使わないのはもったいない!初心者でも分かる、ネット銀行のメリット・デメリット!

ネット銀行が最も金利が低いとは知っていたが、まさかここまではだったとは・・・。

 

どうもこんにちは、売ることにコミットした商社を経営しているザク男爵(@zakudansyaku)でございます。

あなたはネット銀行に対して、

「怪しい」

「信頼できない」

「なんか怖い」

と思っていませんか?もしそう思っているならば、今ここで考えを改めるべきです。なぜなら、数ある銀行の中でネット銀行は、抜群の低金利と手厚いサービスを兼ね備えた最強の住宅ローンを持っているからです。

ですので、ネット銀行に対して漠然とした不安だけで選択肢から外していると、のちのち後悔してしまいますよ。

ザク男爵
ネット銀行の存在は知っていたものの、怪しすぎることで選択肢から外しました。

しかし圧倒的な低金利に惹かれ、結局ネット銀行に住宅ローンの借り換えをしました。・・・50万の手数料を払って・・・ふふふ

ではネット銀行にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ネット銀行を毛嫌いしてたけど、最終的にはネット銀行に借り換えた私が、ネット銀行のメリット・デメリットを全力で解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

そもそもネット銀行って何?

「ネット銀行のメリットは・・・」と、始める前に、そもそもネット銀行とは何なのでしょうか?

ザク男爵
・・・え?ネット銀行ですか?それはーそのーあれですよーネットを使って・・・すみません教えて下さい・・・。

ネット銀行は実店舗がなく、普段の生活では馴染みがありません。

また住宅ローンに特化している銀行も多いので、家を買うまで知らない方も多いでしょう。

 

インターネットバンキングを専門の銀行。

ネット銀行とは、「インターネットバンキング」を専門に行う銀行のことでございます。

冒頭から難しい専門用語で申し訳ございません。ですが、この表現が最も的確にネット銀行を表しております。

インターネットバンキングとは?

インターネットを活用し、振り込み、入金をすること。店舗に出向くことなく、自宅にいながら操作できる。

インターネットバンキングは、メガバンクや地方銀行でも使うことができますよね。

ですがあまりに便利なサービスだったため、インターネットバンキングを専門にする銀行が登場しました。イエス、それがネット銀行でございます。

ですので、ネット銀行には実店舗が存在しません。「ちょっと窓口へ・・・」と思っても、そもそも窓口がないのです。(ただし国内に数か所窓口があるネット銀行もあります。)

しかしその分余計な経費が掛からないので、振り込み手数料が安い、金利が高い(低い)など、ネットの強みをいかしたサービスを展開しているのです。

 

代表的なネット銀行は、次のようなものがあります。

・楽天銀行

・ソニー銀行

・ジャパンネット銀行

・住信SBI銀行

・新生銀行

などがあります。最近はネット銀行も生活に浸透し、あなたの街でも看板を見かけることがあるのではないでしょうか。

 

ネット銀行のメリット

では、ネット銀行のメリットは何でしょうか。

ここで住宅ローンにフォーカスして解説させて頂きます。

 

圧倒的な低金利。

ネット銀行から住宅ローンを借りるメリットは、何と言っても圧倒的な低金利に尽きます。

とにかく低いです。抜群に低いです。ほかの銀行がドン引きするほど、低金利でございます。

どのくらい低いのか、同じ変動金利を比べてみましょう。

地方銀行(足利銀行):0.775

ネット銀行(住信SBI):0.439%

※金利はいずれも2018年1月

そして月々の返済額はこのように変わります。

地方銀行(足利銀行):81,576円

ネット銀行(住信SBI):77,069円

※3,000万円を借りた場合

そしてさらに、35年後の返済総額は、なんとここまで差が付くのです。

地方銀行(足利銀行):34,261,884円

ネット銀行(住信SBI):32,369,012円

※3,000万円を借りた場合

どうでしょうか、この金額を「なんだ、これだけか」と言い切ることができるでしょうか。

私はこの事実に住宅購入後に気付いてしまい、泣く泣く50万もの手数料を払ってネット銀行に住宅ローンを借り換えしました

今からタイムマシンを開発して過去に戻っても開発費が楽々ペイできるほど、ネット銀行の金利は破壊力があります。

 

手厚い保障内容。

またネット銀行の住宅ローンのメリットは、保障内容が手厚いことです。

住宅ローンには、もしも事故や病気で住宅ローンが返済できない状態になったときに、住宅ローンがゼロになる保険(団体信用生命保険、以下団信)があります。

多くの住宅ローンは追加費用なしで、団信に加入することができます。(追加必要のかかる住宅ローンも一部あり)

団信では「死亡、高度障害(体の一部を失うなど、著しい障害が残る状態)」が保障範囲になります。

ですが、なんとネット銀行ではさらに手厚い保証内容に追加費用なしで加入できる住宅ローンもあります。

ネット銀行の保障内容を見てみましょう。

・楽天銀行:身体障害保障、介護保障

・新生銀行:介護保障

・住信SBI:8大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病など)

これらがすべて、追加費用なしで加入することができます。

他のメガバンク(みずほ、三井住友など)や地方銀行では、別途金利に0.1~0.3%上乗せして加入することになります。

世の中的には「安い=サービスが悪い」と認識されがちですが、ことネット銀行に限っては、「金利が低い上に、保障内容も手厚い」となるのです。

金利だけじゃダメ!住宅ローン選びで金利以外のサービス比較ポイント4つ!

