買った人は、みんな偉いよ。形はどうあれ、ね。

だから住宅ローンに対して、胸を張ってもいいのだ。

そう思わせてくれた言葉が、「借金は、やる気だ!」なのであるよ!

 

 

「借金はやる気だ!」についてまとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

住宅ローン返済が苦しいときに思い出したい言葉、「借金はやる気だ!」の意味とその理由は以下であるよ!

 

1・住宅ローン返済が苦しい時、「ポジティブシンキング」が絶対必要。

2・借金は、やる気のあらわれ。借金してまで、成し遂げようとした「意志」のあらわれだよ!

3・純粋に自分の為だけに家を買う人なんていない。みんな「家族の為」。それって、すごく「偉いこと」だと思うね!

 

今でこそ、収入も返済もバランスよくなって、気持ちも落ち着いたけど、この先いつ不安定になって、返済が「苦しい!」ってなるかは分からない。

この先、完済まで安定して「大丈夫」っていう保証なんてない訳であるからね!

 

だから吾輩も、事あるごとに思い出すのだ。「借金はやる気だ」とね。

借金は悪い事ではないのだよ!借金してまで、成し遂げようとした意志のあらわれなのだ。

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。