借金はやる気だ。住宅ローン返済に苦しい時に救われた胸が熱くなる言葉。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

家を買って住宅ローンの借金を背負うと、ものすごく不安になるものでございます。

 

「今、仕事がなくなったらどうしよう?」

「仕事でミスしたらどうしよう?」

「上司に嫌われたらどうしよう?」

 

不安で不安で夜も眠れないとは、まさにこのことでしょう。

もちろん、年収300万で家を買うというバンジージャンプを決行した吾輩も、家を買ってから不安に襲われて夜も眠れませぬでした。

しかし、そんな吾輩をある言葉が救ってくれたのでございます。

スポンサーリンク

借金はやる気だ。

家を買って住宅ローンのプレッシャーに秒殺で押しつぶされていた吾輩を救ってくれた言葉は、「借金はやる気だ」でございます。

この言葉に吾輩の沈んだ心は、すっと気持ちが楽になり、さながら雨上がりの虹のように輝いたのでありました。

しかし「借金はやる気だ」という言葉。どうして借金はやる気なのでしょうか。そもそも家を買うことが、どうしてやる気なのでしょうか。

 

借金してまで成し遂げようとした想いがある。

「借金」。実にイヤな言葉でございますね。寝てる時に耳元でささやかれたら、悪夢にうなされそうであります。

借金なんて誰だってしたくありませぬよ。借金とは無縁の生活で、自由に気楽に生きていたいものでありますよ。

しかしそんな想いとは裏腹に、どうしてウン千万も借金を背負ってまで家を買ったのでありましょうか?

そんなにその家が欲しかったのでしょうか?そこまで家が大好きなのでしょうか?

 

・・・いいえ、違いますよね?

その家を買って、大好きな家族とその家で最高の暮らしがしたい。そう思ったから、家を買ったのではありませぬか?

つまり、あなたが家を買ったのは、自分の為ではなく、あなたの愛する家族の為に家を買った」のではないでしょうか。

 

借金をすれば、利息をつけてお返ししなくてはなりませぬ。

借金をすれば、もっともっと働いて稼がなくてはなりませぬ。

 

・・・それでも、あなたは家を買ったのです。家族の為に。

そんなあなたの背中は、「やる気の炎」で真っ赤に燃えておりますよ。「家族の為に頑張るぞ!」と燃えておりますぞ。

借金なんて誰だってしたくありませぬ。しかしそれを承知でウン千万の借金を背負った。リスクを取って、リターンを得た訳でございます。

ザク男爵
・・・素晴らしい。実に素晴らしいではありませぬか。

「借金はやる気だ」。その意味は、借金してまで成し遂げようとした想いがあるということなのであります。

 

銀行から見た、「借金はやる気だ」。

「借金はやる気だ」。この言葉をまた別の視点から見てみましょう。

住宅ローンを借りる時、銀行の仮審査、本審査を受けたはずです。そしてめでたく審査を通過して、家が買えたのであります。

住宅ローンの審査で判断されるのは、収入、年齢、勤続年数などと言われております。

しかしですよ、実はもう1つ隠れた項目(隠し項目)があることはご存じでしょうか。それはですね、返済者の「やる気」なのでございますよ。

ザク男爵
な、なんですと!?

銀行は一体どうやって、申込者のやる気を測定しているのでしょうか?・・・スカウターでしょうか。

これが本当なのかどうか、それは銀行のお偉いさまに聞かねば分かりませぬ。

しかし結果的に見れば、住宅ローンの審査が通ったということは、銀行は「35年かけて返済するぞ!」というあなたのやる気を認めたことになるのだ。まさに逆転の発想でございますな。

住宅ローン審査に通った。それつまり、銀行があなたのやる気を認めたこと。

・・・嬉しいではありませぬか。銀行様が吾輩のやる気を認めてくれて、お金を貸してくれたなんて。

ザク男爵
吾輩のやる気が認められて、銀行からお金を貸してもらえましたぞ!

もしや吾輩は銀行から応援されているかもしれませぬ。

・・・ぬあああッ!力が湧いてきましたぞぉぉッ!

実際には銀行はあなたの毎月の返済を待っているだけですが、ポジティブに考えて頑張れるのなら別に何だっていいではありませぬか。

 

ちなみに社長の言葉でした。

「借金はやる気だ」。このすっきりとした切れ味爽やかな明言は、実は吾輩の勤めていた社長の言葉でございました。

社長は創業者であり、一代で財を築き上げたまさに鉄人でございます。尊敬しております。

そんな社長も、色々と苦労をされてきたようでありますね。もちろん、お金に関するトラブルも色々あったと聞いております。

しかしそんな社長だからこそ、借金に対してマイナスイメージを持たずに、「借金はやる気だ」と思ってここまでこれたのでしょう。

ザク男爵
吾輩はたかが住宅ローンを背負っただけではありませぬか。しかも完済は35年先であります。

なんとかなりますな、頑張りましょう!

借金して気分まで暗くなる必要はありませぬ。貸してくれたということは、あなたのやる気を認めてくれた訳でありますから。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

住宅ローンのプレッシャーに押しつぶされていたときに救われた、「借金はやる気だ」の意味は次の通りでございます。

1・住宅ローンは、「借金をしてまで成し遂げようとした意志の表れ」。

2・銀行がお金を貸してくれたことは、あなたのやる気を認めてくれたこと。

家を買って住宅ローンを背負うと、重圧に負けて気分が落ち込みやすくなる。「これからどうしよう?」と不安にもなる。

しかし本来、借金してまで家を買ったということは、それだけ成し遂げようとした想いがあるということ。

そして銀行がお金を貸してくれたということは、あなたのやる気を認めてくれたということ、でございます。

いいんです、いいんです。事実と多少違っていても。ポジティブシンキングで気持ちが楽になって、また明日も頑張れるなら、それでいいではありませぬか。

ぜひとも素敵なマイホームライフをお楽しみくださいませ。

それでは、アディオス!

忘れてない?アンケートに答えるだけで5,000円ゲット!【住宅購入者限定】

2017.05.27

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。