2018.01.16

 

繰り上げ返済手数料がゼロ。

ネット銀行の住宅ローンのメリットは、繰り上げ返済手数料がゼロ円(一部繰り上げ)が多いことです。

繰り上げ返済手数料とは、住宅ローンを繰り上げ返済して元金を減らしていくものです。早期完済を目指すあなたにとっては、必須ツールのようなものであります。

ですが多くの銀行では、繰り上げ返済手数料として、数千円~数万円の手数料がかかります。

ザク男爵
・・・え?元金を減らしたくて繰り上げ返済しているのに、なぜに手数料を払わなくてはいけないのでしょうか?

繰り上げ返済しているたびに、銀行に貢いでいる感が半端ないのですが・・・。

ですがネット銀行の住宅ローンでは、繰り上げ返済がゼロ円なのですよ。繰り上げ返済すればするほど、お得に返済できるのですよね。

住宅ローン返済は、長い長期戦でございます。手数料が低いことは、返済がスタートしてからボディーブローのように効いてきますよ。

 

保証料がゼロ。

そして忘れていけないのが、保証料の存在でございます。

住宅ローンの保証料とは、万が一あなたが返済不能になったときに、保証会社があなたの代わりに住宅ローンを肩代わりしてくれるためのお金です。

ですが、それは銀行のためであり、あなたは支払先が変わっただけで、返済不能になっても住宅ローンは払い続けなくてはいけないのです。

ザク男爵
・・・何も保証されてねェ・・・。

ですので、保証料をいくらお支払いしようが、あなたにとっては1ミリもメリットがないのです。

ですがご安心下さいませ。ネット銀行の住宅ローンの多くは、保証料がゼロ円なのでありますよ。

保証料と言っても、それは名前だけの事務手数料のようなものです。払わないで済むなら、払わない方がいいに決まっております。

「ネット銀行の住宅ローンでは、保証料が安い・・・」ではなく、そもそもゼロですから。これは金利に次いで大きなメリットでありますね。

 

ネット銀行のデメリット

「うほほほ・・・!ネット銀行、素晴らしい!今すぐネット銀行にしましょう!」

圧倒的な金利や手厚い保障内容と、メリットの多いネット銀行ですが、ご注意下さいませ。当然ながら、デメリットもございます。

ネット銀行に飛びつく前に、しっかりと次のデメリットは肝に銘じておきましょう。

 

気軽に相談できない。

ネット銀行のデメリットは、窓口がなく、気軽に相談することができないことです。

電話、メール、チャットなど、ネット銀行も独自にサポートに力を入れておりますが、やはり窓口でのサポートには敵いません。

窓口の親切なお姉さんに、「どこが分からないの?教えて?」と優しく対応してもらうことは、ネット銀行ではあり得ません。

自分で何が分からないのか考え、しかるべき相談窓口(多くはメールサポート)に自分で連絡しなくてはいけません。

住宅ローンは専門用語が多い業界ですので、特にはじめて住宅ローンを申し込む方にはハードルが高くなってしまいます。

 

相談できないから、なんとなく不安。

気軽に相談できないから、なんとなく不安になってしまうのも、ネット銀行のデメリットでございます。

人は分からないものに、漠然とした不安を抱きます。

ザク男爵
なんだかよく分かりませんが、不安であります。

頼れるのが、実体のないホームページだけというのも、不安であります。

ネット銀行には店舗がなく、実態がありません。これからウン千万の取引をしようとしているのに、パソコン画面に表示された銀行にすべてを託していいものか・・・。

結論としては、「大丈夫」なのですが、漠然とした不安を消すことはできません。

せっかくの低金利・手厚い保障内容があるのに、これではもったいないですよね。

 

ネットに詳しくないと、利用できない。

そして致命的なデメリットは、こちらでございます。

ネット銀行の住宅ローンは、そもそもネットに詳しくないと、利用できないのです。

ザク男爵
ログインには、IDとパスワードにニックネームが必要ですと?

・・・はて、そんなもの見たような見てないような・・・。

私はネットで仕事をしているぐらいですから、それなりにネットに詳しいです。

ですがそれでも、ネット銀行の住宅ローンの借り換えは苦労しました。

広告で「簡単!」との煽り文句を見かけますが、全然簡単ではなかったですよ?誰がどんな基準で簡単だったのか、ご説明頂けませんでしょうかね。

ネット銀行は圧倒的なスペックを誇る住宅ローンがありますが、その前提としてネットに詳しくなければ利用できないのです。

 

結論:ネット銀行を使わないのは、損。

ネット銀行のメリット、デメリットを熱弁させて頂きましたが、つまるところ、「結局どうなの?ネット銀行ってお勧めなの?」と聞かれましたら、考えるまでもなくこう答えます。

ザク男爵
ネット銀行を使わないのは、損でございます。

たったそれだけで、ウン百万、ウン千万、損しますよ。

これは脅しでも何でもありません。単なる事実でございます。

「住宅ローンは、金利がすべて」という言葉がある通り、とにもかくにも金利が重要です。金利が低いだけで、あなたが払うお金は劇的に少なくなります。

その上、ネット銀行の住宅ローンは保障内容も手厚く、手数料も安いです。そうです、非の打ちどころがないのです。

ネットゆえの不安やネットに詳しくなる必要がありますが、これは少し勉強すれば解決できることです。

ほんの少し勉強してウン百万得するか、何も勉強せずに余計なお金を払い続けるか、その違いでございます。

つまるところ、ネット銀行は使わないと損でございます。もしも住宅ローンの選択肢に入っていないならば、大至急選択肢に加えましょう!

それでは、アディオス!

住宅ローンはどこで借りる?ハウスメーカー経由で借りたら後悔した話。

2018.01.12

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。